「 ビクセンfl102s 接眼部ピニオンギア交換 」への8件のフィードバック 佐治 基幸 2018年10月9日 12:38 午後. 見えるので”当たりかな”とほくそ笑んでおります(笑), Fl102の見え味は素晴らしいですね!当方、これまで国内外の10㎝屈折 スターホッピングを気軽に楽しんでいます。特に重星観望が好きで離隔の厳しい 当初はこの業界にいらした方かな?と思いましたが、後でよく読んでみたら、どうも違うようでした。 ( ログアウト /  しばらくビクセンのFL102S接眼部をカサイの高機能DXマイクロフォーカスに組み替えていたのだけど、クレイフォードとマイクロフォーカスの感触が馴染まず、もとのオリジナル接眼部に戻しました。, ビクセンの接眼部は評判はあまり宜しくはないのですが、うまく調整するとなかなかスムーズです。 他社製品もです。赤道儀のウォーム軸の曲がり修正に一応成功した事もあります(カートン光学) 10cmクラスの屈折は安定した見え味が特徴だと思っています。 ビクセンにいらしたんですか、悪口言えないですね。 (FC100,AS100/1000)を数本所有していましたが、すべて手放してしまい現在、 ただ、ピニオン軸が弱いのかすぐに曲がってしまうようで、当FL102Sもわずかに曲がっていて、トルク感が均一でないことが残念です。 ダメもとでビクセンにピニオンギアの補給パーツはないかと問い合わせたところ、R200SSピニオン軸と同じもので、まだ購入できますとのことでした。 構造は確かに仰るとおりで、特にピニオンギヤを押さえる部分があまりに貧弱です。薄いコの字のパーツで薄い板の部分で軸を押さえる形なので、押さえ部の面圧が高くグリス自体の効果が無く、使っていると軸の部分が削れてしまいガタが発生します。またここがちょうど梁の支点になるので少しの力でピニオン軸が曲がってしまいます。ピニオン軸と押さえ部の間に中間筒を設けてピニオン軸を全体で受ける形にするか、押さえ部分をピニオン軸の外形に合わせた面積の大きなパーツに変えるかした方がいいように思いますが、コストアップになるので簡単な構造の補給パーツにした方がいいのかな。 https://blogs.yahoo.co.jp/kyainbabu77 r180(初期) r200 tb. この商品を購入した、Amazonコミュニティーのメンバーである出品者、メーカー、またはカスタマーが質問にお答えします。, 有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。, 海外製品につき、若干の傷、痛みが見られる場合がございます。 完全品をお求めの方はご遠慮下さい。, 新作おもちゃや人気のキャラクターグッズなど、クリスマスプレゼントにおすすめのおもちゃが勢ぞろい。, エレメント(ELEMENT) AEG 電動ガン モーターピニオンリムーバー ピニオン脱着工具, LayLax (ライラクス) PROMETHEUS ハードピニオンギア エアガン用アクセサリー, OPTION No.1 削り出し超硬スチールピニオンギヤ マルイ電動ガンモーター用 GAP-009, 電動ガン用リポバッテリー【ミニ完全互換】 7.4v 1500mAh 40C - 20C [ リポE ]. 高倍率で色収差が少し出ますが高いコントラストと高倍率での鋭いエアリーディスクは絶品 お声お掛けしていただけたらな~と勝手に思っています。, シュミカセは手にしたことが無いです。20cmでスパイダーの影響がないとなれば、かなりの近接二重星が楽しめそうですね。 かなり手間がかかるし、失敗すると取り返しがつかないので、新品に交換できるのならそちらのほうがはるかに安上がりだと思います。, ところで、昨夜面白いサイトを見つけました! 1944年にAnd36(0.8秒)、Vul16(0.8秒)を分離できたので13㎝屈折と同等の分解能は 日産旧車、デフ、R200、R192、H190、R180、ピニオンベアリング、リングギヤ、LSD, ミッションでいろいろご相談してきた埼玉のSさんから、今度はデフが送られてきました。