言語変化(げんごへんか、英:Language change)とは、自然言語に生じる音声、形態、意味、統語の変化のことである。歴史言語学において研究される。, 言語は社会的な約束事・規則だから、勝手に変えるとコミュニケーションに支障をきたす。しかしながら、一定で不変のものでもなく、どこかで揺れている。この揺れが、ごく一部の話し手だけにとどまっていれば変化しないが、広く受け入れられると言語の変化となる。意図的に変化させることはできないが、自然の変化を止めることもできない[1]。変化を予測することはできない。変化に必然性はなく、変化した要因は説明できても、同じ条件にある言語なら同じように変化するわけでもない。, 言語の歴史的研究を行なう分野を歴史言語学と言う。歴史的研究には、過去の言語で書かれた文字資料が手がかりとなる。とは言え、文字で書くという行為はやや改まった場面でおこなわれるもので、必ずしも話し言葉と一致しているわけではない。また、書き言葉が固定化され、話し言葉の方だけ変化してしまう場合もある。例えば日本語では、明治時代に言文一致が行なわれるまでは、平安時代の言語を基にした文語体が書き言葉として使われていた。英語では、大母音推移によって発音が変化した後も、文字表記は変化させなかったため、綴りと発音との間に大きな乖離が生じた。一方で、文章の中に現れる書き間違いから、当時の発音を知ることもできる。例えば、日本語で過去に「ウルハシ」と書くべきところを「ウルワシ」と書いた例では、当時ハをワと発音するようになっていたことが分かる。, 日本語では、かつてɸ(ファ行の子音)と発音したハ行子音は、kaɸa→kawaのように、母音に挟まれた条件でwに変化した。後述する口蓋化は、i・eのような前舌母音の前という条件下で起こる子音の変化である。このような、前後の音の条件によって変化する例は多くみられる。, 多くの音変化は、発音しにくい音を楽にするための変化である。しかし、どのような場合に発音しにくいと感じるかは、言語により、時代により異なってくる。例えば日本語では、かつては母音連続を嫌っていたため、連母音の一方を脱落させたり間に子音を挿入したりしていたが、現在ではこのような傾向はない。, 同化は、前後の音のどちらかが他方に作用して、似た音あるいは同じ音に変えてしまうことである。iやeの前にあるkやtがtʃに変化する現象は口蓋化と呼ばれ、多くの言語で見られる。これは後ろの音が前の音を変化させるもので、逆行同化と言う。これに対し、英語の複数形語尾の発音z/s/izは、直前の音による変化である。前の音が後ろの音を変化させるものを順行同化と言う。隣接していない音で同化が起こることもあり、ゲルマン語派におけるウムラウトが有名である。例えば英語のfootの複数形feetは、古くはfōtiであったものが、後ろのiの影響でoːがeːに変化したものである(その後、さらに大母音推移でeː→iːの変化を起こした)。, 同じ音あるいは似た音が連続すると、そのうちのどれかを違う種類の音に変化させることがあり、これを異化と言う。西欧では、rが連続して同じ語のなかに現れると、そのうちの一つをlに変える傾向がある。例えば英語のpurpleは、ラテン語から借用したpurpuraが変化したものである[2]。, 弱化は、母音や子音が弱まる現象。母音弱化は、口腔内の中央付近で調音されるあいまい母音(ə)への変化が代表的で、多くの場合はアクセントの置かれない音節で発生する。子音弱化は、破裂音が破擦音や摩擦音に変化する現象が代表的で、日本語ではハ行子音がp→ɸと変化した例がある。またzの摩擦音が弱まってrに変化する例があり(ロータシズム)、例えばゴート語のmaizaが英語でmore、ドイツ語でmehrに変化している。弱化が進むと、音の脱落が起きる。例えば英語のknifeはkの脱落が起きており、ラテン語のbuccaはスペイン語でbocaになった[3]。