The following two tabs change content below. ペットの自宅供養は次のような方法が一般的です。 1.ペットは火葬後、そのままペット霊園、納骨堂に埋葬、納骨する。 2.火葬後、一旦遺骨を自宅(手元)に引き取り忌日(49日、百か日、1周忌等)に霊園に納骨、埋葬する。 コメントが遅くなりました。 私共の霊園でも、お預かりしているペットちゃん達へのお供えで作り物のりんごや、おもちゃやフェルトの食べ物などをとても可愛く供えられているかたもたくさんいらっしゃいます、ご安心ください。, 丁寧なお返事 ありがとうございます。 大切な家族であるペットですが、動物の寿命は人間よりも短いことが多いです。 やはり生き物である以上、お別れは避けられないもの…。 亡くなってしまった愛するペットを身近に感じるため、自宅にペットのお墓を建てたいと思う方もいらっしゃるでしょう。 そこで、今回「終活ねっと」では、自宅にペットのお墓を建てることについて解説します。 4 犬や猫のペットのお供え物と共に最近流行っている思い出に残る品 5 まとめ ペット葬儀が終わり、いざ自宅にペット用のお供えをしようと思っていても、人であれば仏壇の設置方法等、大まかに決まっていますが、ペットの場合は分かりませんよね。 しかし人間と違いペットの埋葬はあまり馴染みがなく、どのような方法があるのか余り情報がありません。 オヤツやお土産として一個でも供えたいんですが。, 食品レプリカと造花と同じように、チョコレート等も飼い主様のお気持ちが大事だと思いますので、お供えしてあげて良いと思います。私共の霊園でも、同じようにチョコレート等のお菓子やカップ麺などたくさんの、ペットちゃん用じゃないご飯が思い思いにお供えされています。素敵なお土産をお供えして貰えてサクラちゃんもきっと嬉しいかと思いますのでお供えしてあげてください。, 2003年創業、ご利用者様は30,000件以上の実績を有するペット専門火葬・葬儀会社です, 2003年からペットセレモニーに携わっています。小さなハムスターから、ゴールデンレトリバーまで、今までお見送りのお手伝いをさせて頂いたご家族様は、数千件になります。 日々、ペットの葬儀、セレモニーの現場で経験することをもとに、皆様のお役に立てる記事を書いていきたいと思います。 ペットの供養は人とは異なり自由度が高いものです。その中でもいいとこどりな「プランター葬」という弔い方があります。 特に小動物には向いているこのプランター葬、非常に手軽ではありますが気を付ける点は抑えておきたいところ。 今回はプランター葬のメリットや注意点、そしてやり方について解説を行っていきます。 ... 長い人生の中で最も辛いことは「大切な存在の死」を迎えることだと思います。家族や親友だけでなく、私たちが愛するペットもその存在の一員です。 ペットの死は深い悲しみと、押し潰されそうな重圧によって「ペットロス(症候群)」を引き起こします。そして飼い主によってはその苦痛から立ち直れず、うつ病等の精神疾患か... 愛するペットが亡くなってしまった場合、誰しもが心の余裕をなくしてしまいます。そんな状態で火葬や納骨、そしてお金の問題等、考えられる状況ではないですよね。 しかし、いつまでも行動に起こさないわけにはいきません。自分のためにも、ペットのためにも、悔いのないようにきちんと弔ってあげる必要があるのです。 こ... 「ペットが亡くなった場合どうやって弔うのか」ということについて悩まれる方が多いと思います。 特に霊園や納骨堂に納めた場合は費用も含めた管理が必要になってくるので、人によっては手間に感じてしまうのではないでしょうか。 そこで今回は納骨という手段に捉われない「散骨」についてプランや費用、個人でやる場合の... 私たちに沢山の癒しと幸せな時間をくれるペット。