頻繁に持ち歩くのであれば、Core iシリーズのCPUになりますが重量が軽くてディスプレイもより明るい上位モデルの「ThinkPad X1 Extreme」などがおすすめです。, この不具合は全ロットで発生しているようで、ユーザーとしては避けようがないので「キーボードこそノートパソコンの命」という方にはおすすめできません。とはいえ今後のアップデートで修正される可能性は高いです。, 以上から「5万円以下で」「512GB NVMe SSDがついて」「Core i5と同等以上のパフォーマンス」のノートパソコンとしてこれ以上のものはないと言っても過言ではありません。 ・有線LAN(RJ45) 『ThinkPad E595』には、CPU、メモリ、ストレージなどのスペックによりいくつかのモデルがラインナップ。それぞれのモデルで柔軟なカスタマイズが可能です。 今回のレビューでは、メーカーからお借りした Ryzen 5 搭載モデルを試用してレビューを行います。 なお、レビュー機のスペック構成は以下のとおりです。 『ThinkPad E595』のラインナップやスペック構成、価格、クーポンなどの最新情報はレノボ直販サイト「レノ … Lenovo ThinkPad E595は、パワフルなAMDプロセッサーと強化されたセキュリティ、堅牢でスタイリッシュなボディのビジネスに最適な15.6型ノートPCです。 Products ship within the same business day (excl. (増税後の現在は、256GB NVMe M.2 SSDであればセール期間中に5万円以下で購入することができます。), 価格も同性能の競合他社よりも安く、APUの選択の幅も広いので万人に、特に据え置きで使う方にはおすすめできるノートパソコンです。, 重量がやや重いので、もっと軽いノートパソコンとしては「ThinkPad X1 Extreme」や「ThinkPad T495」がおすすめです。, ・たまに軽いオンラインゲームをする:Ryzen 7 3700U、メモリ 8GB x2、SSD 512GB, 【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC 実機レビュー, 【PUBGモデルあり】ゲーミングPCならマウスコンピューター G-Tune ・ ケンジントンロック, フルサイズのSDカードスロットではないので、SDカードを使いたい場合はUSB接続のカードリーダーが別途必要になります。, USB 3.0コネクタと離れたところにレガシーなUSB 2.0コネクタを一つ残してあるのは好印象です。, USB 3.0コネクタに無線マウス・キーボードをつなぐとやたら反応が悪いという経験がある方も多いと思いますが、これらはUSB 2.0コネクタとつなぐことで電波干渉を減らすことができます。, Type-Cコネクタからは、外付けディスプレイに接続することができます。外付けディスプレイにType-Cコネクタから接続した場合は最大3840 x 2160(60Hz)、HDMIコネクタから接続した場合は最大3840 x 2160(30Hz)で表示され、内蔵ディスプレイ含めて最大3つ(内2つが4K)のディスプレイに同時出力ができます。, 底面は一昔前のThinkPadシリーズのような換装用の小窓はなく、裏蓋全体を外さなければ各種パーツにアクセスすることができません。, また、底面は天板とは異なり樹脂製です。底面下部の左右にはスピーカーがあります。音質は普通です。, ストレージはNVMe M.2接続のSSDと、SATA2.5インチの最大2つを搭載することができます。, 今回SATA HDDはカスタマイズ搭載していないので空きとなりますが、DIYで交換することができます。, カスタマイズでSATA HDDを選択しなかった場合はダミーのHDDが搭載されます。スペーサーやコネクタも搭載されるので安心してください。, ネジを2箇所外すだけでアクセスできます。初期搭載されているM.2 SSDは2242サイズですが、一般的な2280サイズのM.2 SSDに換装することもできます。, 各種ベンチマークを測定していきます。基本ベンチでは購入時の4GBの状態で行いますが、ゲームベンチではメモリ4GB(シングル)、32GB(シングル)、64GB(デュアル)で計測していきます。, 4GBと32GBはメモリ量による変化、32GBと64GBはデュアルチャネル時の効果をそれぞれ示しています。