, 音の脱落には、「いやだ」→「やだ」、「している」→「してる」などがある。脱落が起きても、元の長さを保つために隣接する音が長くなることがある(代償延長)。例えば英語では、語末のrが消失したが、その分直前の母音が長くなった(例:car[kar]→[kaː])。nightは[nixt]から[niːt]に変化した(その後さらに[nait]に変化した)。また、同じ音が続くと、「あしし」→「あし」(悪し)、「たいいく」→「たいく」(体育)のように、重音脱落が起きることがある。, 音挿入は、語頭、語中、語尾に音が挿入されることである。語頭の子音連続を回避するため、英語のspiritは、フランス語ではeを付けてespritとなっている。語中でも、音を挿入して発音を楽にすることがある。例えば、「たくあん(沢庵)」を「たくわん」と発音する場合では、wが挿入されている。, 音位転換は、語のなかの音の位置が入れ替わることである。例えば、日本語における「あらたし」→「あたらし」(新し)、「したつづみ」→「したづつみ」(舌鼓)などがある。, 間違っていると言われる発音を直そうとするあまり、正しい発音も変えてしまう場合がある。これを過剰修正と言う。日本語の方言でヒをシと発音する話者は、シをヒに直そうとする意識が働き、「しく(敷く)」を「ひく」に変えてしまう、等の例がある。, 日本語の一段動詞(上一段活用・下一段活用)は、可能形も受身形も「見られる」「食べられる」であるが、五段動詞では可能形は「取れる」「切れる」、受身形は「取られる」「切られる」で別の形を用いる。一段動詞は本来、mi-rareru、tabe-rareruであるが、五段動詞の可能形tor-eru、kir-eruという形からの連想で、一段動詞の可能形でもmir-eru、taber-eruという形が生まれている。また、古英語に360ほどあった不規則動詞は、現在は約60まで減っている。このように、不規則な形があると、記憶を楽にするため、なるべく規則的な型に揃えようとする。このような心理的な働きを類推と言う。一般に、使用頻度の低い語はつい忘れがちになるため、類推を受けやすい。, 異分析とは、誤解によって語が本来とは違う解釈をされることである。たとえば英語のcherry(サクランボ)は、フランス語のcherisのsを複数形語尾と誤解してsを脱落させたものである。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=言語変化&oldid=73591835. 日本語では、かつてɸ(ファ行の子音)と発音したハ行子音は、kaɸa→kawaのように、母音に挟まれた条件でwに変化した。後述する口蓋化は、i・eのような前舌母音の前という条件下で起こる子音の変化で … その後、江戸時代に発音の変化がおこり、「ye」が「e」にかわりました。 これで現在の発音と同じに、「え、ゑ」が「e」になったわけです。 (以上、小松秀雄「日本語の音韻」中央公論社を参考にしま … いくら勉強してもリスニングが上達しない…僕もそうでした。でも実は原因はシンプルで、英語特有の「音の変化」を知らないだけ。, ネイティブは会話の中で「音の変化」を多用するため、僕ら日本人には聞き慣れない音が頻発します。それが英語を聞き取れなくする原因。, 具体的には単語の末尾の子音と、次の単語の先頭の母音が連結して1つの音になるということ。, ただし一点注意なのが、音声変化が起きるかどうかは、スペルではなく音声で決まること。, たとえば “make” の場合。スペルで見ると母音で終わっていますが、発音は [meɪk]。語末の音は [k] なので、紛れもなく子音です。, 2つ目のルールは「同化」これは2つの単語がつながることで、全く別の音で発音されること。