Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; 前ページ; 次ページ; カイジ. カイジシリーズの中ではスリルも少なくいろいろ批判も多い「24億脱出編」だが、これまで全部のシリーズを読んだ上でのこの話、もう、ほんとうにいちばん好き, 出会う人々が日本のリアルすぎるし、仲間が日本人じゃないから古き良き人間の信頼関係(あんなひどい目を命がけで共有したら、ほんとうの友情芽生えるに決まってる)のもすばらしいし、目印の家の忘れ方とか、淋しいから通報するオヤジとか、自由を求めて車を売るオヤジとかわかりすぎるし、なんといってもカイジの母はやはりカイジの母以外のなにものでもない人格である描写がすごい!この天然なお母さんの暴走を抑えつつ、なんとか脱出するカイジがある意味今まででいちばんピンチで面白い。, 私は大阪人ではないので、そのへんの詳しい事情を知らないのだが、大阪のひとくち餃子といえば東京で買えるのはあれである。あれもおいしい。大好きだし、いつも買っている。, しかし今回食べログモールで買ったこれは、皮の薄さといい、油を使わないで作れる感じといい、もしかしたらあれを超えているのではないか、そりゃそうだ、本家本元って書いてある。ううむ。もしかしたらあまりいい関係ではない…?今度よしのりに聞いてみよう。どちらもおいしいからいいか, 年齢とファッションについて悩み続ける私だが、ちょっとだけ趣味のカラーが違えどこれが正解!とさえ思える本にやっとめぐりあえた。さすがの銀粉蝶先生。自分と服に対する思想が全く同じで、感激した。こういう流派の人、やっぱりいるんだなあ!, 私のようなズボラな人でなくても、とっても参考になるすてきな本です。生き方と服は同じなんだと改めて思った。. 最近は大岡昇平の『成城だより Ⅱ』(中公文庫)をちびちび読んでいる。1 吉本ばななさんは、「普段の日常」の中に、宝物のような一瞬を見つける作家です。迷った時、自分を好きになれない時、人のことが気になってしまう時に、吉本ばななさんの作品を読んで元気をもらいましょう。自分を好きになるためのランキング15選。 吉本ばななオフィシャルブログ「よしばないいもん」Powered by Ameba. 最近は大岡昇平の『成城だより Ⅱ』(中公文庫)をちびちび読んでいる。1巻の時と同じように武田泰淳さんや百合子さんの名前が出てきたら付箋を貼ろうと思いながら読んでいるのだが、今のところ出てきていない。, 何か小説も読みたいと思い本棚の前で文庫の背表紙を眺める。堀江敏幸にしようか、長嶋有にしようか、それとも津村記久子にしようかと迷って、手に取ったのは吉本ばななの『キッチン』(新潮文庫)。再読。何度も読み返したというわけではないけど、これで4回目くらいになるだろうか。, なぜ『キッチン』を選んだのか。読み進めて、「満月———キッチン2」のあのカツ丼のシーンまできて、「あっ」と思った。前日に観たドラマ『孤独のグルメ』で五郎さんがそれは美味しそうにカツ丼をわしわし食べていたのが頭の片隅に何となく残っていたのかもしれない。きっとそうだ。, やがてカツ丼がきた。 私は気をとり直して箸を割った。腹がへっては……、と思うことにしたのだ。外観も異様においしそうだったが、食べてみると、これはすごい。すごいおいしさだった。 「おじさん、これおいしいですね!」 思わず大声で私が言うと、 「そうだろ。」 とおじさんは得意そうに笑った。 いかに飢えていたとはいえ、私はプロだ。このカツ丼はほとんどめぐりあい、と言ってもいいような腕前だと思った。カツの肉の質といい、だしの味といい、玉子と玉ねぎの煮え具合といい、かために炊いたごはんの米といい、非の打ちどころがない。, これでますますカツ丼を食べたくなってしまって、冷凍食品のカツ煮を買って超手抜きカツ丼を作って食べた。, この後、主人公のみかげが持ち帰り用に作ってもらったカツ丼を雄一に届けに行く。そのシーンがあまりにも印象的で(それは、みかげがありえない方法でカツ丼を届けるからなのだが)、他のシーンはほとんど覚えていなかった。しかし、久しぶりに再読して、カツ丼の他にも良いシーンやセリフがあちこちにあることに改めて気付いた。やはり再読してみるものだ。, 私は今、彼に触れた、と思った。一ヵ月近く同じ所に住んでいて、初めて彼に触れた。