They retain their race-proven geometries, but by re-designing certain areas, the stiffness has been optimized, resulting in better feedback for the rider, playful handling and improved stability. Ønsker du prisoverslag, innbytte, eller finansiering av ny MC? お待たせしました!! この度、ktm香川は最新モデル2021 150・250 exc tpiを入荷いたしました!! 一年のモデルチェンジはカラーリングのみの場合が多いですが、ktmは違います。 21myは、ライダーへのフィーリング向上のために、最適化とアップグレードが施されています。 The benefits are clear: besides huge improvements in fuel efficiency and exhaust emissions, the system also removes the need for pre-mixing fuel and re-jetting, meaning that with less effort, the engine always runs smoothly and crisply. Sophisticated ´No-Dirt´ footpegs prevent clogging up the pegs, even when digging in deep ruts. スポンサーリンク. CLUTCH. Thanks to […], The KTM 250 EXC TPI cylinder has a bore of 72mm and is fitted with a sophisticated power valve, which provides really smooth and controllable power characteristics. 2018.12.28. The WP XPLOR shock absorber is the key element on the proven PDS rear suspension design (progressive damping system), where the shock is directly linked to the swingarm without an additional linkage system. It is fitted with an integrated fuel pump system […], All EXC models are fitted with the latest 48 mm diameter WP XPLOR upside-down forks, featuring a split fork design developed by WP and KTM. But you can swap them at will. SCARICO per KTM 250 EXC TPI 2018 - Identificare e ordinare in modo sicuro con catalogo di ricambi originali KTM KTM Genuine Parts Shop Accessori - Ricerca per codice Din Spesialist på KTM, Indian Motorcycle og WP-Dempere. The design allows for optimal shaft arrangements close to the center of gravity, resulting in ideal mass centralization and easier ride-ability. 250exc sixdays tpi 1,294,000円 スタンダードとの差額138,000円. The main goal was to provide the optimal contact points that allow a rider maximum freedom of movement and improved handling. Trenger du service eller verkstedhjelp? 250exc sixdays tpi 1,294,000円 スタンダードとの差額138,000円. Sophisticated ´No Dirt´ footpegs prevent smudging up the pegs, even when digging in deep ruts. 2020モデルはチャンバーガード、Fディスクカバーは付いていません。ずっと付いているイメージでしたが今は無いです。 250ccの2ストロークエンジンは十分なパワーとトルクを供給するものの、車体は軽量なため、ライダーは困難な障害物を容易に切り抜けることができます。