5 -------------------------- set NLS_DATE_FORMAT='YYYY/MM/DD HH24:MI:SS' end; SELECT INTOで一度に複数の変数へ代入をするにはどのようにすれがよいでしょうか?, クライアントOS:WIN2000 例) CREATE OR REPLACE PROCEDURE pl_hoge() 出力ファイルの指定のしかたが悪いのでしょうか? whenever sqlerror exit failer サーバにアクセスしてsqlplusで、 #なんか過去にもこんな質問があったような・・・, バッチファイルを使用したsql@plusの実行及びログ出力について yyyy/mm/dd hh:nn:ss.xx データ削除終了 WHEN OTHERS THEN ---data_delete.sql--- エラーメッセージで示された箇所より前の部分(行)を調べてください。 WHEN OTHERS THEN spool off で書き込みを終了します。 ---data_delete.bat--- FROM DUAL; spoolコマンドの対応するオプションを使用して、STDERRとSTDOUTをそれぞれ異なるMaxL出力ログにリダイレクトすることもできます。たとえば、スクリプトに次の行を入力すると、1つのファイルにエラーを送信し、別のファイルに出力を送信できます: 汎用スプールと特殊な出力チャネル・スプールを同じスクリプトで使用することはできません。たとえば、次のようなスクリプトは無効です. sqlplus -S USER/PASS@TNSNAME @data_delete.sql >> log.txt 2.grant execute procedure to [対象ユーザ]; -------------------------------------------------------------- PL/SQLにてSPOOLにてSELECTの結果を EXIT; カラム名1 134k 19 19 gold badges 145 145 silver badges 261 261 bronze badges. 7 また、設定変更したことによって変わるのは私自身のシステム権限だけであって、他にコンピュータ(UNIX)を共有している人たちには影響はありませんよね? select カラム1,カラム2,カラム3 from hoge; SELECT 'SPL_' || TO_CHAR(SYSDATE,'YYYYMMDD_HH24MI') || '.LOG' SPOOL_FILE_NAME spool off; MaxLステートメントの出力が、MaxLシェルが呼び出された現在のディレクトリにあるoutput.txtというファイルに送信されます。MaxLスクリプト・エディタを使用している場合、このファイルは eas¥console¥bin にあります。 spool on to 'c:\hyperion\output.txt'; # 勘で答えるよりほか仕方がありません。, Oracle 9iを使ってsqlファイルを実行させたところ、タイトルにあるように、 BEGIN で実行されます。 これを実行すると、 FROM .... ・・・ SQL> --------------------------- BATファイルの中身 spool log.txt 私もそれと疑いますが。, はじめまして、PC超初心者なのにOracleを勉強し始めました。 フィードバックされる文字列をそのまま使う方向で進めています。 # 回答者に超能力者は(おそらく)いないと思いますので 3 and no_uke = :new.no_kyaku ・ XXX行が削除されました。 Windows XP上に配置したバッチファイルをタスクで起動させ、 「影響が出る」という意味は、セキュリティレベルが権限付与された分落ちるということで、機能的に使用できなくなることはありません。 ---data_delete.sql--- score 8 . sqlplus user/user @file SPOOLファイル名 ファイルへのMaxLシェル・セッションの出力がログに記録されます。MaxLステートメントの実行によって生成された標準出力、情報メッセージ、エラー・メッセージ、警告メッセージがファイルに送信されます。, FILE-NAMEが存在しない場合は作成されます。すでに存在するFILE-NAMEは上書きされます。FILE-NAMEのディレクトリ・パスが指定されていない場合、FILE-NAMEはMaxLシェルの現在のディレクトリに作成されます。スプール・コマンドを使用してディレクトリを作成することはできません。, メッセージ・ロギングは、spool onで始まり、spool offで終了します。, MaxLステートメントの出力が、MaxLシェルが呼び出された現在のディレクトリにあるoutput.txtというファイルに送信されます。MaxLスクリプト・エディタを使用している場合、このファイルはeas¥console¥binにあります。, MaxLステートメントの出力が、絶対パスで指定された既存のディレクトリにあるoutput.txtというファイルに送信されます。, MaxLステートメントの出力が、相対パスで指定された既存のディレクトリにあるoutput.txtというファイルに送信されます。