| ( ) こ ダブルクオーテーションで囲むと -bash: !. 基本的な正規表現; 文字 説明 正規表現の例 マッチする例. !の次にくる文字列から始まる一番最近使用したコマンドを自動で呼び出してくれる。, そのため、正規表現部分をダブルクオーテーションではなく、シングルクオーテーションで囲まなければいけない。 *で任意の文字列を表しているため、上記の正規表現は、任意の文字列のあとにabcを含まない文字列となる。, これをgrepコマンドで使用するには、 -P オプションを付ける必要がある。 findコマンドは、で 絞り込み検索の AND検索 、 複数条件での検索(OR検索) 、 特定の条件などを除外(NOT検索) の方法を紹介します. なお、回避策には xargs を使います, ※. 正しくは「. ※findの正規表現参考:正規表現に合致するファイル名をfindする方法, grepで否定の正規表現を使用するにも注意すべき点がたくさんあるし、findではそもそも使えないので、否定の正規表現ではなく、正規表現自体を否定するオプションを使用するのが簡単という結論になってしまった。. ファイル名が「hoge.txt」かつ、ファイルサイズが「5000バイト以上」のファイルを検索, カレントディレクトリ配下のすべてのディレクトリをホームディレクトリ配下の「bakディレクトリ」にコピーする, ※. findで特定の文字列を含まないファイルを調べたいときは、grepの-vオプションと同様に、正規表現を否定するオプション !(exclamation mark)を付ければよい。 ユーザー設定リストを使って並べ替える(Sort) posted on 2018/02/25. *\.\(txt\|sh\)' -print, 一方、特定の拡張子を除外するには以下のように ! 1 root root 564 7月 2 13:11 /tmp/test.pl -rw-r--r--. 1 root root 25 6月 21 08:53 /tmp/test123 -rw-r--r--. (exclamation mark)がhistory expansion機能を持つ。 -name abc -or -name def -and -print, % find . や -not を使うことで、特定のファイルタイプを除外する。, 指定の inode のファイルまたはディレクトリ。inode は ls -i で確認できる。例えば、, % perl -e '$fn=pack("C*", 1..15);open(OUT, ">", $fn)', inode はファイルシステムごとの通番のような番号なので、複数のファイルシステムにまたがった場合は同じ inode が存在する可能性があることに注意。例えば、/・/usr・/home・/var という 4つのファイルシステムがマウントされている場合、, % find . つまり、 ! . *文字列: event not found というエラーが表示されてしまう。, ではfindコマンドはどうか。 -type f | xargs grep -lUPz '\r\n', % find . BeautifulSoup4のメソッドfind()とfind_all()について、ちゃんとごまかさずに理解しておかないと後々困りそうな気がした。 せっかくなので、ドキュメントの該当部分をちょっと自力で訳してみて知識を定着させようと思う(以下訳文)。 ツリーの検索 BeautifulSoupにはパースツリーを検索するメソ… ミュレートする, 7.2.5.7. 全ての副詞と、その位置を見つける. しかしながら BSD の find は BRE (基本正規表現) であるので、"|" には「選択 (OR)」の意味がない。よって、BSD の find では上記の例はうまく動かない。 一方、特定の拡張子を除外するには以下のように ! -name .svn ! *[0-9]+\.txt」と入れる。なぜなら「001.txt」というファイルはパスを含むと「./001.txt」になるからである(カレントから検索した場合), Google::キャッシュが「Request Entity Too Large」で表示できな時の回避方法, find ユーティリティは、指定ディレクトリツリーを再帰的に下って、ツリー上の各ファイルについてオプションで指定された処理を実行します。. -Pオプションは、--perl-regexpオプションと同義で、PATTERN をPerlの正規表現として扱う。, PATTERN を Perl の正規表現として扱います。 きわめて実験的なものなので、 grep -P を使うと、その機能は実装されていませんという 警告が出るかもしれません。, もう一点grepコマンドで使用する際に注意する点がある。 -name abc -or \( -name def -and -print \), 下記は *.txt を *.txt.bak にリネームする例であるが、sh・bash ではうまくいくものの、csh・tcsh ではリネーム先ファイル名がすべて ".bak" になってしまう。. 