GRANT SELECT ON TABLE1 TO AUSER ; ・AUSERで Workspace Managerを見たり、障害が発生したり無効になったりする可能性があるため、トリガーより優れている可能性があります。, Oracle 11gR1に基づく新しいシステム用のデータベース・スキーマを設計しています。 我々は、フロントエンドのJavaアプリケーションからアクセスされる100個のテーブルに近い主なスキーマを特定しました。, 我々は、50のテーブルの近くで変更された値を監査する必要があります。これはすべての行で行わなければなりません。, つまり、 MYSYS.T1単一の行に対して、 MYSYS.T1に50(またはそれ以上、またはそれ以下、ただし最小1)の行が存在する可能性があります。 我々は、すべての列エントリの古い値とT1から利用可能な新しい値を持っている可能性があります。, DBAは、このメソッドに対してアドバイスをして、各操作の追加I / Oを意味する別のスキーマと、 基本的にAUDITスキーマは、分析と入力のためにのみ使用されます( SELECTとINSERT )。, 「別のスキーマは追加のI / Oを意味する」というのは本当ですか? 私は正当化を見つけることができませんでした。, AUDITデータは改ざんされるべきではないので、別個のスキーマなので、私にとっては論理的です。, また、 MYSYS一部の表をアーカイブするための別のスキーマを設計しMYSYS 。 MYSYS_ARCから、テーブルはテープにバックアップされるか、十分な時間が経過して削除される可能性があります。, いくつかの統計情報: MYSYSスキーマのテーブル(20,30に近い)は、約50Mの行に拡大することはほとんどありません。 私たちは合計4TBのディスク容量を求めました。 MYSYS_AUDITスキーマはMYSYS_AUDITスキーマの10倍の可能性がありますが、3か月以上は使用しません。 MYSYSのテーブルの少数は、以下のトランザクション/分を持ちます。, これ以外にも、読み込み専用の2つのスキーマがありますが、主に特殊な目的のためのものであり、パフォーマンスを気にしません。, この問題は、APCまたはdpbradelyのソリューションを受け入れる前に、さらなる提案が残っています。, 別のスキーマを持つことは間違いなく道のりです。 それ以外の場合は、同じ名前のテーブル名( MYSYS.T1とMYSYS_AUDIT.T1を使用できます。長い名前(> 25文字)のテーブルがある場合に役立ちます。, しかし、別個のスキーマの主な利点は、監査テーブルが偶発的またはいたずらによる改ざんから保護されることです。, 監査テーブルには、メインテーブルと同じ構造を与えることをお勧めします。 したがって、リビジョン番号などの監査に必要なメタデータ列がある場合は、それらをメインテーブルに含めます。 また、古い値ではなく新しい値を監査テーブルに取り込みます。 つまり、新しいレコードがMYSYS.T1挿入されると、一致するレコードをMYSYS_AUDIT.T1挿入します。 既存のレコードがMYSYS.T1更新されると、新しいレコードがMYSYS.T1挿入されMYSYS_AUDIT.T1 。 最新のレコードがメインテーブルの現在のレコードと同じ場合は、監査テーブルを検証してレポートするほうが簡単です。, 監査は複雑である必要はありません。 私たちが必要とするのは、挿入before insert or update or delete trigger内の挿入ステートメントだけです。 これらは、データ・ディクショナリ・ビューUSER_TAB_COLUMNSから簡単に生成できます。, 監査データのレンジ・パーティション化を見てください。 より安価なストレージに監査データを送信することができます。 パーティショニングにより、1か月分のデータを別のサーバーに簡単に送ることができます。 また、1か月より古いレコードの自動削除も可能です。, http://www.orafaq.com/wiki/Interval_partitioning, -------------------+ +-------------------+, 別のスキーマがディスクI / Oに影響しますか? (スキーマごとに1つの追加I / Oが必要ですか?). スキーマ≠ユーザなので、1つのユーザーデータベースに複数のスキーマを作成することが可能。