Alter Index コマンドを利用して、インデックスの再編成を実施しようとしています。, 対象のインデックスのサイズと断片化の状況によって再編成 (REORGANIZE) の処理時間は変わってくるはずです。 運用管理の表ワザ裏ワザ Oracle編:パフォーマンスが落ちたインデックスを再作成して回復させよう [伏見文男,ITmedia] インデックスの再構成の対象は単一エクステントになっているようですね。 軽く確認はしてみましたが混合エクステント内は同一エクステント内での並び替えは行われていないように見受けられました。 Resumable Online Index Rebuild is in public preview for Azure SQL DB でアナウンスされていますが、SQL Database で、SQL Server 2017 で実装される再開可能なオンラインインデックス再構築が、Public Preview ではありますが利用可能となりました。. いくつかのアクションで、データベースの再構築に関連するパフォーマンスが改善されます: 必要なデータベースの再構築をEssbaseでいつ実行するかを制御するには、増分再構築を使用します。, 変更したアウトラインを保存するときには、必要な再構築の量を削減するオプションを選択します。, 分離レベルをコミット・アクセスに設定すると、データベースの再構築に必要なメモリーおよび時間が増加する可能性があります。データベースの再構築の前に、分離レベルをアンコミット・アクセスに設定することを検討してください。分離レベル設定の詳細は、データの整合性の確保。を参照してください。, データベース・アウトラインを頻繁に変更する場合は、増分再構築を使用可能にすることを検討してください。増分再構築を使用可能にすると、データベース・アウトラインまたは次元への変更によって構造的な変化が発生しないように、Essbaseで再構築が延期されます。インデックスと、必要に応じて、次にブロックがアクセスされるときに影響を受けるブロックがEssbaseで再構築されます。, 増分再構築が使用可能になっていると、アウトラインの変更のクイック・リファレンスにリストされたデータベースの変更のための再構築は、特に注記のないかぎりEssbaseでは延期されます。. Essbaseで疎な再構築(インデックスのみの再構築)が行われるとき、次のファイルが使用されます: インデックス・ファイル(essxxxxx.ind)が作成されて、再構築操作によって変更されるインデックス情報が保管されます。, 手順1で作成したdbname.esrおよびessxxxxx.inmが削除されます。, データベース・アウトラインを頻繁に変更する場合は、アウトラインとそれに加える変更のタイプを分析します。疎次元または属性次元に対する変更は、インデックスのみが変更されるため、比較的速く行われます。密次元に対する変更は、データ・ブロックが再構築されるため、比較的時間がかかります。, 密(インデックス・ファイルおよびデータ・ファイル)。メンバーとその他の操作の追加、削除または移動によって発生するもの(アウトラインの変更のクイック・リファレンスを参照), 密(インデックス・ファイルおよびデータ・ファイル)。密次元を疎次元に、または疎次元を密次元に変更することで発生するもの. 流れ 1.インデックスの削除 2.重複データをテーブルから削除 この点に関しましては、うまく表現できないため他の有識者様のご意見をお待ちいただければと。 24時間連続してデータベースを稼働させたい,というニーズに対して,Oracleではユーザーにデータベースを利用させた状態でデータをバックアップしたり,インデックスを作成したりする機能を備えてい … Oracle Hyperion Financial Management アプリケーションは通常、インデックスを数百または数千すら作成します。 時間の経過とともにアプリケーション・データが変化すると、インデックスが断片化される場合があります。, 再構築が終わると、ダイアログ上部に「インデックスの作成は完了しました」と表示される Oracleのインデックス(INDEX)を再作成するSQL【REBUILD】Oracleのインデックス(INDEX)は無効になってしまうことがあります。インデックスが無効になっていれば、インデックスを再作成する必要があります。Oracleの 断片化の対処方法, この場合、索引(インデックス)の再構築(rebuild)を行うことを検討して下さい . テーブルにデータを追加したり削除したりしていると、インデックスが断片化してくるらしい。 [2009-12-24] 再作成(再構築)とか結合とかするといいらしい。 神谷 雅紀 Escalation Engineer. アウトライン・エディタまたは次元構築を使用してアウトラインを変更した後、Essbaseでデータベース・ファイルの暗黙的な再構築が開始されます。実行される再構築のタイプは、アウトラインに加えた変更のタイプによって異なります: 密な再構築: 密次元のメンバーが移動、削除または追加されると、Essbaseでデータ・ファイル内のブロックが再構築され、新しいデータ・ファイルが作成されます。Essbaseでデータ・ブロックが再構築されると、インデックス・エントリが新しいデータ・ブロックを指すように、自動的にインデックスが再生成されます。空のブロックは削除されません。再構築されたすべてのブロックは、Essbaseでダーティとしてマークされるため、密な再構築の後はデータベースを再計算する必要があります。