, 早速内部を調べてゆきますが、LSDがついていてOS技研のスーパーロックです。3.7のリングギヤはすでに取り外されていて、4.1リングギヤが同梱されています。デフケース・ピニオンギヤ・他パーツはもちろんすべてこの4.1ギヤとセットのものです。, サイドベアリングを外してみるとところどころ引っかかったような傷があります。(左側)何か異物を噛みこんでいた感じです。レース面にもよく見ると細かい金属片がめり込んでいるのが分かります。, 右側も同じような感じですが、こちら側はよく見ると画像中央部付近だけレコード盤状の傷が細くなっています。ここだけ凹んでいる?なんなんでしょ・・・・, なんでもそうですがこういう機構パーツは寸法測定が大事だと思います。特にデフはプリロードとバックラッシュが云々されますので0.01mm単位が影響してくるはずですので正確に測らなければなりませんが、実はこれが奥が深く難しいと思います。, 先ずは現状のピニオン部のみのイニシャルトルクを測定します。オイルシールが無い状態で測定しますが値は3.37kg/cmと良い値です。, 確認後分解に入ります。プレスで押すのですがかなり圧入力は強いです。ちゃんとしたプレスが無いと難しかったです。, ベアリングリヤのアウターレースですが、経年変化相応の摩耗が見られますが、異常な状態では無いと思います。, 同じくセンターベアリングですがこれも問題ない感じです。ただ右45度のところ摩耗痕が細くなっていますが、こういうところがやはりデフの癖というべきものかもしれません。, ピニオン側のでっかいテーパーローラーベアリングを組んでいきます。プレスで押すのですが、特殊工具の押し治具はもちろん無いので、いろいろ工夫して押し込みます。, ピニオン側を何とか組んだところでイニシャルトルクを測定します。デフはこれが大事です。, ピニオン側のみベアリング新品オイルシール取り付け前で11.08kG/cmで規格の10~13に入っています。, 次にOS技研のスーパーロックと4.111のリングギヤを合体します。スーパーロックはM12の取り付けボルトに合わせてOS技研で取り付け穴追加工してもらいました。, 途中はしょりましたがサイドベアリングを圧入してシムを先ずは今までどうりの選択で組んでいき、バックラッシュを測定します。, 順番が前後していますが、リングギヤサイドベアリング組んだ状態でのプリロードを測りますが、この状態で測定不能なほどプリロードがかかっていました。サイドベアリングを新品にした影響でしょうか?, サイドベアリングの位置調整用シムですが0.05ピッチでこれだけあります。本来はもう少し狭いピッチで欲しいところですが、後は研磨調整でしょうか?, リングギヤ・LSDをこの狭いクリアランスでシム打ち込みで何度も組んだり外したりするのは楽ではないです。, 0.16 0.17 0.17 0.14 0.15 (全周測ると当然ばらつきがあります), 今回、以前に依頼されていたR200アルフィンデフの乗せ換えもで依頼されたので、デフ交換を実施します。, ミッションについてはΩ9ルート6クロスとα55の2基をお持ちになられて、使いわけています。, ハコスカのデフ取り付けはセミトレメンバーの中をくぐっていますのでS30よりずっと手間がかかります。, ハコスカGTR用にデフを作ります。支給されたデフはR200のニスモLSD付とのこと。, 赤印のコンパニオンフランジが付いてません。ここは付いてくる場合が多いんですがはずしてあります。手に入りますからOKですが。, 青印のサイドフランジ左右は付いてこない場合が多いです。これも入手しなければなりません。R180はボルト止めですがR200はサークリップで固定で仕様が異なります。, LSDは角度的にニスモで間違いなさそうです。また全体的コンデイションもすばらしく良いです。, 歯当たりチェックですがこちらは逆転(エンブレ)側で申し分の無い良い当たりです。ただしコンパニオンフランジが無い状態ですのでピニオンナットもありませんで締めこみ無の状態でです。?, コンパニオンフランジが入荷したので取り付けてはいますが今までどうりナットは締めこんでいない状態で(念のため)オーバーオールプリロードを測ります。, 測定には整備解説書には特殊ツールが必要と書いてありますが私はいつもこの自作ツールで測ります。中心から何センチのところに何キロのものを作用させたことがトルクをかけた状態ですから後は単位を計算すればトルクが出ます。, 20.72kgcm 規格は13kgですから大幅にオーバーしています。しかもピニオンナット締めないで・・!, この状態で再度プリロードを測りますが、これがピニオンベアリングだけのプリロードとなりますが, 15.20kgcm 規格は9kgまでですので大きくオーバーしている(ベアリングを締め込みすぎている)状態です。(しかもピニオンナットを締めこんでいない状態でですのでなんか変です。)コンパオン側からかなり叩いてもあまり変わらないし、手で回した状態でもゴリゴリと違和感があります。もうピニオンも分解して確認するしかありません。, しかし、差し引き。20.72-15.20=5.52(規格は4kgまで)となりますのでサイドベアリングだけのプリロードは大きめですがまあまあです。, 拡大するとこんな感じ。フロント側も同じ感じでした。間違いなく長い間交換しないで使われてきたものと思われます。, 問題のニスモLSD4ピニオンのイニシャルトルクを測りますが11Kg~12Kgありましたので、これは情報どうりでした。, 今回の要望はイニシャルが高すぎ普段使いにはハードすぎるのでイニシャルを5Kから6Kにして欲しいとのこと。, 全バラしました。プレートは6枚構成、フリクション系が3枚、プレッシャー系が3枚の構成です。リングギヤボルト径はM12です。, プレートの入れ方としては中心側からフリクションの3枚が入り、その外側にお皿上のプレッシャープレートが凹み側そろえて、つまり並列に3枚参っています。, 全体的にきれいですがこのプレートのみ何かあったのか矢印部分に損傷が見られますが大きな問題ではないです。, イニシャル荷重の調整に入りますが、6枚構成のプレートの中でいろんな組み合わせが考えられます。板厚まで含めるともっとたくさんの組み合わせ順列ができますが今回は1.75板厚でそろえておきます。, 3枚のフリクションは固定して置き、プレッシャープレートを変えますが、このプレッシャープレートは単純には1枚で2kGのイニシャル発生の様です。プレッシャーを左右で1枚ずつであとはフリクションに替えれば2+2=4kgとなります。計算上はこうですがうまく言えないけどこれだと多分動作が安定しないと思います。フリクションばかり増えてそれをほんの数ミリのプレッシャーストロークでコントロールするようになりますから。そこでプレッシャーを2枚にして1枚のプレッシャーは画像の渦巻きフリクションに替えます。そしてプレッシャーを裏表で最中合わせで組みます。これでプレッシャーは2枚ですが直列組みなのでイニシャルは片側2kgのままでストロークを2倍に変更し安定した圧力となるようにします。, ちなみにこれでプレッシャーを凸同士の並列組にすると片側で2+2=4kg、両方で8kgのイニシャル, 元々の3枚プレッシャーで凸同士の並列組で2+2+2=6kg両方で12kgのイニシャルとなります。, 何回かやり直しましたがこれで5kg弱のイニシャルトルクが出ています。ニスモのLSDカム角度だと少しの差動でも敏感に作用しますので普段乗りではこれくらいで良いのではないかと思います。, 以前 こちらの記事でLSDの効きはイニシャルトルクと比例しないという考察を書いています。, R200のニスモLSDで競技用に造るならフリクションを4枚にしてプレッシャー2枚並列で8Kg, 先ずは元のままベアリングを交換して組み付けていきますがやはりプリロードは規定トルクの19kgで締めこむと手で回せないほど高いままです。ピニオンベアリングを新品にしたので今まで以上にプリロードはかかるのでそのためだと思います。ピニオンベアリングのテーパーベアリング間のスペーサーを調整しなければなりません。ここでただやみくもにシムいくつか見当がつかない状態で作業しても無駄な時間がかかりますので規定トルクで締めこんだ状態から角度で何度もどすと規定プリロードになるか計測していきます。例えばねじピッチは1.5なので30度戻して規定トルクなら30/360×1.5で約0.12のシム追加で良さそうだという目安となります。, ということで0.1mmと0.05mmのシムを準備しました。これは純正はすでに製廃なので特別に準備したものです。材質はステインレスです。必要なかたは供給ができますので販売のページからお知らせください。, シムを組み込んで規定トルクで締めこんで私が製作したなんちゃって特殊計測器で測るとピニオン部のみのプリロードは10.81kg/cmです。これはメーカーの指定値内ですのでok。, 次にはニスモのLSDアッシーを組み付けてバックラッシュを全周測りますが0.12~0.17と若干少なめ方向(規格は0.13~0.18)ですが良い値となっていると思います。, オーバーオールプリロードは13.13kg/cmでしたのでサイドベアリングのプリロードは, 13.13-10.81=2.32で少な目(規格は1k~4k)ではありますが良い値です。今回サイドベアリングは良さそうなので交換していません。, 71度に達していました。某メーカーの強化フランジということですが多分オイルシールリップとの接触面積が多すぎて発熱しているのではないかと思います。オイルシールの打ち込みはボディー面一にしたんだけどなんでだろー?。, オーナーが乗せ換えの為にハコスカGTRに乗ってやってきました。ワンオーナーのGTRを引き継いだとのことでボディーから機関まで丁寧に乗られていた感じでヤレ感も自然な状態です。, 手前のが今回作ったR200デフで、今までついているR180とは大きさがだいぶ違います。, 画像でわかる通りデフのすぐ後ろにガソリンタンクがあるのでそのまま後ろに引き抜こうにも抜けません。, ハコスカのデフはセミトレーリングのメインメンバーの中に首を突っ込む形で固定されているので真下には抜けないので、ガソリンタンク側へ15CMほど引きづり出す必要があり、ぎりぎりです。特にオイルブリーザーがプラスチックで高く突き出ているタイプはこのブリーザーを折りやすいですので、あらかじめ高さの低い鉄製のブリーザーに交換しておくのが得策ですね。量産ラインではおそらくセミトレメンバーごと一式の状態でアッシーしているのだと思います。, 取り外した今まで使っていたR180ですがかなりよれよれで走行時は室内まで届く盛大なギュイーン・ジリジリ・ジャージャー・ヒュウ~ンとかのにぎやかな音が室内まで響いていました。.

Wf 1000xm3 Final E 9, Âランドセイコー Âーバーホール ȩ判 5, Julian Cihi Wiki 5, Ƶ本工芸 Âャスター Ŀ理 4, Ãンハン Űネタ Wiki 4, ə属札幌中学校 Ɂ去 ŕ 4, NJ Âージ Ɖ作り Ɖ 6, Âョジョ 2部 20話感想 5, Fortigate Dpd Ȩ定 14, Ʋ合塾 Ʊ袋 Ɨ慶アド 6, 7order ĺ務所 Âレン 52, Âーンズ Ű物 Ľり方 9, Ŀ育士 Ű活 Ŝ見学 9, Âコム Ǖ常 ȧ除 4, Ãジルソース Ãスタ Âューピー 4, Á ɇ持ち Áうに見える人 4, Icoca ō字 ƶす 19, ĸ定詞 ȣ語 ǜ略 4, ɝ擦れ ȡ Ȑとし方 Âニーカー 18, Kindle Ů族 Ȧられたくない Ipad 4, ɝ Âイズ調整 Áかと 100均 6, Âランドセイコー Âーバーホール ȩ判 5, Julian Cihi Wiki 5, Ƶ本工芸 Âャスター Ŀ理 4, Ãンハン Űネタ Wiki 4, ə属札幌中学校 Ɂ去 ŕ 4, NJ Âージ Ɖ作り Ɖ 6, Âョジョ 2部 20話感想 5,