2020/4/25 世の中にはドコモのdポイントや、コンビニで有名なTポイントなどポイントサービスはたくさんあります。ただポイントの使いみちがよくわからず、無駄にしている人も多いはず。 そこで今、一番貯めやすく使いやすいポイントシステム、楽天経済圏を利用した... 【評価72点】ENVY x360 15-ed0000 スタンダードモデルS1 を徹底的にレビューしてみた, 【評価33点】Endeavor NJ4400E HD液晶搭載モデル を徹底的にレビューしてみた, 【評価53点】dynabook Y4 P1Y4PPEW を徹底的にレビューしてみた, 【評価54点】dynabook AZ66/L 16.1型フルHD Core i7 8565U 256GB_SSD+1TB_HDD Officeあり を徹底的にレビューしてみた, 【評価54点】dynabook AZ66/L 16.1型フルHD Core i7 8565U 256GB_SSD+1TB_HDD Officeなし を徹底的にレビューしてみた, 【評価64点】dynabook AZ66/MG W6AZ66CMGB 16.1型フルHD Core i7 10710U 512GB_SSD+1TB_HDD Officeなし を徹底的にレビューしてみた, タッチパネルは便利な機能。ノートパソコンでの作業や調べ物が多いなら、ぜひ検討しよう. Gamer Egg is a blog that keeps you up to date with the latest news to the latest rumors, tutorials, reviews related to Gaming. Here is a side by side comparison between MSI GF63 Thin 10SX and Razer Blade Stealth 13 (2020) specs including CPU, RAM, storage, battery, display, and more. September 29, 2020. MSIゲーミングノート実機レビュー, こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はMSIの15.6インチゲーミングノート「GF63 Thin」をレビューします。MSIのゲーミングノートって、割と高価なイメージがありますが、このGF63 ThinはMSI PCの中でもエントリークラスに位置づけられ、最下位構成のモデルは10万円を切る価格で購入ができます。また、他社に先駆けて第10世代(Comet Lake-H)のCore iプロセッサーとNVIDIAの最新GPU、GeForce GTX1650Tiを搭載するモデルもあり、その処理性能が気になるという人も多いと思います。, 今回のレビューでは、それら最新のCPUとGPUを搭載する上位モデルをお借りできましたので、ベンチマークスコアはもちろん、いろんな使い方を試してみたいと思います。, レビュー時点で、GF63 Thinには複数のバリエーションモデルが存在しますが、ちょっとややこしくなりますのでこの記事ではレビュー機のスペックに絞って説明します。他のバリエーションモデルのスペックについて知りたい人はこちらの紹介記事をご覧ください。, レビュー機は「GF63-10SCSR-007JP」というモデルで、GF63の中では最も高いスペックになっています。CPUは第10世代(Comet Lake-H)のCore i7-10750Hで、GPUはGeForce GTX1650Ti Max-Qと、いずれもウインタブとしては初めてレビューさせてもらう最新の型番です。, RAMは標準で16GB、ストレージは512GB NVMe SSDです。RAMとストレージに関してはMSI指定販売店で増設が可能です。オンラインゲームをたくさんインストールするのであればストレージは1TBあってもいいかとは思いますが、さしあたりこのRAM/ストレージ容量で問題なくゲームプレイが可能と思われます。, ディスプレイは15.6インチのFHD(1,920 × 1,080)解像度で、リフレッシュレートは120 Hzです。