今回は、-vオプションを使わず、正規表現のみで同じ挙動を実現する方法を考える。, まず、正規表現の書き方は【正規表現】以外と知らない特定の文字列を含まない正規表現に特定の文字列を含まない正規表現がばっちり書いてあったので、拝借。, ? 特定の文字列を含まないものを抽出したいとき、grepで実現するには、 -v オプションを使用すればいい。-vオプションはPATTERNに合致しないもののみ抜き出す。, -vオプションは正規表現自体の否定であり、PATTERNに合致するものを除外してくれる。, 正規表現「自体」の否定ではなく、否定を表す正規表現で同じ挙動をするにはどうすればいいか。 -regex PATTERN となる。 検索対象にパスが含まれることに注意。 % find . 正規表現検索 % find . What is going on with this article? findコマンドで特定のディレクトリを検索対象から除外する May 4, 2016 on Shell. -regex <正規表現> 大文字小文字を区別しない正規表現検索 % find . 正規表現とは、前に説明しましたように、「いくつかの文字列を一つの形式で表現するための表現方法」です。その「一つの形式で表現するため」に、いくつかのある文字に対して特別な意味を与えています。 以下に述べる文字がその役割を担っています。すべて半角です。 . VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクトのメソッド) posted on 2018/03/24. Azure×コミュニティ「Azure Rock Star Community Day」イベントレポート, you can read useful information later efficiently. -name .DS_Store -print, % find . % find .-name \*.txt -exec mv {} {}.bak \; % find .-name \*.txt -exec mv {} \{}.bak \; % find .-name \*.txt -exec mv \{\} \{\}.bak \; DOS・Windows の tree コマンドのような出力が欲しければ、tree コマンドを使うとよい。, ▷ -newermt 'YYYY-MM-DD' または -newermt 'YYYY-MM-DD HH:MM:SS', ▷ -perm +[パーミッション文字列] または -perm /[パーミッション文字列], ▷ -printf これは GNU find のみで使用できるオプションだが、printf(3) のような書式でファイルの情報を表示することができる。, 検索条件オプション タイムスタンプ・日付 (-mtime/-newer/-newerXY/-daystart), 検索条件オプション 階層系 (-maxdepth/-mindepth/-prune), アクション: ファイル名・情報表示 (-print/-ls/-printf/-ok), Howto: ファイルまたはディレクトリのみを対象とする (-type f や -type d). 1 root root 26 7月 3 14:18 /tmp/test123_2 -rw-r--r--. -iregex <正規表現> ※. で除外できる もしこの--cachedをつけ忘れてしまうと、ファイル自体が削除されてしまうので注意. -name \*.c -print | xargs grep hogehoge, ファイル名に空白などが含まれる場合は -print 0 と xargs -0 を組み合わせる。, % find . もしくは、正規表現を用いて ```shell\nfindstr /R 行頭を検索したい文字列$ 検索したいファイル 6.大文字・小文字を区別しない findstrも、grepと同様にデフォルトでは大文字・小文字を区別する。 -type f | xargs ls --full-time '%Y%m%d%H%M%S'|sort -k6,7. -name \*.bak ! 例えば「数字の連続.txt」のファイルを検索するのに「[0-9]+\.txt」という正規表現を入れても検索できない。 JavaScript, React.js を主に勉強しています。. 1 root root 126 7月 2 07:12 /tmp/test1234.txt -rw-r--r--. % find dir/ -name \*.txt -exec chmod 644 {} \; -exec {} ; は見つかったファイル・ディレクトリそれぞれについてコマンドを実行するが、-exec {} + は一括して処理を行う。