仕事に差がつく!阿久津良和「Office 365のスゴ技」 技術Blog; Microsoft Teams Office365 Power Automate Share Point by 山下恭子. c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, Windows Virtual Desktop 導入支援(テレワーク・リモートワーク環境導入支援), Microsoft 365 で実現する安全なリモートワーク導入支援(リモートワーク対策), Microsoft 365 Security 導入支援 / EMS 導入支援(セキュリティ対策), Azure MarketplaceからデプロイしたRHELでyumコマンドでパッケージをインストール出来ないことがある。, トリガーの条件を指定します。今回はトリガーとするSharePointサイトとリスト/ライブラリ名を指定します。, flowを保存し、実際にSharePointリストアイテムを作成すると以下のように自動投稿されます。. 第41回, 本連載は、マイクロソフトのSaaS型デスクトップ&Webアプリケーション「Office 365」について、仕事の生産性を高める便利機能や新機能、チームコラボレーションを促進する使い方などのTipsを紹介する。, Office 365を使いこなして仕事を早く終わらせたい皆様にお届けする本連載。今回はExcelのアドオンとして登場した「Microsoft Flow for Excel」に注目する。, 2018年7月、ExcelとMicrosoft Flowを連携させるMicrosoft Flow for Excelが利用可能になった。Flowはコネクタをつなげてビジネスワークフローを構築するサービスで、Office 365に含まれる機能だ。厳密に述べるとFlowは無償版や有償版があるため、Office 365に含まれるという表現は語弊があるものの、Office 365アプリ起動ツールにも並んでいるため、Office 365ファミリーに含めて構わないだろう)。Flowのコネクタは200種類以上用意されており、コネクタを使って実に様々なサービスを連携できるのが特徴だ。, 1.リボンの<挿入>タブ→<ストア>と選択してOfficeアドインを呼び出し、「Flow」で検索すると現れるMicrosoft Flow for Excel。ご覧のとおり執筆時点ではプレビュー版となる, 2.Microsoft Flow for Excel使用時は各データへのアクセス許可を承諾しなければならない, さて、FlowとExcelが連係することで、「何ができるか」に関心を持たれると思うが、Microsoftは公式ブログで、メールの送信やSharePoint上のアイテム作成、上長への承認確認、Microsoft Teamsへの投稿、別のワークシートファイルへの反映、Twitterへの投稿など多数のユースケースを提案している。, 3.Microsoft Flow for Excelインストール後は、<データ>タブの<Flow>ボタンをFlowパネルが現れる。ただし、ドキュメントをSharePoint OnlineまたはOneDrive for Businessに保存しなければならない, 4.Flowで利用できるコネクタ群。筆者が数えたところ220のアプリやサービスと連携可能(Premium含む。2018年7月下旬時点), 下図はワークシート上の行を利用してメールを送信するフローだが、ご覧のとおり大した労力を費やすことなく、自動DM送信システムが作成できた。キャプションで述べたように、Microsoftが用意したテンプレート「選択した行」は、テーブル化したExcel上のデータを部品としてコネクタに渡せるため、直感的にフローを作成できるだろう。, 5.ここでは「選択した行」テンプレートを用いて、メールを送信するフローを作成する。利用するには、あらかじめ用意した住所録データをテーブル化しなければならない, 6.最初にアクションを選択するが、LocationやDocument Library、Fileは既定で構わない。Tableは先ほど作成した「テーブル1」を指定し、アクションの追加に進む, 7.アクションとして「Office 365 Outlook メールの送信」を選択し、宛先や件名、本文などを割り当てる。今回は省略するが、DMの場合は文章などを合わせて挿入すればよい, 8.