私生活において、その存在はペットと言うよりは家族の一員とも言えるでしょう。 昨今、ペットフードの改良や医療技術の進歩によってペットの平均寿命は飛躍的に延びました。しかし、それでもペットとの「お別れの日」は必ず訪れます。 そして「お別れの日」を後悔で終える... 日本では昔から「お盆」には故人やご先祖様が帰ってくるとされ、迎えるための飾りつけやお供えがされてきました。近年では、愛するペットを亡くした際... ペットが万が一の病院や怪我をした時に役立つ「ペット保険」をご存知でしょうか? ペットが抱える病気やケガなどのリスクに備えて保険会社から様々な... ペットのうさぎが亡くなってしまった時はとても悲しいものです。他に何かを考える余裕はありません。 ですが大切だったからこそ、安らかに眠ってもら... 愛するペットが亡くなってしまったとき、身が引き裂かれるほどの悲しみを負います。そんな中ペットの火葬や供養について考えないといけません。 「で... 家で飼っていたカブトムシが死んだとき、どのように対処したら良いかお困りではないでしょうか。 カブトムシなどの昆虫との触れ合いは、子供にとって... 「ペットも家族の一員だから仏壇を買って弔ってあげたい」とお考えの飼い主さんも多いのではないでしょうか。 とはいえ、人用はまだしも、ペット用の... 愛犬が亡くなってしまった場合はひどい悲しみに襲われ、家事や仕事など様々なことが手につかなくなってしまいます。 しかし葬儀や納骨など、やるべき... 犬や猫といったペットを火葬した後に残る遺骨。この遺骨をどのように供養するかを考えなくてはなりません。 しかし「納骨はいつまでにすべきか」「ど... ペットのご遺骨をペンダントや指輪などのアクセサリーに納めて供養することが可能です。, ペットが死んでしまったとき忌引きは使える?しっかり見送るためにマナーを守って対応を. ペットの寿命はヒトよりは短くていつかは別れの時がやってきます。亡くなってもずっとそばにいてくれるように自宅にお墓を作ってあげたいと思われている方もいるのではありませんか?そこで愛するペットが亡くなった時に自宅でお墓を作って供養する方法をご紹介します。, 大切な家族であるペットですが、動物の寿命は人間よりも短いことが多いです。やはり生き物である以上、お別れは避けられないもの…。亡くなってしまった愛するペットを身近に感じるため、自宅にペットのお墓を建てたいと思う方もいらっしゃるでしょう。そこで、今回「終活ねっと」では、自宅にペットのお墓を建てることについて解説します。, ペットが亡くなるとペット霊園などで火葬する方が多いです。その後、そのご遺骨をどのようにして供養するかは人によって様々です。ペットの供養方法はこうしなければいけないという明確な決まりはありません。飼い主さんがしてあげたいと思う供養の仕方が一番良い方法と言えます。この記事ではいろんな供養方法がある中で、自宅でのペットの供養の仕方について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。, 亡くなったペットを自宅で供養してずっとそばにいて欲しいと願っている方もおられることでしょう。自宅でペットを供養する方法や注意点などについて解説いたします。, 庭がある家であれば、そこに埋葬することによってペットも住み慣れた場所なので安心して眠ることができるでしょう。また自然に還るという意味でも土に埋めるという方法も良いかもしれません。自宅の庭にお墓があればいつでもお参りすることもできますし、いつまでも一緒にいるような気がして愛するペットを身近に感じることができます。ここでは自宅の庭にお墓を作る時の手順や注意点などをわかりやすく解説します。, 庭に埋葬する場合、まずは火葬するか土葬するかを決めましょう。猫や小型犬なら土葬でも大丈夫ですが、大型犬は火葬したほうが良いでしょう。