最近のゲーミングノートだと、エントリーモデルはリフレッシュレート60 Hz(普通のノートPCはこれです)、中上位モデルだと144 Hzのものが増えていて、MSIのハイエンドマシン「GS66 Stealth」だと300 Hzなどという、すごいリフレッシュレートになっていますが、あるメーカーのご担当者によれば「120Hzあればゲームプレイで支障はないはず。また120 Hzと144 Hzの差を体感できるとも思えない。ただ、ゲーム大会では240 Hzの機材が使われることが多いので、大会を目指しているような人は240Hzに合わせてPCを選ぶといいのでは?」とのこと。なので、大会クラスの人は別として、この製品の120 Hzというリフレッシュレートはゲーミングマシンとして十分な水準だと思います。, ネットワーク関連では無線がWi-Fi6に対応しています。現状Wi-Fi6対応のルーターを使っている人はまだ多くないと思いますが、この先主流になっていくと思いますし、オンラインゲームでは通信環境が非常に重要なので、Wi-Fi6対応というのは歓迎したいところです。, 入出力ポートは15.6インチノートとしても、ゲーミングPCとしても十分な構成になっていると思います。また、配置に関しては後述しますが、なかなか面白いというか、便利そうに感じられます。, サイズは15.6インチゲーミングノートとしてはかなりコンパクトと言えるでしょう。タテ・ヨコ・厚さとも標準的なノートPCよりも少し小さめ、という感じですが、重量の1.86 kgというのはかなり軽量な部類と言えます。特にこの製品は外部CPUを搭載し、冷却にも気を配った設計になっていると言えますので、それでこの軽さというのは高く評価してもいいでしょう。, レビュー機のシステム構成です。スペック表と同じく「Windows 10 Home/Core i7-10750H/RAM16GB/512GB SSD」という構成で、GPUはGeForce GTX1650Tiでした。, 同梱物です。取扱説明書などペーパー類の入ったビニール袋は全くの未開封だったので、開封していません。ACアダプターはゲーミングノートらしく大型で120Wあり、重量は電源ケーブル込みで560 gでした。, 天板です。ブラックの筐体色にレッドの「ドラゴンのロゴ」が入っています。ただ、このロゴは通電時に光ったりはしません(「模様(塗装)」です)。, 天板の素材はアルミ合金で、このようにヘアライン加工が施されています。この製品の筐体素材はオールアルミではなく、おそらく天板とキーボード面のみアルミ、あとはプラスティックと思われます。ただし、ゲーミングノートらしく、しっかりした質感があり、頑丈そうな印象です。, 底面です。底面の素材はプラスティックですね。やや複雑な造形ですが、MSIではこのデザインを「Xカットのエアスリット」と呼んでいます。確かにXの形です。中央部分に白いシールが貼られていて「FACTORY SEAL」という記載があります。まあ、「勝手に開口するなよ!」という意味でしょうね。この製品は筐体内部にRAMの空きスロット(1つ)や2.5インチSATA接続の空きドライブベイがあり、慣れた人なら自分でRAMやストレージの増設が可能と思われますが、MSIの指定販売店に頼まないと、開口した時点で保証が切れてしまうはずです。, また、この画像の下側左右にスピーカー穴が見えます。この製品はステレオスピーカーを搭載しています。, 左側面です。薄型といいながらも角ばっていて、ゲーミングPCっぽさを感じます。この面には入出力ポートは少なめで、画像左からDC-IN、USB Type-Aがあるのみです。その横にあるのは充電インジケーターですね。, 背面です。ここ、ちょっと面白くて、HDMIポートがポツンとあります。HDMIは言うまでもなく外部ディスプレイ接続用ですから、この位置にあるのは理にかなっていると言えます。また、右側にのみ通気口がありますが、この製品がシングルファン仕様であることもわかります。, 右側面です。こちらにはポートがたくさんあります。画像左からイヤホンジャック、マイクジャック、USB Type-A × 2、USB Type-C、有線LAN、セキュリティロックスロットです。やや右側面にポートが集中している感がありますが、左側にもUSBポートがあるので、使いにくいということはないでしょう。なお、この製品にはSD(microSD)カードリーダーはありません。, キーボードです。15.6インチですがテンキーはありません。アルファベットキーは手採寸でキーピッチが19 mm強(19 mm~19.5 mmの間くらいです)、キーストロークは標準的な深さです。