密な再構築は最も時間のかかる再構築であり、大きなデータベースに対して実行すると時間がかかる可能性があります。, 疎な再構築: 疎次元のメンバーが移動、削除または追加されると、Essbaseでインデックスが再構築され、新しいインデックス・ファイルが作成されます。インデックスの再構築は比較的高速です。所要時間はインデックスのサイズによって変わります。, アウトラインのみの再構築: 変更がデータベース・アウトラインのみに影響する場合、Essbaseではインデックス・ファイルやデータ・ファイルの再構築は行われません。データベース・アウトラインのみに影響する変更の例として、メンバー名の変更、別名の作成および動的計算式の変更があります。, 増分再構築を使用する場合、Essbaseでは密な再構築は延期されます。データベース・アウトラインを頻繁に変更する場合は、増分再構築の使用可能化を検討してください。増分再構築の詳細は、増分再構築とパフォーマンスを参照してください。, データベース・アウトラインを変更する方法(アウトライン・エディタの使用または次元構築の使用)は、再構築には影響を与えません。再構築が行われる場合、どのタイプの再構築が行われるかに影響するのは、情報の変更のタイプのみです。アウトラインの変更と行われる再構築のタイプの詳細は、アウトラインの変更のクイック・リファレンスを参照してください。, データベースの再構築を手動で開始する場合は、明示的な再構築を実行します。明示的な再構築は、強制的にデータベースの完全な再構築を行います。完全な再構築は、密な再構築に加え、空のブロックの削除で構成されます。, 『Oracle Essbase Administration Servicesオンライン・ヘルプ』. # 検索効率が全く向上しないということはないかと思いますが。. Rebuild with (online=on); 高機能計算、名前変更および式の変更は、次のようにデータベースの再構築に影響を与えます: データベースで高機能計算を使用している場合には、データ・ブロックが再構築されるたびに、再構築されたブロックはすべてダーティとしてマークされます。ブロックをダーティとしてマークすると、次のデフォルトの高機能計算は必然的にフル計算となります。, 名前または式を変更した場合、Essbaseでは影響を受けるブロックはダーティとしてマークされません。したがって、メンバーまたはデータベースを再計算するには、フル計算以外の方法を使用する必要があります。. ・インデックスはbツリー構造で構築される oracleのインデックスはインデックスキーによるbツリー構造になっておりデータがソートされた状態で格納されます。 インデックス有無による検索処理の差異 ここでは以下のテーブルと検索条件を仮定します。. Oracleのインデックス(INDEX)を再作成するSQL【REBUILD】Oracleのインデックス(INDEX)は無効になってしまうことがあります。インデックスが無効になっていれば、インデックスを再作成する必要があります。Oracleの データベースの再構築を必要とする変更は非常に時間がかかるため(再構築の前にデータを破棄しないかぎり)、このような変更を決定するときは、それらがパフォーマンスにどのように影響するかに基づいて、十分に検討してください。この項では、再構築がパフォーマンスにどのような影響を与えるかを理解するために必要な情報を示し、データベースの再構築に関連して実行できるタスクについて説明します: データの消去およびそれに伴う一部の再構築を回避する方法については、『Oracle Essbaseテクニカル・リファレンス』の「CLEARDATA」および「CLEARBLOCK」、または『Oracle Essbase Administration Servicesオンライン・ヘルプ』の「データの消去」を参照してください。. 再構成の場合、データの再構成対象となるのは、連続性がなくなっているページのデータだと思うのですが私も厳密に確認をしたことがないもので…。 再編成と再構築を使い分ける断片化率の一般的な指標に関しては以下の技術情報に記載されておりますので参考として記載させていただきます。 Oracleのインデックス(INDEX)を再作成するSQL【REBUILD】Oracleのインデックス(INDEX)は無効になってしまうことがあります。インデックスが無効になっていれば、インデックスを再作成する必要があります。Oracleの 断片化が進んでいると再編成ではなく、再構築 (rebuild) のほうが短時間で終わることがあります。 # 再編成は既存の割り当て領域内でのページの再編成を行いますが、再構築はインデックスの再作成のようなイメージで処理が行われるため。 インデックスの再構成や再構築には、ほとんどの場合、そのようなわずかな断片化を解消するには見合わないコストがかかります。」, >結局、作業対象はインデックスサイズ×断片化率(百分率)で計算される領域になるということでしょうかね・・・。 >インデックスの再構成や再構築には、ほとんどの場合、そのようなわずかな断片化を解消するには見合わないコストがかかります。」 alter session force parallel DDL parallel 4. Oracleのインデックス(INDEX)は無効になってしまうことがあります。インデックスが無効になっていれば、インデックスを再作成する必要があります。, USER_INDEXESをSELECTして現在のインデックスの状態を確認します。STATUSが「INVALID」になっているものが無効なインデックスです。この無効なインデックスは再作成します。