分散制御システム(ぶんさんせいぎょシステム、英語: distributed control system、略称:DCS)は、制御システムの一種で、制御装置が脳のように中心に1つあるのではなく、システムを構成する各機器ごとに制御装置があるもの。制御装置はネットワークで接続され、相互に通信し監視し合う。工場の生産システムなどによく使われる。, DCS は産業の様々な部分で使われており、以下のようなものが分散制御システムと呼ばれている。, DCSには独自設計のプロセッサをコントローラとして使うことが多く、通信方式や通信プロトコルも独自のものであることが多い。入出力部はモジュール化されている。プロセッサは入力モジュールから情報を受け取り、出力モジュールに情報を送る。入力モジュールは対象プロセスの入力機器から情報を受け取り、出力モジュールは出力機器に命令を送る。プロセッサと各モジュールを繋ぐバスはマルチプレクサ/デマルチプレクサを経由する。分散コントローラ群と中央コントローラ、さらにはユーザインタフェースあるいは制御コンソールも何らかのバスで接続される。, 分散制御システムの各要素は、スイッチ、ポンプ、バルブなどの物理的装置と直接接続されることもあるし、SCADAシステムのような中継システムを経由することもある。, 分散制御システムは製造プロセスを制御するもので、連続的制御の場合とバッチ的制御の場合がある。例えば、石油精製プラント、石油化学工場、発電所、製薬、食品製造、セメント製造、製鋼、製紙などで使われる。DCSはセンサやアクチュエータと接続され、プラントを通過する材料の流れを制御するために、設定値を制御する。典型例として、圧力センサ、コントローラ、制御バルブから構成される設定値制御ループがある。圧力や流量を計測した結果がコントローラに送られる。計測値がある値に達すると、コントローラは、流量が所定の値になるまでバルブの開閉を指示する。大規模石油精製プラントでは、入出力点が数千にも及び、非常に多数のDCSを使用する。制御対象はパイプを流れる液体に限られるわけではなく、製紙機械や関連する変速装置、電動機制御センター、セメント窯、採掘操作、鉱石処理ファシリティなど様々なものがある。, 典型的DCSは、機能的にも物理的にも分散配置されたデジタルコントローラ群から構成され、それぞれのコントローラは最大でも256個程度の制御ループを実行する。入出力デバイスはコントローラに組み込まれている場合もあるし、遠隔にあってネットワーク接続される場合もある。最近のコントローラは計算能力が高く、PID制御だけでなく、論理制御や線型制御も実行できる。, DCS にワークステーションを接続することもあり、そのようなワークステーションで設定を行ったり、オフラインのパーソナルコンピュータで設定したりする。制御ネットワークには、銅線のツイストペアケーブルや光ファイバーケーブルが使われる。何らかの計算処理やデータ収集、レポート作成などの用途で、サーバなどが制御ネットワークに接続されることもある。, 1960年代に登場した初期のミニコンピュータは工業プロセスの制御に使われた。例えば、IBM 1800 は初期のプロセス制御用コンピュータであり、アナログ信号をデジタルに変換する入出力ハードウェアを備えていた。, DCSの概念が登場したのは1975年で、ハネウェル(TDC 2000)と横河電機(CENTUM[1])がそれぞれ独自に製品化した。アメリカの Bristol も1975年に UCS 3000 をリリースしている。1980年、Bailey(現在はABB[2]の一部)は NETWORK 90 システムをリリース。同じく1980年、Fischer & Porter Company(現在は ABB[3]の一部)が DCI-4000 をリリースした(DCI は Distributed Control Instrumentation の略)。, DCS はマイクロプロセッサのプロセス制御への応用によって実現した。オートメーションへのコンピュータの応用はそれ以前から、Direct Digital Control (DDC) あるいは Set Point Control という形で行われていた。1970年代初め、Taylor Instrument Company(現在はAABの一部)は 1010 システムを開発し、Foxboro は FOX1 システム、Bailey は 1055 システムを開発している。これらはいずれも独自の入出力ハードウェアを接続したミニコンピュータ(DEC PDP-11 など)を利用した DDC である。バッチ制御や当時としては最新の連続制御をこれらの方法で実装していた。より保守的な Set Point Control では、アナログのプロセスコントローラ群をコンピュータで統御する方式であった。ディスプレイを備えたワークステーションによって、プロセスを文字や簡単なグラフィックスで可視化するようになった。完全なGUIが登場するのは、もっと後のことである。, DCSモデルの根本は、制御機能ブロックの導入であった。機能ブロックは、それ以前のDDCの概念である「テーブル駆動」ソフトウェアが発展したものである。機能ブロックはある意味でオブジェクト指向ソフトウェアの初期の具体化の1つと見ることもでき、アナログのハードウェア制御コンポーネントをエミュレートし、プロセス制御の基本的タスク(PIDアルゴリズムなど)を実行する、自己充足型のコードの「ブロック」であった。機能ブロックはDCSの主流として使われ続けており、Foundation Fieldbus[4] などの技術によって今日もサポートされている。, 分散コントローラ、ワークステーション、その他のコンピュータ間のデジタル通信は、DCSの主な利点の一つであった。焦点はネットワークに移っていった。プロセス制御におけるネットワークは、決定性と冗長性などの機能を持つ必要がある重要な通信系統を提供する。結果として、多くの業者は IEEE 802.4 ネットワーク規格を採用した。しかし、情報技術の進展で IEEE 802.3 がプロセス制御においても優勢となり、各業者は移行が必要になった。, DCSによって分散知的制御がもたらされ、プロセス制御にコンピュータやマイクロプロセッサが普通に使われるようになったが、工場やプラントの資源要求を統合するような範囲やオープン性には到達していなかった。多くの場合、DCSはそれまでアナログのコントローラなどで行われていたことを単にデジタルで置換しただけのものだった。その不足部分は Purdue Reference Model (PRM) で具体化され、それが後の ISA95 規格の基盤となった[5]。, 1980年代、顧客企業はDCSをプロセス制御以上のものと見るようになった。オープン性が達成され、データの大部分を企業の他の部門と共有できれば、何か有益なことができると考えられていた。しかし、何ができるかは定かではなかった。DCSのオープン性を強化する最初の試みは、UNIXの採用であった。UNIXとそのネットワーク技術であるTCP/IPはオープンであることで知られており、まさにプロセス制御業界が求めていたものだった。, 結果として、業者はイーサネットも採用することになった。プロトコルは独自のものが実装され、TCP/IPが完全実装されることはなかったが、イーサネットを採用したことでその後の技術的発展の可能性が生まれた。1980年代は、DCSにPLCが導入された時期でもある。UNIXとイーサネットを初めて採用した業者は Foxboro であり、1987年に I/A Series システムをリリースした。, 1980年代のオープン化の流れは、1990年代に入って、商用オフザシェルフ (COTS) コンポーネントとIT標準の採用によって加速された。この間の最も大きな動きは、UNIXからWindowsへの移行である。制御に近い部分はリアルタイムオペレーティングシステムが使われ続けたが、それ以外の部分は Windows に移行していった。, マイクロソフトがこの分野に進出してきたことで、OLE for Process Control (OPC) のような技術が開発され、それが現在ではデファクトスタンダードになっている。インターネット技術もこの分野で採用されるようになり、DCSのユーザインタフェース部分はインターネット接続がサポートされることが多くなっていった。1990年代には、複数の団体がこの分野のデジタル通信規格を争う「フィールドバス戦争」が発生した時代でもある。最終的にプロセスオートメーション市場のデジタル通信規格は Foundation Fieldbus と Profibus PA に収束していった。フィールドバスの機能を最大限に生かすため、以下のような業者が新システムを一から構築した。, しかし、COTSの影響はハードウェア部分で最も顕著だった。DCS業者は、特に入出力装置やコントローラといった大量のハードウェアを供給しており、それが主な収入源となっていた。DCS勃興期には、当然ながら大量のハードウェアが必要とされ、そのほとんどはDCS業者が一から製造したものだった。しかし、インテルやモトローラなどの業者の標準コンピュータ部品が増えるに連れて、DCS業者が独自にワークステーションやネットワークハードウェアなどを製造しても、コスト的に見合わなくなっていった。, COTSコンポーネントへの依存が大きくなるにつれ、DCS業者はハードウェア市場が急速に縮小していくことに気づいた。COTSは業者の製造原価を低減させるだけでなく、顧客からの価格低減要求に応じざるを得ない状況を形成した。PLCに強い Rockwell Automation、Schnieder、シーメンスといった業者はコストパフォーマンスに優れた製品をDCS市場に投入していった。従来からのDCS業者は最新の標準に基づいた新世代のDCSシステムをリリースし、結果としてPLCとDCSのコンセプトや機能が1つに統合される傾向が生まれた。, また、ハードウェア市場は飽和状態になりつつあった。入出力装置やケーブルなどのハードウェアの寿命は15年から20年である。1970年代から1980年代に実装された古いシステムの多くは今日でも使われ続けており、耐用年数に達しようとしているシステムが多数存在する。北米、ヨーロッパ、日本などの先進国は既にDCSが導入されていて新たな需要は少ないが、中国、中南米、東ヨーロッパなどでは需要が大きくなりつつある。, ハードウェアの売り上げが低下傾向にあるため、業者はハードウェア中心のビジネスモデルからソフトウェアや付加価値サービスを中心とするモデルへの移行を開始しつつある。各業者は1990年代に、生産管理、モデルベース制御、リアルタイム最適化、プラント資産管理 (PAM)、リアルタイム・パフォーマンス管理 (RPM) ツール、アラーム管理といった様々な機能を提供するようになっていった。しかし、これらのアプリケーションを本当に役立つものにするには、サービスコンテンツの充実が必要であり、業者らはそれにも取り組んできた。アズビルなどの業者は、顧客企業のオートメーションに関するあらゆる面に責任を持つ Main Automation Contractor (MAC) になるという手法にまで拡大して対応している。, 2010年代に入ってIPv6や、UNIX系OSが動作する高性能なシングルボードコンピュータが安価に利用可能になると、互換性に乏しい独自技術を用いる分散制御システムに対して積極的なオープン化が試みられるようになった。2010年代後半からIoTやM2Mなど、インターネット関連技術を基盤として工場やプラントや都市などを制御する手法が流行し、2020年代に至るも研究開発は加速し続けている。今後の分散制御では、インダストリー4.0やソサエティー5.0など、成熟したオープン標準技術を前提として、互換性を維持しながら、都市全体を高機能化する試みが行われる予定である。, DCS Selection MBA research program with many Links, Example of DCS system: Mark VIe by General Electric, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=分散制御システム&oldid=78095335. All Rights Reserved. ©1995-myDate = new Date() ;myYear = myDate.getFullYear ();document.write(myYear); Azbil Corporation.

分散制御システム(ぶんさんせいぎょシステム、英語: distributed control system、略称:DCS )は、制御システムの一種で、制御装置が脳のように中心に1つあるのではなく、システムを構成する各機器ごとに制御装置があるもの。 制御装置はネットワークで接続され、相互に通信し監視し合う。工場の生産システムなどによく使われる。

シーケンサで扱うデータシーケンサで扱うデータは1ワード単位か2ワード(Wワード)単位になります。特別なことが無い場合、1バイト単位の扱いはありません。各単位の内容は1ビットデジタルデータ1桁分の最小単位を1ビットと言います。1バイト=8ビッ ※一般的なリレー出力とトランジスタ出力の違いです。plcメーカーやシリーズ、型式によって仕様は異なる場合があります。 アナログ入出力(aio) 圧力・流量・水位・重量などの連続する値はアナログ値です。このようなアナログ値をplcで入出力する方法について説明します。 アナログ入出力ユニット. Infilex™ GCは、ベーシックユニットと最大16台まで接続可能なI/Oモジュールとによって構成され、実現したい制御や管理の方法に合わせてI/Oモジュールの種類や数を柔軟に変更することができます。.

伝送幹線にはNC-bus、LonTalk®に加えIP*を選択することができるようになり、より柔軟性が増しました。, 営業日 9:30~12:00/13:00~17:00 (土曜、日曜、祝祭日、および年末年始、春季、夏季の弊社休業日を除く). ダイレクトデジタルコントローラ(DDC) Infilexシリーズ.

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。 第4回:信号の入出力.

PLC(Programmable Logic Controller ... リレーとの違い. PLCでは入力部から受け取った信号を演算し出力部から出力します。入出力するのは、主にデジタル信号とアナログ信号になります。, デジタル信号をPLCに取り込むには、押しボタンスイッチ等の入力機器をPLCと接続します。信号の取り込み方(回路)には、シンク型/ソース型がありますが、配線で切り替えることができるので、デジタル信号の入力タイプは特に選定段階では、こだわる必要はありません。, 例:入力タイプは配線で「シンクタイプ」または「ソースタイプ」に切り替えます(TM221CE16U), PLCの出力部の回路として、リレー出力、トランジスタ出力があります。また、トランジスタ出力には、「シンクタイプ」と「ソースタイプ」があります。使用目的や使用地域を考慮して、出力タイプを決め、機器(型式)を選定します。, 機械的な接点により、ON/OFFします。直流負荷でも交流負荷でも扱うことができるため、盤外とのやり取りによく使われます。機械的な接点のため、ON/OFFの速度は遅いです。また、流すことのできる電流は数アンペア程度です。, 半導体素子により、直流負荷をON/OFFします。流すことのできる電流は数10mA程度とリレーより小さくなります。また、ON/OFFの切り替えは、高速で行うことができます。, 圧力・流量・水位・重量などの連続する値はアナログ値です。このようなアナログ値をPLCで入出力する方法について説明します。, PLC内部では「0」「1」のデジタル信号だけを処理(演算)しています。 したがって、PLCではアナログ値を電圧または電流の信号として取り入れ、デジタル信号に変換しPLC内部で処理します。また、デジタル信号を電圧または電流のアナログ信号に変換し出力もします。, そのための「アナログ信号↔デジタル信号に変換するユニット」を総称して、アナログ入出力ユニットと呼んでいます。, アナログ信号を入出力する際は「アナログ信号の種類」と「分解能」の二つに留意する必要があります。, アナログ信号の種類には、電圧信号と電流信号があります。伝送距離や環境等に応じて使い分けるのが通例です。電流信号は、ノイズに強いため長距離伝送に向いています。, また、よく使われる入出力範囲は、 0-10V(電圧信号) 4-20mA(電流信号)、0-20mA(電流信号) です。 0-10Vの意味は、入出力の範囲が0Vから10Vの範囲で入出力されるということです。また、4-20mAでは、通電時は常時4mAが流れており、断線すると4mAではなく、0mAになり断線検知ができるためフェイルセーフに優れています。, 分解能とは、アナログ信号をデジタル信号に変換する際に、どの程度の細かさで表現するかです。一般的には、「分解能:10ビット」「分解能:12ビット」というように表されます。分解能が高いほど、細かく区分することなり、アナログ値をより正確にデジタル値に変換できます。なので、大きな範囲の値を細かく取りたい場合は、より高い分解能が必要です。(10ビットより12ビットの方が分解能が高く、細かく表現できます), センサーなどで生じる信号は電圧信号が多く、もともとは電圧信号が主流でしたが、ノイズに弱く、伝送距離が短いという問題がありました。そのため、ノイズに強く、伝送距離が長い電流信号が使用されるようになりました。また、そのような理由から、IEC(国際電気標準会議)でも、4-20mAを使用することが推奨されています。, PLCを用いての制御は、応用の範囲が大幅に広がっています。そのため、入出力ユニットに特別な機能を持たせた特殊ユニットが豊富にあります。PLCメーカーによって、呼び名(高機能入出力ユニット/特殊ユニット)が違ったりしますが、主にDIOユニット以外のユニットを指すことが多いです。, パルスというのは、「脈拍」という意味で、1回の鼓動のことを1パルス(PLS)と考えてください。デジタル信号でいうと、ONから次のONまでのことです。高速カウンターユニットでは、高速でドキドキする鼓動(パルス)を数えることができます。なので、高速カウンターユニットのことをパルス入力ユニットと呼ぶこともあります。, なぜ、パルス信号をカウントするのに、通常のデジタル入力でなく、高速カウンターユニットが必要かというと、 PLCは、「⼊⼒処理 → 演算処理 → 出⼒処理」を繰り返し実⾏しており、1サイクルの時間をスキャンタイムと呼んでいます。1スキャンする間に、パルス信号が何度もあると正しくカウントすることができません。, ※正確に言うと、通常のデジタル入力(カウンター命令を使用)では、2スキャンで1パルスしか取り込めません。, 高速カウンターユニットを使用すると、MPU演算部のスキャンと関係なく、パルス信号を受け取りカウントしてくれます。そうして、カウントした数値は、指定した定数に達するごとに、MPU演算部に信号で伝えます。, ちなみに、カウントするのは主にエンコーダと言われるセンサーで取得したモーターの回転数(角度/位置)です。, パルス信号の出力には、高速出力ユニットを用います。PLCメーカーによってはパルス出力ユニットと言うところもあります。, また、高速出力ユニットの機能を内蔵しているPLCもあります。このあたりは、高速カウンターユニット(入力)と同じですね。高速出力ユニットとは、いくつかのパルス信号を、一塊として出力するユニットです(ひと続きの波を出力すると考えてもOKです)。, パルス信号の塊(ひと続きの波)は、「パルス幅変調(PWM)」「パルス列」等に分類され、受け手側の機器(モーター等)の仕様等にあわせます。, なぜ、パルス信号の出力では、通常のデジタル出力(DO)ユニットでなく、高速出力ユニットが使われるかと言うと、高速カウンター(入力)同様、PLCは、⼊⼒処理 → 演算処理 → 出⼒処理を繰り返し実⾏しており、1スキャンする間に信号を何度も出力することができません。高速出力ユニットを使用すると、MPU演算部のスキャンと関係なく、いくつかのパルス信号を一塊(ひと続きの波)として出力することで、高速にON/OFFさせることができます。, 高速カウンターや高速出力は、 (モーターの回転数(角度/位置)を制御することで)目標の位置でピタッと止める(位置決め)をする搬送機(マテハン)、包装機などで多く使用されています。, 入出力ユニットをPLCに直接、取り付けるのではなく、「遠く離れた入出力ユニット」と「PLC」を一本または数本のケーブル(省配線)で接続する方法で、そのためのユニットをリモートI/Oユニットといいます。, デジタル信号(DIO)またはアナログ信号(AIO)をリモートI/Oで制御することが多いです。 また、入力のみのユニット、出力のみのユニット、入出力複合ユニット、DIOとAIOの両方を兼ね備えたユニットがあります。点数は、8点、16点、32点のものが多く使われているようです(どのPLCメーカーもラインアップは充実しています), PLCとリモートI/Oユニットは、フィールドバス通信でやり取りしています。多くのPLCメーカーでは、独自の通信方式を用いています(代表的なものが三菱電機のCC-Linkです)。また、よく使用されているオープンな通信方式は、PROFIBUS、DeviceNet、Modbus, EtherCAT等があります。, なお、Pro-faceには、FLEX NETWORKという省配線I/Oシステムがあり、SP5000シリーズ)と各種FLEX NETWORKユニット(リモートI/Oユニット)を接続することができます。, シュナイダーエレクトリックの新・画面作成ソフトウェア「BLUE」が、これからの全く新しいHMIスクリーンの価値をご提案, TE Connectivity POWER TRIPLE LOCK(PTL)コネクタのご紹介, ※一般的なリレー出力とトランジスタ出力の違いです。PLCメーカーやシリーズ、型式によって仕様は異なる場合があります。, A/D変換ユニット( Analog to Digital Converter):アナログ信号をデジタル信号に変換し、PLCに取り込みます。, D/A変換ユニット( Digital to Analog Converter):デジタル信号をアナログ信号に変換し、出力機器に出力します。, 大量のケーブルを束ねることになるので誘導障害が起こる。本来、電流が流れていないはずの場所で電流が流れて、人に危害を与える。束ねたケーブルが熱を帯び、火災の原因になる等, 大量のケーブルを束ねると電圧降下を引き起こしたり、通信回線にノイズが乗ったりしまう。, I/O機器を後付けする際に、制御盤(PLC)から配線を取り回す必要がないので、拡張が簡単.

Infilex™ GCは、空調機などの設備機器を制御する汎用コントローラです。温度・湿度などの制御を行うとともに、設備機器の運転管理も行えます。, また、Infilex GCは、弊社中央監視装置と伝送幹線により接続できます。運転状況の監視装置への送信、中央からの指令に基づく運転管理などにより、建物全体の統一管理が可能になります。 建物向け製品/サービス … 汎用コントローラ Infilex™GC; 汎用データギャザリングパネル Infilex™GD; 空調機用コントローラ Infilex™AC; ゾーンマネージャ Infilex™ZM; VAVコントローラ Infilex™VC; FCUコントローラ Infilex™FC; 熱源管理用デジタルコントローラ PARAMATRIX™4; 熱源最適化コントローラ PARACONDUCTOR™ 関連情報.

Áび太の牧場物語 ŏ納箱 Ƌ張 7, Ɨ本 ǧ境 Áんj 4, Âテップワゴン Rf5 Âーラント ĺ換 9, Unity Vr ŋ画再生 12, Dアカウント ɀ知 Áざい 7, Ãァージン Âループ ɖ係会社 ǵ織 10, Âメラルド ȉ違い Ĺ数 11, ư嶋ヒロ Ɩ理 ŷし替え 4, Âニーカー Âインランドリー Ǘむ 17, Ãリオカートツアー Âョップ ɫい 5, Âーポート Ɯ幌 Ãーマック 10, Encourage A To Do Ƅ味 5, Autocad Dxf Ť換できない 4, Gopro Ņ電しながら Ãイク 4, Ko術 5 Ãイト 13, Ɨ Ő坂 Á ļ Áま Áょう 6 6, ž追い Áどい ɚ害 41, Destiny2 Âールドハート Ņ手方法 7, ť子高生無駄遣い Dailymotion Ãラマ 6, Ãイクラ Ƶ şめ立て 4, Gtasks Pro Apple Watch 6, W12 Âマートウォッチ Amazon 6, ŵ Ʌ素マスク Ű説 18, Ãナソニック Ǿ泡湯 Âイル 6, Ű瀧望 Âンスタ Ş 4, ƥともリンク Rakuten Link 29, Ãイキャス ǔ面配信 Android 4, Âエン酸 Ļ用 Ãッカ Ãモン 23, Cisco Webex DŽ料 ƙ間制限 13, Ãイク 24ヶ月点検 Ȩ録簿 4, Mh21s Ÿ時電源 Ãューズ 15, ȱの角煮 ű酒屋 Ãシピ 5, Ff14 Áさ耳 Ǩ族 4, ō山大学 ƃ報 ŭ部 4, 86 ȡ乗り Ȼ高調 11, Ãイエース Ãイール 18インチ 4, Ɯ読無視 Ļ返し Ãロック 7, Ŀ号無視 ĺ故 ǽ金 Ǜ場 16, Ãケモンgo Ãトルリーグ ɝ白くない 14, Âムユジョン ɟ国 ĺ気 9, 3 Áの Ŋのつり合い Ů験 52, Ja11 Jb31 Ɂい 6, Ps4 Ãモートプレイ Âェアプレイ 9, Opencv Ocr C++ 4, ǵ婚式 Áとんど Ƭ席 8, ʼn作 Á題 ō語 10, Wiiu Youtube Ȧれない 18, Java Ƥ索 Âプリ 5, Ãケモンxy Âロマツ ƀ格 17, Ɨ本史 ĸネタ Âピソード 4, Ãイ Ãァクトリー Ãイレ 5, ə器 Áび ȣ修 5, Ɖ帳 Âラストかわいい ǰ単 4, ȡコン ƨ浜 50代 14, Ps4 Ãイッター Ãッシュタグ 5, Jw_cad ǫ面図 ƛき方 6, ǟ原さとみ Cm Ãール 17, Ő野家 Ãケモン Ǭ二弾 9, Áどマギ Ãチンコ Âスタム 48, Ãイツ語検定 ȋ Ƥ Ư較 4, Ãイエースバン Ãイド Ãンバー 7, Âーキ ň量 2倍 DŽき時間 4, Ľ藤ママ Ņ文 Áつまで 40, Oracle Ǜ関サブクエリ Ɂい 8, Chrome ŋ画 ɟズレ 12, Ãイクラ Wiiu ǥシード 12, Ryzen 5 1600 Af ľ格 4, Ãィビジョン2 Shdレベル Ŋ率 52, Ff14 Ãイナ Áわいい 31, Ãイクラ Ãラゴンマウント 2mod 26, Âウルシルバー ś天王 ż化 7, Ǿ炭 ɬ化 Ű説 19, Pubg Ps4 Âカウント連携 6, Ãリーベスト法律事務所 ȩ判 ĺ通事故 6, ɳ Ɯ ɳく理由 9, ƨ綱 Ť関 ů命 6, Áつ毛パーマ Ǜ ɖける 6, Ɂ動神経悪い芸人 Ãンス ŋ画 36, Web Âンポーネント Ãザイン 4, Âる Âャン Ãバーク ɛ誌 10,