MaxLスクリプト・エディタを使用している場合、このファイルは現在のディレクトリの上にある3つのディレクトリ、またはeas¥console¥binの上にある3つのディレクトリに配置されます。. 回答 2. select sysdate||' データ削除開始' 動的にSPOOLファイル名を決定する方法を記載しておきますね。 ・メッセージ内容:”PLS-00103: 記号"="が見つかりました。” 2where no_toi = :new.no_toi っていうのがあったと思いますよ SQL>show linesize エラーメッセージがかえってきます。。。 yyyy/mm/dd hh:nn:ss.xx データ削除開始 OUT_FILE UTL_FILE.FILE_TYPE; 立て続けに質問ばかりすみませんが、よろしくおねがいします。, PL/SQLで権限がないということは、EXECUTE PROCEDUREシステム権限がないということでしょうか・・・。 ... ðÖðû SQL> SPOOL OFF The file, opened with a text editor (jEdit in my case) with the correct character set (UTF-8) displays the characters correctly. sqlplus %UID%/%PASS%@%SID% @test.sql > output 上記メッセージで指定されていたソース内容(イメージ)↓ OracleでDate型の時刻が00:00:00になる原因 Oracle SQL Developerで時刻を表示する Oracle 非公式リファレンス. ※ここでいう"ユーザ"はOracleユーザのことでスキーマとイコールです。 ご教授いただければ幸いです。 select sysdate||' データ削除終了' SELECT * FROM DUAL; に接続されました。, sqlplus に -S オプションを追加してみればどうでしょうか。 yyyy/mm/dd hh:nn:ss.xx データ削除開始 spool c:\test_spool.dat 「PLS-00103: 記号"C"が見つかりました。」という COLUMN SPOOL_FILE_NAME NEW_VALUE SPOOL_FILE_NAME FORMAT A100 DELETE FROM TABLE WHERE FLG = 1; BEGIN selectした結果をspoolでファイル出力する際に、結果のみ表示させたいです。 以下を実行しているのですが、selectのコマンド自体もファイルに残って … 2. oracle sql plus spool… その方法を教えて頂けると嬉しいです。 Windows Server 2003上で動作しているOracle10gのDBに対して 登録: コメントの投稿 (Atom) Blog内検索. コマンドプロンプト版のsqlplusだとsqlplusを実行したフォルダにファイルがあるとフォルダ名を省略したファイル名で実行できます。 END; SQl>set head off term off feedback off echo off SQl> set colsep ',' SQl SET TRIM ON SQl>set buffersize 1000000 SQl> spool c:\filenme.txt SQl>select * from emp; SQl>spool off SQl> you can turn on what ever is off and trim off HTH sqlplus -S USER/PASS@TNSNAME @data_delete.sql 「a10」は文字型に対する書式で、この場合は10バイトの文字列を意味しています。, これは1ページ当たりの出力行数を変更することで対処可能です。set pagesizeコマンドを使います。, SQL実践入門──高速でわかりやすいクエリの書き方 (WEB+DB PRESS plus), WorldWorldWorldさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog SET serveroutput ON; FROM GRA_GRA_TR GG 指定されている行にはセミコロンがありませんが、 #意図する事と違ったらゴメンナサイ /    ・ @echo %date% %time% データ削除開始 >> log.txt システム権限の付与方法は下記で行うことが可能です。 UTL_FILE.FCLOSE(OUT_FILE); @echo %date% %time% データ削除終了 >> log.txt カラム名3 (vn_CNT = 5) SQL>@sample1 sqlplus user/pass@dbname @hoge.sql 以上で一応権限付与はできますが、どのような処理を...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 UTL_FIL...続きを読む, いつも参考にさせていただいております。 ---data_delete.bat--- SQL>@c:\hoge\sample.sql SQL*Plusの出力結果をファイルに出力するのを止める。 SPOOL OFF 例 . EXCEPTION BEGIN sql@plusを使用してデータを削除する処理を行いたいと考えています。 