, この音声変化が起きる条件は、主に “want to” と “going to“、”of course“、もしくは後に続く単語が “you” のとき。この4パターンだけです。, 具体的には、語末の子音と次の単語の子音、この2つが全く同じ音、もしくは似ている音の場合、前の子音が発音されなくなります。, また、[p][t][k]などの破裂音と呼ばれる子音は、文や句の最後にくると発音されません。, 例えばThis is it.だと「ディスイズイ」ではなく「ディスイズイッ」のように、”t” があった形跡。つまり1拍分のポーズが残ります。, カタカナで表記するなら小さな「ッ」です。きちんとポーズを入れないと伝わらないことが多いので、余白を意識して発音しましょう。, 音声変化の4つ目は「ら行化」これは名前の通り、”t” と “d” が日本語の「ら行」になること。, 具体的には [t] [d] が母音に挟まれた時に起こります。アメリカ英語で頻発する音声変化で、日本語の「ラリルレロ」で発音してOKです。, そもそも冠詞や代名詞、前置詞、助動詞など、文の中で脇役となる品詞は「機能語」と呼ばれ、それ単体では強い意味を持ちません。, そのため機能語は、母音が弱く発音されます。この音を「弱形」または「あいまい母音」と呼び、小さな「ゥ」に近い音で発音します。, 音声変化の「知識」に関しては、当記事だけで十分身につきますが、その知識を効率よく定着させるための参考書が『ハイディの法則』。, そもそも音声変化に対し苦手意識を持っている方が多いですが、ぼくら日本人には「カタカナ」という最強の武器があります。, 当記事で音声変化の「知識」を身に付け、『ハイディの法則』で知識を「定着」させたら、あとはアウトプットを重ねて自動化しましょう。, 音声変化を「自動化」することで、どんな英文を聞いても100%理解でき、自分で発音するときにも無意識で使いこなせるようになります。, ディクテーションは、聞いた英文をそのまま書き取るシンプルな勉強法ですが、音を細部まで正確に聞き取れるようになるため、リスニング初心者のうちは欠かせない勉強法です。, そもそも英語が聞き取れない原因は「スピードが速い」からではなく、「細かい音が聞き取れない」から。つまり音声変化を知らないだけ。, ディクテーションをすることで、どこが聞き取れて、どこが聞き取れないかが明確になります。つまり弱点把握が容易にできます。, そしてリスニング初心者のうちは大抵「聞き取れない箇所」=「音声変化が起きている箇所」です。音声変化を重点的に練習することで、聞き取れない音を1つずつ潰していきましょう。, 中上級者のリスニング課題は、大枠では聞き取れるけど細部を聞き逃してしまう。また、聞き取れても忘れてしまうことです。, よくリスニングが苦手な人で「記憶力が悪いから聞いても忘れる」という人がいます。断言しますが、それは記憶力の問題ではありません。, 忘れてしまう原因はシンプル。音声を自動化できてないため、音の聞き取りに神経を使いすぎて、覚えるための余力が残ってないだけ。, 脳は一度に処理できる情報に限りがあります。なので、音の聞き取りに割く力を最小限にする(=自動化する)ことで、自然と記憶にも残りやすくなります。, 聞いた音を瞬時にコピーして発音する練習なので、ディクテーションよりも負荷は高いですが、その分「自動化」が効率よく行えます。, シャドーイングは音声変化の自動化が目的なので、最初は意味を考えずに音を真似するだけでOK。ネイティブと同じように発音できれば、どんな英文でも必ず聞き取れるようになります。, 音声変化を理解して、自分で発音できるようになったらリスニングでは怖いもの無し。あとは量をこなすだけです。, 下の記事では、ぼくがリスニング初心者の頃から、TOEICリスニングで満点を取るまでの間。3年間で実践した勉強法の中で、最も効果のあったものを5つ紹介しています。