ことによると、いつか好きになってしまうかもしれない。と私は思った。恋をすると、いつもダッシュで駆け抜けてゆくのが私のやり方だったが、曇った空からかいま見える星のように、今みたいな会話の度に、少しずつ好きになるかもしれない。, いいなあ。 私は思った。おばあさんの言葉があまりにやさしげで、笑ったその子があんまり急にかわいく見えて、私はうらやましかった。私には二度とない……。 私は二度とという言葉の持つ語感のおセンチさやこれからのことを限定する感じがあんまり好きじゃない。でも、その時思いついた「二度と」のものすごい重さや暗さは忘れがたい迫力があった。, ちなみに『キッチン』に収録されている『ムーンライト・シャドウ』には主人公に「異様においしい。」と言わしめるかきあげ丼が出てくる。, ところで、吉本ばななさんは「よしもとばなな」に改名したと思っていたのだけど、いつの間にか再改名して吉本ばななに戻っていたようだ。, 読書と午睡が好き。文庫派。基本的にホラー以外なら何でも来い。現在百合に絶賛ハマり中。, Kindle Unlimitedで『新橋烏森口青春篇 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ』を読む, 「ぼくは春日に憧れている。」(若林正恭『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』). 『満月――キッチン2』 吉本ばなな 果たして、「満月――キッチン2」はどのくらいの人に読まれているのでしょう。 やはり文庫に同時収録されているのですから、相当の人が読んでいる気がしますが、僕は「キッチン」の記事を書くときにその存在に気づきました。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 吉本ばななの『キッチン』久しぶりに再読したらカツ丼のシーン以外もよかった . 読書日記. 日々出会ういいものについてブログ風にシェアしています . 2020.06.10. Amazonで吉本 ばななのキッチン (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。吉本 ばなな作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またキッチン (角川文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 … 果たして、「満月――キッチン2」はどのくらいの人に読まれているのでしょう。やはり文庫に同時収録されているのですから、相当の人が読んでいる気がしますが、僕は「キッチン」の記事を書くときにその存在に気づきました。よしもとばなな入門者の僕が書く、「満月」の感想です。, 本作品では今ではちょっと使われにくい言葉が多用されています。リアルタイムで読んでいた人ならば、かなりシンクロしたのではないかと思います。ここらへんの言葉の使い方が、時代をキャッチーにつかむばななさんのセンスというものなのでしょうね。, それでは作品内容のほうを。当然と言っていいかはわかりませんが、「キッチン」の続編です。冒頭から衝撃的なセリフで始まります。, 主人公みかげが、祖母が死んだ後にお世話になっていた家の主えり子さん。雄一のお母さんですね。気の狂った男に刺されて殺されてしまいます。「キッチン」読者で、えり子さんが好きだった人は大変なショックでしたでしょう。そして雄一はそのことをしばらくみかげに言い出せずにいました。しばらくのち雄一は意を決してみかげに電話をして、みかげの知るところとなるのです。みかげは雄一を独りにしてはおけないと思い、雄一の家へと向かいます。, 「両親が死んだ時はまだ子供だった。祖父が死んだ時は、恋をしていた。そして祖母が死んでたったひとりになってしまった時、その時よりも今、ずっと孤独を感じる。」(同上), 祖母が死んだ時にみかげが、雄一とえり子の家、田辺家に救われた話が「キッチン」の話でしたね。今度はみかげだけでなく、雄一も独りになってしまいました。田辺家でえり子の遺書を見せてもらうみかげ。みかげは居候時代に愛用していたソファで泣きます。そして、, ここからが、みかげと雄一の物語になります。唯一の守ってくれる存在であったえり子の死から、二人はどのようにして恢復するのか、それともしないのか、そして二人の関係は…?