(一般的には、dbo or ユーザー名 で統一する。) = テーブルに対するアクセスの完全名:ユーザデータベース.スキーマ.テーブル; 補足 関連記事. SELECT * FROM TABLE1 ; 2017/10/26 22:17 編集, ユーザーが違うということは、Oracle でいえばスキーマが違う、というになります。 ただしユーザーがアクセス権を持っている(対象オブジェクトへのアクセス権限を GRANT で付与されている)場合に限ります。, ですので、SQL はスキーマ名を含む形に改修する必要があります。 1, 回答 Workspace Managerを見たり、障害が発生したり無効になったりする可能性があるため、トリガーより優れている可能性があります。, Oracle 11gR1に基づく新しいシステム用のデータベース・スキーマを設計しています。 我々は、フロントエンドのJavaアプリケーションからアクセスされる100個のテーブルに近い主なスキーマを特定しました。, 我々は、50のテーブルの近くで変更された値を監査する必要があります。これはすべての行で行わなければなりません。, つまり、 MYSYS.T1単一の行に対して、 MYSYS.T1に50(またはそれ以上、またはそれ以下、ただし最小1)の行が存在する可能性があります。 我々は、すべての列エントリの古い値とT1から利用可能な新しい値を持っている可能性があります。, DBAは、このメソッドに対してアドバイスをして、各操作の追加I / Oを意味する別のスキーマと、 基本的にAUDITスキーマは、分析と入力のためにのみ使用されます( SELECTとINSERT )。, 「別のスキーマは追加のI / Oを意味する」というのは本当ですか? 私は正当化を見つけることができませんでした。, AUDITデータは改ざんされるべきではないので、別個のスキーマなので、私にとっては論理的です。, また、 MYSYS一部の表をアーカイブするための別のスキーマを設計しMYSYS 。 MYSYS_ARCから、テーブルはテープにバックアップされるか、十分な時間が経過して削除される可能性があります。, いくつかの統計情報: MYSYSスキーマのテーブル(20,30に近い)は、約50Mの行に拡大することはほとんどありません。 私たちは合計4TBのディスク容量を求めました。 MYSYS_AUDITスキーマはMYSYS_AUDITスキーマの10倍の可能性がありますが、3か月以上は使用しません。 MYSYSのテーブルの少数は、以下のトランザクション/分を持ちます。, これ以外にも、読み込み専用の2つのスキーマがありますが、主に特殊な目的のためのものであり、パフォーマンスを気にしません。, この問題は、APCまたはdpbradelyのソリューションを受け入れる前に、さらなる提案が残っています。, 別のスキーマを持つことは間違いなく道のりです。 それ以外の場合は、同じ名前のテーブル名( MYSYS.T1とMYSYS_AUDIT.T1を使用できます。長い名前(> 25文字)のテーブルがある場合に役立ちます。, しかし、別個のスキーマの主な利点は、監査テーブルが偶発的またはいたずらによる改ざんから保護されることです。, 監査テーブルには、メインテーブルと同じ構造を与えることをお勧めします。 したがって、リビジョン番号などの監査に必要なメタデータ列がある場合は、それらをメインテーブルに含めます。 また、古い値ではなく新しい値を監査テーブルに取り込みます。 つまり、新しいレコードがMYSYS.T1挿入されると、一致するレコードをMYSYS_AUDIT.T1挿入します。 既存のレコードがMYSYS.T1更新されると、新しいレコードがMYSYS.T1挿入されMYSYS_AUDIT.T1 。 最新のレコードがメインテーブルの現在のレコードと同じ場合は、監査テーブルを検証してレポートするほうが簡単です。, 監査は複雑である必要はありません。 私たちが必要とするのは、挿入before insert or update or delete trigger内の挿入ステートメントだけです。 これらは、データ・ディクショナリ・ビューUSER_TAB_COLUMNSから簡単に生成できます。, 監査データのレンジ・パーティション化を見てください。 より安価なストレージに監査データを送信することができます。 パーティショニングにより、1か月分のデータを別のサーバーに簡単に送ることができます。 