, 発音の習得を諦めている方が多いですが、正しいやり方で練習すれば、誰でもネイティブ並みにキレイな発音を身につけることは可能。, 下の記事では、ぼくが発音をマスターするために実践してきた勉強法を全てシェアします。, 「英語勉強法」「英会話フレーズ」「海外生活」を発信中。 発音指導の4つのポイント. 1.1.1 頭高型(読み方:あたまだかがた); 1.1.2 中高型(読み方:なかだかがた); 1.1.3 尾高型(読み方:おだかがた); 1.2 2.平板式→下がらない言い方. 出身校:日ナレ ⇒ プロフィット *5: 発音の変化、というのは、もちろん日本語に特有の現象ではありません。 たとえば、中国語でも漢字の読みは変化しています。 日本語の漢字で、音読みが二通りあるようなのは、それを反映しています。 例:「行」の音読み ギョウ(呉音) 複合名詞になる(合成語が構成される)とき、変音現象がおこることがあります。語の構成要素の音素が変化する現象のことを変音現象と呼びます。以下ではその現象9つの解説を例を併せて解説していきます。連濁(れんだく)後項成分の語頭音が濁音になる現象。 Twitter・インスタも毎日投稿しています。, 阪大→英会話講師→英語ブロガー。「英語勉強法」「映画情報」を発信中。現在はEnglish Companyでパーソナルトーナーとして英語を教えています。. 音声変化の4つ目は「ら行化」これは名前の通り、” t” と “d” が日本語の「ら行 」になること。 具体的には [t] [d] が母音に挟まれた時 に起こります。アメリカ英語で頻発する音声変化で、日本語の「ラリルレロ」で発音してOKです。 しかし、これらは日本語の発音として無理があったので、まもなく「クワ」は「カ」、「クワン」は「カン」の発音に変わってしまった。 日本語全体の音韻変化とは関係がないが、 外来語の発音を発音しやすいように変形してしまった。 参考:「日本語の使い方考え方辞典」岩波書店 次のようなアプローチではいかがでしょう。 一、前の語が撥音(ん)の場合は後の語は濁音化する ただし、このような連濁は清音の発音の直後に生じやすく、濁音の場合はその限りではないと。 Tweets by @seiyuuninarou. 目次. 1.2.1 平板型(読み方:ひらいたがた). 日本語が上手に聞こえない理由を述べましたが、ここでは効果が見えやすい発音指導として、ポイントを4つに絞って紹介します。 リズム(拍) 日本語はひらがな一つの長さは1拍 … ぼく毎日リスニングの練習してるのに、なかなか英語が聞き取れるようにならないんだよね。, 音声変化のパターンを理解してから練習すれば、短期間で驚くほど聞けるようになるよ。しかもスピーキングにも役立つし。, なるほど!じゃあ僕は知識が足りないだけなのか…やる気出てきた。もっと早く教えてよ!笑, 記事読んだ後はブックマークしておいてね。英語が聞き取れなかった時に再度開いて、どの音声変化が課題か確認してみて。, つまり子音と母音をつなげて、一気に発音するだけ。具体例を見れば一発で理解できるよ。, これは感覚で理解できる!子音→母音と続くなら、つなげた方が絶対言いやすくなるもんね。, その通り!そもそも音声変化って、ネイティブが発音時にラクしたいから起きてるだけ。難しく考える必要は一切ないよ。, つまり音声変化が起こるかどうかは、見た目ではなく実際に発音される音で決まるってこと。, なるほど。音声変化は「喋るときにラクしたいから起きてる」って考えると、スペルじゃなく音声で決まるのは当然だよね。, この音声変化が1番カンタンだよ。英語勉強してる人なら既に知ってるものばかりだからね。, なるほど。”would you” が「ウッジュー」になったり、”want to” が「ワナ」になるのは聞き慣れてるから楽勝かも。, その通りだね。そもそも「同化」は「連結」の派生系。