Teratermで各サーバやNW機器の情報取得するとき、マクロでサクッと取りたいときってあると思います。 そんなときネットで検索しても凝ったものが多くて 「いやそこまではいいよ! もっとシンプルでいい!!」と思うことがあったり。 そして調べて作ったのはいいけど、そんな作る頻度多いわけではないのですぐ忘れちゃうのも悲しいところ。 なので、必要最低限の知識で作れるマクロの紹介です。 マクロのディレクトリにログを保存しよう に 接続先IPも変数にする | ゼロから始めるTera Termマクロ より; 5.1. Tera Termを立ち上げて下さい。 ↓ 立ち上がったら、画面下の「キャンセル」をクリックして下さい。 ↓ 設定メニューより「SSH鍵生成」を選択します。 ↓ 鍵の種類は「RSA」、ビット数は「2048」にして、「生成」をクリックして下さい。 ↓ これで鍵の生成が完了です。 鍵の作成が完了したら、鍵のパスフレーズとパスフレーズの確認を入力します。 パスフレーズは任意の文字列を設定して下さい。 また、パスフレーズは後で使うので、必ず、忘れないように保存しておいて下さい。 ↓ 公開鍵を保存します。 P… 前回はmessageboxと呼ばれる、単純なOKボタンを押させるだけのGUIを表示させましたが、何かを選択したくなるのが人の常というものです。, この画像の通り、yesnoboxはmessageboxと違って、ユーザが押すボタンが2つ存在します。, 2つ存在するということは、選択することができるということですので、選択に応じて分岐、つまり条件分岐に使えるボタンということになります。, 今回は基礎編ということで、まずは「マクロを始めるか・始めないか」のyes/noを選択する仕組みを作ってみたいと思います。, messageboxとyesnoboxの違いは選択肢に応じて、”result”に0か1が格納されるということです。, これは、filereadlnでもう読み込むものがないときと全く同じ仕様ですので、その時に作ったif文と同じ形を使うことができます。, 今回はマクロを開始するかしないかを判断するため、マクロの冒頭にyesnoboxを配置する必要があります。, yesnoboxのメッセージは特になんでもいいと思いますが、今回は以下のようにしておきたいと思います。, がresultに格納されると書いてありますので、if文の書きっぷりとしては、こうなります。, getdateコマンドを使ってファイル名に日付を入れる | ゼロから始めるTera Termマクロ, getdirコマンドを使ってログを任意の場所に保存 | ゼロから始めるTera Termマクロ, 変数を使ってpassword変更に対応 | ゼロから始めるTera Termマクロ. 5.2. パスワード変更に対応してみよう に getdirコマンドを使ってログを任意の場所に保存 | ゼロから始めるTera Termマクロ より; 5.2. 毎日何十台もSSHでサーバへログオンすることは大変です。少しでも楽にできないかとググッたところ、Teratermマクロを利用し、Linuxサーバへ自動ログオンすることができましたのでご紹介します。以下参考にさせていただいたサイトにはSSHで自動ログオンする方法がたくさん紹介されています。

ɭ Áら Á飯 4, Âムウェイ Á Áい ƭ 5, Hp Spectre X360 15 Ãビュー 16, Absolute Ego Dance 11, Âープンカントリー Rt ɛ道 18, Âシオ Ãィズ Ãビュー 5, Obs Mac Ɍ画 35, Oracle Delete ņ利用 7, ȵ動時 ȧ像度 Ťわる 4, ə器 Áび ȣ修 5, Ãケモン剣盾 ļ説 ȿ加 5, Áまもり Switch ƚ証番号 12, Âゴスマ Ų田 Áるさい 34, Ů船 Tokio Mp3 58, Switch Âバー Ȃ球 7, Ű学生 Ȫ解力 Ƽ画 8, Windows ɟ声認識 Dz度 7, Ãイク Âルスイッチ Ʌ線 11, ĸ ƣ Ľ積 5, Džり運転 Ƅ媛 Ãンバー 10, Âクセル šりつぶし ȇ動 ȧ除 7, Au ɫ杉くん ťの子 5, Google Pay Nfcオフ 6, Âホバの証人 ź島 Ɗ檻 37, Autocad Ãックアップ Ȩ定 4, Ãッカ油 NJ nj 22, Word Excel電子 ō 6, Âンドル Wifi ǹがらない 4, Ãリルワンピース Ľり方 Ť人 4, Áろけるチーズ ƺける Ƹ度 5,