ファンがクリエイターへの支援を月額という形で継続して行うことで、クリエイターの創作活動の助けとなり、より良い作品という形でファンへと還元できます。このような、クリエイターとファンとの理想的な関係性を目指せる場です。 !!!! どうにかしてもっと儲けてぇぇぇぇぇ!!!!!!!!」と思い悩んだのちに生まれたプランです。売り上げを増やすにはどうするか、作戦としてはいくつかあります。, 作戦その1「値上げすればいいじゃん。」これこそザ・王道です。でも、ただ値上げすると、「今月までは100円で読めるけど、来月からは3倍払わないと見せないよ」になってしまいます。『じゃ、読むのやめます』なんて言われたらショックで寝込みます。, 「この小説はいつものより出来がいいから3倍の値段です!」難しいです。小説は他の創作物以上に読者による受け取り方が違うので、作者の主観で良し悪しを決めるのが難しいのです。, うーむ……何かいい方法はないものか……そう思ってマーケティング関係の本を色々と読みあさりました。そして『時間にお金を払ってもらう』という方法を思い付きました。, U○Jこと、某テーマパークで行われている戦略がヒントになりました。ここは千葉にある某ネズミの国とは違って『ファストパスが有料』です。そして『入場料に対して年間パスポートは結構オトク』となっています。, するとどうなるのか。『年パスを持っている人が多くなり、全体の入場者は増加。どこも行列となり、早く乗りたいならファストパスを買わないといけなくなる』という流れが生み出されます。『基本料金は安めでも、全体としては儲けが確保できる』のです。, 投稿した作品が多くなると、過去の投稿に遡っていく必要があります。しかし私のFANBOXページには小説・活動報告・書評ブログといったものが分けられることなく並んでいて、一発で読みたいところに飛ぶルートがありません。, そこで目次のように各小説のリンクを張ったページを用意して、『ページを使うことができる権利』をプランに盛り込みました。これなら確実に"価格に見合った差別化"が出来ます。, 創作活動についての解説は数あれど『クリエイターのマーケティング』について解説したものはほとんどないなー、と思ってこの度書いた次第です。どんなにいい作品を作っても、知ってもらえなければ意味はありません。「更新しました!」「よかったらどうぞ!」という宣伝を流しているだけでは不十分です。, これから先のクリエイターには『マーケティング』が必要になるはずです。私の思考が、少しでもその貢献となるなら幸いです。, ※追記1もし「これ良いな」と少しでも思ったら、いいねを押したり。RTなんかしてシェアしてもらったり、感想をいただけたりしたら嬉しいです。, 筆者は『出版に頼らない方法で、小説の執筆だけで食べていく道の模索!』いうのを目標にして日々執筆を行っています。同じことを夢見ている人のところにも届きますように。, ※追記2こちら作者Twitterです! 興味を持っていただけたらこちらもよろしくね!↓https://twitter.com/sou_kamishimo追記3この記事を読んでの投げ銭なんかも期待しちゃったりして?!!https://www.pixiv.net/fanbox/creator/5204387/plan/28072, 記事がためになったなー、という方で「ちょっとサービスしてやるか~」と思ったならば歓迎いたします。お気軽な感じで充分です。次への活力となります。, pixiv FANBOX(ピクシブファンボックス)を【2年間】運用したうえで、思考錯誤してきたことを解説してみる。, 『速攻でエロパートに入る小説』『あたまのわるいご都合主義全開エロ』を信条とするR-18同人作家。 安定した収入源を確保できれば、創作活動だけに打ち込むことができます。, pixivFANBOXは、クリエイター登録(アカウント開設)そのものは無料で行うことができます。利用料金は、支援金を受け取るときに手数料として引かれるようになっているので、サービスを使用することで赤字になるということは避けられるでしょう。 ファン限定公開によって、作品制作の裏話やファン限定の作品を用意しているクリエイターもいるので、より楽しみを増やすことができるでしょう。 1 pixiv FANBOXを4ヶ月運用してみて感じたこと. ファンとの距離を縮めやすいため、その他のSNSでは得られなかった反応も得られることがあります。創作へのモチベーションを上げることにも役立ちそうです。, さて、クリエイター側のメリットは沢山ありましたが、支援者側にはどのようなメリットがあるでしょうか。3つ見ていきましょう。, ファンがクリエイターを応援する従来の方法といえば、作品を購入することが代表的です。しかし、購入できる場が限られていて遠方の人は買えなかったり、収納スペースの都合上泣く泣く諦めざるを得なかったりすることがあります。 一方、pixivFANBOXには発注者が存在しません。そこには、そのクリエイターの作る作品を気に入ったファンのみが集まっています。