, インデックスを再作成するには「ALTER INDEX ~ REBUILD」を使います。ここではindex1を再作成しました。. 次の変更は、増分再構築の設定に優先します。つまり、増分再構築が使用可能であっても、これらの変更では再構築が即時に行われます: データベース内でLROを使用している場合、そのデータベースでは増分再構築が自動的に使用不可になります。増分再構築の使用不可は、サーバー上の他のデータベースには影響を与えません。, また、疎次元へのメンバーの追加および疎次元の変更でも、場合によっては即時の再構築が発生することがあります。アウトラインの変更のクイック・リファレンスを参照してください。, 増分再構築が使用可能かどうかにかかわらず、アウトラインがすでに再構築されている(密な再構築が保留中である)場合は、共有メンバーを追加するとEssbaseで密な再構築が実行されます。, 増分再構築を使用可能にするには、essbase.cfgファイル内のINCRESTRUC構成設定を使用します。『Oracle Essbaseテクニカル・リファレンス』を参照してください。, Essbaseでは、アウトラインの変更は、内部ファイル、dbname.oclに記録されます。Essbaseによってこのファイルに対し、密な再構築が行われたとき、またはデータベースが消去またはリセットされたときに、消去されます。ファイルdbname.oclはきわめて大きくなる可能性があります。このファイルを消去するには、ESSCMDでVALIDATEを発行します。これにより、再構築が延期されたブロックがEssbaseで再構築されます。VALIDATEを発行するときは、データベースが読取り専用モード(データベースのバックアップに使用される)ではないことを確認します。VALIDATEを使用した整合性の検査を参照してください。, データベースの再構築をトリガーする(アウトライン・エディタを使用して)アウトラインの変更を保管するとき、Essbaseでダイアログ・ボックスが表示されます。「データベースの再構築」ダイアログ・ボックスでは、再構築中にデータ値がどのように処理されるかを定義します。たとえば、再構築中にすべてのデータを保持、レベル0または入力データのみを保持、またはすべてのデータを破棄できます。『Oracle Essbase Administration Servicesオンライン・ヘルプ』の「アウトラインの保管」を参照してください。, データベースにデータが含まれている場合は、サーバー上にデータベースのバックアップ・コピーを作成するために十分な空きディスク・スペースが必要です。バックアップにより、再構築プロセス中の異常終了によってデータベースが破壊されることがないようにします。, Essbaseで再構築不要のメッセージが表示されることがありますが、その場合でもインデックスのみの再構築は実行されます。これは、疎次元に変更を加えた場合に発生する可能性が高くなります。再構築操作の取消しを試みた場合、Essbaseで取消し不可のメッセージが表示されることがあります。このようなメッセージが表示された場合は、Essbaseですでに最終的なクリーンアップが実行中のため取り消せません。, アウトライン変更ログをアクティブにすると、アウトラインに影響するすべてのアクティビティ(メンバー名の変更やメンバーの移動など)がEssbaseに記録されます。アウトラインに加える変更が多くなるほど、Essbaseでログに加える必要がある更新が多くなるため、パフォーマンスは低下します。, デフォルトでは、アウトライン変更はEssbaseのログに記録されません。アウトラインのロギングによりパフォーマンスが低下しているかどうかを確認するには、essbase.cfgファイルのOUTLINECHANGELOGがTRUEになっているかどうかを調べてください。アウトライン変更ログとその使用を参照してください。, パーティショニングを使用すると、Essbaseでアウトラインの変更が追跡されて、パーティション間でデータベース・アウトラインを同期できるようになります。アウトラインの変更を追跡すると、構造的な変更が多い場合は特に、再構築の速度が低下します。. 通常のSQLと同様に、インデックスの作成や再構築も、ORACLEのパラレル実行を使うことが出来ます。パラレル実行することで並列で処理実行されるので、通常よりも速く、作成・再構築することが出来ます。, パラレル実行する際には、いくつか方法があります。セッション単位にパラレル実行するモードに変更してSQLを実行する方法とcreate index,alter indexの構文でパラレル実行する方法です。, create index,alter indexの場合はさらに、nologgingを指定することで、REDOログやUNDOデータを生成しないようになるため、一層速くなります。, ※ちなみに、パラレル実行で作成・再構築したインデックスは、属性がパラレルに変わります。そのため通常は、alter indexでパラレル状態を解除します。. 断片化が進んでいると再編成ではなく、再構築 (REBUILD) のほうが短時間で終わることがあります。

Ɲ芝 Ʒ皿 Ȫ理, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ, Ãッチェル Ãグ Ãッフィー Âパウト, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Ơ式会社u-next Ɯ社 ɛ話番号, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用,