(平日10時〜21時), WordPressで記事を書くとき、画像は欠かせません。コンテンツの見栄えがよくなるだけでなく、読者の理解を深めることができます。, そこで本記事では、WordPressにおける「基本的な画像の挿入方法や編集方法」を画像つきで解説!手順通りにやっていただければ、記事に画像がスムーズに入れられます。「思いどおりの画像を簡単に記事に入れたい!」という方はぜひお読みください。, ※関連記事:WordPressに強い制作会社をお探しの方はこちらの記事もご覧ください!【プロが厳選】WordPressに強い優良ホームページ制作会社まとめ, こちらはもっとシンプルです。「メディアを追加」の画面になったら、アップロードしたい画像をドラック&ドロップするだけ。, 画像を画面上にドラックしてくると上図のように青くなるので、そのままドロップして下さい。この方法でも画像がアップロードできます。, 画像を説明するテキストが「代替テキスト」です。WordPressでは「メディアを追加」で画像を選ぶと、下図のように画面右側に入力枠が現れます。ここに画像の説明を記入すればOKです。, 代替テキストには2つ役割があります。ひとつは「検索エンジンに画像の内容を伝える」こと。もうひとつは、画像の読み込みが遅かったり表示されなかったりした時に「画像の代わりに表示される」ことです。, こちらの画像には、『「なるはやで対応します」問題』という代替テキストが設定されているので、画像が表示されないと以下のようになります。, したがって代替テキストは、画像の内容がわかるように「具体的に」書いてください。上に示した画像でしたら「なるはやで対応してもらおうとする女性クライアント」とするとさらにいいです。, 「なるはや クライアント 女性 高圧的」などのようにキーワードを詰め込むのではなく、文章で簡潔に説明することを心がけましょう。, 「添付ファイルの表示設定」は代替テキストと同じカラムの一番下にあります。見えていなかったら、下にスクロールすれば出てくるはずです。, ここでは「配置」「リンク先」「サイズ」の設定が可能。一度セッティングしておけば、画像ごとに表示を設定する手間が省けます。, 挿入する画像の配置を決められます。左寄せにしたいなら「左」という具合に選択してください。とくにこだわりがなければ「なし」でOK。「中央」もよく使います。「左」もしくは「右」を選ぶとテキストが写真の横を回り込みますので、注意しましょう。, 画像のリンク先を設定できます。メディアファイル・・・画像をクリックすると拡大画像が表示されるカスタムURL・・・画像をクリックしたら、特定のURLにジャンプするなし・・・画像をクリックしても何も起こらない, 選択肢には「添付ファイルのページ」もあります。これは画像をアップロードする際に自動で生成される専用ページのことで、通常のブログなどでは使いません。, 画像のサイズは「サムネイル」「中」「フルサイズ」から選べます。お好きなものを選んでください。, 実は、画像サイズの設定は自由に変更可能です。管理画面の左側のサイドバーから「設定」>「メディア」を選択すると、以下のような画面が表示されます。, ここで「画像サイズ」の数字を好みの値に変えてください。すると下図のように「表示設定」の画像サイズに反映されます。, 下図のように記事の中で画像を入れたい箇所をクリックしたら、「メディアを追加」をクリックします。, 新しい画像をアップロードする場合は「代替テキスト」だけ記入してください。表示設定はすでにやってあるので、行う必要はありません。, アップロードした画像は編集することが可能です。「サイズ変更」「トリミング」「向きの変更」を解説します。, 記事に挿入した画像をクリックします。すると下図のような状態になります。吹き出しの中の「鉛筆マーク」をクリックしてください。, 画像サイズは、赤枠部分の数字を変えることで変更できます。左が「幅」、右が「高さ」です。, 数字は縦横比が自動的に保たれます。したがって、変えるのは片方だけでOKです。試しに幅の数字を「640」から「300」に変えてみます。, すると高さが自動的に「193」となりました。あとは「縮尺変更」をクリックすれば完了です。, まず下図の赤枠にあるトリミングボタンをクリックしてください。すると写真の四隅と辺の中天に白い四角が現れ、画像全体が点線で囲われます。, 白い四角をドラックすると、トリミングする範囲が選択できます。