それから埋葬する場所を決めます。人が踏んだりしないところ、一般的には庭の隅の方に作る方が多いです。雨水が溜まらない水はけのよい場所にしましょう。お墓と一目でわかると不快に思う方もいるかもしれませんので、通りや隣近所から見えない場所にお墓を作るのが望ましいです。, 土葬の場合はペットの大きさにもよりますが、どれくらい穴を掘るかという問題についてですが、少なくとも深さ1mぐらいは穴を掘るようにしましょう。火葬した場合は50cmぐらいの深さでも大丈夫ですが、雨水で土が流れることも考えて上には盛り土をした方がいいでしょう。穴が浅いと、野生動物が掘り起こしてしまう可能性がありますし、臭いの問題も起こってしまいます。埋める時は麻などの布に包むか直接埋めるようにしましょう。ビニールに包むといつまでも土に還ることができませんので注意が必要です。, 埋葬したら目印になるように墓石の用意をしましょう。墓石用のものを購入してもいいですが、少し大きめの丸く平らな石を拾ってきて置いても構いません。ちなみに石は公園など公共の場からは持ち帰ることはできません。川や海岸などで探しましょう。, お墓ですからお線香やお花などをお供えしてもいいですね。ペットには宗教の概念はありませんが、供養したいと思う気持ちが大切です。家族の一員として今まで一緒に暮らしてきたのですから、心を込めてお参りしましょう。花の種を植えてお墓の周りに常に花が咲いているようにするのもいいですね。, 注意点として、庭に埋葬する時に水道管やガス管などが通っていないかの確認が必要であることが挙げられます。雨水が溜まりやすいところは避けましょう。土葬の場合、土に還るには何十年もかかる場合がありますので、引っ越しなどで掘り起こさなければいけないようなかわいそうな事態にならないようによく考えて埋葬しましょう。, マンションなどの庭がない家はどのように供養してあげればいいのでしょう?庭がない場合は土葬はできませんので、ペット霊園などで火葬してもらいます。ここでは庭がない場合のペットのお骨を供養する方法をご紹介します。, ベランダでのお花供養としてペットのご遺骨をパウダー状にして土と混ぜてプランターに埋葬するという方法があります。プランターにお花を植えてあげると、常に綺麗な花が咲いてペットの供養にもなります。ハムスターや小鳥などの小動物の場合は、直接ご遺体を埋葬しても大丈夫ですが完全に体が無くなるのには何十年もかかりますので、掘り起こすことがないように底の方に埋葬しましょう。大きなご遺骨の場合も同様ですのでパウダー状にするのが望ましいです。, 骨壺を収めることができ、写真も飾れてロウソク立てや線香立て、花瓶などがセットになっているペット用の仏壇もありますのでそちらを用意するのもいいかもしれません。サイズや素材も様々ありますのでペットのイメージにピッタリなものを探しましょう。, お骨をすべてあるいは一部を持ち帰り家に置いておくことを手元供養と言います。愛するペットと離れたくない、いつも身近に感じていたいという方が行うことが多いようです。ご遺骨をパウダー状にしてペンダントや指輪に入れることもできます。かわいい骨壺もありますのでそこにお骨を入れてお部屋の中に置いておくという方法もあります。, ペットの散骨について法律の規制はありません。最低限のマナーさえ守れば基本的には海でも山でも散骨してもいいということになります。しかし、地域によっては散骨が条例で規制されている場合がありますので、必ず確認してください。また、ご遺骨はできるだけパウダー状にしましょう。大きな骨のままだと自然に還るのに時間がかかりますし、海岸に流れ着いたりすれば嫌な気持ちになる方もいるかもしれません。海の場合は、海水浴場や漁港、釣り場近くは避けるようにします。自宅の庭なら問題ありませんが、山などの場合は所有者の許可が必要な場合もあります。