, ゲームベンチ時の比較対象となる「i7-7500U」はPanasonic「Let's Note CF-SZ6 (メモリ:8GB)」におけるスコアです。, Ryzenは解凍より圧縮が苦手なのか、スコアがあまり伸びませんでした。解凍は十分なパフォーマンスです。, TLC・QLC型SSDはキャッシュを使い切るとこのように大きく連続書き込み性能が低下します。このSSDのキャッシュは実容量の5%程度と考えられます。, 「ドラゴンクエストX」のベンチマークでは、最高品質フルHDと標準品質フルHDで計測しました。, E595はメモリ不足ぎみとはいえ、第7世代のcore i7よりも高いスコアを叩き出しました。平均フレームレートもスコアと同様にcore i7より高いです。, E595はゲーミングPCではありませんが、ドラゴンクエストXほどスペック要求の低いオンラインゲームであれば最高画質フルHDでも十分快適に動作します。, 「PSO2キャラクリエイト体験版 EP4」では設定3のHDと設定6フルHDで計測しました。, スコア5000が快適の目安なので、十分なメモリがデュアルチャネル(2枚)で搭載されていれば設定3のHD画質でも快適にプレイできそうです。, 設定3での差はそこまで開いていませんが、内蔵GPUにとって比較的負荷の重い設定6では約3倍のスコア差が生まれました。, 「FINAL FANTASY XIV 漆黒の反逆者」では標準品質(ノートPC)のHDと高品質(ノートPC)のフルHDで計測しました。, FFXIVの場合はメモリ量よりもデュアルチャネルであるかどうがが重要という結果になりました。, スコアはデュアルチャネル時に5000を超え、フレームレートも50手前まで届く標準品質のHDであればそこそこ快適にプレイできると思います。, フレームレートの差がそこまででもないように見えますが、実際は多くの場合デュアルチャネルのメモリを搭載するのでその分大きな差となって現れると思われます。, Youtubeで動画を流し続けた場合、100%から90%までは約30分、100%から50%までは約2時間20分、100%から10%までは約4時間20分となりました。, 付属の65W充電器で充電したときの充電時間は1時間40分ほどでした。カスタマイズなしの45W充電器の場合はもう少し充電時間は長くなります。, 負荷がかかっているときも冷却が足りているのか不安になるほどとても静かです。Ryzen Mobileは比較的消費電力が大きいですが、それを全く感じさせない静音さです。, 分解画像を見て分かるように、熱源となるAPUはキーボード奥にあるため、「使っているうちにパームレストがとても熱くなる」ということが全くなくキーボード操作が快適です。, ゲームベンチの結果からも分かる通り、(Kaby Lake-Gを除く)今までの内蔵GPUとは一線を画するレベルにまで進化しました。, 「ThinkPad E595」はゲーミングパソコンではないですが、軽いオンラインゲームであれば十分快適にプレイすることができます。, 「Fluid Motion」は、フレーム補間技術によってよりなめらかな動画再生ができるようになり、特に、24fpsが多いアニメや映画を60fpsのヌルヌル映像で観ることができます。, これらは競合のIntel Core iシリーズ搭載PCにはない利点です(ただし、Ryzen Mobileはこれらの機能を標準で利用できず、ひと手間必要です)。, 個人的にPower Deliveryによる充電が採用されているのはとても良かったです。, 今までわざわざノートパソコン用の「専用ACアダプター」を持ち歩いていた方にとっては嬉しいポイントでしょう。また、大きくてかさばる標準の充電器ではなく出力の大きいPD充電器であれば、スマートフォンと充電器を共通化でき外出時に荷物を減らすことができます。, 写真はPanasonic「Let's Note CF-SZ6(350nitと思われる)」との最大輝度の比較です。, やはり公称値250nitのディスプレイは「画面輝度最大近くにしていないときつい」です。画面輝度最大でもちょうどいい位の明るさです。, カスタマイズで400nitのディスプレイに変更可能、のようなオプションがあればよかったのですが、上位機種との差別化のためには仕方のないことかもしれません。, 15インチというサイズを諦められるならばより軽い上位モデルもありますが、高価であったりメモリの一部もしくは全てがオンボードになっていたりするなど、コストパフォマンスや拡張性という点で不満となるところが出てくると思います。 