このようなことから見て、細胞のスローエイジングができて、質が高い卵子いわば強い卵子が作られれば40代でも妊娠は可能だといえますよね。, 女性は年齢を追うごとに妊娠率が低くなるというデータがあるのは事実です。 Published on : 2016年10月1日 / Last modified on : 2017年4月18日, 女性の晩婚化で今や40代での妊娠、出産は珍しいことではありません。 4.1 卵子の老化について; 4.2 受精卵の着床について; 5 40代での自然妊娠と不妊治療. ここでは、40歳、41歳、42歳、43歳、44歳、45歳、46歳、47歳、48歳、49歳での妊娠確率を掲載しています。, 日本産婦人科学会「2011年生殖補助医療データブック」によると、生殖補助医療を行っている40代の妊娠率は次のようになっています。, 40代の妊娠確率は、妊娠しやすいと言われる20代や30代と比べてかなり低いことが分かっています。, 40代になると、自然妊娠する確率も非常に低くなるので、体外受精や顕微授精といった生殖補助医療を受けることも考えの一つです。, 45歳までは2%以上ある妊娠確率が46歳以降では1%台に、47歳、48歳で0.7%以下という厳しい妊娠率になっています。, 厚生労働省によると、出産まで妊娠を継続できた確率は約2%とかなり低い確率になっています。40代で妊娠、出産するには困難な状況と言わざるおえません。, ※生殖補助医療(ART)とは? 1.1 40代の自然妊娠確率; 1.2 40代の流産確率; 1.3 40代の体外受精成功率・妊娠確率; 2 40歳で妊娠確率が低下する理由. 晩婚化が進み、40代での妊娠・出産も射程距離に入る人がどんどん増えています。高齢出産のリスクは知られてきましたが、実際に30代出産と40代出産の間には、一体どんな差があるのでしょう?ハードル高い高齢妊娠・出産を明るい気持ちで乗り越えるには? 1 40歳の妊娠の可能性はどの位?. このように、閉経前の40代で排卵があれば、妊娠の可能性はゼロとは言い切れません。 更年期障害の不調(胃のムカムカ、ほてり、頭痛、めまいなど)と思っていたら、妊娠による不調(つわりやほてり、めまいなど)だったということもないとは言えません。 射精された精子はいつ作られたものなの? 原子卵胞とは、重ねた年齢と同じ数の年月を重ねているということです。, そもそも原子卵胞が年齢とともに老化、減少していくために妊娠力が低下してしまうのです。 - 10人の内、4〜5人が流産してしまいます。, 卵子の発育を妨げたり、流産のリスクを高めるといわれている「ホモスシテイン濃度」を低下してくれます。 公益社団法人日本産科婦人科学会, ARTデータブック2016年版より, ここまでで、加齢によって妊娠に至る確率が低くなるということを紹介しましたが、妊孕力は個人差が大きいため、40代で妊娠する人ももちろんいます。では、妊娠したあとで加齢により受ける影響にはどのようなものがあるのでしょうか。, なお、日本産科婦人科学会では35歳以上で初めて出産する人を「高年初産婦」と定義しています。2人目以上の子供を出産する経産婦については、いつからを高年齢とするかは特に決められていませんが、経産婦を含め、おおむね35歳以上の妊娠ではさまざまなリスクが高いため、要注意妊婦とされています。, 年齢を重ねると、すでに紹介したとおり、卵子の異常(染色体などの異常)の確率が高まりますが、ほかにもさまざまな合併症の頻度が高くなります。, 妊娠高血圧症候群は母親が40歳以上で約8%の発生頻度とされ、35歳未満の妊婦のほぼ2倍です[*9]。また、妊娠糖尿病は35歳以上では20〜24歳の8倍、30〜34歳の2倍と年齢が上がるにつれ発症頻度が高くなることが分かっています[*10]。ほかにも、流産、早産、胎児発育不全、前置胎盤、常位胎盤早期剥離などのリスクが高くなると言われています[*11]。分娩時には陣痛が弱い、分娩が遅れる、胎児の機能に異常がみられるリスクが高く、帝王切開率も高いことが知られています。, 高齢分娩で注目されるのは妊婦死亡率の高さです。