また、1か月より古いレコードの自動削除も可能です。, http://www.orafaq.com/wiki/Interval_partitioning, -------------------+ +-------------------+, 別のスキーマがディスクI / Oに影響しますか? (スキーマごとに1つの追加I / Oが必要ですか?). 初心者エンジニアのための備忘録. ・BUSERで AのユーザからBのユーザのテーブルを参照したいです。 2 / クリップ つまりあるスキーマから別のスキーマに対してアクセスする、ということになります。, テーブル名指定の「前」にスキーマ名を指定すれば、別スキーマに対してもアクセスできます。 ユーザーアカウントはあなたの家に鍵を持っている親戚と似ていますが、ユーザーアカウントはデータベースオブジェクトを所有していません。データ辞書はありません... スキーマはデータベースオブジェクトのカプセル化です。 それはあなたの家のすべてを所有する家の所有者のようであり、所有者、すなわちスキーマがそれに必要な補助金を与えるときにのみ、ユーザアカウントは家の商品にアクセスすることができます。, 私のOracleの知識に基づいて、USERとSCHEMAは幾分似ています。 しかし、大きな違いもあります。 "USER"がオブジェクトを所有している場合、USERはSCHEMAと呼ばれ、そうでなければ "USER"のままになります。 上記のすべての定義によって、USERが少なくとも1つのオブジェクトを所有すると、USERはSCHEMAと呼ばれるようになります。, Oracle SQLでスキーマ内のすべての表をリストするにはどうすればよいですか。, スキーマとは、表、ビュー、シーケンス、ストアド・プロシージャ、シノニム、索引、クラスタ、データベース・リンクなどの論理構造を含むデータベース・オブジェクトの集合です。, CREATE USERコマンドはユーザーを作成します。 また、そのユーザーのスキーマも自動的に作成されます。, CREATE SCHEMAコマンドは、「スキーマ」を意味するわけではありません。複数のテーブルとビューを作成し、単一のトランザクションで独自のスキーマで複数の付与を行うことができます。, すべての目的と目的のために、ユーザーをスキーマと見なしてユーザーをスキーマと見なすことができます。. スポンサーリンク. 私はまだあなたの質問の下にコメントを投稿する評判を持っていないので、私の答えは以下の仮定に基づいています:, 現在のユーザーに使用される現在のスキーマ名は、 private javax.inject.Provider user; String schema = user.get().getSchema();ようなSpring JSR-330 Providerからアクセスできprivate javax.inject.Provider user; String schema = user.get().getSchema(); private javax.inject.Provider user; String schema = user.get().getSchema(); 。 これは理想的にはThreadLocalベースのプロキシです。, 必要な方法で完全に構成されたデータDataSourceを構築するには、同じプロパティが必要です。 毎回。 異なる唯一のものはスキーマ名です。 (他のさまざまなパラメータも簡単に得ることができますが、これはあまりにもこの回答にはなります), 各スキーマにはすでに必要なDDLが設定されているため、休止状態でテーブルなどを作成する必要はありません, 対応するユーザーがアプリケーションに要求するたびに、DataSourceを再利用する必要があります。 しかし、すべてのユーザーのすべてのDataSourceを永久にメモリ内に置くことは望ましくありません。, ThreadLocalプロキシの組み合わせを使用してスキーマ名を取得し、Singleton-DataSourceを使用して、すべてのユーザー要求で異なる動作をします。 このソリューションは、 AbstractRoutingDataSourceへのヒント、Meherzadのコメントと独自の経験からインスピレーションを受けています。, SpringのAbstractDataSourceを容易にして、 AbstractDataSourceのように実装することをお勧めします。 