この記事では、Lenovo「ThinkPad E595」を購入したので実機レビューします。, 「ThinkPad E595」(以下、E595)は2020年1月4日時点で価格.comのノートパソコン注目ランキング、人気売れ筋ランキングともにNo.1となるほど大人気の高コスパノートパソコンです。, 内蔵GPUにRadeon Vega 8を採用した「Ryzen 5 3500U」やPCIe接続の「NVMe 512GB SSD」を採用しながら5万円を切る価格というコスパ最強のLenovoのノートパソコンだと言えます。, 値段ばかりが取り上げられるこの製品ですが、「Ryzen Mobile搭載」かつ「15インチモデル」の「ThinkPad」は、実はこの製品以外になく大きな特徴と言えるでしょう。, ThinkPadなのでもちろん赤いトラックパッドも搭載しています。また、LenovoのPCはハードウェア保守用マニュアルが用意されており、自力でパーツの交換・増設が可能でノートパソコンでありながら拡張性も抜群です。, 梱包全体の重量は約3.1kgです。保証書が貼られているので大切に保管してください。, 今後はPower Delivery(PD)充電のノートパソコンが多く登場するであることを考えて、多少重くなっても容量を大きくすることにしました。, 「ThinkPad E595」はPD充電となっているため、付属の充電器以外でも利用することが可能です。, この65W充電器「4X20M26271」の出力欄には「5V=2A、9V=2A、15V=3A、20V=3.25A」と記載されていますが、実際には「5V=3A、9V=3A、15V=3A、20V=3.25A」まで出力できることを確認しました。, スリープ中のときは、ThinkPadの赤い部分がゆっくり点滅します。天板は手脂が付きやすいので注意です。, 重量は約2.1kgと15インチのノートパソコンとしてはやや重めの機種です。充電器と合わせると約2.4kgとなりました。, 充電器は市販の45W以上のPD充電器で代用可能なので、小型軽量でパワフルなRAVPower「RP-PC112」などをおすすめします。, ディスプレイは15.6インチのフルHD アンチグレアIPS液晶ですが、明るさは公称値250nitと暗めです。, 上部ベゼルは約13mm、左右ベゼルは約10mmで、下部ベゼルはやや広めの約26mmです。, 0.9MPのインカメラは上部ベゼル中央にあります。その左右にはマイク穴があります。, インカメラを一切使わない方はプライバシー保護のために無効化するか、カメラをシールなどで塞ぐことを強くおすすめします。, テンキー付きキーボードはカスタマイズで日本語配列と英語配列(約+3000円)のどちらかを選べます。また、バックライトは搭載されておらず、カスタマイズで搭載することもできません。, Pause/Breakキー、SysRqキー、メニューキーは独立したキーとして実装されていません。, 個人的にメニューキーがないのは不便と感じますが、「そもそもこのキーはいつ何のために使うんだ」という方がほとんどだと思うので問題ないでしょう。また、兄弟機「ThinkPad E590」にはカスタマイズで搭載可能な指紋認証センサーですが、「ThinkPad E595」には搭載できません。, 注意点として、「ThinkPad E595」を含む一部機種には「rtyを同時に押すとuが入力される(いわゆるファントムレター)」「ertやerbなど3つ以上の特定の組み合わせでキーを同時に押すとビープ音がなる」などの不具合が確認されています。, これに関しては、Lenovo従業員がフォーラム上で「開発エンジニアにフィードバックした」との回答があったので今後のアップデートで修正されると思われます。, ThinkPadのトレードマークである赤いトラックポイントももちろんついています。, キーピッチは一般的な 19cm(狭い部分は約16mm)でストロークは深く、タイプ音はとても静かです。, FnキーとCtrlキーはソフトウェアもしくはBIOSから交換可能です。F1~11キーはそれぞれ特殊機能が用意されていますが、F12キーの動作はソフトウェアで機能を定義することができます。, PrtScキーはやや特殊な場所にあります。Fnキーと同時に入力することでSnipping Toolを起動することができます。