最先端のエンジニアリング、革新的な2ストローク設計、そして画期的なTPI燃料噴射技術により、モデルのエンジンは以前よりもさらに洗練されました。コンパクトかつ軽量の2ストロークは、非常に過酷な地形を制覇するうえで、利用可能なエンデューロのパフォーマンスを求めているオフロードライダーに最適なバイクです。Euro IV規制にも適合しており、非常に環境に優しいだけではなく、ライバルたちの顔を羨ましさで青ざめさせることでしょう。, KTM 250 EXC TPIシリンダーは口径66,4 mmで、洗練されたパワーバルブが装着されており、スムースかつ制御性の高いパワー特性を提供します。EFIでは、シリンダーに2つの水平ドームがあり、燃料をリア転送ポートに燃料を供給する燃料インジェクターを格納しています。下流噴射することにより、燃料と上流空気の優れた噴霧化を保証します。したがって未燃焼燃料のロスが最小化されるため、排出量の減少、より効率的な燃焼、さらに燃料消費の減少へとつながります。シリンダー裏の小さなチューブはインテーク圧力センサーに接続されており、制御ユニットに圧力データを提供します。シリンダーは、精巧なメカニズムにより水平なエグゾーストポートを実現した最先端のパワーバルブユニットを備えています。エグゾーストポートのレイアウトによりエンジン性能が向上し、エグゾーストポート上部の外形はより正確なポートタイミングとなるように加工されました。大事なことを言い忘れていましたが、このモデルでは、より広範に利用されている従来のスパークプラグの使用が可能です。, コンパクトなクランクケースは高圧ダイキャスト製造プロセスで製造されているため、重量を削減しつつ、強度と耐久性を維持しています。この設計により、シャフト配置を重心に近い最適な位置にすることができ、パーフェクトな重量の集中化と卓越した乗り心地を実現しました。さらにエンジンカバーは、ライダーのブーツによる摩耗を削減するスマートな表面構造となっており、EXC購入時のフレッシュな見た目を維持します。, KTM 250 EXC TPIには堅牢なPANKL Racing Systems製の6速トランスミッションが装備されています。ギアはより頑丈な鍛造の原料で形成されているため、高い耐久性と信頼性を保証します。他にも250 EXC TPIのトランスミッションには防泥ギアシフターという注目すべき機能があります。フットペグのデザインと同様に、泥の堆積を防止し、条件にかかわらずいつでも次のギアに切り替えられます。, TPIモデルのエンジンマネージメントシステム(EMS)には制御ユニットがシートの下に装備されています。ECUは、イグニッションのタイミングと噴射する燃料の量を吸気圧、スロットル位置および水温などの複数のセンサーとさらに新しく加わった周囲気圧センサーの読み取り値に基づいて決定します。緯度と温度の補正により、ライダーはジェッティングをあれこれ調整する必要はありません。ライダーがKTM PowerPartsプログラムから選択したラジエターファンを装着すると、EMSから直接制御され、サーマルスイッチを追加する必要がありません。, もう手足に感覚がなくなることはありません。このエンジン設計は振動を最小限に抑える水平カウンターバランサーシャフトの実装が可能です。つまり、快適性を向上し、疲労を軽減し、ライダーをサポートします。, KTM 250 EXC TPIは、KTMが開発したDDSクラッチ(減衰ダイヤフラムプレート)を搭載。耐摩耗性の高いスチール製ハウジング、耐熱性が極めて高いクラッチプレート、そしてニトロ化スチールライナーを採用しています。この設計は、通常のコイルスプリングの代わりに、非常に容易にクラッチを作動させるダイヤフラムスプリングを採用していることが特徴です。ダイヤフラムスプリングには、ダンピングシステムをクラッチハブに内蔵するのに十分なスペースがあります。トラクションの向上が目標ですが、耐久性も妥協できません。油圧式Brembo駆動クラッチは、軽い操作とテレパシーのような制御性を標準で提供します。, KTM EXC TPIでは、2ストローク燃料を事前に混合する必要はもうありません。2ストロークの製品群には、耐久性と信頼性が大幅に改善された柔軟な装着具が装備されています。さらに、オイルポンプに泥が入るのをメッシュフィルターが防止します。オイルタンクの下に位置するオイルポンプが潤滑油を直接スロットルボディに供給し、そこで流入空気と混合され、ピストンとクランクシャフトを潤滑化します。エンジンマネジメントシステムは、エンジン速度とスロットル・ポジション・センサーのデータを使用してオイルポンプを正確に電子制御し、所定の条件に最適な量のオイルを使用するようにします。燃料タンクとステアリングヘッドの間に位置するオイルタンクのタンクキャップアセンブリは、オイルを上部フレームチューブ内のホースからオイルタンクへ供給します。燃料とオイルの平均比率は1:80のため、オイル容量約0.7 Lは少なくとも燃料タンク5杯分に十分対応できます。, TPIエンジンにはDell`Orto製の39 mmスロットルボディが装備されています。空気流は、ツインケーブルスロットルカム(ハンドルバースロットルアセンブリにより動作)で接続されたバタフライで調節されます。