https://atsuizo.hatenadiary.jp/rss, atsuizoさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 元カテゴリ:Office / マイ アカウント、課金情報、サインイン /Windows 10 / Office 365 for business, 2台導入可能な Office Home & Business 2016 をお求めになったということですね。, この場合、もう一台のPCにインストールする場合には、最初の1台目にインストールする際にご利用になったMicrosoft アカウントで、以下のページにサインインして、インストールを行います。, 新しく購入されたPCについては、ご本人が使用されるものであれば、必ずしも同じMicrosoftアカウントでサインインしている必要はありません。, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, TO-TANAKA さん、こんにちは。 ②:複数のMicrosoftアカウントを取得して1つのプロダクトキーに1つのMicrosoftアカウントを紐づける。 Copyright © E-SOFT.NET All rights reserved. {lang: 'ja'} このエラーは、「1台目にインストールしたパソコンと同じ「Microsoft アカウント」でサインインしないと2台目にはインストールできない」というものです。 Office 365 のすべての一般法人向けプランを比較する, 社内でOfficeのバージョンがバラバラ、っていう会社、よく見かけます。 Office365の場合も、管理者用メールアカウントで1アカウントあたり5台のPCに, なお、余談ですが、2PCsのパッケージの場合、1つのマイクロソフトアカウントに、2PCsのライセンスを2つ以上紐付けた場合、ダウンロードサイト上の管理画面で、その2件のライセンスの識別ができず、どちらで何台インストールしたかも把握できません。(2014年末あたりまでの記憶) 同じマイクロソフトアカウントを使って、2台にインストール出来るって事なのでしょうか? ならば、自宅で使ってもらってもいいんじゃないか、という発想です。 「マイアカウントページ」は利用者個人が使用することのできる Office のアカウントを管理するためのものであり、企業のご担当者様などが一括して、自分の「Microsoft アカウント」を利用して、他のメンバーのアカウントを管理することはできません。, ボリュームライセンスの場合は、デバイスごとのライセンスとなるので、使用者の制約はなくなりますが、契約期間があるので期間ごとまたは期間分の一括支払いとなるので、買い切り版のような永続ではなく、Office 365 サブスクリプションと同様になると思います。, オープンライセンスの 3~250台になりますが、台数が少ないのでコスト面のメリットは少ないと思います。, 識別ができなくなるからやめたほうがいいということはわかりましたが、そもそも識別できないとなにか困るんでしょうか。, 法人で、利用者が不特定多数の共有PCの場合、1アカウントで複数台購入するとライセンス違反になる ということにはならないんでしょうか。なるのでしょうか。, 社内の共有PC全台分(約30台)をoffice365に入れ替えようとして、あきらめた理由の一つとして、使う人数分アカウントをとり、wordやexcelを使うためだけにいちいちサインインサインアウトなどという運用は定着しないのは目に見えていることと、年に数回しか使わない人もいるので、それに月額費用をかけるのは 無駄だと判断しました。, ところが、officeのみ購入する場合、パッケージ版もオンライコード版も入れる台数分アカウントを作らないといけないということと、年1回サインインしないと削除されるという記載があったので、なおのこと全社員に定着させるのは難しく、1アカウントで複数台購入がライセンス違反にならないのであれば、管理者が年1回サインインしておけば社員にそんな作業をさせなくて済むと思っているのです。, アカウントをとることが面倒なのではなく、それで社員にいちいちサインサインアウトをさせることを定着させるのが難しいんです。, >Q. | ツイート !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,'script','twitter-wjs'); 端末ライセンスのボリュームライセンスについては、Microsoftの認定パートナー(代理店)を通しましょう。Microsoftのサイトからも探すことができます。, Office365は、Microsoftとの直接契約、代理店経由のどちらも選ぶことができます。 現在サインインしているアカウント名をクリックして、「アカウントの切り替え」をクリックします。 A. E-SOFT.NET編集部 購入時期、インストールの時期によって、その時手に入るものを手に入れ、バージョンアップは優待こそあれ「買い直し」です。しかたない話ですが、バージョンの違いで保存形式が変わったりUIが変わったりして、だいぶ混乱しました。, Office365の場合、常に最新バージョンしか提供しませんし、契約を続けている間は無償提供ですから、こういった混乱は少なくすることができます。