ご覧のようにキートップが赤く印字されていて、バックライト色も赤で輝度を3段階に調整可能です。この製品のキーボードはRGB(カラフルなもの)ではなく、ビジネス用に白く光らせることもできません。ENTERキーの右に一列あるタイプで、英語配列の名残が感じられますが、配列そのものはそんなにクセはありません。ただ、Fnキーが右側にしかないんですよね。キーボード面でディスプレイ輝度やボリューム調整、バックライト輝度の調整が可能ですが、これらはFnキーと同時押しなので、ちょっと不便に感じられる人もいるかも知れません。, キートップはフラットです。また、キートップの周辺部も赤くなっていますので、ちょっと派手ですね。見た感じSteelSeriesっぽく見えますが、Windowsキーが左側にありますので、SteelSeriesじゃないと思います。, 正面から見たところです。左右のベゼル幅はかなり細くなっていますが、下部ベゼルが太いのが特徴です。ただし、視認性には悪い影響はありません。人によってはディスプレイ位置が高くなるので歓迎できるんじゃないでしょうか。, ヒンジを最大開口するとこんな感じです。ごく一般的なもので、使用していて特に便利だとか不便だとかはないと思います。, 一通り筐体を確認してみました。サイズは15.6インチノートとして小ぶりなほうで、やや薄型と言えますが、実機を見てみると、ゲーミングノートらしさを感じますね。基調色がブラックでキーボード面が赤、という時点でゲーミングノートです。また、筐体も頑丈な雰囲気がありますし、キーボード面もしっかりしていて打鍵時にたわんだりしませんので安心感もあります。, ゲーミングノートとしては満足できる仕上がりだと思います。ゲーム時以外だと、どうしても少し派手な印象を持つ人もいるかも知れないですね。, MSIのゲーミングノートには「Dragon Center」という設定アプリがインストールされています。ここでゲームモード(手動でゲーム登録が必要)のオン/オフ、ユーザーシナリオの切り替え、システムモニターの表示などができます。, ユーザーシナリオは「Extreme Performance」「Balanced」「Silent」「SuperBattery」」「User(パフォーマンスレベルとファン風量の調整が可能)」を選べます。, Extreme Performanceモードではオーバークロックが可能です。ただし、Core i7-10750Hはオーバークロック可能ではないはずなので、おそらくGPUのオーバークロックのみ可能ということになると思います。MSIに限らず、ゲーミングノートのパフォーマンス設定って、イメージするほど強力なものではないです。SilentとかSuperBatteryなど、明らかにゲームプレイ以外に使うモードとの比較は別として、オーバークロック機能などを使っても、劇的にベンチマークスコアが上がったりしません。もちろん無理にオーバークロックするのは危険ですから「安全運転」を前提に設計されているわけで、「気持ちパフォーマンスが上がる」というくらいの効果になると思います。, このほか音響アプリのNahimic(後述します)はもちろん、Cybermedia社のAudio Director、Power Director(動画編集ソフト)、Color Director、Photo Director(画像加工ソフト)といった編集ソフトもプリインストールされていました。ユーザー登録が必要だったので試していませんが、おそらく無料で使えるものと思われます。, この製品のディスプレイは15.6インチのFHD解像度で、実機を確認した限り視野角が広く、角度をつけても白っぽくなりませんのでほぼ間違いなくIPS相当のものが使われています。, いつものようにブラウザーのEdgeで「花」をBing検索し、手持ちのディスプレイ(23.8インチIPS液晶・FHD解像度・ノングレア、14インチIPS液晶・FHD解像度・グレア)と比較してみました。また、今回はCS:GO(Counter-Strike: Global Offensive)とDOA5(DEAD OR ALIVE 5 Last Round)という、無料プレイが可能なオンラインゲーム2つをプレイし、手持ちのゲーミングノート(MSI GP65 Leopard)と比較してみました。