スロットル・ポジション・センサーは、空気流データを制御ユニットに提供します。アイドルシステムは、バイパススクリューを通してアイドル速度をより正確に設定できるようになりました。また、コールドスタートシステムは、バイパスを開いたときにより多くの空気が供給されるようになりました。電子制御のオイルポンプからオイル吸入チューブを通して供給されたオイルは、流入空気と混合され、エンジンの可動部品を潤滑化します。, エンジンマネジメントシステムのパワー要件に対応するため、TPIモデルにはパワフルな196 Wオルタネーターと電圧レギュレーターが装着されています。EXC-F 4ストロークモデルに装着されているものと同じです。, 運転中に馬力を一定させるには、最適なエンジン温度を維持することが必須です。KTM 250 EXC TPIには、重心近くにラジエターが装着されています。これは、新しいシュラウドのデザインに完璧にマッチし、優れた人間工学的形状となっています。この革新的なシステムは、CFD技術(計算流体力学)とスマートな冷却回路の配線により、条件にかかわらず、最高のパフォーマンスをもたらすエンジン温度を保証します。中でも、デルタ分配器はトライアングルフレームに格納され、大型のセンターチューブを装備し、冷却液がシリンダーヘッドからラジエターまでより効率的に流れるようになりました。ラジエターにも特別なプロテクターを装着し、飛来する小石や破片から保護するだけではなく、衝撃時にラジエター周囲にエネルギーを分散するブレースとしての役割も果たします。, エグゾーストシステムは、パワー供給とパフォーマンスにおいて重要な役割を担い、他に負けない威力があります。250 ccと300 ccモデルには、革新的な3Dスタンピング処理により製造されたHDエグゾーストパイプ(高耐久性)が装備され、うねのある表面の仕上がりとなっています。そのため、パイプはより頑丈となり、小石に対する耐性が向上し、騒音も大幅に削減されています。マフラーはコンパクトな形状となり、エンドキャップの内部設計はモデル毎に個別に開発された一方、アルミニウム製の装着用ブラケットにより装着されています。さらに、エグゾーストシステムはスリムな人間工学に基づく形状となり、地上高が高くなった一方、有孔インナーマフラーチューブは軽量のダンピング材と連動するため、効率的で耐久性の高い騒音削減が可能となっています。, すべてのKTM EXCモデルにはハイテク軽量クロモリ鋼フレームが採用されています。これには最先端のロボット溶接により製造されたハイドロフォーム材も含まれます。レースで実証済みの形状と最適な剛性を備えたフレームは、ライダーに優れたフィードバックを提供し、ハンドル操作性と安定性が向上しました。側面に装着されたエンジンヘッドステー(シリンダー、ヘッド、フレームの接続部)が軽量アルミニウム製になったため、振動が抑制され、正確なコーナリングが可能になっています。また、このバイクの側面フレームガードは、構造表面となっており、グリップが改善した一方、右側のマフラーに対するヒートプロテクターとしても機能します。サブフレームは超軽量の安定したアルミニウムサッシで制作されているため、重量は900 g未満となり、優れたフェンダーの安定性を提供します。, 新しいKTM 250 EXC TPIのワンピース構造のアルミニウム製スイングアームは、重力ダイカスト生産処理によって製造されており、卓越した強度を最小限の重量で実現します。鋳造処理が単一のコンポーネントで行われているため、軽量化と完璧な屈曲挙動が実現され、多くの形状的なソリューションへとつながりました。, KTMは軽量のCNCハブおよびハイエンドのGIANT製リムをすべてのEnduroモデルに装備しており、最小限の重量で最大の安定性を実現することを保証します。アルミニウム製のスポークニップルは革新的な設計により、スポークを締め付ける必要のある頻度を削減できるため、便利になりました。, すべてのEXCモデルには直径48 mmの最新のWP製XPLOR倒立フォークが装着されています。これはWPとKTMにより開発されたスプリットフォーク設計です。スプリングは各サイドに装着されているものの、ダンピング機能は独立しています。左がコンプレッションダンピング、右がリバウンドダンピングです。どちらも両アウターチューブ上にあるダイアル(各30クリックの調整)で簡単に調整できます。際立ったレスポンスとダンピング特性はすでに認知されていますが、モデルのフォークには校正済みのミッドバルブピストンが装着されており、ダンピングが安定しています。この設定では、ストロークのフロントエンドが高くなり、ボトムアウトに対する優れた抵抗力を提供します。, 実証済みのPDS(プログレッシブダンピングシステム)リアサスペンションの設計においてWP製XPLORショックアブゾーバーは、鍵となる要素であり、ショックは直接スイングアームに接続され、追加のリンケージシステムを使用していません。これにより、軽量化され、小石に悩まされることが少なくなります。ストロークエンドに対してクローズドカップを使用する第2ダンピングピストンにより、エンデューロ特有のダンピングプログレッションが最適化されています。