, 何人分契約しておきます、そこから誰に割り当てます、という管理。 OfficeがプレインストールされていたPCを2台購入したという事ですね。 ①:1つのMicrosoftアカウントに複数のプロダクトキーを紐付ける。 Office 2016は、1ユーザで、2台のパソコンで使って良いというライセンスですが複数のマイクロソフトアカウントでは使えません。Office 2016のライセンスとMicrosoftアカウントの紐づけられているため、同じMicrosoftアカウントで2台までのPCにはインストール出来ます。 Microsoft 365 Business StandardにはOfficeソフトをPCに5台までインストールできます。ライセンスを認証して、別の組織やユーザで使っているライセンスがMicrosoft 365 Business Basicである場合に、Officeソフトのサインインのユーザを変更することで、保存したファイル名などを切り替えて使うことが … • 1 ライセンスでユーザー 1 人あたり 5 台のモバイル デバイス、5 台のタブレット、5 台の Windows PC または Mac に Office アプリのフル機能をインストールして使用できます。 Office 2019は2台のPCにインストールできますが、1台目のPCにインストールした後、2台目のPCにプロタクトキーを使うと「このプロダクト キーは既に使用されています」と表にされます。今回、その2台目のPCにインストール方法を紹介します。 バージョン管理もめんどくさい、ココ数回のバージョンアップではUIも結構変わったし、インストールプロセスも違う。なにせ2013はダウンロードサイトからのインストールが必須で、しかもそのアクセスするのにマイクロソフトアカウント作る必要があって、、、、。, なんでコレを薦めるかという説明を、他の選択肢と比較してロジカルに隙のない説明をするのは非常に困難なのですが、そういうのをぶっ飛ばして一言で言うと「とにかく楽だから」です。, 念のため、執筆時点で提供されているもののうち、「Office365 Business」を前提に話をします。 個人用はたとえ価格が安価で魅力的に映ったとしても、構成される製品が違ったり、管理機能周りが抜けていたりして管理コストが上がったり、という問題がありがちです。 Google Apps for Work(旧称Google Apps for Business)と同じ、と思って貰えればほぼ間違いないでしょう。, Officeスイートとしてのライセンスはすでに整備してあるけど、メールサーバーを自分で運用しきれないよ、っていう事業所向けでしょう。, これまで語ってきたOffice 365 Businessのオフィススイート製品に加え、前述のEssentialsで提供されるサーバー系サービスを組み合わせたものです。, ここまでが「300人以下向け」、と言われているプランで、規模不問の3プランが用意されていますが、やはりこの連載テーマが小規模向けってことで、割愛します。, 1つ引っかかるのは、コンプライアンス系の機能が、最上位プランであるOffice 365 Enterprise E3でしか提供されていないことです。 「電子メールとファイルの訴訟ホールド、権利管理、およびデータ損失防止」という、上場を考えている企業であれば気になるキーワードがはいってますので、該当する場合は詳細を確認することをお勧めいたします。, ここまでOffice365の話を中心にしていましたが、市販パッケージの最新版であるOffice2013にも「2PCs」というものが存在します。, これは、その名の通り「2台のPC」にインストール可能なプロダクトキーが購入できるバージョンなのですが、その制約として「同一利用者」という制限があります。, 月額制ではない買い切りのライセンスで、サーバー利用に関係なくOfficeソフトとして利用するだけの目的の場合、「管理者用メールアドレスでマイクロソフトアカウントを登録し、別々に使う2人のための2台のPCに入れてしまう」ということもできてしまいますが、これはアウトです。, 本来「端末ライセンス」なのですが、この2PCsについてのみ、「ユーザー単位」なのです。, なお、パッケージ版購入の場合は、「ボリュームライセンス」を検討する事になりますが、こちらは完全に「端末ライセンス」の考え方です。, 技術的な穴かもしれませんが、別々の利用者向けに2台インストールするのは立派な規約違反にあたりますので、そこは紳士的に。 今回はOffice 2016を2台目のパソコンにインストールして見ましょう。 一人のユーザーは1台のPCで、Officeを複数のアカウントで利用することができます。ユーザーアカウント毎にOffice のライセンスを購入する必要はありません。 こうしたところでは、端末ライセンスでの購入が適切です。, やっぱりコロコロ変わっているので、まともに語れないのですが、Microsoftとしては本気でこっち(Office365ー月額課金型ライセンス提供)にシフトしているので、そのうち落ち着くんじゃないかと思います。, Microsoft Office 365 Solo(1年版) [オンラインコード] [ダウンロード][Win/Mac/iPad対応](PC2台/1ライセンス)【国内正規品】, 家庭用です。