選択範囲を指定したら、トリミングボタンをクリック。, 選択範囲を数字で合わせたい場合は、トリミングボタンを押す前に、画面右側にある「画像のトリミング」で数字を調整します。, もし「今ひとつだな」と思ったら「キャンセル」しましょう。保存する前なら元に戻ります。, 画像は回転させることもできます。赤枠中の右のボタンなら時計回り、左のボタンなら反時計回りに回転します。, 管理画面から「メディア」に進むと「メディアライブラリ」の画面になりますここで編集したい画像ファイルをクリックしてください。, これで画像の編集ができるようになりました。あとは先ほどのやり方を参考に調整してください。, 注意! 初心者の方でも安心してご相談ください!, あなたの目的や予算に合わせて最適な会社をご紹介させていただきます。ご相談はもちろん無料。また紹介された会社に必ず発注する必要はありません。, ホームページの相場に関するガイドブックを WordPress(ワードプレス)の【プラグインのインストール方法】を初心者向けに紹介する記事です。プラグインの変更はダッシュボードから変更する方法と、FTPでサーバーにアップロードする方法の2つがあるので、順番に説明します。 方法2:プラグインを使ってアップ可能なファイル形式を増やしてあげる。 3. の相場の情報を徹底解説。 画像を置き換えるにはWordPressプラグイン「Enable Media Replace」を使用します。 Enable Media Replaceをインストールすると、画像の編集画面に「新しいファイルをアップロード」のボタンが追加されます。 WordPressのお問い合わせのページを開いてみて、実際に表示を確認すると、「ファイルアップロード・メール添付機能」の項目が追加されていることがわかります。 ここで送信テストをしてみて、うまくメール添付で画像を送れればOKです! まず初めに紹介するのは画像の管理(リサイズ・圧縮・不要な画像削除)に役立つ次の3つのプラグインです。 1. 権限が問題でWordPressに画像がアップロードできなかった場合には、これで解決するはずです。 プラグインが原因でアップロードできない場合. 画像圧縮率が高い Compress JPEG & PNG ( TinyPNG ) の使い方&注意点, 画像圧縮系プラグイン "TinyPng"、"EWWW"、"WP Smush" の比較, WordPressで図やグラフを挿入できるプラグイン「Visualizer」の使い方, 画像にウォーターマークを入れられるプラグイン「Image Watermark」の使い方, 画像圧縮系プラグイン “TinyPng”、”EWWW”、”WP Smush” の比較, おしゃれなリンクボタンが簡単に作れるWPプラグイン「MaxButtons」の使い方, 記事をグリッド表示できるWPプラグイン「The Post Grid」の使い方を解説, WordPressを一発でhttps化!Really Simple SSL の設定手順, 複数ウィジェットを簡単コピー!WP Widget Clipboardを公開しました – Ver1.2.15. 方法は3つあります。 1. WordPressで画像がアップロードできない時は、HTTPエラーと呼ばれるメッセージが表示されます。 このようなエラーが発生した場合は、以下のような方法で対処してください。 ・画像系プラグインを停止させる 2018/9/30 WordPressのアイキャッチ画像の設定に役立つプラグインを紹介します。しっかりとアイキャッチ画像を設定しておけば、サイトの回遊率向上が期待できます。プラグインを使いこなして、魅力的なサイトにしていきましょう。 無料でプレゼントいたします! 画像を自動でリサイズしてくれるWordpressプラグイン「Imsanity」のインストール、設定方法、使い方、注意点を画像付きで解説します。サイズ変更の手間が減ったり、サイト表示速度の改善も見込めます。アップロード済み画像の一括リサイズ可。 WordPressで画像圧縮する際の最もポピュラーな方法が「プラグイン」です。 インストールと初期設定だけ済ませてしまえば、あとは アップロードする画像を自動圧縮 してくれます。. 3年間で上場企業を含む50社以上制作に携わらせていただきました。 ワードプレス画像リサイズの手間を削減する自動プラグイン サイズの大きな画像はページ表示速度を遅くする原因となります。 