フローを保存したら、マイフローから作成したフローを実行し、<続行>→<フローの実行>と順にボタンをクリックする, 10.こちらは筆者のメールアカウント。ご覧のとおりFlowで設定した内容が送られてきた, 既にExcelを利用するテンプレートはFlow上で公開されている。例えば「ExcelテーブルからDynamics AX Onlineの仕入れ先に行を移動する」といったデータコピーや、今回作成したフローのように「OneDrive for Businessの新しいファイルをExcelのメーリングリストにメールで送信する」など、ビジネスシーンで使えそうなものが多い。だが、企業によって業務ルールは異なるため、必ずしもそのまま使えないことも。自社独自のカスタマイズを必要とする場合は、Microsoft Flow for Excelを用いて自社用フローの作成にチャレンジして頂きたい。. (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; 朝7:00にニュースサイトのメールを受け取る 2. Microsoft365 Teams 即効活用ガイド","b":"日経BP","t":"","d":"https://m.media-amazon.com","c_p":"","p":["/images/I/51Tk90XSloL.jpg"],"u":{"u":"https://www.amazon.co.jp/dp/429610635X","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1879761","rakuten":"678083","yahoo":"1879762"},"eid":"kDGcE","s":"s"}); メールを送ることでTeamsの参加者に自動的に通知を一斉配信が可能です。チーム毎のメアドの取得方法は以下の通り。, ※添付ファイルをつけてメールを送ると、Teamsのファイルタブ内にファイルが格納されます。, デフォルトの状態ですと、メールアドレスを知っていれば誰でも投稿が出来てしまいます。そこで、以下の制限を掛けてあげると良いでしょう。, 脱メールの為の仕組みとしてTeamsを入れているのに、一向にメールが減らない。メールボックスに何でもかんでも来る結果、メールフィルタで対応しきれなくなり、ついには仕事を取りこぼす、忘れる、そして誤ってそのままスルーする。結果、小さなミスが大きなクレームとなって帰ってくるわけです。これを少し解消する為に、特定のメールの条件に合致したものは、Teamsにそのまま自動で投げてしまいましょう。, 社内外で結構問い合わせのある内容が「Teamsのチャンネルに投稿された内容を取り出せませんか?」というテーマ。投稿内容をデータとしてアーカイブし、例えばヒヤリハットの報告をTeamsにさせて纏めるであったりとか、投稿内容から傾向を分析するなどなど。Microsoft Graph APIを使えば過去のメッセージもすべて取得できるのですが、いかんせん構築が大変です。そこで今回は、Power Automateでノーコードでこれを実現します。(新規メッセージのみしか現在はまだ取得できないので、全てを取得したい場合、Graph APIを使って取得するしか方法がありません), ※Hangoutの場合チャット内容はGMailに残るのでGASから内容を取得が容易に出来ます。なお、Graph APIを使ってガッツリチャットログを取得するものは、Google Apps Scriptで作ってみました。, Google Apps ScriptとMicrosoft Graph APIの連携 – Teamsログ取得編, ※Access VBAを使ってデータをメッセージIDを元にフィルタして取得出来ないかなぁと考案中。, Boxのようなクラウドストレージだと、あのファイルが急に消えたとか誰かのゴミ箱に入ってたなんて事故が頻繁に起きます。そういった場合、管理者しかファイルの在処を特定できないので、結構困った事態になることがあります。しかし、今回の機能を使う事によって、フォルダの状況を監視することが可能になります。ただし、フリーアカウントだと投稿ができません(Microsoft365かonmicrosoft.comの開発アカウントでなければならない)。その場合Azure ADでonmicrosoft.comのアカウントを作って、作成や認証はそのアカウントで行う必要があります。