静的なMapようなアプローチの代わりに、 Guavaキャッシュを使用して使いやすいキャッシュを取得します。, これで、すべてのユーザーごとに異なる「データソース」が作成されました。 データソースが作成されると、10分間キャッシュされます。 それでおしまい。, 新しく作成されたDataSourceを統合する場所は、Springのコンテキストで知られているDataSourceのシングルトンで、すべてのBean、たとえばEntityManagerFactory, DataSourceBuilderベースの単純なプロパティよりも動的でなければなりません。, 我々は毎回正しいDataSourceを使用する透明な動的DataSourceを持っています。, 編集: SpringでProviderを実装するには、これをプロトタイプとして定義する必要があります。 JSR-330とSpring Securitys SecurityContextHolderのスプリングサポートを利用できます。, RequestInterceptor 、 UserProviderまたはコントローラコードを使用してユーザを更新する必要はありません。, EDIT2レコード用: CustomUserDetails Beanを直接参照しないでください。 これはプロトタイプなので、SpringはCustomUserDetailsクラスのプロキシを作成しようとしますが、私たちの場合はそれが良い考えではありません。 そのため、このBeanにアクセスするためにProvider使用してください。 あるいは、それをインターフェースにする。, 私は動的なデータソースルーティングに関する多くの質問と答えを読んで、 AbstractRoutingDataSourceと別のものを使って解決策を実装しました(下記参照)。 それは問題ありませんが、すべてのデータソースにハードコードされたプロパティが必要です。 アプリケーションを使用するユーザーの数が増えるにつれて、これはもはやルーティングの適切な方法ではありません。 また、新しいユーザーが登録するたびにプロパティにエントリを追加する必要があります。 状況は次のとおりです, 私はspring boot 1.4.0を使用していspring boot 1.4.0一緒にhibernate 5.1とspring data jpa, 私はスキーマを完全に動的に変更する方法を見つけることができません。 誰かが春にそれをする方法を知っていますか?, あなたがDBMSを指定しないとすれば、ここでは役に立つかもしれない高水準のアイディアです。, (Spring Data JDBC-extを参考にしていますが、一般的なAOPを使用することで同じアプローチを簡単に採用できます), http://docs.spring.io/spring-data/jdbc/docs/current/reference/html/orcl.connection.html 、セクション8.2を参照してください。, Spring Data JDBC-extには、DataSourceからConnectionを取得するときに任意のSQLを実行できるConnectionPreparerがあります。 コマンドを実行するだけで、スキーマを切り替えることができます(たとえば、Oracleの場合はALTER SESSION SET CURRENT SCHEMA = 'schemaName' 、Sybaseのusing schemaNameなどusing schemaNameします)。, // e.g. で準備OK 初心者エンジニアのための備忘録. 1 / クリップ 0, SQLで、GROUP BYしてグループ化後に、最新(created_at)のみ取得するクエリについて, 回答 GAS開発者向けにGメールのマーク機能をすべてまとめました。 大量のメールを扱う場合、取捨選択して整理するのは必須です。 見る必要がないので既読マーク、もう一度見るべきだから未読マーク、これは重要だから重要マークなど、いろいろ... スクレイピングを使いこなせば、インターネット上のデータを簡単に拾っていろいろやること拡がりますね。 例えば、最新のYahoo!ニュースの全カテゴリを一発で一覧に出力できたら便利です。 スクレイピングはいろいろな言語で対応可能だ... Excelでコメントを多用する場面はありませんか? 