でもサーバーにアップロードする前に一枚一枚サイズを落とすのは、結構な手間で面倒ではありませんか。 ホームページを業者に依頼する前の準備方法も WordPressはブログのためには欠かせませんね。そしてプラグインで自分の好みにカスタまずできるのがいいですよね。さて今回、このブログで読者にファイルをダウンロードしてもらうためのプラグインを使ってみましたので、備忘録としてその設定方法と Compress JPEG & PNG 3. お急ぎの方は電話で相談 岩田 ・ECサイト ・コーポレートサイト 続いて、WordPressブログに「アップロード」してある画像を圧縮するプラグインは以下の通りです。 EWWW Image Optimizer ShortPixel Image Optimizer WordPressの画像リサイズでお悩みではありませんか?毎回毎回同じ横幅にリサイズしてアップロードするのが面倒。画像サイズが大きくてブログの表示速度が遅くなった。と言ったように、画像のリサイズは日々の記事投稿において必須の工程ですが、リサ WordPress Popular Postsのウィジェットを75×75ではなく。 WordPressで挿入した画像を拡大(ポップアップ表示)したいとお悩みですか?本記事では、プラグイン「Easy FancyBox」を使って簡単に画像を拡大する方法・使い方を解説しています。Wordpressの画像を拡大したい、「Easy FancyBox」の使い方を知りたい方はご覧ください。 WordPressを構成しているファイル(テーマ、アップロードした画像データ、プラグイン)をバックアップします。バックアップにはFTPソフトを使用します。 WordPressをインストールしテンプレートを入れたから、さっそくロゴとかアップしてデザインを作っていこう!記事をさっそく書いて画像をアップしてという前にまずは以下の設定は必ずしておいてください。 これをしておかないとサイトが重くなったり画像が綺麗に表示されなくなってしまったり後々またやり直さなくてはならなくなってしまう事態になってしまうので必ず設定していきましょう。 方法1:functions.php内にアップ可能なファイル形式を増やすコードを記入する。 2. そのため、他の圧縮方法よりも効率的と言えるでしょう。 画像の挿入に便利なWordpressプラグインをご紹介 Imsanity【自動リサイズ】 Imsanityは画像をアップロードしたら、自動的にリサイズしてくれるプラグインです。 大きいサイズの画像でも、いちいちリサイズする手間が省けます。 インストール 2019/11/20 Web制作会社を設立し、 WordPressのプラグイン「Imsanity」を使うと、画像を挿入するときに自動で画像サイズを設定したサイズにリサイズしてくれます!いちいち画像編集で変更しなくてOK!めちゃくちゃ便利! さらに相場を理解するためのポイントや 画像をアップロードできなくてもあわてない. 今回は、画像をアップロードするたびに自動でリサイズしてくれるWordPressプラグイン「Imsanity」の機能とその使い方についてご紹介していきます。画像の大きさを整えるのが面倒と感じる方は、ぜひ導入してみましょう。 合わせて解説。 ・ランディングページ Wordpress には画像や動画などのファイルをアップロードする機能があるが、一度アップロードしたファイルを編集する方法はあまり用意されていない。例えば、ファイル名を変更したい場合には画像などのファイルをアップロードしなおして投稿内のファ WordPressにはアップロードできる画像ファイルの拡張子が定められています。. という方はぜひダウンロードしてください。, マレーシアで日本語教師、総合病院で言語聴覚士を経て、スキルゼロからフリーランスとなる。現在はクライアントワークとしてデザイン制作を中心にホームページ制作、SNS運用、ライティングを行なっている。駆け出しフリーランス向けお役立ち情報を個人ブログにて発信中。, 【初心者向け】WordPressのバージョン確認方法&最新バージョンにする方法を解説!, Wordpressを思い通りにカスタマイズ!実践法と初心者に読んでほしい厳選18記事紹介, お急ぎの方は電話で相談 拡張子とは、たとえば「ファイル名.jpg」の「.jpg」に該当する部分であり、ファイルの種別を表す文字列です。. WordPressは記事に新しい画像をアップロードし、古い画像を削除しなければなりません。 