, ・充電兼用USB Type-C コネクタ ・ HDMI出力 ・イヤホンジャック, ・microSDカードスロット bank holidays and weekends) for orders which have been placed prior to 3pm ET and which are prepaid in full or payment approved. WE'RE SORRY, BUT THERE ARE NO ACCESSORIES AVAILABLE AT THIS TIME. 【人気プロゲーミングチームも推奨】BTOパソコンのFRONTIER ThinkPad E595は15インチノートPCでRyzenを搭載する高コスパPCです。, 価格に応じて、Ryzen3,5,7を選択することができます。最大メモリは16GBまで搭載可能。, 公式サイトでカスタマイズモデルをハイエンドに振り切っても、10万円強で買える低価格さは家庭用だけでなく、事業で事務用に使うPCとしてもちょうど良い選択肢と言えるでしょう。, 忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人で安く買いたい人はキャンペーンを必ずお読みください。, ThinkPad E595の最大のメリットはなんといってもコスパと言えるでしょう。15インチでは破格クラスに安いノートPCです。通常の用途(Word、Excel程度)なら、8万円強で十分な性能のものが手に入ります。, 一応、5万円で買えるモデルもありますが、こちらはRyzen3でメモリが4GBしかないので、長期的に見てコスパが悪い気がします。, やはりこのモデルの魅力は上位機種です。Ryzen7 3700U、16GBを搭載しながらなんと11万円。同じスペックを国産品で買おうとすると、20万円弱はかかるでしょう。, ものにもよりますが、上位機種ならHDD+SSDのダブルストレージなのも嬉しいです。, Thinkpad E595の外観を見て頂くとわかりますが、15インチになると外部コネクタへの対応性が一気によくなります。D-subがないものの、フルサイズHDMIや有線LAN接続が付属するようになります。, 今回レビューしたモデルは、Ryzen 5 3500Uになります。このE595シリーズは全てRyzen搭載モデルとなっており、intelはありません。, スペック面で見て、特に変わったところはありません。15インチノートPCとしてはスタンダードなモデルです。, 外観を紹介していきます。まずは天板、ThinkPadならではのピーチスキンを生かしたものになっています。, ディスプレイは非光沢になっています。なお物理シャッターは付属していません。上部ベゼルはこちら。比較的大きめです。ただし画面サイズが15インチなので意外と目立ちません。, キーボードの打ちやすさはさすがのThinkPad、打ち心地も深く満足度が高いです。, このE595ではテンキーの上にファンクションで電卓を即時呼びたしできる機能があります。これは便利と感じました。, 右側はイーサネットコネクター、USB-A(2.0)、micro-SDが挿入できます。, 左側は順にUSB3.1 Gen1 Type-C、HDMI、USB-3.1 Gem1(Powered USB)、USB3.1 Gen1、ヘッドフォンジャックがあります。, こちらが電源です。15インチクラスノートPCの中ではかなり小さい45W電源でした。Y7000などは100Wを超えるため、それに比べるととてもコンパクトです。, 光インターネット1Gbpsの環境下で通信テストを行いました。無線LANにはVELOPを用いています。まずこちらが無線機の前で行いました。, ThinkPad E595の魅力はなんといっても価格です。Ryzen7、16GBのハイエンド構成にしても11万円となっています。外部コネクタの種類も多くタイピング性能も良いため、「一台ですべてをこなしたい」人で安く済ませたい人には、ちょうど良いモデルと言えます。, ThinkPad E595の公称値は2.1kgとなっていますが、軽く感じます。「大きいわりに軽い」といった印象でしょうか。家庭内の持ち運び程度なら苦も無くこなせそうです。, 15インチノートパソコンは大きな充電器を持つものがほとんどですが、ThinkPad E595は45Wのコンパクトな充電器になっており、持ち運び、収納性に優れています。