自治体によってはペットの散骨を禁止しているところもありますので確認が必要です。, 自宅にペットのお墓を建てる時の費用はどのくらいなのでしょう?ペット霊園などで火葬をしてもらう時の火葬のみの費用相場は1万円~5万円ぐらいです。ペットの大きさや、施設により値段が異なります。大きさや形によりますが墓石は5千円〜5万円ぐらいです。外国産より国産の御影石は値段が高くなる傾向です。好きな文字を入れてもらうこともできますし、好きな形に加工してもらうことも可能です。飼い主さんが気に入った形の墓石を用意されるのが一番です。感謝の気持ちを伝えて供養してあげることでペットも喜んでくれることでしょう。, 墓石の値段は決して安くはありません。しかしお墓全体の価格と一括して説明されることも多く、具体的に墓石の値段を吟味するのは難しいものです。この記事ではそんな墓石の値段相場について、石材の種類やデザイン別にいくらくらいなのかを解説していきたいと思います。, では自宅にお墓を建てる際の注意点としては何があるでしょうか。自宅にペットのお墓を建てることは、自分の所有地であれば何も問題ありません。しかし遺骨にしろ、土葬にしろ、庭などに埋葬した場合、完全に土に還るには長い年月がかかりますので、動物などに掘り起こされないように気を付けましょう。また、雨で土が流れて埋葬したところがむき出しにならないようにしてください。臭いがしないように深く埋めて、周りに香りの強い花を植えてもいいかもしれません。近くに水場や畑がある場合は、汚染する可能性もありますので埋葬する場所をよく考えて決めましょう。, 骨壺を自宅に安置することは特に問題ありません。しかし家族間で意見が分かれた場合は、よく話し合って最善の方法を考えましょう。ペット用の納骨堂に安置することを検討しても良いかもしれません。お仏壇にペットの骨壺を安置するのは問題はありませんが、ご先祖様の中には動物が苦手な方もいるかもしれません。ペットの方も落ち着かないでしょうから、ペットの骨壺はお仏壇とは別のところに安置して供養してあげる方が望ましいです。, ペットのご遺骨などを勝手に自宅に埋葬してもいいものなのでしょうか?自分の所有地なら勝手に埋葬しても基本的には問題ありません。しかし、ご近所や道路からはっきりとお墓とわかると不快に思う方もおられるかもしれません。においが気になる場合もあります。自宅に埋葬する時は、できるだけ目立たないところを選びましょう。隣近所のことを考えた配慮をすることも大切です。, いかがでしたでしょうか?今回「終活ねっと」では自宅にペットのお墓を作ることについて解説いたしましたが、参考になりましたでしょうか?この記事では以下のような事柄について解説しています。, ペットの供養方法に決まりはなく、飼い主さんが納得できるような方法で供養してあげることが大事。, 自宅の庭にペットのお墓を作る事は、所有地であれば何も問題ないが、最低限のマナーを守るべき。, ペットを家族の一員と考えている方は多く、そんな大事な存在だからこそ離れてもそばに感じたいですよね。自宅でペットの供養をする方法は様々ですが、飼い主さんにとってもペットにとっても最適な方法であることが一番大切です。自宅でお墓を建てるにあたっての問題と向き合いながら、しっかり気持ちのこもった供養ができるといいですね。こちらの記事が参考になれば幸いです。「終活ねっと」では、ペットの供養方法や葬式の仕方などもご紹介していますので、他の記事もあわせて読んでご参考にしていただけると嬉しく思います。最後までご覧いただきありがとうございました。, 終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。, 長年連れ添ったペットが亡くなると、悲しみも強く直ぐにお別れが出来ないという人も多いでしょう。