, % find dir/ -name \*.txt -exec chmod 644 {} +, % chmod 644 dir/file1.txt dir/file2.txt dir/subdir/file3.txt. -name \*.c -print0 | xargs -0 grep hogehoge /dev/null, % find . % find dir/ -name \*.txt -ok chmod 644 {} \; % find dir/ -name \*.txt -ok chmod 644 {} +, ⇒ カレントディレクトリ以下の *~ をリストアップして rm コマンドで削除する。, sh・bash なら下記のように標準エラー出力 (ファイルディスクリプタ2) を捨てればよい。, csh・tcsh は下記のようにすることで、標準エラー出力のみを捨てることができる。, % (find / -name hoge\* -print >/dev/tty ) >& /dev/null, % find dir/ \( -name \*.txt -o -name \*.sh \) -print, % find dir/ -regex '. この記事では、「任意の文字を含まない」や「任意の文字列(パターン)を含まない」など、否定の意味を持った正規表現について、解説します。 特に、後述する「否定先読み・戻り読み」を利用した表現は、その仕様が初学者にはやや混乱しやすいため、整理しながら補足としてまとめました。 Why not register and get more from Qiita? 任意の1文字 にマッチします。: A あ + 直前の文字が 1回以上 繰り返す場合にマッチします。 最長一致。条件に合う最長の部分に一致します。 Help us understand the problem. は POSIX で規定されているが、-and・-or・-not はそうではない。-and・-or・-not は GNU find や FreeBSD では使用可能であるものの、Solaris の find では使用できない。, より正確に言うと、行頭に inode と使用ブロックサイズが表示されるため、ls -lis と同じである。, % find . gitレポジトリを含むディレクトリで、findコマンドを使うと、 .git/ 以下のファイルに検索が入って実行速度に影響する場合があるので、 shellのfindコマンドで、特定のディレクトリを検索対象から除外する方法について bashでは ! や -not で否定したものを並べるか、-not -regex とする。この -regex も同様に BSD の find では動作しない。, % find dir/ -not -name \*.txt -not -name \*.sh -print, % find dir/ ! このモジュールでは、 Perl で見られるものと同様な正規表現マッチング操作を提供しています。パターンと検索対象文字列の両方について、 8 ビット文字列と Unicode 文字列を同じように扱えます。 ^ $ [ ] * + ? 特定の文字列を含まないものを抽出したいとき、grepで実現するには、 -v オプションを使用すればいい。-vオプションはPATTERNに合致しないもののみ抜き出す。 $ cat test.txt 1.n o tを含まない文字列 2.notを含む文字列 $ grep -v not tes 1.n o tを含まない文字列 #正規表現もOK $ grep -v no. 1 root root 85 6月 25 17:40 /tmp/test1234 -rw-r--r--. 7.2. re--- 正規表現操作¶. 検索対象にパスが含まれることに注意。 例えば「数字の連続.txt」のファイルを検索するのに「[0-9]+\.txt」という正規表現を入れても検索できない。 -name \*.c -exec grep hogehoge {} \; % find . この正規表現をfindで用いようとしても上手くいかない。findの正規表現タイプにperl相当のものがないためである。 1 root root 282 7月 2 07:30 /tmp/test1.py -rw-r--r--. 特定のディレクトリ以下の、ファイル・ディレクトリ一覧を表示するには -print オプションを指定する。, → カレントディレクトリ以下の "*.txt" にマッチするファイルを全て表示sる, -print ではなく -ls オプションを使うと、ls -l のような表示になる。, 検索したファイル・ディレクトリに対し、-exec オプションで任意のコマンドを実行することができる。