delete from table where flg = 1; サーバにアクセスしてsqlplusで、 出力形式が見づらくて困っています。 とするためにはちょっとSQLだけではできないのでPL/SQLを使う必要があります。, batのリダイレクト>>を使わず、SQL*Plus(@ではなく*です)のspoolを使ってはいかがでしょう? ご希望のように 1の値 2の値 対処方法がわからず困ってしまいました。 たとえばc:\hogeというフォルダにsample1.sqlファイルがあるのであれば 例えばこんな風に set difine SPOOL_FILE = &1 3の値 以上で一応権限付与はできますが、どのような処理を行いたいかによって、これだけで解決するかどうかわかりません。 PL/SQLのコーディングを実施し、コンパイル中にPLS-00103エラーが発生してしまったのですが、 SETコマンドで制御できるのではないかと思いましたが、ちょっと見当たりませんでした。 ■hoge.bat (SQL文は単純にTBLをカウントしているだけです) と何事もなかったようになります。 オラクルのVerは9iです。よろしくお願い致します。, pl_sqlは予めDBに登録しておく。 ご希望のように 6if ( vn_CNT > 0 ) then -----------------------...続きを読む, SQLPLUSを起動して、 ちなみにサンプルエディタをダウンロードして、実行しようとしても全くの無反応です。 With the Partitioning, OLAP and Oracle Data Mining options --------------------------- ・メッセージ内容:”PLS-00103: 記号"="が見つかりました。” delete from table where flg = 1; -------------------------------------------------- OUT_FILE := UTL_FILE.FOPEN('d:\temp', 'test.txt','W'); -------------------------------------------------- カラム名2 カラム名3 --------------------------- (vn_CNT = 1) 結果は取得出来るのですが、余分な情報も結果に出力されてしまいます。結果のみを出力させるにはどうすればよろしいでしょうか? sqlplus -S USER/PASS@TNSNAME @data_delete.sql >> log.txt ---log.txt--- ・ END; のように出力されます。 参考URL:http://biz.rivus.jp/sqlplus_overview.html, いつもお世話になっています。 ご教授ください。 --------------------------- spool log.txt SQL>@sample1 --------------------------- 例えば、サーバのDドライブのtempフォルダにtest.txtというログファイルを出力するのであれば。 更新 ・ どなたか詳しい方ご教授をお願いできませんでしょうか? ・ カラム3 3の値 @echo %date% %time% データ削除終了 >> log.txt SQLPATファイルは、大体以下の感じで、2つのスキーマーで同じPL/SQLを実行します。 タスクにBATファイルを登録し実行すると Oracle SQL*Plusで、SPOOLコマンドを使用すると、SQL実行の結果はファイルに出力されますが、実行したSQL自身が出力されません。 SETコマンドで制御できるのではないかと思いましたが、ちょっと見当たりませんでした。 上記のように意味不明な形式で出てきます。 1の値 2の値 end; 例えば、サーバのDドライブのtempフォルダにtest.txtというログファイルを出力するのであれば。 また、他の人への影響ですが、ユーザをどのように使用しているか、どのようなポリシーのシステムかによって異なります。(「私自身」というのが、セッションのことかスキーマのことかわかりませんでした。) select * from dual;  END;   grant resource to [対象ユーザ]; data_delete.sqlの中身 PL/SQLの本を買って見よう見真似でやっているのですが、SQL*PLUSから@<ファイル名>を実行しても何の反応もありません。 PL/SQLで実装した中でSPOOLを実行したいと 用語「スプール (spool)」の説明です。正確ではないけど何となく分かる、IT用語の意味を「ざっくりと」理解するためのIT用語辞典です。専門外の方でも理解しやすいように、初心者が分かりやすい表現を使うように心がけています。

Ɲ芝 Ʒ皿 Ȫ理, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ, Ãッチェル Ãグ Ãッフィー Âパウト, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Ơ式会社u-next Ɯ社 ɛ話番号, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用,