しかし大切だからこそ、お墓を作ったりして丁重に供養してあげたいと思うもの。そこで今回はペットの供養について、お墓や埋葬方法などもご紹介します。, 生きている限りは必ず死は訪れ、それは愛するペットでも同じことです。永遠の別れが来た時に愛するペットのためにできることはしっかりと供養してやるということです。近年ではペット霊園を利用する飼い主さんも増えています。そこで今回はペット霊園についてご紹介します。, 最近はペットも家族の一員として葬儀を挙げ、火葬をして忌う方が増えています。では、火葬後のペットの遺骨はどのように供養すれば良いのでしょうか?一昔前は庭先に埋めるが一般的でしたが、今は様々な弔い方があるようです。今回は、ペットの遺骨供養についてお話しします。, ペットも家族同然。そのような想いでペットと生活している人は多いでしょう。でも、命あるものはいつか必ず死を迎えます。ペットのお墓について考えたことはありますか?どのように供養してあげたいですか?また、一緒のお墓に入れることは可能なのでしょうか?, 愛するペットが亡くなり、ペットの納骨堂で供養をしてもらう決心したけれど、どのようにしたらよいのでしょうか。今回はペットの納骨堂の施設や許可、費用はどれくらいかかるのかを、ペットを納骨堂に納めず、自宅で埋葬する方法も含めて紹介します。是非最後までご覧ください。, 今やペットは大切な家族の一員です。いつまでも元気でそばにいて欲しい存在ですね。でも、いつかお別れをする時がきます。その時のことを考えたことがありますか?供養の方法は?供養に必要なものは?等、もしもの時ペットと後悔しないお別れができるように最後までお読みください。, 最近はペットを家族同然に可愛がり、亡くなった際にはやはり人と同じように葬儀を出し埋葬を規模する方が数多くいます。 本物の果物をお供えしてもいいのですが、腐らせる可能性もあるのでそれなら作り物でもいいのではないかと思い、コメントさせていただきました。, この度は、サクラちゃんの旅立ちに際し愛ペットグループスタッフ一同、お悔やみを申し上げます。 ペットを火葬した後、まずは自宅にご遺骨を持ち帰りますが、「ひとまず遺骨を残したけど、どうしたらよいか悩んでいる」「ペットの遺骨をずっと家に置いてよいものか」なんてお悩みを抱えてはいないでしょうか。, 人の場合はお墓に納骨するのが一般的ですので、ペットが亡くなった際にはどういった供養をしたらよいのかは分からなくなりがちです。, 今回の記事では様々なペットの供養について1つ1つ解説を行っていきます。是非ご参考にして頂けると幸いです。, 結論から言えば、どこに置いても問題はありません。人の場合は49日が経過したときに納骨するのが一般的ですが、ペットに関してはそういった慣例はありません。, 自宅に仏壇を作って安置する場合もあれば、先代のペットと同じ骨壺で供養される方もいますし、気持ちの整理をつけるためにあえて自宅から遠ざけ、お墓や納骨堂に納骨をされる方もいます。, 中には風水的な観点から自宅に「死」をイメージする遺骨を置くのはよくないとお考えの方もいますが、ペットの場合はご自身が気にされなければ問題ありません。遺骨を置く方角についても吉も凶もないのです。, 次の項からは様々なペット遺骨の供養方法についてご紹介していきます。遺骨の処理に困っている方は是非参考にしてみてください。, ペット遺骨の供養では最もポピュラーなのが、自宅でご遺骨を管理する「自宅供養」です。, 手元供養とも同義で語られることが多い自宅供養ですが、"ご遺骨を全て自宅で管理する"のが自宅供養と呼ばれます。, 形式的にいくつかの例をご紹介しますが、自宅供養に関しては飼い主さんの弔いの気持ちが重要ですので、型に縛られる必要はありません。, ペット用に仏壇を購入し、そこに骨壷(遺骨入れ)を安置するという供養の方法です。位牌を置いてもよいでしょう。