プラグイン Enable Media Replace を利用すると、アップロードした画像の上書き(置換)が簡単です。 ・採用サイト WordPress, WPプラグイン, これらの作業を全て自分でやろうとすると手間がかかるし、肝心の記事作成に時間があまり避けなくなってしまいます。, そこでここではWordPress上でこのような画像の管理や編集作業を行うのに便利なプラグインを厳選して6つ紹介します。, まず初めに紹介するのは画像の管理(リサイズ・圧縮・不要な画像削除)に役立つ次の3つのプラグインです。, これは画像のアップロード時に自動的に指定したサイズに画像をリサイズしてくれるプラグインです。, 例えば今使っているWordPressテーマの最大記事幅が700pxの場合はそれ以上大きい画像をアップロードしても縮小されてしまうのでそのままアップロードは容量の無駄になります。, そこでこのプラグインを使うとあらかじめ設定した最大幅以上の画像についてはその最大幅に収まるように自動的にリサイズしてくれるので便利です。, アップロード時に編集ソフトを起動してリサイズ...なんてやってると時間がかかるのでその無駄を省くのに役立つと思います。, これはPNGまたはJPEG画像をアップロード時やWordPress内で手動で圧縮することができるプラグインです。, TinyPNGと言えばあの驚異的な圧縮率で画像を圧縮できることで有名なサービスですよね。その圧縮技術をWordPressプラグインから使うことができるようになります。, 画像というのはページ表示速度に影響を与えがちなので、少しでも速いブログやサイトを作りたいならこのプラグインで画像圧縮するのがおすすめです。, ちなみに次の記事では他のプラグイン( EWWW と WP SMUSH )との圧縮率について比較しました。, この記事を見てもらえれば分かるように他の圧縮系プラグインと比較してもTinyPNGだけ圧縮率が抜き出ています。少しでも画像サイズを抑えるならTinyPNGを選ぶのがベストです。, 記事内でいらない画像があるとそれだけでディスク容量が圧迫されるので少しでも使用量を節約したいという人に役立ちます。, しかもただ削除するだけでなく次のように自動でいらない画像を判別して表示してくれるので削除がすごく楽です。, 不要な画像をリスト化したらあとは削除ボタンを一回押すだけで全ての画像が削除されるので面倒な手順などは一切ありません。, 自分でどの画像が不要かなんて調べるのは不可能なので、このような自動で判別して削除できるプラグインは便利ですね。, 次に紹介したいのは画像の編集(図形入れや文字入れなど)に役立つ次の3つのプラグインです。, DrawItはWordPress上で画像に図形や文字入れなどができるプラグインです。, この画面上で画像に対して補足情報を表示したり、あるいは全く初めから説明図などを作れたりするのでかなり便利です。, しかも一度作成された画像はあとから再編集も出来るので手直しもしやすいという特徴もあります。, CSVデータさえ用意すればあとはそのデータに従ってプラグインが自動的にグラフを作成して記事内にそれを表示してくれます。, 説得力のある記事を書くにはデータを分かりやすく示すことも大事なのでその場合はこのプラグインが役に立つかもしれませんね。, これは画像のアップロード時にウォーターマーク(透かし)を入れられるプラグインです。, ウォーターマークというのは画像の著作権を示して不正コピーするためにつけられるマークのことで有料の画像サイトなどだとよく見かけると思います。, このマークをWordPressの編集画面で画像アップロードした時に自動的に付与してくれるのがこのプラグインの特長です。, 本来なら画像編集ソフトなどで作業が必要になりますが、これを使えばその手間がなくなるので便利です。導入手順やウォーターマークの入れ方については次の記事で紹介しました。, その手間を省いて少しでも記事作成に集中するならここで紹介したようなプラグインを活用すれば余計な作業の無駄を省くことができます。, そして無駄な作業を減らせれば記事の内容に集中できるので結果的に質の高い記事を書くことにもつながるでしょう。, 以上ここでは画像の管理や編集が楽になるおすすめプラグインについて紹介しました。気に入ったものがあればインストールして使ってみてください。