そのため、自分が作りたいと思ったものだけに注力することができます。, 自費出版などで販売を委託する場合は、配送や商品陳列までに時間がかかるので、ファンの元に自分の作品が届くまでタイムラグが生まれるデメリットがあります。即売会を利用する場合でも、自分の都合では開催日時を決められません。 コミックマーケットなどの同人誌即売会も盛んではありますが、そこでの二次創作同人誌の販売はあくまで黙認されているだけです。, 同人誌即売会などで販売される二次創作同人誌は、商売というよりも作品のファン同士の交流が目的となっており、その売上も赤字であるか制作費に消えてしまう場合が殆どです。 また、pixivFANBOXでは支払いプランによって異なる特典を付与することもできます。プランごとに閲覧できる投稿が増減したり、限定グッズのプレゼントや、限定イベントへの招待など、クリエイターによって設定方法は様々です。 pixivFANBOXの開設と同時かそれよりも前に、TwitterやInstagramなどのSNSの運営、pixivやYouTubeへの作品投稿など、ファン以外の人にも目にとまりやすい方法も行っていく必要があります。, 前述したように、pixivFANBOXでは二次創作の投稿は原則NGであると考えた方が良いです。これは、創作活動を二次創作メインで行っている人にとってはデメリットとなるでしょう。 pixivFANBOX(ピクシブファンボックス)はクリエイターを支援できるサービスです。ここではpixivFANBOX(ピクシブファンボックス)のメリット・デメリットを解説。pixivファンボックス二次創作の可否やpixivファンボックスの評判も参考にどうぞ。 1.1 支援者(ファン)に何かお礼をしたい! 1.2 ファンボックスの継続的な更新も行う; 1.3 クローズドな環境で投稿することの気楽さ; 2 ファンを増やすために試してみたこと. また、支払いプランの中に低額プランがあれば、作品の購入の際には高額で手が出せなかったという人でも、応援の気持ちを届けることができるでしょう。, pixivFANBOXでは、クリエイターによって投稿内容の公開範囲を決めることができます。公開範囲がファン限定になっている投稿は、そのクリエイターのpixivFANBOXに加入することで閲覧できるようになっています。 別のクリエイターも支援していることを隠しておきたい場合や、同じアカウントで楽しんでいる自分の別の趣味を知られたくない場合などは、注意が必要です。, #pixivFANBOX を嫁(非エンジニア)に進めてみた。育児があるから難しい、という言の他に、「お金もらってるから、頑張って描かなきゃ」みたいな強迫観念が嫌だな、とのこと。あるあるだけど難しい問題だなと思う。, pixivFANBOXはファンからお金を貰うことになるため、「何とかしてお返ししないと」「継続的に投稿しないと」「作品のクオリティを上げないと」というように強迫的になってしまう人は少なくありません。 pixivFANBOXトップページの「クリエイターを探す」からも、Twitterアカウントを連携することで、フォローしているクリエイターのpixivFANBOXを探すことができます。 特に、既にpixivで多くのフォロワーを持っているクリエイターにとっては、pixivFANBOXの活用もしやすいことが予想できます。また、英語や簡体字、繁体字への翻訳にも対応しているので、国外にもファンを作れる可能性があります。, pixivFANBOXは、クリエイターとファンによるクローズドなコミュニティです。投稿の公開範囲を個別で設定できるため、twitterなどのSNSのように不特定多数ではなく、自身のファンにだけ作品を発信することが可能となっています。 クリエイターを助ける目的のサービスのはずが、クリエイターを苦しめるサービスとなってしまいかねないと心配する人もいます。pixivFANBOXを利用するクリエイターのモラルと、サービスシステムの改善が求められています。, pixivFANBOXは、創作活動のみで生活したい夢を持っている人を応援するサービスです。クリエイターとして生きることを本気で目指している人にとって、さらに良いサービスとして進化していくことを期待したいですね。. 支援者が多くなったクリエイターの中には、創作活動に必要な機材を購入できたという人や、生活が楽になったという人もいます。, 自分も数名の方の支援を始めてみた。こう言ったのはクリエイターさんのモチベ向上にも繋がると思うし、どんどん広まって欲しい…気になる方に対しては喜んで払いますw #pixivFANBOX, どうにかしてもっとクリエイターを応援できる方法がないかと、以前から思っていた人は多いのではないでしょうか。そのようなファンにとってpixivFANBOXは、分かりやすく簡単にクリエイターを支援できる良いサービスであると言えるでしょう。 投稿の公開停止やアカウント停止を避けるためにも、pixivFANBOXにはオリジナル作品を投稿した方が良いと言えます。, 二次創作であっても、公開停止やアカウント停止のおそれがない例外があります。