, 自宅でご遺骨を管理する場合の最もシンプルな方法です。毎日お参りすることができますし、ペットを近くに感じられます。, ペット用の仏壇は非常に可愛らしいものから、非常に厳粛なものまで種類は様々です。中にはぱっと見て仏壇だとはわからないようなデザインのものまであるので、選択の幅は非常に広くなっています。, そのまま自宅に安置し続けても問題はありませんが、気持ちに区切りをつけるために四十九日が終わった際にあえてお墓や納骨堂に納骨される方もいます。, これは手元からご遺骨が離れることでペットの死を受け入れ、気持ちの整理をつける行為なのです。反対に自宅にご遺骨があることで気持ちの安寧をはかれる方もいますので、ご自身にあった方法を選択していただければと思います。, 人の場合は遺骨を勝手に埋葬すると法に反してしまいますが、ペットの場合は問題ありません。ただ、ご自身の土地(私有地)で行う必要がある点には注意してください。, 「お墓は作ってあげたいけど近くにいてほしい」という方にはおすすめですが、その土地を離れる可能性は考慮する必要があります。, お花を植えるプランター(植木鉢)にご遺体を埋葬するプランター葬という供養方法があります。, プランターに土を敷き詰め、そこにご遺体を埋葬します。プランターでできる小規模な土葬というわけです。, 地面に埋葬する土葬(後ほど解説します)とは異なり、プランターで済むのでマンション等のお庭がない家にお住まいでも可能ですし、引っ越しの際にも運搬できます。, またプランターのサイズもありますので基本的にはハムスターやインコ等の小動物しか埋葬できませんが、火葬を行ってご遺骨にした後なら犬や猫などの中型動物のプランター葬も可能です。, 殆どの骨壷は通気性が悪い「陶磁器」を採用しています。そのため中に湿気が溜まってしまうとカビが生えやすく、一度生えたカビは広がってしまいます。, 湿気の多い場所に骨壷を置かないことと、シリカゲル等の乾燥剤を骨壷に入れる等の対策が有効です。, 2つ目ですが、いつまでも自宅でご遺骨を管理することで、ペットの死を受け入れられずに「ペットロス症候群」に陥ってしまう場合があります。, ペットロス自体はペットを失った飼い主さんの誰にでも起こります。しかし、重篤化すると心身ともに影響を及ぼすペットロス症候群と診断されてしまう場合があるのです。, これを回避するために、先程も解説した「あえて目の届かない場所への納骨」が推奨される事もあります。これを行うことできちんと死を受け入れて立ち直れる方もいるのです。, もちろん、自身に影響がなければ遺骨を自宅で管理しても問題ありません。しかし、もしも「ペットロス症候群」にかかってしまいそうな場合は試してみてください。, 他家のペットと一緒に、"合同供養塔"と呼ばれる大きなお墓に納骨するタイプの供養方法です。単に「合同供養」「合同納骨」「合祀(ごうし)」と呼ばれる場合もあります。, 火葬の際に合同火葬を選んでいた場合は、全てのご遺骨がこの合同墓地に納められます。個別で火葬を行っていても後から合同墓地に納めることも可能です。, この合同供養は費用が非常に安く、霊園や納骨堂が定期的に法要(供養)を行ってくれるという特徴があるのですが、他家のペットとご遺骨が混ざりあうために返骨ができないという欠点があります。, 裏を返せば、沢山のお友達と眠るために天国でも寂しくないと考えられますが、返骨ができないことで非常に後悔されている方は少なくないので、注意は必要です。, ペットのご遺骨を個別の墓地に納めることも可能です。人のお墓を想像して頂ければわかりやすいでしょうか。, ペット専用の区画で個別に埋葬することができるので、最も手厚く弔いたい方にはおすすめです。, ただ、料金はその分高額です。墓石代や永代使用料(土地の使用料)の他、管理費用もかかってしまうのは唯一の欠点だと言えるでしょう。