, 発色はあまりよくありません。花の画像にせよゲーム画面にせよ、全体的に淡い色調で、花の画像では赤系がやや弱く、輪郭も少し甘い感じがします。ゲームをしてみてもこの印象は変わらず、淡いというか薄い、と感じました。他機種と比較せず、単体で使用しているぶんには気になることもないのですが、画像の評価や調整を仕事にしている人には少し物足りないと思います。, この製品はゲーミングノートなので、リフレッシュレートが一般的なノートPCのディスプレイよりも高くなっていて、もちろんノングレアタイプです。ゲームプレイ優先という事情もありますし、製品価格も考慮すれば悪くないとは思います。, 15.6インチながらテンキーを装備していないこともあり、キーピッチには十分な余裕があり、キーストロークも標準的です。テンキーがないぶん、ホームポジションが筐体のほぼ中央となるため、テキスト入力は非常に快適ですね。一方で15.6インチでテンキーがない、というのは数値入力が多いという人には不満かもしれません。ゲーミングノートなので、個人的にはこれでいいと思いますけど。, 打鍵音はかなり小さめです。静音といってもいいんじゃないでしょうか。MSI製品だけでなく、ゲーミングノート全般に言えることですが、キーボード面がかなり頑丈に作られていることもあってか、見た目に反して打鍵音が小さいものが多いです。要は頑丈に作られているために雑な音、余計な音が出ない、ということだと思います。, バックライトが赤のみ、というのは人によっては少し気になるかも。赤というのは必ずしも落ち着く色とは言えないので、ビジネスで使う場合は慣れが必要かもしれません。ゲーム専用機なら「これでいい」んでしょうけどね。, 配列は割と素直で、「あれ?あのキーどこだ?」という場面はほとんどないと思います。というか私は配列に違和感を感じませんでした。, 特徴的なのはFnキーが右側にしかないという点と、右のShiftキーが小さく、その横の「ろ」キーも非常に小さい、という点くらいでしょうか。このあたり、英語配列の名残があるのだろうと思います。どうしても少し慣れが必要というのはあると思いますが、このくらいであれば特にクセが強いとは思いません。, この製品は底面にステレオスピーカーを装備しています。スピーカーに関してはウインタブの検証機「MSI GP65 Leopard」の出来があまりよろしくないと評価していたこともあり、あまり期待していなかったのですが、実は「かなりいい」です。, MSI製品の定番音響アプリ「Nahimic」はこの製品にも搭載されていて、イコライザーで細かく音質調整できないものの、使い勝手が非常にいいです。音質調整の効果もしっかり体感できました。重低音は無理にせよ、低音から高音までバランスがよく、じっくり音楽を聴くこともできると思います。私の印象では上位モデルのGP65 Leopardよりも上ですね。, あと、Nahimicで面白いのが「サウンドトラッカー」の機能です。ある程度メジャーなゲームしか対応しませんが、「ゲーム内の足音や銃声音などの音がどの方角から発生していたか視覚的に表示してくれる」機能なんです。, CS:GOはサウンドトラッカーに対応していますが、こんな感じで右下(デフォルトの位置)に表示されます。私の腕前だとあまり恩恵はありませんが、視覚的に銃声などの位置(方向)を知ることができるので、スコアアップにつながるかもしれませんね。知らんけど。, この製品はゲーミングPCで、モバイルノートでもないので、バッテリー稼働時間をシビアに評価することはしません。というか、GeForceが仕事を始め、ファンの風量が上がってくればあっという間にバッテリーを消費するはずですし、それが普通です。ただ、一応非ゲーミング時のバッテリー消費をチェックするだけしてみました。, ディスプレイ輝度を50%、バックライト輝度を最大に設定してブラウザーでYouTubeの音楽をボリューム30%で流しつつ、webでの調べ物やテキストライティングを1時間ほどやってみました。また、Dragon CenterでのシナリオはSuperBatteryにしていました。, この状態でバッテリー消費は1時間に50%でした。「まあ2時間」でしょうね。ディスプレイをさらに暗くするとか、音を一切出さないとか、バックライトを消すとかで延命はできると思いますが、バッテリー稼働でなんとかなる作業時間は仕事用として決して十分ではないと思います。