Y7000の外観で紹介しているように15インチハイパワー構成なら大きくなるので、コンパクトさは大きなウリです。, また、USB-C経由での充電に対応しています。スマートフォンでUSB-Cを利用している人にとっては大きなメリットとなるでしょう。, ThinkPad E595に限らず、全てのThinkPadはタイピングに優れます。深さ、跳ね返りどれをとってもノートパソコンとしては一級品。テンキーもあるため、事務作業が多い人にはちょうど良いPCです。, ThinkPad E595にはソフトウェアとしてドルビーアトモスの調整機能がついています。音楽プロファイルに合わせて調整できる機能です。自分の好みに合わせて変更することができます。, ThinkPad E595では変わった機能として、マイクの指向性調節が可能になっています。ソフトウェア上でワンタッチで調節できる便利な機能。スカイプなどの電話機能を使う人は要チェックです。, ThinkPad E595のタッチパッドはかなり左寄りな印象を受けました。カーソルをよく使う人は、マウスを使うことを前提とした方が良いでしょう。, ThinkPad E595は底面にスピーカーがあるせいか、こもったような音の印象を受けます。そのため、調整しないと音が弱い印象を受けました。特に低音側で音の弱さを感じます。, ビジネス用途・パーソナル用途のどちらでも、素晴らしいPCですね。X1とかTシリーズ、Eシリーズを利用する際にキー配列は意外に重要。キータッチが深いと思う方も居ますが、メカニカルキー時代はこの深さがThinkpadの常識だったんです。戻ってくれてうれしく思いますね。PC不慣れなうちの娘ですら、このキーはx1よりも打ちやすいっていうぐらい。スピーカーやマイクの性能向上、Dolbyを楽しめるとかの面がよく評価されがちですが、このPCの真の面白さはT550の伝統を受け継いだ、ワークステーション並の拡張性にあります。メモリ32GBでADOBEばりばり、開発環境としても仮想サーバーを余裕で扱えるTHINKPAD歴代の最高性能ですし、DISKはチューンすれば 4000MB/sぐらいまでの性能を誇ります。デスクトップでもRYZENを使っていますが、インターフェースBUSの性能はINTELが及ばないほど優秀ですし、DISPLAYもHDR対応でかなり優れものです。唯一、Realtekの無線LANと有線LANの性能は少し気に入りません。速度の速い・遅いのレンジが広く 有線は500MB台、無線は200-600とAC 5MHzでは少しもの足らないです。ネットワークはやっぱりIntelのほうがよく、無線LANを AX200NGWに差し替えて 600-680MBの性能を出しています(AXの最大帯域は2.4GBですが、ノート向けのヂュアルバンドでは1.2GBのリンクスピードで最大は850MBほどでした)。メモリは32GBに、SSDに SUMSONG 860EVO, M.2には PCIE NVMEという組み合わせにして、SSD側をSUMSONG MAGICIANで高速化します(メモリを1-2GB使用しますけど)。自前で交換して10万円で収まる、スーパーノートになりました。データベース・開発・娯楽・ビジネスなどと幅広く使えています。もちろん、私のノートの中で最強のノートになりました。やっぱりRYZENはすばらしい。ちなみに、8in1とかの ポートをUSB3.0電源ポート経由につないで、LAN/HDMI等もすべてカバーしました。, 低コストで購入できるThinkPad。15インチでテンキー付きなので、家庭用に低価格で欲しいという人にもおすすめ。ただし、同じLenovoのLEGION Y7000との価格差が少ないので、そこだけが悩みどころ。, 普段、PanasonicのSZシリーズを利用する妻にThinkPad E595を使ってもらいコメントをもらいました。, 見た目は高評価でしたが、ThinkPadのキーの深さが不評でした。普段Panasonicを使っているので、キーの幅は特に気になったのかもしれません。, ThinkPad E595はとにかくコスパ重視です。15インチハイエンドを出来るだけ低価格で欲しい人にはもってこいの選択肢。事業用、かつ事務関係の仕事効率化の観点ではかなり良いPCと考えます。, ハイエンドPCとしてはコスパが良い点は間違いありませんが、GPU搭載系15インチならY7000もバランスが取れています。こちらもチェックしておきましょう。, 15インチPCはテンキーの搭載可否が分かれますが、当モデルは搭載。事務作業に適しています。, もしゲームをして15インチノートPCが欲しいならLEGION Y7000をおすすめします。少し価格帯は上がりますが、低価格でグラフィックボード搭載の15インチPCを購入できます。, ThinkPad E595は2.1kgの重さを感じないと書きましたが、重いことには間違いありません。そのためモバイル性は低いです。15インチで軽さ重視なら、同じRyzen搭載のSurface Laptop3が良いでしょう。, ThinkPadのパソコンはとてもカッコいいですが、ピーチスキン単色でカラーバリエーションがありません。人によってはカラバリを求めたり、光るPCが良い人もいるでしょう。, カラバリを求めるなら、vivobook S15、光るPCが欲しいならY7000にしておきましょう。, ThinkPad E595は低価格で15インチモデルを探しているならかならず押さえておきたい一台です。, ハイエンド、高コスパ、テンキー搭載なので、事業者(法人)は自分用だけでなく、業務用という考えた方で広げておくと良いでしょう。, ThinkPad E595を購入する場合、かならずレノボの公式サイトをチェックしてクーポンをチェックするようにしましょう。それだけで、ぐっと値段が下がることがあります。, またレノボは買う方法(申し込み経路)によって、値段が変わります。詳しくは以下で解説しているのでぜひ目を通してください。. Limited quantities are available. Software and accessories will be shipped separately and may have a different estimated ship date. ThinkAgile SX for Microsoft Azure Stack Hub, ThinkPad E595 (20NFA00GJP/20NFA00CJP/20NFA00DJP/20NFA00FJP/20NFA00BJP/20NFA00EJP), ThinkPad E595 (20NF001DJP/20NF001CJP/20NF001BJP), ThinkPad E595 (直販カスタマイズモデル), ThinkPad E595 (20NF001GJP/20NF001FJP/20NF001EJP), lenovo.comに掲載されている価格、条件、保守など、重要なお知らせは、こちらでご確認ください. 液晶ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1366×768ドットのHDと1920×1080ドットのフルHDの2種類が用意されています (購入時のカスタマイズで選択可能)。 おすすめは断然フルHD。なぜならフルHDの液晶ディスプレイでは発色に優れるIPSが使われており、写真や動画を自然な色合いで楽 …

ś立 Á Â Âンター ņ科 4, Ű型犬 Ãックス ɇ親 37, Rails Url Ő前 8, Ǐ代高等保健体育 Âロスワード ǭえ 26, Âーブン Ť Ɲ 27cm 5, Âルテッツァ 2jz Gte ȼせ ƛえ 8, Ãニクロ Hana Âンチ 20, ƥ務スーパー ņ凍タコ Ãシピ 7, Ư日 Âルピス Ťる 6, ĸ人暮らし Ȳ乏 ɣ費 4, ɖ西 Ãレビ ɟ国ドラマ 10, Aviutl Ãキスト ĸ線 4, Official髭男dism I Love M4a 27, Âラウン Ɨ車 Ãーツ 14, Windows Ãスクトップ Áわいい 5, Ãガサス Ãニコーン Âンタウロス 18, Ãゴンr Cvt ĸ具合 13, Official髭男dism I Love M4a 27, Oppo Ãームボタン ƶえ Á 13, Nike Pro Elite Singlet 19, Âルミ Ŋ工 Diy 5, Ãケ ƣ Áすすめ家具 11, DŽ効電力 Sinθ Ʊめ方 7, ƶ費税 ĸ間申告 Ļ決算 5, Ãイクラ ǫ巻 Âマンド 21, Uq Ãバイル Áサイフケータイ ň期化 4, Âズキ Ãーディー50 Âンジン Áからない 19, ǁ高校 ƕ学 2020 4, ɀ職 ūいな人 ƌ拶 Áない 6, Áんでん返し Ű説 ǟ編 5, Ledランタン Áぶしい ů策 4, Âールナイトニッポン Âードリー Ƙ日 Ãリートーク 4,