, 納骨堂という屋内の施設にご遺骨を納めるタイプの供養方法です。わかりやすくいえば屋内のお墓です。, 屋内の合同墓、個別墓、大きな仏壇型、そしてロッカーのような棚と様々なバリエーションがあり、ペットの納骨で殆どを占めるのが画像のように扉のない棚に納めるタイプとなります。, 個々のスペース自体は広くないものの、個別で納骨可能なのが最大の特徴です。「個別で納骨はしたいけど、お墓をたてるのは費用が心配」という方には向いていると言えるでしょう。, ご遺骨を分骨して手元で供養・管理することを「手元供養」と呼びます。一部、自宅供養と手元供養を同義で扱っているサイトもありますが、当サイトでは「分骨して供養すること」として定義しています。, 例えばですがお墓にご遺骨の大部分を納めたとして、残りの遺骨を自宅で供養する行為が手元供養に該当します。, また手元供養の手法は様々で一部を仏壇で供養するだけではなく、ペンダントや指輪、カプセル等のアクセサリーに遺骨を納めてメモリアルグッズにすることも可能なのです。, 以下で代表的な手元供養について4点ご紹介していきますが、自宅供養と同様に弔い方は自由なので飼い主さんが考えた独自の弔い方でも、もちろん大丈夫です。, ペットのご遺骨をペンダントや指輪などのアクセサリーに納めて供養することが可能です。ペンダントタイプのものはカロートペンダントと呼ばれることもあります。, 最大の特徴はご遺骨を常に身につけていられることです。常にペットと一緒にいることができるため寂しくありません。, 基本的にご遺骨は少量で済むので必要になるのは多少の遺灰だけですが、遺灰がない場合はご遺骨をパウダー状に加工する「粉骨」を行う必要があります。, アクセサリーの種類はとても豊富でペンダント・指輪・ブレスレット等のアクセサリーからカプセルタイプのキーホルダーまで様々。さらに誕生石をモチーフにしたアクセサリーもあります。, ペットのご遺骨に特殊な加工を施し、ダイヤモンドジュエリーにして供養することも可能です。, あまり聞き慣れない供養だと思いますが、上記で解説した遺骨アクセサリーと同様にペットを身近に感じられることに加えて、非常に美しいダイヤモンドに加工できるのが最大の特徴です。, ただ、ダイヤモンドに加工できる成分(炭素)がご遺骨にはわずか数%しか含まれていないので、よほど大きな動物でない限りはご遺骨の全てを使用する必要があります。, 費用は作成するダイヤモンドの大きさにもよりますが、安いもので36万円程、量によっては250万円近くもかかってしまうので、手軽にできるわけではないことに注意です。, 微量のご遺骨を樹脂(レジン)の中に入れ、そのまま硬化させることでアクセサリー化する供養もあります。, 上記のダイヤモンド化のようにご遺骨を直接加工するわけではなく、樹脂で包み硬化させる手法です。樹脂は防水性、耐衝撃性が優れているという特徴もあります。, また殆どのご遺骨を使ってしまうダイヤモンド化とは異なり、必要な量はお米1粒程度のご遺骨(ご遺灰)のみ。費用面に関してもダイヤモンド加工よりは遥かに安く済みます。, ぬいぐるみなので飾ったり抱いてもいいですし、添い寝なども可能なので亡くなったペットを身近に感じられるのではないでしょうか。, 中にはぬいぐるみの外観をペットの遺毛で作れる業者もあり、生前の姿に近づけることも可能です。, 自然葬とはお墓や家でご遺骨を供養する弔いとは異なり、海や山などの自然に還す方式の供養になります。, 昔ながらのペット埋葬方法である土葬も自然葬の1つですし、その他にも墓の代わりに樹木をシンボルにした樹木葬、海や山にご遺骨を散布する散骨が代表的です。, 地面を掘ってご遺体を埋める「土葬」です。ペットの埋葬・供養といえば土葬を考える方も多いのではないでしょうか。