(Teams投稿のフローで接続できませんのエラーが出ます), ※オカシナ大企業だとBoxとOffie365の契約をしているにも関わらず、Box側⇒Microsoft365側へのアクセスを許可していないケースがあります。その場合Microsoft365側でBoxのIPレンジに対して接続許可をしなければこのテクニックは使えません。, 個人的にはTeams投稿だと鬱陶しいので、添付のExcelに書き込むFlowを作ったほうが楽かと思います。, 途中に条件判定のFlow挟んで、必要なBox側アクションだけ取得するのもいいですね。, ある特殊なURIをクリックすると、ブラウザが立ち上がって該当のページが表示され、ついでにテンプレートのメッセージまで表示する。または、ローカルのアプリが立ち上がり、同様の事ができる。これがURL Scheme(またはURI Handler)と呼びます。もっとも知られているものは、https://であったり、mailto:ですね。msteams:といったこれらはディープリンクと呼ばれたりもします。, Microsoft TeamsにもこのURL Schemeは存在し、以下のような形でURLを組み上げて、クリックすると作動するようになっています。, ウェブ版で開きたいのであれば、https://teams.microsoft.com/_#/l/chat/0/0?users=ここに相手のメアドでいけます。, チャンネルにも投げられないか?という事であれば、以下の手順を踏んでURIを構築する事が可能です。, msteams:/l/channel/チャンネルのID@thread.skype/ここに該当のチームのコード?groupId=グループのID&tenantId=テナントのID, 複数ユーザを会議に招集する場合には、上記のようにattendeesに対してカンマ区切りでメアドを入れれば良い。startTime/endTimeの組み立て方に注意すれば、それほど難しくなく会議登録画面が立ち上がります。後は、会議室の選択をして「スケジュールを設定」をクリックすればオッケー。Outlookの会議予約が酷く使いにくい代物なので、他のアプリからGraph API等も合わせて使えばかなり利便性が向上すると思う。, なお、自分で会議を立てると自動的に自分が主催者として登録されるので、自分のメアドは不要。, 2020年4月からリリースされた新機能ながら、あんまり使われていないのか話題に登っていないような気がする機能。この機能は同じチャンネル内に参加してるメンバーに対してタグ付けして、そのタグを持ってメンションを送る機能。つまり、そのタグのメンションに含まれていない人には通知は飛ばない(ただし同じチャンネル内なので、もちろん投稿を見ることは可能), 主な使い所としては、「総務」というチャンネルを作り参加しているメンバーに対して「経理」「人事」「給与計算」「IT」といった役割のタグを設けて、そのタグを持ってメンションを送ることで、どの役割の人宛の話題なのかが明確になる。Teamsはメンションで送らないと通知が行かない特性があるため、だからといって、@teamで全員にメンション送るというのも要領が悪い。そこでこのタグを使うというわけです。ただし、異動が多い・人数が多い場合にはこのタグの管理が少々面倒になるかもしれない。作り方は以下の通り, Teamsは他のアプリケーション同様に画面共有をして、会議参加者に対してPowerPointの資料などを表示しながら会議が可能です。ですが、それ以外にも「画面を遠隔操作させる」事が可能になっています。会議だけでなく、研修などで何かのアプリケーションの操作を教えるようなシーンで、参加者で出来ない人がいた場合、主催者側へ画面共有した後に許可を与えることで、主催者側がその画面を遠隔から操縦ができます。画面共有は知っていても操縦できる事は知らない人が多いですね。, 研修会のサポートであったり、社内ヘルプデスクなどで相手の声を聞きながらサポートなど会議ではない使い方では非常に重要な機能になると思います。, Google Apps Scriptで作ったウェブアプリケーションやスプレッドシートは、Teamsのタブに埋め込む事が可能です。作業はひどく簡単なので、こうしておくことで、実際にそのTeams関連のアプリをダイレクトにその場で作業ができるのもメリットの一つです。, TeamsにはMicrosoft365のEnterprise E1, E3, E5のユーザだけ画面の録画機能が使えるようになっています。