そして、これはプログレッシブショックスプリングによりサポートされています。XPLOR PDSショックの設定は優れたダンピング特性を提供し、フレームとフロントエンドのセットアップと完璧にマッチしています。高速および低速コンプレッションを含め、完全に調節可能なため、あらゆるトラック、トレイルおよびライダーの好みに合わせてショックを設定できます。, 鍛造トリプルクランプがオフセット22 mmで装備されており、フォークの着実なグリップと正確な操作を保証します。EXC TPIはハンドルバーが前後4位置で調整可能なため、お気に入りの手袋のような感覚でフットします。, これらの高性能なBrembo製品と軽量のウエーブブレーキディスクを組み合わせました。オフロードでこれ以上にハードなブレーキをかけ、優れた感覚の得られるバイクは他に存在しません。, EXC製品群のすべてのモデルに装備されている軽量のポリエチレン製タンクは、人間工学的形状が向上しました。¼回転バイオネットタンクキャップは容易かつ確実に閉めることが可能です。シースルーのプラスチック製のため、燃料の残量が一目でわかります。フューエルポンプシステムが内蔵されています。さらに、燃料ラインにはタンクに向けて90°コネクターが装備されているため、損傷に対してより高い保護を提供します。, KTM 250 EXC TPIのエアボックスは、流動力学が最適化され、吸入スノーケルと一緒に使用することで、最適なパワーとスロットルのレスポンスが得られます。パフォーマンスが強化されたことは言うまでもありませんが、このデザインは、エアフィルターを汚れから最大限保護します。大型のTwin Air製エアフィルターがスマートなデザインの強固なケージに装着されており、誤って設置するリスクを最小限になりました。従来型同様、フィルターのメンテナンスは工具不要で短時間で容易にできます。これは、KTM独自の標準機能です。, すべてのKTM EXCモデルには、同じNEKEN製の高強度アルミニウムテーパーハンドルバーが使用されています。このハンドルバーは、4つの異なる位置に固定することができます。ハンドルバーの右側はODI加硫処理グリップ、左側はワイヤーやグルーなどで固定する必要のない快適なODIロックオングリップが標準で装備されています。さらにすべてのモデルにオプションでハンドルバーマップセレクトスイッチを装着でき、標準および高度な出力カーブを選択できます。, 洗練された「防泥」フットペグは、深いわだちの走行中でもペグに泥が詰まるのを防ぎます。EnduroモデルのペグはSXモデルのペグよりも6 mm高いため、より高い地上高が得られます。ただし、ご希望に応じて交換も可能です。, 耐久性の高いインモールドグラフィックスは、KTM EXCモデルラインのキャッチフレーズREADY TO RACEを示しています。, すべてのエンジンには実績あるセルスターターを装備しており、これはオフロードの走行で最も大きなメリットです。超軽量の2 Ahリチウムイオン電池により駆動し、安全かつ安定した始動を実現します。ワイヤーハーネスは、電気部品のほとんどをシート下の共通部分に集中させたため、より簡単にアクセスできるようになり、信頼性が向上しました。, 図示された車両は、追加料金でご利用いただけるオプションが装備されたり、生産モデルの仕様と一部異なる場合がございます。  電源、外観、サービス、寸法および重量における仕様条件には、印刷や設定ミス、入力エラーがある可能性があります。その場合、仕様を予告なしに変更することがあります。これらの情報はすべて法的拘束力がないものとします。 内容が該当しない場合、権利の移譲はないものとします。, Copyright 2020 KTM Sportmotorcycle GmbH, all rights reserved, 新世代のKTM 250 EXC TPIは、パワーと乗り心地の至極の融合であり、直感的な操縦、独特のスタイル、最高のパフォーマンスの実現に向けた明確なベンチマークを設定しています。この最先端のマシンは、画期的なTPI(トランスファーポートインジェクション)技術により、新たな高みに到達し続けています。これは、KTMの2ストローク開発に対する不屈のコミットメントを明確に示しています。KTM 250 EXC TPIは、優れた燃費、クリーンな排気ガス、噴射の除去という定評のある利点に加えて、ダイナミックな軽量フレームを搭載しています。これはファクトリーライダーからのフィードバックを基にして優れた性能を実現したものです。. The KTM 250 EXC TPI features newly designed radiators which are mounted 12 mm lower than the predecessors. Additionally, all […]. KTM EXC TPI models feature the most modern engine management system of any 2-stroke off-road motorcycle. ktm 250exc tpi ... ktm 250exc tpi. The airflow is regulated by a butterfly connected with a twin-cable throttle cam, which is operated by the handlebar throttle assembly. For 2020, the aluminum spoke nipples feature a reworked design, which conveniently reduces the frequency with which the spokes need to be tightened. 