2013年の世界の疫学データによると、出産10万人あたりの妊婦死亡率は20〜34歳がおよそ200であるのに対し、35〜34歳ではおよそ350に上昇、40〜45歳ではおよそ600と3倍、45〜49歳では1400と7倍に上昇します[*12]。, 生まれてくる子どもに関しては、海外の研究から、母体の加齢に伴って染色体異常が増加することが明らかになっており、例えば、39歳以上の妊婦では何らかの染色体異常をもつ子どもが生まれる確率は100人に1人であると報告されています[*12]。, このように30代後半、とくに40歳以上での妊娠となると、さまざまな面で、20代での妊娠に比べ、リスクが高いことがおわかりいただけると思います。, さまざまな困難があるとされる40代での妊娠・出産ですが、ハードルを乗り越えて実際に赤ちゃんを迎え入れることに成功している人もいます。ここでは妊娠を目指す女性のなかでも、特に40代女性が日常生活の中で心に留めておきたいことを紹介します。, カナダ産婦人科学会のガイドラインでは、40歳を超えた女性に対して、高齢妊娠のリスクについてのカウンセリングを受け、適切な健康状態と体重の指導、そして高血圧、糖尿病などといった病気に注意する必要があるとしています[*13]。, 米国産婦人科学会(ACOG)生殖医療に関する委員会がまとめた妊娠前カウンセリングについてのガイドライン[*14]では、女性の年齢を問わず、妊娠を試みる前に医療機関を受診することを勧めています。なぜなら、糖尿病、高血圧、精神疾患、甲状腺疾患のような慢性疾患の多くが妊娠後の経過や生まれてくる子どもの健康に影響を及ぼすため、妊娠前に適切な診断・治療を行う必要があるからです。, なお、カウンセリングの際は、普段服用している処方薬やその他の使っている薬剤について確認するだけでなく、常用している栄養補助食品やハーブ製品のなかに生殖や妊娠に影響を与えるかもしれないものがないかどうかもチェックしてもらいましょう。, また、各種感染症に対する免疫を持っているかどうかを調べ、必要な場合は妊娠前にパートナーも含めワクチン接種を受けておくようにしましょう。, 神経管閉鎖障害のリスクを下げるために、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間はとくに葉酸を多く含む、栄養バランスの取れた食事を摂取することが推奨されています。葉酸だけでなく、カルシウム、鉄といったミネラルや、ビタミンA、B12、B、D、などを過不足なく摂取するように心がけましょう。, 体重に関しては、BMI(体格指数。BMI=体重kg÷身長m÷身長m)が高くても低くても不妊や妊娠合併症のリスクと関連しているため、正常範囲にすることが勧められています[*14]。, 肥満(BMI>35)は妊娠までの期間を2倍、低体重(BMI<19)は4倍に延長させることが報告されています。また、妊娠前の肥満(BMI>30)は妊娠糖尿病、妊娠高血圧腎症(妊娠高血圧症候群のなかでも、全身の臓器に異常の出る、より注意が必要な状態)、陣痛誘発、胎児切迫仮死による帝王切開、産後出血、新生児低血糖症などの危険因子です[*15]。, 低体重女性の場合、妊娠前にカロリー摂取量と微量栄養素の摂取量を増加させることで、妊娠期間が延長して子どもの出生時体重が増え、死産と新生児死亡の減少が期待されます。一方、過体重や肥満の女性では、カロリー摂取量を減らし、微量栄養素の摂取量を増加させることで、赤ちゃんの出生時体重を適正化でき、死産と新生児死亡の減少につながると考えられています[*16]。, このように、体重は低すぎても高すぎても妊娠・出産と赤ちゃんのためによくありません。適正な体重を早くから心がけましょう。, 喫煙は妊娠しやすさに悪い影響を与えます。例えば、喫煙している女性では喫煙していない女性よりも1.60倍不妊になりやすいことが報告されています[*17]。喫煙は卵母細胞の減少を早め、流産のリスクを上昇させます。妊娠を目指すならば、すぐに禁煙しましょう!, アルコールの影響に関しては明確になっていません。1日2杯(1杯はビール355mL、ワイン148mL相当)以上のアルコール摂取は不妊のリスクを1.6倍上昇させたという報告もあれば、反対に、アルコールを飲まない女性よりもワインを飲む女性の方が受胎までの時間が短かかったという報告や、アルコール摂取量と出生率との間に関係は見られなかったとする報告もあります[*17]。