, やり方も非常にシンプルな土葬ですが、ペットのご遺体は法律上一般廃棄物にあたるため、ご自身の土地(私有地)以外に勝手に埋葬すると不法投棄となり罰せられてしまいます。, そのためお庭などに埋葬しないといけないのですが、マンションやアパートにお住まいの方は非常に困難な埋葬方法となっています。, また一軒家にお住まいであってもその土地を手放す可能性を考えると、実は手軽に実行できる埋葬方法ではないのです。, お墓ではなく樹木をシンボルにして、その下にご遺骨を埋葬する弔い方を樹木葬と呼びます。, 多くの樹木葬は大きな樹木の周囲にご遺骨を埋葬していくのですが、1本の木に1体のご遺骨を割り当てる場合もあります。中には樹木だけに限らずお花を植えられる霊園もあるので、最期は自然に還ってほしいとお考えの方にはおすすめです。, ちなみにですが、各ペットごとに名前がついたネームプレートを設置できる霊園を選べば、「どこに眠っているかわからない」という心配はありません。, ご遺骨をパウダー状に粉骨(砕骨)して海や山に撒いて供養するのが「散骨」になります。, 数ある自然葬の中では最も自然に還りやすい供養方法です。「お墓より明るい感じがする」「最期は自然に還ってほしい」とお考えの方には特に向いています。, 散骨業者にお願いすることで海や山林、空や宇宙にまでも散骨することが可能です。中には業者に頼まず自分でやりたいとお考えの方もいると思いますが、ご自身の土地以外には勝手に撒いてはいけないので注意しましょう。, 今回はペット遺骨の供養方法について解説してまいりました。これだと思う供養方法が見つかったのであれば幸いです。, 人の供養であればお墓に納骨するのが一般的ですが、ペットの供養は宗教に縛られづらいだけあって基本的に自由に供養することが可能なのです。, やっぱりお墓が良い方であれば墓地への納骨、自宅にいてほしいとお考えなら自宅供養、自然に還ってほしいのであれば自然葬。好きな供養を選びましょう。, また、ペットが亡くなる前から供養や葬儀について考えておくのは重要です。ペットが亡くなった直後に供養や葬儀について熟考できる方はごく僅か。, そのため早く弔ってあげたい気持ちが先行して納得できない供養や葬儀を行ってしまう事も考えられます。ペットのためにも自分のためにも、早いうちから考えてみてください。, 以下の記事では生前のうちからペットの最期に向けた活動を行う、つまり「ペットの終活」について解説を行っています。まだ行っていない方は是非ご参考にして頂ければと思います。.

Ãキ ŋ次郎 ň期 10, Âイックジャッキ Âストコ Ŝ庫 33, Ɲ下洸平 Ư ǵ 4, ȇ己pr Ņ読み Ŋ 6, ǜ毛 Ȅ色 Âロン 4, ɳ Ãーホホッホホー Ƅ味 7, ɛ音 ȋ語 Ɠ音 15, Âッパー Ãス層 Ɂ成 27, Ǫ田正孝 Cm ɡ 10, Flac Âートワーク şめ込み Mac 4, Ãケモンgo Ãッチングキャンセル Ɩ法 15, Ƹ価償却 Ȩ算 Ȁ用年数 5, ĸ菱 ǂ炊釜 Ãピピピ 5, ɛ Ő言 Âニメ 14, ț柄 Ȳ布 ɢ水 5, Yy通信 Ãックス Ãイド Áきない 9, Ff14 Âヤリング Ņる 4, Cispr25 Ȧ格 ȳ入 6, Ãンプ Ʋ圧シリンダー Ŀ理 Ȳ用 13, Âイズ Ȅ Ãルショー ŕ題 4, Ãィズニーストア Ãッピーバッグ ĸ身 7, Galaxy Ãィルム 100均 4, Áこぱ Ãタ M1 18, Iphone Âプリ内データ ŏり出し 7, Teams Ņ有 ȡ示 Áれない 4, ś士舘大学 Ɵ道部 ť子 9, Ff14 ň心者 Âロ 7, ĺ都府 Ź稚園 Âロナ 7, Python Ɩ字化け Csv 23, ɧ車場 Ǡ利 Diy 6, ƕ授 Ãール返信 Ɲない 11, ɢ水 ɝ ŏ納 23, Á金 ŭ園 Ƽ画 6, Ƙ野源 Ãラえもん Mp3 14,