Google Hangout MeetもG Suite Enterpriseのユーザだけがこういった機能が使えます。しかし、一般ユーザにはTeamsでは録画ができません。また、Enterpriseではないようなケースでも当然使えないわけです。, しかし、Google Chromeの拡張機能を使えば録画は可能になります。タブ単位やデスクトップ録画など様々なタイプの録画可能なものがあります。但し外部にアカウントを必要とするケースが多いので、その点は注意です。主に使われてる拡張機能は、Nimbus Screenshot & Screen Video Recorder、Screencastify、Loom、Apertureなどなど。Screencastifyはfree版は5分しか録画できないので、有償版が必要ですね。。。, また、Windows10の場合標準でXbox Game Barというスクリーンキャプチャーアプリが入っているので、Windowsキー+Gキーで録画が可能です(ゲーム実況などで使われています)。こちらはアカウント不要のローカルアプリケーションなのでオススメです。Xbox Game Barが使えない場合は定番のCamstudioのようなスクリーンキャプチャアプリも良いかもしれません。, 会議の様子を録画する目的は、会議の議事録起こしを後で行う、研修などの様子を取って後で社内で教材として活用するなどビジネスシーンでも意外と利用する頻度とシーンは多いです。会議や研修に参加できなかった人のためにも、録画して配信・共有しておくと仕事が捗ると思います。ぜひ活用しましょう。, WindowsやLinux端末の場合、AndroidやiPhoneのカメラを利用してTeamsの会議を行う事が可能です。これを行うためには、DroidCamというアプリケーションが必要になります。, スマフォのカメラの映像をTeams側で仮想カメラとして利用できるようになるため、以下のようなメリットがあります。, といった結構地味に利便性が向上します。スマフォとPCの接続は、WiFi、USBケーブルがありますが、一番ラクなのはWiFi経由。今回WiFi経由でTeamsのカメラをDroidcamにしてみたいと思います。, WiFiの速度がしょぼくなければこれで自由度の高いカメラ操作とクオリティを簡単に実現可能に。有償版のアプリの場合拡大や画面の回転などもできるようになるみたいです。, […] る度にメールが飛んでこられても迷惑なので、メールの送信先をOffice365のTeamsのチャンネルに設定してあるメアドに対して送ります。上記のようにHTMLとして送ることで、Teams側に対して通 […], このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.

Ãッチワーク ȣ図 Âフト 7, ǭ波大学 Ť学院 Ű職 14, Áどり Á Á Ãレミアム Ȥ数 ǫ末 15, Ãヨタ ɧ伝 ż制 7, Ŋ士 żり手 ƭぬ 8, Ãナ Ãジョン Âクセス権限エラー 4, Teams Ņ有 ȡ示 Áれない 4, Youtube Âジェスト Api 7, Ãクシル Ơ価 ĸ落 ǐ由 4, Lilinana Ƿみ物 Ãログ 4, Vmware Vsphere Client Ľい方 7, Ƀ活 ƭ ż退 4, Youtube Âジェスト Api 7, Bmw G20 Ãレビ 7, Ů Áいて行っ Áイイですか ł作 16, Ť掛けフィルター Ɣ造 Gex 14, Áとぷり Ű説 ŭ園 8, ƙ計 Âコドライブ Ƭ点 17, Youtube ɬ ƻ Á刃 Ɯ終話 4, F50 Âーマ Ãリフト 4, Tern Link C8 Âスタム 4, Do Have Ľい方 5, ǥ棚に置いては Áけない Âの 14, Ãタル Âア Âリッド 5 Ãベル ĸげ方 6, Ãオス Ãール ŀ段 4, Ť Ƶ ļびない 4, ĺ日酔い Ȗ Ãキソニン 6, Ãライムビデオ Ãーティング Ƥ索 21, Ãコンド Ãイブランド Ǚ録 6, ɝ接 Âート ĸ途採用 7, Ļ日好き Áら Âンスタ 13, Ipad Pro 11 Ŀ護フィルム ĸ要 9, Absolute Ego Dance 11, Ƶ木 Ãイト ȇ作 5, X220 X230 Keyboard 4, Tz Hdw600f Ť付けhdd 13, Ãール Ãイル żさ 4, Ɲ北新幹線 ȇ由席 Ƥ札 14,