世界最高峰の2サイクルエンデューロモデルがインジェクション化されかなり注目度が高いですが、まだまだ日本国内には数十台しか輸入されていません!, 今年はヨーロッパ市場での人気高の影響もあり日本国内への輸入がかなり遅くなり、試乗会もほとんど開催がなく「どんな感じなの?」というお問い合わせが良くあります。, そしてインジェクションの初期モデルをいうことでトラブルを気にして敬遠されている方もいらっしゃいます。, 今年は当店は250EXC TPI SIXDAYSは3台しか入荷がありません(それでも入ってきているほうらしいです)が既に2台はご成約されているためラスト一台です。今のところ追加の輸入の予定がたっていないため、これがなくなると2019年モデル待ちとなります。, そんな状況ですが、ちょっと乗ってみたので勝手にインプレです!あくまで参考までにどうぞ!, まずは外観ですが装備関係はオイルの注入口がフレームについたのとオイル量の警告ランプがついたくらいでその他は2017MYから大きな変更はありません。, エアクリーナーボックスのところの「6DAYS」の柄のところが熱転写で素材にプリントされているのでレースに出られる方はそのままナンバリングがはれないので、レース用に無地の左右のエアクリーナーボックスカバーの購入がおすすめです!, エンジンですがアイドリング調整は付いているのでお好みでアイドリングの高さを調整できます。, エンジンの振動は2017年モデルで劇的に軽減されているので今年のモデルも250ccの2サイクルとは思えない低振動です!, パワーの曲線的には当初プレス向けに発表されていたデータでは、ほぼ2017年モデルと近い感じでしたが、実際に乗ってみるとパワーの出方は2017年モデルよりもはるかにスムーズに感じます!, マップスイッチは2017年モデルまではキャブレターだったので点火のタイミングでマップの違いがある程度だったので、体感があまりないと言う意見も多く、スタンダードモデルはマップセレクターが標準装備でなかったため、付けない人が多かったですが、250EXC TPIのマップセレクターはインジェクション化の恩恵かと思いますが、明らかに特性の切り替えができています!, アグレッシブなモードでは低回転からしっかりトルクフルな感じですが、マイルドな方のモードは、もちろん開けていけばしっかりパワーは出てくるのですが125XC-Wや150XC-Wの様な開けやすさのあるマイルドな特性です。, 2ストのパワーに慣れるまでの間にこのモードが使いやすいのはもちろんですが、マディなコンディションで急加速でタイヤが空転しすぎるような状況でマイルドなモードがかなり活かせるのではないかとおもいます!, 2018年モデルの250EXC TPIはマップセレクター必需品です!絶対買ってください!, もちろん4サイクルは4サイクルの良さがあるのでお好みによりけりだと思いますが、今まではビギナーの方が初のレーサーを買われる時は4ストか150XC-Wあたりをオススメしてきましたが、これだけマップセレクターでマイルドにできるなら250EXC TPIはビギナーの方にもオススメできます!, ビギナーの方にオススメできる点としてはキャブレターのように標高や季節ごとのセッティングが要らなくなったというところもあります。, レーサーのキャブレターはベストなコンディションにするためには基本的には季節や標高に応じてジェットやニードルの交換・設定が必要でした。, ですので気候や標高が変わったりで調子が変わったりするので、レースでスキー場などに行くとしっかり家で絶好調にしてきたはずが、標高が変わったり朝晩の寒暖差の影響が出てレース前に不調になりキャブ調整をしなくてはならなかったり、なんてことがありましたがインジェクションなので、しっかり暖気させればその辺りはコンピューターがやってくれるので、その他の事に集中できます。, サスペンションやブレーキ関係に関しては2017年でのフルモデルチェンジで高評価の物がそのまま継承されています。