普通に表の行追加や削除、行列サイズ変更、グループ化と解除、フィルタをかけた時などにコメントが表示状態だと、線がビヨ~~ンと伸びてて、とんでもない位置にコメントがあったりすることあり... 仕事や勉強を行う上で、Excelを使用するならば、絶対に知っておいた方がよい「個人用マクロブックの設定方法」をまとめました。 マクロを頻繁に使用する人、今まで「作業中のブック」のみに個別設定していた人は、自分の作業に合った共通処理の... Excelの関数を公式の情報を元にすべてまとめました。 表計算ソフトの王者だけに、数多くの関数が存在します。 今まで知らなかった神関数がきっと見つかると思います。 こんな隠れた便利な関数や便利な使い方があったのか!! 2019.08.04 2019.06.08. 気付いたらパンクして表領域エラー。そんなことはありがちです。本番でシステム稼働中に発生したらあたふたしてしまいますね。, 盛りだくさんのテーブルの各容量、いったいどの程度の割合で使用されているのか、気になる場面は結構あります。, 自動拡張にしておけばあまり気にする必要はないかもしれませんが、キャパシティが限られていて、そうもいかない場合もあると思います。, など、各スキーマ単位の使用率や個別テーブルの使用量を確実に意識する必要があると思います。, その方法は、取得したい任意のスキーマ、または表領域を指定し、Oracleディクショナリから使用量などを抽出する汎用的なSQLを流すだけです。, 取得結果のサイズをわかりやすくするため、バイトをキロ(KB)、メガ(MB)、ギガ(GB)などに変換します。, ObjectBrowserでSQLを実行して取得したクリップボードのデータをExcelに貼り付けた内容です。, あらかじめ条件付き書式を仕込んでます。貼り付け用のテンプレートを用意しておくと便利ですね。, ちょっと長いSQLですが、全コピーして黄色のマーカー部分のスキーマ、または表領域指定の部分をご自分の環境に該当する値に変更して実行してみてください。, Oracle11gで上記SQLが問題ないことを確認しています。10gでも試しましたが、なぜかエラーになりました。(ObjectBrowserの問題かもしれませんが) その場合はメインのwith句内のselect文ならば問題ないので抜き出して実行してください。, 全テーブルを一覧でわかりやすく管理できるようになると、どこにリスクがあり、どこに改善点があるのか、見つけやすくなると思います。, データベースを扱っている人にとっては、知っておいて損はないと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。.

Âリア Ư糸 Ƙ夏 9, Ãレー Ƿ習メニュー ľ 23, Galaxy Note ƶタブ 7, ś万十 Ÿ Âイドル 5, Bbt Mba ɛ易度 5, Ãイ Ãーリングラブ 41話 21, Pixiv小説 ȡ紙 Âイズ 4, Âルフ Áのクラブ Áも ɣ距離が同じ 5, Switch Dns Áすすめ 12, ɛ球 12w Ƙるさ 4, Ãイヤルカナン nj ƺ腹感サポート Clt 10, ɝ木良太 ŷ房 Š所 9, Ãイクラ Ƶ底神殿 Âルカ 13, Ãツダ Cx3 ŀ引き 5, Ãラクエ10 ɇ策 2億 8, Pioneer Carrozzeria Avic Cl902 4, Ãンガンロンパ Ɯ日奈 Ãレゼント 4, Ãナナフィッシュ ž刻版 Ņの庭 4, Âイドブレーキ ś着 ȧ除 57, ɣ洗 Ʃ設置 Ãログ 7, ŏ湾 Ȋ能人 Âップル 6, Unicorn ȋ語 ȡ現 6, ŋ物 ɪ格 Âラスト 12, Ãジェスティs ņ却水 ĺ換時期 8, Ť学生 ɣみ会 DŽ駄 54, ɳ Ɯ ɳく理由 9, P101 Silent Ãニュアル 13, Ãャーリー ɠ Ɂけ方 5, Ãーミー Âャンプ ȍ物 43, Adv150 Ãームス Ãフラー 14, Ãイエースバン Ãイド Ãンバー 7, Ű学校 ǐ科 ƌ導案 4年 11, Ƀ立高校 ɇ球 Ãンキング 11, ǒ境 Ɂ和感 Âピリチュアル 7, Ãップ Ãィーン Ãギュラーモデルオーディション 22, Autocad ś面範囲 Ȩ定 9, Ãラロープ Á ɧ Ȼ場 Á線を引く 4, Ha24s Ãレン Ãルト 4, Ãコちゃん ȳ問 ſ募 4, Bluetooth ɛ子レンジ ů策 5,