あまり神経質になりすぎるのもかえってストレスになるので良くありませんが、できるだけ過度な飲酒は控えたほうがよさそうです。, コーヒーの大量摂取(1日6杯以上)は妊娠しやすさの低下と関連しているとされています[*17]。飲んでも1日1〜2杯にとどめておいてほうが良いでしょう。, 米国産婦人科学会(ACOG)ガイドラインでは、定期的な運動は循環器系の健康状態を改善し、肥満と関連する合併症を減少させ、寿命を延長させる効果があり、適度な運動を最低でも1日30分間、週5日(週150分)の運動を行うように勧めています。このレベルの運動量は妊娠前、妊娠中、出産後の女性に勧められるとのことです[*13]。, 妊娠前に過体重 (BMI 25〜<30)であると、妊娠中に体重が増えすぎるリスクが3倍に高まりますが、適度な運動を妊娠前に実践しているとリスクが低下するという報告があります[*18]。また、1週間にほぼ毎日30分以上の運動を行っている女性は、妊娠中の体重増加が推奨範囲になりやすいとされています[*18]。妊娠前から運動する習慣を身につけておくことが大切です。, 性交の頻度が高いほど妊娠する確率は高まるため、積極的な夫婦生活が望ましいものの、計画的な性交を続けていくことが逆に心理的ストレスとなることもあります。夫婦間でよく話し合い、無理のない範囲で協力していくことが大切ですね。, このように、自然妊娠であっても不妊治療を利用した妊娠であっても、加齢に伴って妊娠する確率は低下します。妊娠しても、高齢での妊娠・出産にはさまざまなリスクを伴います。そのため、年齢に応じた妊娠・出産の可能性についてよく理解し、若いうちから妊活も含めたライフプランを考えておくことが大切ですね。30代後半、40代で妊娠を望む場合には、上記のポイントをふまえ、日頃の生活習慣をできるだけ整えることから始めてみてはいかがでしょうか。, ※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました, ※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます, 【医師監修】高齢出産による4つのリスクとは 何歳からが高齢妊娠?https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/282/, 【医師解説】産後の頭痛は要注意! 生活習慣から注意した方が良い病気まで。原因と対策, 【医師監修】B型肝炎ってどんな病気? 妊婦さんが感染していた場合、赤ちゃんへの影響は?, (株)マイナビが運営する、働くママのためのお悩み解決情報サイト。「ママの悩み解決」をコンセプトに記事をお届けしています。お悩みが多い、不妊・妊娠・出産・育児を中心に、医師監修済みの安心できる情報を提供しています。その他、お金・人間関係・ファッション・レシピなどの旬な記事も豊富なバリエーションで掲載しています。.

Ɲ芝 Ʒ皿 Ȫ理, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ps4 Âメラマーク Ãレンド, Ãレーキディスク ĺ換 Ãイク, Ãライブレコーダー Sdカード Ãォーマット Ž式, ǭ肉 Âラスト ť性, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ʊ戸川区 Ŀ育園 Ɩ金, Ǜ覚まし時計 ɇ ŋかない, Ps4 Ãイスチャット Âり方, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Âチロー Ãームラン Ƶ外の反応, Ł差値67 Ť学 Ãベル, ǜっ黒 Âニーカー Ãイキ, ȇ転車 Áご 100 ŝ, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, Âベントの ŏ得 V4, Âディナ ĸ括返済 ɛ話, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, Áき焼き風 Ãシピ Ãライパン ĺ気, Ť阪 Ȃバル ĺ気,