おとなしくACアダプターを接続しましょう。, 今回はいつもの実機レビューとは少し違うテスト項目にしました。また、CPUとGPUが適合していない(ソフトウェア側で未対応?)なのか、PC Markが動作しませんでした。すみませんがご了承ください。また、以下のテストはDragon Centerのシナリオを「Extreme Performanceモード」にし、オーバークロック項目も全て最大値に設定しています。, 参考: DELL G7(i7-8750H、GTX1060):3,703、9,743、26,843 ドスパラ GALLERIA Mini 1060(i5-7500、GTX1060):3,583、9,276、22,203 BY Evan Forrest. Copyright © 2006 - 2020 the比較 All rights reserved. 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 2 (特装限定版)(全巻購入特典:録り下ろしドラマCD引換シリアルコード付)(メーカー特典:虹ヶ咲学園学生証付) [Blu-ray], 【Amazon.co.jp限定】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 第3巻(初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説同梱)(全巻購入特典:「俺ガイルFes.2019ダイジェスト映像ディスク&俺ガイルキャスト振り返り座談会CD」「アニメ描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付き) [Blu-ray], ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -[Blu-ray]. ドスパラ GALLERIA GCR2070RNF(i7-9750H、RTX2070):7,219、16,668、35,109 4 cores, 8 threads, 2.50 → 4.50 GHz, 8MB SmartCache, 45W, 6 cores, 12 threads, 2.60 → 5.00 GHz, 12MB SmartCache, 45W, 4 cores, 8 threads, 1.30 → 3.90 GHz, 8MB SmartCache, 15W. ドスパラ GALLERIA GCF1060NF(i7-8750H、GTX1060):3,965、10,506、29,442 【評価100点】Prestige-15-A10SC-025JP を徹底的にレビューしてみた, 【評価75点】Modern-14-B4MW-012JP を徹底的にレビューしてみた, 【評価90点】Prestige-15-A10SC-272JP を徹底的にレビューしてみた. OMEN X by HP(i7-7820HK、GTX1080):6,283、15,476、30,804 DELL ALIENWARE 17(i7-7700HQ、GTX1070):5,257、13,233、29,845

Line通話 Âピーカーマーク ȵ, Ãートパソコン Ņ電器 Áくした, Ɲ戸塚 Ãーメン ō蔵, ǎ Á Ȼ勢 Ƶ外, Ɲ銀座 Ș州 ɖ店, Âペン Âアロ Ãーカー, ź島県高校駅伝 2020 ɀ報, ɘ急電車 Âッズ ź舗, ƭ Ƽ字 ƈり立ち, Windows10 Âスクバーにピン留め Áきない, ĸ国 Ȩ語 ƕ, Ãカロ Sr-7 Âートヒーター, Ǚ菜 Ãーコン Âープ ĺ気, ɭ女の宅急便 ȋ語 Âクリプト, Ãルト Ãングス Âレクター, Macリップ Ãリ ŏコミ, Ãラクエ Ãンスター ĺ気投票 Ņ式, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, Nワゴン Âマートキー ȭ告灯, Áもん ȋ語 ɕ文, Fuji Ãラッドr Âスタム, Áゃがいも Džっころがし Ŝ力鍋, Ãロポーズ Ãラ 108本, Ɲ京国際大学 Ǯ根駅伝2020 Ãンバー, Ť反扁平足 Âシックス ŭ供, Ƙから来たあなた 19話 ŋ画, Âーテン ƴ濯 Ãナソニック, Âクセル Âャンプ Âョートカット, Ɗりたたみ ȇ転車 Ãタリング Ãログ, ȋ語 Ǚ音 ƭ史,