法人向けに家庭用プランを利用するのはやめましょう。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,'script','twitter-wjs'); 個人の「マイアカウントページ」で、複数名のアカウントを管理することはできますか。. (それくらい普通にできて欲しいんですが、って言葉を飲み込む), 交替勤務制などで、従業員数>端末台数の乖離が大きなところ。 別なアカウントのPCに入れることは出来ないのでしょうか? 一覧にない場合は[アカウントの追加]をクリックします。 一人のユーザーは1台のPCで、Officeを複数のアカウントで利用することができます。ユーザーアカウント毎にOffice のライセンスを購入する必要はありません。 WindowsRTじゃないSurfaceをドコに含むのかは知りません。, 1人複数デバイスを、Office365のサイトに利用者自身でサインインしてインストール可能という特徴を逆手に?取って、「福利厚生の一環として、私物(自宅等の)PCに入れていいよ」としている企業もあるみたいです。, 企業側から貸与するものが1人5台を超えるとか、まず無いですから、余らせてしまうわけです。 月額制ではない買い切りのライセンスで、サーバー利用に関係なくOfficeソフトとして利用するだけの目的の場合、「管理者用メールアドレスでマイクロソフトアカウントを登録し、別々に使う2人のための2台のPCに入れてしまう」ということもできてしまいますが、これはアウトです。 PCと別に売られているOfficeって複数台で使えるんだよね? プレインストール版(PCに付属してきたもの)以外ならそうだよ こうやって「2台で使える」って書いてあるやつあるけどさー これって「誰かと分け合って使う」ってできるの? といいますと? 私のPCにも入れようと思って。 この質問は、下記のカテゴリに投稿されましたが、内容から判断してこちらのカテゴリに移動いたしました。 PCが何台あるかわからない、インストールしたものの、古くなって交換した後どこかで眠っている、とかあっても困らない。 会社で5台分のPCに対しoffice2019を導入しなければなりません。(365は訳あって導入対象外)amazonのオンラインコードで5台分買おうと思うのですが、オンラインコードではマイクロソフトアカウントが必要とのこと。マイクロソフトアカウント一つで、5台分かうとライセンス違反になるのでしょうか。もしくはPC1台につき一つのアカウントを作らなければならないのでしょうか。※PC5台は共有PCなので利用者は固定ではないんです。, 法人の場合は、オンラインコードではなくボリュームライセンスで買ったほうがいいのでしょうか。ボリュームライセンスのほうが高かったのでできればやめたいのですが、ライセンス違反はしたくないので。調べても、このあたりで自分がほしい情報がヒットしてこないんです。, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, ***********1@. 所詮会社支給のもの、見られてまずい情報はない、ってことで、マイクロソフトアカウントのパスワードは情シスで管理(知っている状態)にしてしまう、っていう方法も、なくはないです。, ただし、Office365 Business Premiumでメールサーバー(ExchangeOnline)も使っているとなると、同じアカウントで管理しますから、管理者側がパスワードを知っている状態だと、メールがいつでも覗き放題になります。(自社でメールサーバー立てている会社ならログ見れば全部はわかる、ってのもありますが), さらに、同Premiumで提供されるSharepoint Onlineを使ってドキュメント管理をしていた場合、セキュリティ設計に基づいてアクセス権を限定している重要なデータ(個人情報とか!マイナンバーデータとか!)が、管理者に筒抜けになります。, マイナンバー(特定個人情報)は、「システム管理者ですらアクセス権を持たない」ことがガイドラインで出されているらしいので、これはアウトです。, そんな感じなので、交換用のPCを用意したら、「Officeは自分で入れてね☆(ゝω・)vキャピ」って話になります。, 「ソフトウェアのダウンロードとインストールくらい、まあ出来るでしょ」って話ではあるのですが、今度はメーラーにOffice365で提供されるOutlookを使う場合、その設定も利用者本人にお願いすることになります。, 「全体的にITリテラシ高くない、そして情シスすら専任置けない」みたいなところから、色々楽をするためにOffice365を選択した結果、メールサーバーへの接続設定まで利用者本人にやらさせることになってぶーぶー言われる、みたいな展開になります。

Seventeen Ȩ念日 ĸ覧, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ, Ãッチェル Ãグ Ãッフィー Âパウト, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Ơ式会社u-next Ɯ社 ɛ話番号, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用,