上記のような特定の単語でしか起きないし、すでに馴染みのあるものばかりだから大丈夫だと思う。, カンタンで安心したよ。じゃあ英語の「音声変化ルール」は、実質4つだけってことだね!笑, なるほど。”t” が2つ重なったら前の方が発音されないのは知ってたけど、”t” と “d”、”th”みたいに、似てる子音が続くときも発音されなくなるんだね。, その通り。”t”、”d”、”th”の3つは発音時の舌の位置がほぼ同じだよね。だから発音を省エネ化するため「脱落」が起きるんだ。, これ僕も出来るよ!英会話始めて1番最初に、自分で発音できるようになった音声変化かも。, ただし1点注意なのが「脱落」が起こると完全に音がゼロになるわけではないんだ。音のかわりに「余白(=ポーズ)」が残ることは忘れないで。, 「ナラロー」って “not at all” だったのか…そりゃ知らなきゃ聞き取れないはずだ。, そう。練習量が足りないんじゃなくて、単純に知識として知らなかっただけ。音声変化のルールを押さえた上で練習すれば、ビックリするほど聞けるようになるから安心してほしいな。, へえ!ぼく今まで機能語も全部「アイウエオ」って強い音で発音しちゃってたよ。そりゃリスニングも苦戦するはずだよね。, なるほどなあ。確かによく考えたら “the” が「ザ」と発音されることって滅多にないもんね。あえて強調したい時だけ「ザ」と読むのか…覚えとかなきゃ。, 「弱形」は音声変化の中で1番登場頻度が高いんだ。1文の中に複数出てくる時もあるし。このあと紹介する練習方法で、とことんインプットしてってね。, 言われてみればたしかに…この記事でも具体的な発音をカタカナで解説してくれてたから、めっちゃ分かりやすかったもん。, ぼく “take it easy”「テイキリージー」や “not at all”「ナラロー」を我が物顔で紹介してたけど、実はこの本で解説されてた発音方法なんだ笑。, なるほどなあ。カタカナ読みするだけでネイティブ発音に近づけるのか!まさに僕ら日本人のために作られた発音の本だね。, その通り。ぼくはハイディ1冊で見違えるほど発音が上達したから、本気でオススメ。日本人英語から脱却したい人はぜひ読んでみてほしいな。, 谷村くんにしては珍しい…めっちゃ推すじゃん!笑。でもこれ、リスニングよりスピーキングで役立ちそうな内容じゃない?, 両方だね。自分で発音できる英語=聞き取れる英語だから、リスニング力を根本から上げるには、音声変化を自分で発音できるよう練習するのが鉄則だよ。, なるほどなあ。発音もリスニングも鍛えられるなら一石二鳥だね。ぼくも買ってみようかな。, 「自動化」まで達すれば、もう怖いものなしだよ。単語や文法はサボったら忘れるけど、音声変化は一生忘れないからね。, なるほどなあ。せっかく勉強しても「知識として知ってる」だけだともったいないもんね。どんな勉強法がおすすめなの?, 初級の方はディクテーション、中級以上の方はシャドーイングがおすすめ。この2つだけだから、それぞれ順に解説するね。, まず目安として、TOEICで700点以上取れてない方は、ディクテーションから始めましょう。, 「聞き取れない箇所」を見つけたら再度この記事に戻ってきて、5つのうちどの音声変化が起きているのか確認してほしい。, なるほど。「弱点把握」→ 記事を読んで「音声変化を改善」の流れで練習していくわけだね。, その通り。このやり方なら間違いなく短期間でリスニングが上達するよ。ディクテーションのやり方やおすすめ教材については、この記事を参考にしてね。, TOEICで700点以上取れるような英語中上級者の方には、シャドーイングが1番効果的だよ。, 日本語でも相手の話を聞いたそばから忘れちゃう?日本語なら忘れないよね。だとしたら記憶力は問題じゃないよ。音声変化を自動化すれば、日本語と同じように覚えれるから安心して。