, → カレントディレクトリ以下の ~ で終わるバックアップファイルを rm コマンドで削除する, find コマンドの結果と grep コマンドを組み合わせることで、特定ファイル内容からの文字列検索ができる, % find /usr/local /usr/bin /usr/sbin -type f -print, ⇒ /usr/local と /usr/bin と /usr/sbin 以下の全ファイルを表示, なお、カレントディレクトリにディレクトリ dir/ が存在する場合、下記のようにすると ./dir 以下が 2重でリストアップされることに注意。, FreeBSD・Linux など一部の find では、検索開始ディレクトリのみを指定すると、コマンドとして -print が指定されたものとして動作する。, また、Linux などの GNU find では下記のように検索開始ディレクトリの省略も可能。この場合カレントディレクトリが検索開始ディレクトリとみなされる。, 検索するファイル名・ディレクトリ名を指定する。指定するファイル名は部分一致ではなく完全一致であることに注意しよう。, → 「foo.txt」というファイルまたはディレクトリを検索する。「foo.txt.bak」はヒットしない。, → 「mydir」というファイルまたはディレクトリを検索する。「mydir2」はヒットしない。, -name は、「最後のパス部分のみ」が検索対象であることに注意。カレントディレクトリ以下に, よって、-name オプションで「指定のディレクトリ名以下のファイル一覧」を表示することはできない。その場合は -path や -regex を使うこと。, -name と似ているが、「最後のパス部分のみ」ではなく「パス全体」を対象に検索する。下記は「ディレクトリ名・ファイル名のどこでもよいから "hoge" が含まれるもの」をリストアップする。, パスを含むファイル名全体が正規表現 reg にマッチするものを検索する。-name と異なり、検索対象がパスも含むことに注意。また、「〜を含む」ではなく、「全体がマッチする」という条件であることにも注意。例えば, FreeBSD や Linux などの GNU ベースの find 限定ではあるが、おすすめは -newermt オプションで、-newermt '2017-05-26' や -newermt '2017-05-26 19:01:12' などとわかりやすく日付や時刻を指定することができる。, mtime オプションを使うと、n日前に修正されたファイルを検索することができる。日数にプラスマイナスをつけることで、N日以前・N日以後・N日より前、などの条件をつけることができる。驚くことに、BSD の find と GNU の find で、mtime +N の意味が異なるようだ。要注意である。, ファイル file よりタイムスタンプが新しいファイル・ディレクトリを検索。タイムスタンプ比較用ファイルをあらかじめ作成し、touch コマンドを使ってタイムスタンプを変更し、そのファイルと比較するとよい。"newer" なので、比較対象ファイルより「新しいもの」を検索することに, 指定した日付・時刻よりも新しいファイル・ディレクトリを検索する。'YYYY-MM-DD' と日付のみを指定した場合は、'YYYY-MM-DD 00:00:00' と同じとなる。"newer" なので、この日付・時刻より「新しいもの」を検索することに注意 (同じタイムスタンプはマッチしない)。, → 最終更新時刻が 2017-05-26 00:00:00 より新しいファイルを検索 (同じタイムスタンプは含まない), → 最終更新時刻が 2017-05-26 00:00:00 以前のもの (同じタイムスタンプも含む), → 最終更新時刻が 2017-05-26 00:00:00 より新しく、2017-05-28 00:00:00 以前のもの, 上記ではよく使われると思われる -newermt オプションを紹介したが、実際は -newerXY というオプションの一例にすぎない。-newerXY とは何かを言葉で説明するとまず伝わらないと思うので、下記の -newerXY の全パターンを参考にしてほしい。, 最終アクセス時刻 (atime) が a.txt の最終ステータス変更時刻 (ctime) より新しいファイル, 最終アクセス時刻 (atime) が a.txt の最終変更時刻 (mtime) より新しいファイル, 最終アクセス時刻 (atime) が a.txt のファイル作成時刻 (birthtime) より新しいファイル, 最終ステータス変更時刻 (ctime) が a.txt の最終アクセス時刻 (atime) より新しいファイル, 最終ステータス変更時刻 (ctime) が a.txt の最終変更時刻 (mtime) より新しいファイル, 最終ステータス変更時刻 (ctime) が a.txt のファイル作成時刻 (birthtime) より新しいファイル, 最終変更時刻 (mtime) が a.txt の最終アクセス時刻 (atime) より新しいファイル, 最終変更時刻 (mtime) が a.txt の最終ステータス時刻 (ctime) より新しいファイル, 最終変更時刻 (mtime) が a.txt のファイル作成時刻 (birthtime) より新しいファイル, ファイル作成時刻 (birthtime) が a.txt の最終アクセス時刻 (atime) より新しいファイル, ファイル作成時刻 (birthtime) が a.txt の最終ステータス時刻 (ctime) より新しいファイル, ファイル作成時刻 (birthtime) が a.txt の最終変更時刻 (mtime) より新しいファイル, 実行時の日付の 0時0分を起点として計算する。