, すでにヨーロッパで発売されてからそこそこ時間が経っておりすでに様々なレースで実績がでています!, さらにご存知のとおり、KTMのオフ車はモデルチェンジがかなり速いので待っていると熟成されたころには次のモデルのうわさが出てくるので、最新モデルに乗るべしです!!, 勝手なことばっかり言ってますが、試乗車を作れたら一番良いんですが、台数が足りていないのでご容赦ください(ペコリ), {"items":["5fadeaaf92c0560017bbfb94","5fadeab7c40b4b0017f0d515","5fadeab7c40b4b0017f0d51e","5fadeabac1fde2001776749d","5fadeabe589db400177da56b"],"styles":{"galleryType":"Strips","groupSize":1,"showArrows":true,"cubeImages":true,"cubeType":"fill","cubeRatio":"100%/100%","isVertical":false,"gallerySize":30,"collageDensity":0.8,"groupTypes":"1","oneRow":true,"imageMargin":0,"galleryMargin":0,"scatter":0,"chooseBestGroup":true,"smartCrop":false,"hasThumbnails":false,"enableScroll":true,"isGrid":false,"isSlider":false,"isColumns":false,"isSlideshow":true,"cropOnlyFill":false,"fixedColumns":1,"enableInfiniteScroll":true,"isRTL":false,"minItemSize":120,"rotatingGroupTypes":"","rotatingCubeRatio":"","gallerySliderImageRatio":1.7777777777777777,"numberOfImagesPerRow":3,"numberOfImagesPerCol":1,"groupsPerStrip":0,"borderRadius":0,"boxShadow":0,"gridStyle":0,"mobilePanorama":false,"placeGroupsLtr":false,"viewMode":"preview","thumbnailSpacings":4,"galleryThumbnailsAlignment":"bottom","isMasonry":false,"isAutoSlideshow":true,"slideshowLoop":false,"autoSlideshowInterval":3,"bottomInfoHeight":0,"titlePlacement":"SHOW_ON_HOVER","galleryTextAlign":"center","scrollSnap":true,"itemClick":"nothing","fullscreen":true,"videoPlay":"hover","scrollAnimation":"NO_EFFECT","slideAnimation":"SCROLL","scrollDirection":1,"overlayAnimation":"FADE_IN","arrowsPosition":0,"arrowsSize":18,"watermarkOpacity":40,"watermarkSize":40,"useWatermark":true,"watermarkDock":{"top":"auto","left":"auto","right":0,"bottom":0,"transform":"translate3d(0,0,0)"},"loadMoreAmount":"all","defaultShowInfoExpand":1,"allowLinkExpand":true,"expandInfoPosition":0,"allowFullscreenExpand":true,"fullscreenLoop":false,"galleryAlignExpand":"left","addToCartBorderWidth":1,"addToCartButtonText":"","slideshowInfoSize":160,"playButtonForAutoSlideShow":false,"allowSlideshowCounter":false,"hoveringBehaviour":"NEVER_SHOW","thumbnailSize":120,"magicLayoutSeed":1,"imageHoverAnimation":"NO_EFFECT","imagePlacementAnimation":"NO_EFFECT","calculateTextBoxWidthMode":"PERCENT","textBoxHeight":0,"textBoxWidth":200,"textBoxWidthPercent":50,"textImageSpace":10,"textBoxBorderRadius":0,"textBoxBorderWidth":0,"loadMoreButtonText":"","loadMoreButtonBorderWidth":1,"loadMoreButtonBorderRadius":0,"imageInfoType":"ATTACHED_BACKGROUND","itemBorderWidth":0,"itemBorderRadius":0,"itemEnableShadow":false,"itemShadowBlur":20,"itemShadowDirection":135,"itemShadowSize":10,"imageLoadingMode":"BLUR","expandAnimation":"NO_EFFECT","imageQuality":90,"usmToggle":false,"usm_a":0,"usm_r":0,"usm_t":0,"videoSound":false,"videoSpeed":"1","videoLoop":true,"gallerySizeType":"px","gallerySizePx":220,"allowTitle":true,"allowContextMenu":true,"textsHorizontalPadding":-30,"showVideoPlayButton":true,"galleryLayout":5,"targetItemSize":220,"selectedLayout":"5|bottom|1|fill|false|1|true","layoutsVersion":2,"selectedLayoutV2":5,"isSlideshowFont":true,"externalInfoHeight":0,"externalInfoWidth":0},"container":{"width":220,"height":284,"galleryWidth":220,"galleryHeight":123,"scrollBase":0}}, {"items":["5fadeaa7589db400177da529","5fadeaa7589db400177da52a","5fadeaa7589db400177da52b","5fadeaa7589db400177da52c","5fadeaa7589db400177da52d","5fadeaa7589db400177da52e","5fadeaa7589db400177da52f","5fadeaa7589db400177da530","5fadeaa7589db400177da531","5fadeaa7589db400177da532"],"styles":{"galleryType":"Columns","groupSize":1,"showArrows":true,"cubeImages":true,"cubeType":"max","cubeRatio":1.7777777777777777,"isVertical":true,"gallerySize":30,"collageAmount":0,"collageDensity":0,"groupTypes":"1","oneRow":false,"imageMargin":22,"galleryMargin":0,"scatter":0,"chooseBestGroup":true,"smartCrop":false,"hasThumbnails":false,"enableScroll":true,"isGrid":true,"isSlider":false,"isColumns":false,"isSlideshow":false,"cropOnlyFill":false,"fixedColumns":0,"enableInfiniteScroll":true,"isRTL":false,"minItemSize":50,"rotatingGroupTypes":"","rotatingCubeRatio":"","gallerySliderImageRatio":1.7777777777777777,"numberOfImagesPerRow":3,"numberOfImagesPerCol":1,"groupsPerStrip":0,"borderRadius":0,"boxShadow":0,"gridStyle":0,"mobilePanorama":false,"placeGroupsLtr":false,"viewMode":"preview","thumbnailSpacings":4,"galleryThumbnailsAlignment":"bottom","isMasonry":false,"isAutoSlideshow":false,"slideshowLoop":false,"autoSlideshowInterval":4,"bottomInfoHeight":0,"titlePlacement":["SHOW_ON_THE_RIGHT","SHOW_BELOW"],"galleryTextAlign":"center","scrollSnap":false,"itemClick":"nothing","fullscreen":true,"videoPlay":"hover","scrollAnimation":"NO_EFFECT","slideAnimation":"SCROLL","scrollDirection":0,"overlayAnimation":"FADE_IN","arrowsPosition":0,"arrowsSize":23,"watermarkOpacity":40,"watermarkSize":40,"useWatermark":true,"watermarkDock":{"top":"auto","left":"auto","right":0,"bottom":0,"transform":"translate3d(0,0,0)"},"loadMoreAmount":"all","defaultShowInfoExpand":1,"allowLinkExpand":true,"expandInfoPosition":0,"allowFullscreenExpand":true,"fullscreenLoop":false,"galleryAlignExpand":"left","addToCartBorderWidth":1,"addToCartButtonText":"","slideshowInfoSize":200,"playButtonForAutoSlideShow":false,"allowSlideshowCounter":false,"hoveringBehaviour":"NEVER_SHOW","thumbnailSize":120,"magicLayoutSeed":1,"imageHoverAnimation":"NO_EFFECT","imagePlacementAnimation":"NO_EFFECT","calculateTextBoxWidthMode":"PERCENT","textBoxHeight":60,"textBoxWidth":200,"textBoxWidthPercent":75,"textImageSpace":10,"textBoxBorderRadius":0,"textBoxBorderWidth":0,"loadMoreButtonText":"","loadMoreButtonBorderWidth":1,"loadMoreButtonBorderRadius":0,"imageInfoType":"ATTACHED_BACKGROUND","itemBorderWidth":0,"itemBorderRadius":0,"itemEnableShadow":false,"itemShadowBlur":20,"itemShadowDirection":135,"itemShadowSize":10,"imageLoadingMode":"BLUR","expandAnimation":"NO_EFFECT","imageQuality":90,"usmToggle":false,"usm_a":0,"usm_r":0,"usm_t":0,"videoSound":false,"videoSpeed":"1","videoLoop":true,"gallerySizeType":"px","gallerySizePx":1000,"allowTitle":true,"allowContextMenu":true,"textsHorizontalPadding":-30,"itemBorderColor":{"themeName":"color_12","value":"rgba(87,87,87,0)"},"showVideoPlayButton":true,"galleryLayout":2,"calculateTextBoxHeightMode":"MANUAL","targetItemSize":1000,"selectedLayout":"2|bottom|1|max|true|0|true","layoutsVersion":2,"selectedLayoutV2":2,"isSlideshowFont":true,"externalInfoHeight":60,"externalInfoWidth":0.75},"container":{"width":220,"galleryWidth":242,"galleryHeight":0,"scrollBase":0,"height":null}}.

Âウルシルバー ś天王 ż化 7, 3 Mod 3 19, Pci Ptca Ɂい 8, ɫ校受験 š Áつから 7, Áいたま市 Ļ和 3年 Ɩ設 Ŀ育園 7, ǥ棚に置いては Áけない Âの 14, ȳ味 Ɯ限切れ ɣべたら Áうなる 4, Vita Vitamin Âラー 5, Nature Remo Webhook 13, Ãイレ ư位 ĸげる 5, Bdz At300s Hdd交換 4, Ű学校 ļませる ş準 19, Js Format Date Yyyymmddhhmmss 7, Warner Chappell Youtube ȑ作権 11, Âマホケース Ãンドメイド Ɗし花 6, Mac Ãイスメモ ʼn除 4, Crown ĸ Ź Œ訳 10, Âトラーダ Sdカード ɟ楽 Ãソコン 7, Landmark Fit Œ訳 Lesson3 24, ǔ性用 Ãラジャー ţり場 17, NJ Âルコール Áしゃみ 8, Dmr Xw31 Hdd交換 4, Áつ森 Ɖ紙 Ãンプレート 6, Tkcnf Or Jp Ãメイン 12, Ps4 Ãイッター Ãッシュタグ 5,