それは、二次創作のガイドラインが定められており、pixivFANBOXへの投稿がその範疇内におさまる場合です。 そのため、支払いプランに加入しても、限定公開コンテンツを楽しめない・特典が貰えない、という場合もあります。pixivFANBOXの支払いプランはあくまで「支援金」であり、限定公開コンテンツや特典を購入するためのものではないからです。 これらの収入源は、作品や受注した仕事の数などに左右されるため、安定性には欠けているものです。創作活動だけでは生活が成り立たない場合も多くあり、別の仕事を持ちながら創作活動を続けているクリエイターは沢山います。 Pixiv FANBOXというものを使ってみたいんだけど、そもそもどんなサービスなの? 何を発信できるのか?手数料は?メリットは? …と、FANBOXについて興味がある方に向けて、知っておきたいことを しかしpixivFANBOXに投稿される作品は、集められた支援金がクリエイターの利益となります。これは、他人の作品で勝手に商売をしていると判断されてもおかしくありません。 pixivFANBOXの運営やシステムは、事前に投稿される作品の内容を把握することができません。そのため、投稿時に作品内容によって制限をかけるということができないので、システム上では二次創作作品の投稿も可能になっているのです。 収入が不安定なクリエイターにとっては、定期的な収入を得ることができる貴重な機会。ファンにとっては、クリエイターに直接気持ちを送ることができる場として広まりを見せています。, 先日『Pixiv(ピクシブ)』が運営している支援サイト『pixiv FANBOX(ピクシブファンボックス)』がリリースから【2周年】を迎えました。, 今回はpixiv FANBOXで私が行ってきたことについて、マーケティング的な戦略を踏まえながら解説していきます。, ・これから支援サイトを始めようと思っている人・クリエイターとして支援サイトのファンの数を増やしたい人・支援サイトにおけるマーケティングの活用方法を知りたい人そんな方の参考になれば幸いです。※注意「こうすればファンが寄ってきて金稼げるやろ、しめしめ……」みたいな作者の思考がありありと書かれています。「作者の金儲けに引っかかってたまるかー!(#^ω^)」ってなりそうな人はご注意ください。, まず現在の私のFANBOXの状況についてです。・運営期間は2年。・主な活動内容は『限定小説の公開』・総支援者数『222名』(※2020年6月15日現在)・プラン内容は、【月100円・限定小説が読み放題】【月300円・限定小説読み放題+過去作へのリンク使用可】【月500円・上記+200円の上乗せ背支援】の3つです。自分で言うのもなんですが、『商業作品を一冊も出したことのない小説家の支援サイトの状況』としては、かなり良い成果を出していると思います。, 更新の頻度は【月2~4回】ほど。主な内容は、・限定小説(月に2本程度)・定期報告(毎月1日に前月の活動のまとめ)・その他(読んだ本の感想など)といった感じです。定期報告には一ヶ月の収入をまとめた『収支報告』も公開しています。, FANBOXを運用するうえで重点的に行ったのは、pixivにたくさんの小説を投稿したというところです。FANBOXを開設してから限定小説を投稿し始めるまで10ヶ月空けて、この間にpixivに短編小説を『66本』投稿しました。つまり無料小説をたくさん書いてから有料版を始めたということです。無料小説の公開は、現在も継続的に行っています。2020年6月現在、無料小説『151本』・有料小説『42本』とにかく、小説を読んでもらえる機会を増やすように心がけています。, いきなり「限定小説を公開しました!」と言っても「この人誰?」となってしまうのは当然です。まず『どんな小説を書く人なのか』をわかってもらうために、まず無料で読める小説をたくさん用意しました。, フリーミアム戦略とは、商品やサービスを無料で提供し、利用者の中の一部の人に有料サービス部分を使ってもらうことによって利益を上げる、というビジネスモデルです。, 食品売り場の試食を無料で配り、それから商品を買ってもらう。基本プレイ無料だけど、ガチャを回すには課金してもらうソシャゲ。と、いった形で使われている戦略です。, サブスクリプションモデルは、『会員制で固定料金を払う』方式のビジネスモデルで、『月額〇〇〇円で全曲読み放題の音楽サイト』といった形で使われている戦略です。, FANBOXでは『フリーミアム戦略』・『サブスクリプションモデル』を組み合わせた形での運用を行っています。, 例えるなら、基本料金無料の”Aの棚”と月/100円で使える”Bの棚”があり、読者の方はまずAの棚で小説を無料で十分な量を読むことができる。そして「この作者の小説をもっと読みたい!」となった方には、Bの棚の方へと進んで頂く、という流れです。もちろんどちらの棚も、現在進行形で新しい作品をどんどん追加するようにしています。特に出し惜しみしたりすることもしていません。, これならば読者の方は「この人はどんな小説を書く人なのか?」