現在 10日の 20時である場合、下記は 10日の 0時0分を起点として、1日前である「9日の 0時0分〜23時59分」に更新されたファイルが対象となる。, /etc/passwd に載っていない UID が所有するファイル・ディレクトリ等, n 階層以内のファイル・ディレクトリを表示しない。上位のディレクトリを対象外にしたい場合に有用。, % find /usr -maxdepth 1 -mindepth 1 -type d, ブロックサイズまたはファイルサイズで検索。「-size 100」だとブロックサイズとみなし、「-size 100c」などと末尾に c をつけるとファイルサイズとみなす。サイズの前に「+」「-」を付けることで、N以上・N以下を指定できる。, また、GNU find では「-size 100k」「-size 100M」「-size 100G」とすることで、キロバイト・メガバイト・ギガバイトの指定ができる (1k=1024バイト、1M=1,048,576バイト、1G=1,073,741,824バイト)。, + - について、以上なのか超なのか、以下なのか未満なのかは未調査。なぜか BSD も GNU も、find のマニュアルに + - について言及がない。, 絶対指定。[パーミッション文字列] に完全に一致するファイル・ディレクトリを検索する。, [パーミッション文字列] には 644 といった 8進数指定や、u=rw,g=r,o=r といったシンボルでの指定ができる。なお、u はオーナー、g はグループ、o はその他、である。a を使うとオーナー・グループ・その他をまとめて指定できる。, 先頭にハイフンをつけることで AND 検索となる。パーミッション文字列で指定した全てのビットが立っているファイル・ディレクトリを検索する。-perm 644 形式とは異なり、指定していないビットが立っていても検索対象となる。, 例えば下記は、「グループ」に書き込み権限があり、なおかつ (AND) 「その他」に書き込み権限があるファイル・ディレクトリを検索する。, また、022 以外のビットが立っているか否かは無関係なので、777 (rwxrwxrwx) や 666 (rw-rw-rw-) にもマッチする。AND 検索なので、707 (rwx---rwx) や 660 (rwxrwx---) にはマッチしない。, 先頭に + や / を付けることで OR検索となる。パーミッション文字列で指定したのビットがいずれかが立っているファイル・ディレクトリを検索する。-perm 644 形式とは異なり、指定していないビットが立っていても検索対象となる。, 例えば下記は、「グループ」に書き込み権限があるか、または (OR) 「その他」に書き込み権限があるファイル・ディレクトリを検索する。, また、022 以外のビットが立っているか否かは無関係なので、777 (rwxrwxrwx) や 666 (rw-rw-rw-) にもマッチする。OR 検索なので、707 (rwx---rwx) や 660 (rwxrwx---) にもマッチする。, なお、-perm +[パーミッション文字列] については仕様バグがあり、-perm +u+x としたとき、-perm +111 と -perm 111 の 2パターンの解釈ができてしまう。実装上は -perm 111 となるようである。(と GNU find のマニュアルには書いてある)。, そこで GNU find では -perm + に変わり -perm / という書き方を導入した。Linux など GNU find が使える環境では -perm / を使い、それ以外では -perm + を使うとよい。書式は下記のように -perm + を -perm / に変えるだけである。, -type オプションに続けて以下のようなファイルタイプを指定することで、ファイルのみ・ディレクトリのみ、などと特定のファイルタイプのみを選択できる。また、!

Ãムアンド Âイシャドウ Ãーソナルカラー, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用, Âンスタ ŏ達 Ő前変更, ņ山 Ȫ生日 Âプライズ, Âエンタ Ȼ中泊 4人, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ,