直感的な表現をすると、でっかい紙にそのままの大きさで作図して、印刷する際にその紙を縮小する、というイメージですね。うーん。イマイチうまく表現出来ていない気が…。 印刷の縮尺. CADで図面を描いたら印刷をします。ですが、AutoCADの印刷は初心者の方がつまづきがちなポイントです。, 「描いた図面が用紙にきちんと収まるように印刷するにはどうしたらいいの?」 そんな方に向けて、今回はAutoCADのモデル空間での印刷についてご紹介します。, テンプレートを使用して図面を描いて印刷すれば、図面は用紙に収まって印刷されます。用紙のサイズも縮尺もきちんとあったものが印刷されます。, これはテンプレートに仕掛けがしてあるからで、これを初心者の方が自分で最初から設定することはとても難しいと思います。, 初心者の方ですと設定は少し難しいので、考え方を先に理解して、それができてから、設定の方法をマスターしたほうが良いと思います。, Vectorworksで図面を描いて印刷することに、特に苦労した覚えはなく、A3サイズで1:50やA2サイズで1:200など思った通りに印刷ができました。, 正確に言うと用紙の大きさと縮尺の関係に苦労しました。A3サイズで印刷するのにAutoCADはA3サイズを分かってくれないのです。, まっ黒の画面がどこまでも広がっているので、どこに図面を描いていいのか、どこが印刷される範囲なのか、わかりません。, では、一旦ここでCADソフトを離れて、Officeのソフトを思い出してみましょう。, Wordは用紙のサイズを決めると、それに合わせて書く範囲が決まり、印刷もスムーズにできます。, Excelは好きなところに書くことができて、あとから印刷の範囲を決めているので、大きな表を作った時などは、印刷がうまくできないということもありますね。, AutoCADの印刷はExcelに近い印象です。印刷する範囲を決めることが必要です。, この時にA3サイズの大きさが必要になります。普段使っている用紙ですが、大きさを聞かれても・・・サイズは縦297×横420mmです。, そのサイズの長方形を作図して、その長方形の枠の中に図面を描けばA3サイズに収まります。, しかし、建築図面は縮尺が1:50や1:100などがあり、これがさらに話をややこしくしているのです。, 1:50の時は長方形のサイズが50倍になります。印刷する時に縮小されるのでその分大きく描きます。つまり縦297×50=14850mm、横420×50=21000mmです。, 建築図面では図面に書くものが大きいので、50倍もしくは100倍に拡大した長方形の中でないと、図面は収まりません。, 長方形が書けたら、そこを印刷する範囲に設定します。プリンターの用紙サイズと長方形がピタッと合うはずです。, そもそもVectorworksなどのように、用紙のサイズを分かってくれるCADを使っていると、自分で用紙の大きさや作図範囲を決めるという考え方がないのです。, それがマスターできたら、文字や寸法も縮尺によって変わってくるというのが何となく理解できてくると思います。, しかし、慣れないうちはテンプレートに図面を描くことをお勧めします。テンプレートは初心者には欠かせないものです。ある程度慣れてきたら、そのテンプレートにどのような仕掛けがあるのか作った人に質問してみてください。 様々な仕掛けがしてあると思います。, 印刷する範囲を決めて、そこに図面を描くときちんと印刷される、縮尺のある図面はその縮尺される分を拡大した範囲とすること、この考え方が理解できるとスムーズにモデル空間の印刷をできるようになりますよ。, DTPトレーナーがわかりやすくご紹介!IllustratorとPhotoshopってどんなソフト?, ● ご記入いただいたお客様の個人情報は、当社で責任をもって管理させていただきます。, CADの研修・教育を行う株式会社BRINGROWの公式ブログです。CADに関する話題を中心に様々な情報をお届けします。. ④ 完了 AutoCAD ビギナーにとって分かりにくい基本的なことについて説明していきます。 第2回は印刷についてその1です。 今回は印刷するときに設定する項目のうち、 印刷領域; 印刷オフセット; について説明します。 印刷領域はいろいろ. 諦めないで、繰り返し、わかるまでやる。これは独学で何かを覚える為のコツですから、今から習慣にしておくことをオススメします。 でもそんな巨大な紙では実用性が皆無なので(そもそも存在しません)縮小が必要ですね。この場合は50分の1に縮小をすると、印刷範囲もそのままでA1サイズに印刷が出来ます。 ここでは図面を印刷する際に「どんな縮尺で印刷するのか」を設定する事が出来ます。 縮尺の基本的なルールとしては、例えば縮尺 1/50 とか縮尺 1/100 のように、分子は確実に「1」となるの … ちょっと長い説明になってしまいましたが、実際の仕事では恐らく使用するプリンタと用紙サイズについては毎回ほぼ固定になってくるはずです。, 切り替えるとしたら、A1サイズで印刷する場合はプロッタを指定して、A3サイズで印刷する場合はプリンタを指定するくらい。 逆に言うと、その印刷範囲をA1の紙に入れようとすると1/50にしなければ入らない、ということになります。 いざ作図を進めていたら印刷範囲よりも図面全体が大きかった、ということがないように、まずは作図対象物の全体がこの範囲の中に入るかどうかを確認しましょう。 原寸とは、作図対象物と同じ大きさで描くという意味の、建設現場の人がよく使う言葉です。 次回は縮尺によって変更しなければならない設定についてお話をしますね。. 簡単な流れは以下の通りです。 これで図面範囲の設定ができた訳ですが、このままでは範囲が明確ではありません。なので、具体的にはどんな範囲なのか、実際に四角で囲ってみます。コマンドはこれを使いましょう。 例えば1/50の図面の場合、印刷可能な図面の範囲は以下のようになります。 初心者の方がつまづきがちなAutoCADの図面の印刷。Vectorworksなどのソフト経験者も困ったことがあるのでは?そんな印刷方法について、縮尺の考え方についてもご紹介します! ② 左下コーナーを指定 または [オン(ON)/オフ(OF)] <0.0,0.0>: ■試しに考えてみる, ここで、例としてA1サイズに1/50で図面を作図した場合について考えてみましょう。 では、ここで作図範囲に関するコマンドをひとつ。 X方向: 841 × 50 = 42050mm まずは印刷の時に縮尺を設定して印刷する方法、もうひとつはペーパー空間上でビューポートを利用する方法です。 ③ 右上コーナーを指定 <420.0,297.0>: よろしいでしょうか?今まではどうもここで「??」となる人が多かったので、少し心配です。 そのあたりが自動で確認出来るので、やはり「印刷の中心」にチェックを入れておく事を当サイトではおすすめします。. オートキャド(AutoCAD)の縮尺設定は下図のような表示になっているのですが、こうしたルールを意識するとちょっと違和感があるかも知れません。, 上図のように印刷尺度の項目では、「尺度」という設定項目からあらかじめ用意されている尺度を選択するか、あるいはその下にある数値を変えることで縮尺を設定します。 一番使いやすいのは「印刷の中心」にチェックをいれておく設定です。, そうすると、用紙サイズと印刷領域と図面の縮尺にあわせて、図面を用紙の中心に配置するように余白の設定をしてくれます。 つまり、そのままの大きさで作図して、印刷をする際に縮小して紙のサイズに合わせる、と言うことです。結局は同じような表現になってしまいました。 という事で今回も引き続き印刷設定について説明していく事にして、今回は印刷の縮尺とオフセットについて取り上げてみます。, ここでは図面を印刷する際に「どんな縮尺で印刷するのか」を設定する事が出来ます。 ① 「RECTANG」 +ENTER 縮尺の設定については、これでOKです。最初はとまどうかも知れませんけど、何回も繰り返しやっていくうちに「必ず」この感覚がつかめてきます。 印刷の時に縮小するということは、作図の際には特に縮小などを考える必要がないということです。そのままの大きさで作図をしても大丈夫、ということですね。 ④ 図面範囲設定完了 最終的に印刷する際、50分の1に縮小することを考えると、オートキャド(AutoCAD)上での印刷可能な範囲はA1の50倍ということになります。 今回はその続きとして、オートキャド(AutoCAD)で縮尺を設定する方法についてお話しをしたいと思います。, 図面の縮小方法は、大まかに分けて二つあります。 ③ 2点目を入力。 「42050,29700」 と入力して ENTER 紙の大きさと印刷尺度設定 紙を拡大してしまった場合、どうやってそれを元のA3の紙に印刷するかを理解するには、まずはAutoCADの印刷設定がどうなっているのかを、少し知らなければなりません。 実際に印刷の設定ボックスを見ていきましょう。 前回はオートキャド(AutoCAD)の基本的な縮尺の考え方についてお話しをしました。 Acrobat4.0 と4.5とで印刷の設定に違いが無ければいいのですが。 あと、AutoCAD からPDFプリンタに印刷(変換)されるときに、 AutoCADの印刷設定の印刷尺度はきちんと設定されてますよね。 「用紙に合わせる」とか「用紙にフィット」といった設定にして どちらも同じような意味ですが、どれかの表現で「あぁ、そう言うことか」となって頂ければ、と思います。感覚さえ掴めてしまえば、あとは何度か自分で設定してみるだけで覚えてしまいますから。 (A1の場合) この考え方はオートキャド(AutoCAD)の縮尺を語る上で、非常に重要なポイントになります。 尺度項目の下にある数値入力をする部分は二段ありますが、そのうちの上段が縮尺の分子、下段が縮尺の分母という事になっている訳です。, なので、主に下段の数値を切り替える事で図面の縮尺を変えていく、という操作が多くなってくると思います。  上記のような表示となるので、ここで 「42050,29700」と入力してENTER又は右クリック ② 1点目を入力。 「0,0」 と入力してENTER Y方向の印刷可能範囲 = 594mm × 縮尺の分母 一番右側の  で囲まれた数字は、何も入力しないでENTERを押した場合に適用される数字、ということです。これは他のコマンドでも同様です。 これでは三角スケールで寸法を計測する事も出来ないので、縮尺を合わせていないとの全く一緒の状態になってしまいます。, 図面の縮尺ではこうしたルールが存在します。 AutoCADについてくるテンプレートはレイアウト使用のテンプレートですが、姉サイトにあるのはモデル空間(普通の作図エリア)用テンプレートですので、そちらをご覧頂いても、どの尺度でどう文字高さを設定したらよいか、分かるかと思います。 以上の点と、以前お話しした紙サイズの話を合わせて考えると、次のような式が出来上がります。 仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...], AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...], AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...], AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...], AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...], AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...], 当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...], 前回はオートキャド(AutoCAD)の印刷設定として、用紙サイズと印刷領域の設定について説明をしてきました。

Ãイク Âクリーン Ãサい 4, Áくしごと 11巻 Zip 6, Ãラマサ ō Ãシピ 4, Âスプリ Nsx Âアロ 4, Da Pump Mcat Âバー 4, Ȳ乃花 Ƀ屋 ǧ籍 4, Poweron 2 Lesson1 ō語 46, Âラレ Ãロパティ ȋ語になった 55, Ƿみ図 DŽ料 Ãッグ 8, Ãガシー Ãランク ɖけ方 6, ǫ馬 Ť根おろし ȁ業 6, ǵ済産業省 Ŏ生労働省指定 Ű用アスクル登録フォーム 43, Âラフ ũ約指輪 Ȋ能人 5, Ɓ愛占い DŽ料 2020 lj思い 13, Tokyo Ruby Áの後 5, Ãジスティック ņ像 ň岐図 Python 4, Mhxx Ãビィボウガン Nj技 4, ũ活 3回目 Ãート ő白されない 7, Ǣ率 Âード ŀ数 6, Ū介変数表示 Âラフ Âイト 33, Ɯ丘雪路 Ɓ子 Âめたか 6, ɺ ƴ濯 Ǹむ 10, Âャープ Ȥ合機 Âラーコード E7 20, Powerapps Sharepoint Ãキュメントライブラリ 13,