ということをしっかりと把握することができます。『お金を出したけど、あんまりこの小説は自分には合わなかったな……』という後悔を極力なくすことができるので、読者の方にとってもいい運用方法となっていると個人的には思います。, と、ここまではちょっぴりカッコつけた感じでしたが、次からは儲けを生み出すためのド直球な話へと移っていきます。, 『月/300円』のプランは、どうにかして収益を増やそうと考えたすえに導入したプランです。「くそー!!! なかなか売上が上がらない! pixivFANBOXの支援金は「寄付金」のようなもので、特典への対価というわけではないからです。実際に、特典を付けずに純粋な寄付のみを目的とした「投げ銭箱」としてpixivFANBOXを開設しているクリエイターも多くいます。 ファンにだけ公開できるのであれば、創作活動につきものであるファン以外からの批判や中傷を心配する必要がないので、自分の違う一面や普段とは異なる表現方法などを見せることもしやすくなるでしょう。 普段からオリジナル作品を作りながら二次創作もしているというクリエイターは、二次創作作品はpixivFANBOXでは公開しないようにするなど、注意が必要です。, 支援者側のメリットとして「限定公開コンテンツを楽しめる」と前述しましたが、pixivFANBOXでは限定公開コンテンツの用意は必須ではありません。クリエイターによっては、すべての投稿を一般公開することもできます。特典についても同様です。 pixivFANBOXでは、作品公開はネット上への投稿という形になるので、自分の好きなときに作品を発表することが可能です。, pixivユーザーは3000万人以上とされており、pixivで作品を公開すればそれだけ多くの人の目にとまる可能性があります。pixivFANBOXはpixivと連携しているので、pixivで増やしたファンをpixivFANBOXに案内するのは簡単です。 また、著作者本人から許可を得ている場合も、公開停止やアカウント停止を心配することなく、pixivFANBOXに二次創作作品を投稿することが可能です。, クリエイターにとって従来の収入源といえば、即売会・オンラインショップなどで作品を販売した売上や、仕事の依頼を受注してその報酬を受け取るといったことが一般的です。最近では、YouTubeやブログから広告収入を得ているクリエイターもいます。 今回は、そんなpixivFANBOX(ピクシブファンボックス)の使い方をはじめ、二次創作作品の投稿の可否やメリット・デメリット、ユーザーの評判などを詳しく見ていきましょう。, pixivFANBOXへのクリエイター登録は、下記リンクの「FANBOXをはじめる」から行うことができます。pixivアカウントにログインしている必要があるので、pixivアカウントを未所持の場合はまずpixivアカウントを作りましょう。, メールアドレスとR18コンテンツの投稿の有無を確認し、「クリエイターになる」をクリックするだけで、クリエイター登録が完了します。, クリエイターページでは、「プロフィールを設定する」から、カバー画像やポートフォリオの設定、プロフィールの記入、ホームページなどの外部リンク追加が可能です。R18コンテンツの投稿の有無もここから変更することができます。, 作品の投稿は、画面右上の「投稿する」から行いましょう。画像だけでなく、ファイルやテキスト、ブログ、動画・音楽をアップロードすることができます。, pixivFANBOXを開設しているクリエイターは、ホームページやSNSにリンクを記載している場合が殆どです。pixivでもユーザーのプロフィールページに分かりやすいリンクが表示されます。普段から応援しているクリエイターがいる人は確認してみましょう。 pixivFANBOX(ピクシブファンボックス)はクリエイターを支援できるサービスです。ここではpixivFANBOX(ピクシブファンボックス)のメリット・デメリットを解説。pixivファンボックス二次創作の可否やpixivファンボックスの評判も参考にどうぞ。, pixivFANBOX(ピクシブファンボックス)とは、クリエイターの創作活動を支援したいファンのためのコミュニティを作れるサービスです。月額制のファンクラブと考えると分かりやすいでしょう。

Pdf Âクリーンショット Áきない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ, Ãッチェル Ãグ Ãッフィー Âパウト, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Ơ式会社u-next Ɯ社 ɛ話番号, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用, Âンスタ ŏ達 Ő前変更, ņ山 Ȫ生日 Âプライズ, Âエンタ Ȼ中泊 4人, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ãードプレス ǔ像 Dzい,