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 自分の「好き」をブログで表現したい、情報発信をしたい方に役立つWordPress術・ブログ構築術を発信中。今までできなかったことを"デキル"に変えるお手伝いをします, 「WordPressは難しい」、「ブログ初心者には向いてない」・・・こういう固定観念を捨てればWordPressほど効率よく記事編集できて安全にブログ運営できるツールはありません。Let's ワードプレス!, WordPressで記事幅より大きい画像をアップロード時、記事幅に一括自動リサイズさせる方法を紹介します。大きすぎる画像は潰れてしまうので綺麗に画像表示したい、そういう方は是非お試しを!, WordPressの画像圧縮系プラグインの中で一番おすすめなのが「Compress JPEG & PNG」です。これはTinyPngの開発元が作ったプラグインで他と比べても圧縮率がかなり優秀です。ここではその使い方について紹介します。, WordPressには画像圧縮系のプラグインがいくつかありますが、画像の圧縮率や使いやすさはプラグインごとでだいぶ違います。そこでここで「EWWW Image Optimizer」、「Compress JPEG & PNG images(TinyPng)」、「Smush Image Compression and Optimization」の3つの画像圧縮系プラグインを圧縮率や使いやすさの点から比較します。, WordPressというのはアップロードした画像以外にも色々なサイズの画像が自動生成されるのでその不要な画像が容量を圧迫する原因になります。そこでここではWordPress内で使用されていない画像を自動検出して一括削除できる「DNUI - Delete not used image」というプラグインの使い方について紹介します。このプラグインを使うと1つ1つ削除していく手間が省けるのでディスク容量を少しでも節約したいという人にはおススメです。, WordPress上で画像の文字入れとかの編集ができたら便利ですよね?実は「DrawIT」というプラグインを使えばそれが可能になります。そこでここではDrawITの導入手順や編集方法について紹介していきます。, WordPressではグラフを作って挿入するなら「Visualizer」プラグインがおすすめです。CSVデータを用意するだけで円グラフや折れ線グラフが作れて便利なのでここではその作り方を詳しく説明していきます。, インターネット上の画像というのは基本的に誰でもコピーできてしまうので、何も対策をしないと簡単に無断使用されやすくなります。そこでここではWordPressで画像のアップロード時に自動または手動で透かしを入れることができる「Image Watermark」というプラグインの導入・使い方について紹介します。自分で作った画像を人に無断で使用されたくない場合や著作権を守りたい場合は役立つプラグインです。, 昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。, 自分の「好き」をブログで表現したい、情報発信をしたい方に役立つWordPress術・ブログ構築術を発信中。今までできなかったことを"デキル"に変えるお手伝いをします。好きな言葉は「不言実行」「千里の道も一歩から」, PNGまたはJPEG画像をアップロード時やWordPress内で手動で圧縮することができるプラグイン.

Ãウン症 ĸ絶 ž悔 10, Nj身 Ŀ険 Áらない 8, Final Cut Pro X Ãレード ȧ除 15, Âーグルマップ ő辺のスポット ɝ表示 Iphone 18, Ŀ号無視 ĺ故 ǽ金 Ǜ場 16, Itunes Ãレイリスト Âレー 6, Ɨ立 ņ蔵庫 R S 40k 16, Âンダーv 4号機 ĸ古 6, ļ社 ɀ院 Ř 7, Ãラクエ9 Áのお Áつるぎ 7, Vxm 197vfni ŏ付 9, Serial Experiments Lain Ƶ外の反応 15, Da Pump Mcat Âバー 4, Ĺ木坂46 4k ǔ像 13, NJ Áしゃみ ƀる 7, 30代 ɫ型 Ãンズ 6, Áゃがいも ĸ品 Ãンジ 5, Ãンピース Ãザイクアート Ļ間の印 Ƌ大 6, Pixel3a Usb Otg 13, Ãイプル Ãイトロード żい 19, Toeic 900点 ʼn合 17,