, なるほど!確かに日本語では全然忘れないや…音声変化をマスターすれば、英語でも記憶にも残るのか。目から鱗すぎるね…, そして中上級者が音声変化を自動化するために、最も適した勉強法がシャドーイングなんだ。, ぼくはシャドーイングに力を入れ始めてから、TOEICで安定して900点以上取れるようになったんだ。忙しい人が1つだけ勉強法を選ぶなら、間違いなくシャドーイングがおすすめ。, なるほど。僕はまだディクテーションから練習した方が良さそうだけど、シャドーイングも早くやりたくなってきたなあ。, シャドーイングの具体的なやり方と、おすすめ教材に関しては、下の2記事を参考にしてね。, 初級から上級レベルまで、1記事で網羅できるのはありがたい!とりあえずブクマしとくね。, 1万2,000字と有料note並みの情報量ですが、ブログ記事なのでもちろん無料で公開してます。, 【2019年版】Netflixで英語学習する方法が最高すぎる【+おすすめ作品6選】. 声優について興味を持っている人なら、平板型、頭高型、中高型、尾高型に分類される日本語アクセント規則まで詳しく調べている人もいるかもしれませんね。養成所や専門学校でも日本語アクセントの規則は必ず学びます。, でも今まで意識したことが無い人は、「日本語のアクセント?」とピンとこないことでしょう。, 実は日本語のアクセントはとても奥が深いのです。全てご紹介したら膨大な量になりますので、今回は知っておいて得する、日本語のアクセントの基本の法則についてお話ししたいと思います。, 日本語のアクセントは、「ピッチアクセント(高低アクセント)」と定義されている高い音と低い音の違いで単語の区別しています。, 例:「ネコ(猫)」「ミドリ(緑)」「シンジツ(真実)」「シンセツ(親切)」「ナクラ(枕)」, 例:「イロガミ(色紙)」「ミズウミ(湖)」「オカシ(お菓子)」「ノミモノ(飲み物)」「シオカゼ(潮風)」, アクセントは2拍目以降。単語内ではなく次から下がる。⇒意味がわかり難い時は、こちら, アクセントは2拍目以降。単語内だけでなく次でも上がったまま。⇒意味がわかり難い時は、こちら, この中でちょっと難しいのは、アクセント核のない型・無核型(むかくがた)であり、文(単語のまとまり)として使うと、前後の語との境が不明瞭になるデメリットをもたらす平板式でしょうか。, 例えば、モゾモゾとした発音する方だけでなく、アクセントの勉強している人でさえ油断すると音をすべて同じにしてしまう傾向がありますよね。, 平板式というのは、全くアクセントの無い平坦な言い方と覚えている人もいますが、それは違います。ちゃんと、単語内では変化しますよ(アクセントの核がないだけ)。, ただ、同音異字である「端」と「橋」といった単語だけを聞き比べると、平板式と尾高型のアクセントは同じようで区別はつきません。でも尾高型は助詞を付けると、助詞は下がりますよね。助詞から見たら、単語のお尻が上がったままに見えるのが尾高型の特徴です。, 補足:名詞に助詞・助動詞などがついた時のアクセントには、例外の変化もあります。例えば、『山の』『山だけ』『山らしい』のようなケースです。これらは辞書の付録に書かれているので、紙ベースの辞書で確認してください。, 4つの型を理解していれば間違えることは無いのですが、基本の法則として一つの単語に高くなる箇所は一カ所で、一度低くなったら高くなることはありません。そして1拍目と2拍目を比べてみると必ず高さが違います。これらの4つの型をしっかりと押さえれば、日本語のアクセントは違和感なく美しく聞こえます。, 日本語が母国語でない方は、平坦な音調で最後まで我慢するのが難しいのか一般的に苦手にする傾向があります。例えば、ひろしま(広島)のすぐにどこかの音節を高く際立たせてしまうようなことをしますよね。, 知っておきたいこととして、「アクセントの平板化」というのがあります。