と気を持たせながら物語は進みます。, みかげは本格的に料理の勉強を始めていて修行中です。雄一は大学生。みかげは田辺家の台所(キッチン)を掃除します。そこでのみかげの気持ちの独白。「不思議だ。魂の記憶に刻まれた遠いあこがれのように愛しい。ここに立つとすべてが振り出しに戻り、なにかが戻ってくる。」, みかげは、たくさんの死を見てきたために独特な人間観を持っているのだろうと思います。死ぬということを感じ続けながら生きていたい。生きると実感するためには自分をギリギリのところに置いておきたい。でもそのギリギリのところというのが、真っ赤なトマトを好きになる、とかなのですけど^^ だから「台所(キッチン)」というのはみかげが命がけで生きていることを証明する場所なのですね。, と、あらすじはここらへんにしておきます。この後、みかげと雄一は一時的に別々に東京を離れます。その旅先で、みかげは雄一を愛し始めている自分に気づきます。一方の雄一は気づいているのでしょうか。ただ、雄一はみかげが光を発していることには気づいています。でもそれがどうしてなのかには気づいていないようですね。, ちょっとネタバレかもしれませんが、僕は個人的に思ったのですが、前作「キッチン」で、みかげは貰う立場でした。今回「満月」では、みかげは雄一に与える役目を担うことになります。それをえり子の視点から見てみると、えり子がみかげに与えたものを、みかげが雄一に返してくれた。それは母であるえり子からの、雄一への置き土産のようなものなのかもしれない、とそんなふうに感じました。親子愛みたいなものも含まれているのかなと。, そしてこの物語の佳境では、作中の言葉を借りれば、二人は永遠のフレンドになるのか、それとも恋人になるのか。重大な選択のときを迎えます。みかげの想いが書かれた場面を引用しておきます。, 「人はみんな、道はたくさんあって、自分で選ぶことができると思っている。選ぶ瞬間を夢見ている、と言ったほうが近いのかもしれない。私も、そうだった。しかし今、知った。はっきりと言葉にして知ったのだ。決して運命的な意味ではなくて、道はいつも決まっている。毎日の呼吸が、まなざしが、繰り返す日々が自然と決めてしまうのだ。そして人によってはこうやって、気づくとまるで当然のことのように見知らぬ土地の屋根の水たまりの中で真冬に、カツ丼と共に夜空を見上げて寝ころがざるをえなくなる。, そのときの瞬間的な選択ではなく、積み重ねたその月日の流れが自分を自然と選択させるのだ、だから今を一生懸命生きていなさい、常に私たちは人生という一本道ではない道を歩いているのだから、と強いメッセージを語っているわけではないけれども、ばななさん流のやわらかいタッチでばななさんの人生観を垣間見せられる場面だなと思いました。, と、またまたかなりの部分を書いてしまったような気がしますが、「キッチン」と「満月」はやはりセットにして読んでおくべき作品だと思うので、文庫本で一気に読んでしまいましょう。読み終わったらカツ丼を食べたくなることでしょう^^.

Âフトバンク Ãラフト Áんj 5, Ãイクラ ȥ撃者 Ãラップ ǰ単 4, Nhzt W58 Ŝ図更新 Âり方 4, Zenfone3 ǔ面 Áらつき 4, Trove Âカウト Âーサー 6, Lightroom Ãラグ Âン Ľい方 4, Galaxy S20+ Ǵ正ケース 28, Skype For Business ȭ事録 11, Âルトラマンタイガ Ƙ画 Ƅ想 11, nj ɤ ɇ 10, Ps4 ǔ面分割 2020 37, ƴ面台 Âャワーヘッド Ƨ造 6, ư住 ƨ Ŀ証人 Âめたい 6, Âーミン 245 Ãモリ不足 5, Ĺ木坂 ŷ事中 Yogi 6, Tinder Ãッセージ Ãッチ前 9, Tomix Ņ線 Ãログ 19, Ãョンビン Âンイェジン dž愛 18, ņ定辞退 ƀられる ļ社 4, 3相200v ɛ流値 Ȩ算方法 29, Âイマス ƛ ž妙 22, Crown ĸ Ź Œ訳 10, Âレナ C27 Ãロパイロット 4, Âトロエン C3 ǩ気圧 Ãセット 4, Áくは明日昨日のきみとデートする Ɨ本映画 Ãル 1 4, Nhzt W58 Ŝ図更新 Âり方 4, Ů庭教師 Âクシード ǵ与 Ƙ細 8, Ãリライ 6th Ÿり 5,