特に東京の若い人たちを中心に起伏式の言葉がどんどん平板式に変化しているのです。, 地方在住の人は独特の訛りに囲まれているため、正しく発音するために東京に出てくる人もいることでしょう。ただあなたの周りの人が全て正しいアクセントで話しているとは限りません。日頃から意識して話すことが大切です。, アクセントの平板化の中でも「専門家アクセント」というのもあります。普段から特定の単語を使う人の中で、平板化した方がその業界に精通しているような感じになるのがその理由と言われています。, 例えば楽器関係の言葉なら、「ドラム」「ギター」「ピアノ」あたりだと分かりやすいですよね。あなたも無意識に平板式で話していませんか?これらのように平板化するのは外来語に多いです。知識として頭に入れておくと良いでしょう。, これらのアクセントの法則を身につけるには、正しいアクセントを意識的に聞いて、正しいアクセントで意識的に話すことが大切です。, そのトレーニング方法として、言葉に音階の「ド」と「ミ」を当てはめていく方法があります。低い音を「ド」、高い音を「ミ」とするのです。, 当てはめられない言葉があったら、日本語発音アクセント辞典で確認してみましょう。そしてこの2つの音階を意識して発音してみると身についてくるはずです。, 言葉を話す際にもとても重要になってくるため、苦手な人はある程度の規則性を身につけるトレーニングが必要になってきます。, その為にちいさな鍵盤楽器を身近においておくと良いですね。鍵盤楽器が弾けるスマホのアプリでも構いません。適当に鍵盤を弾きながら、聞こえてくる音の高さを意識して聞いてみるのです。, こうやって聞き分ける練習を積んでいけば、日頃の会話でも高い音や低い音を聞き分けることが出来るようになります。, 地域差のない、標準的なアクセントを学ぶにはうってつけです。朝や夜のニュースを意識的に聞くだけでもとても勉強になりますよ。外出先ならラジオでニュースを聞くのも良いでしょう。, これから声を武器に声に関する仕事をしたいのであれば、アクセントの勉強は必須です。アクセントの基本をしっかりと身につければ、聞いている人の印象も良くなりますよ。これも夢の一歩だと考え、意識的に学ぶように心がけましょう!, 「尾高 イントネーション」などと検索されている方もいますが、上記で紹介してきたアクセント(accent)は単語を区別することで、イントネーション(intonation)は文になったとき話し手の気持ちがどのような抑揚になって表れるかを言います。, 大人の事情で仕事に影響が出るので、HNです。。。

Áりかけ Áかり Âレンジ 12, Ʋ合塾 Ʊ袋 Ɨ慶アド 6, 7order ĺ務所 Âレン 52, Âーンズ Ű物 Ľり方 9, Ŀ育士 Ű活 Ŝ見学 9, Âコム Ǖ常 ȧ除 4, Ãジルソース Ãスタ Âューピー 4, Á ɇ持ち Áうに見える人 4, Icoca ō字 ƶす 19, ĸ定詞 ȣ語 ǜ略 4, ɝ擦れ ȡ Ȑとし方 Âニーカー 18, Kindle Ů族 Ȧられたくない Ipad 4, ɝ Âイズ調整 Áかと 100均 6, Âランドセイコー Âーバーホール ȩ判 5, Julian Cihi Wiki 5, Ƶ本工芸 Âャスター Ŀ理 4, Ãンハン Űネタ Wiki 4, ə属札幌中学校 Ɂ去 ŕ 4, NJ Âージ Ɖ作り Ɖ 6, Âョジョ 2部 20話感想 5, Fortigate Dpd Ȩ定 14, Ʋ合塾 Ʊ袋 Ɨ慶アド 6, 7order ĺ務所 Âレン 52, Âーンズ Ű物 Ľり方 9, Ŀ育士 Ű活 Ŝ見学 9, Âコム Ǖ常 ȧ除 4, Ãジルソース Ãスタ Âューピー 4, Á ɇ持ち Áうに見える人 4, Icoca ō字 ƶす 19, ĸ定詞 ȣ語 ǜ略 4, ɝ擦れ ȡ Ȑとし方 Âニーカー 18,