「心の優しいニ... ニューヨークってどういう意味? 「私はラテン語で話します」ならlingua Latina loquor、「私たちはラテン語で話します」ならlingua Latina loquimur、「あなたがたはラテン語でお話になりますか」ならloquiminine lingua Latina?ですね。 第6回 練習問題:ロールプレイ ラテン語を知ることで英語の起源もなんとなく理解できるようになる。. ラテン語講習会の趣旨とねらい それだとラテン語を読む前に挫折する。, ラテン語は単語が活用しまくる。 内容が分かればいいんですよ。分かれば。 あなた  :amās 個別指導のバイトの件。暇なはずなのにどうしてこう時間が足りないんだろう。 さて、今日中に終わらせたいものだが。 9.あまりに大きいものを避けよ。小さなもの… 英語すら分からない場合は、その英単語でもう一回検索すればすぐに日本語訳が出る, ラテン語の場合は英語と違って、単語の後ろに「-que」とか「-cum」とかがくっつくことがある。, 単語の意味を調べたけど、どうしてもひっかからない! ラテン語入門. ・英語と同じ関係代名詞「qui」がある solve は「解く、ゆるめる」を意味する第3変化動詞 solvō,-ere の命令法・能動態・現在、2人称単数です。 ... (厳選)おすすめの辞書 イタリアやスペインなど多くのヨーロッパの国ではラテン語の授業がある。いくつかの文系のコースだけで必須科目なのかと思いきや、理系でも解剖学用語 (医学) は基本的にラテン語であるため、学んでいる生徒が多い。, ラテン語とはイタリック語派 (インド・ヨーロッパ言語族の一語派) から生まれた言語で、現在のヨーロッパの言語 (イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・フランス語など) の大本。だからその言語間には似ている単語や文法がたくさんある。(ラテン語とアラビア語とゴシック文化が混ざってスペイン語とポルトガル語ができた。イタリア語は1番ラテン語と直接的な関わりがある言語。), 古代ローマ (イタリア半島のローマを中心とした地域) の公用語となり、広く普及したが、それより遥か昔から残る古〜い言語。ローマ帝国 (紀元前13世紀〜5世紀) 時代も、他の領地の人と会話をする時や、仲間とコミュニケーションをとる時は、必ずラテン語と決められていた。, それもあり、昔の医学・法学・自然科学・数学・哲学など様々な分野の書物の多くはラテン語で記されている。現在でも公文書や学術関係の書物は当時と同じ言語を用いて書かれているのだが、なぜそこまで重要な言語なのか。どうして今も子供たちはラテン語を学んでいるのだろうか。, 【ヨーロッパでラテン語を学ぶ理由】① 文化: 昔の文化・歴史を学ぶためラテン語は西洋の知識 (神学、歴史、法、詩、哲学、生物学、物理学、化学) の源だし、今の西洋人の常識・生き方・判断・法・師弟関係はラテン文化からきているから「現代 (の学問)」を深く学ぼうと思うのなら「ラテン語を習得」は必ず通らないといけない道。, ② 語源学: 自分の言語の元を知るロマンス諸語を母語とする人がラテン語を学べば、自分の言語の語彙・文法・正書法・辞書学・言語学・形態論・語彙論をよく理解できるようになる。英語はスペイン語やイタリア語のようなロマンス諸語ではないが、70%の語彙 (言葉) の元はラテン語からきている。だから英語圏の人にとっても、もっと学ぶべき言語なのかもしれない。, ③ 論理的な思考ラテン語を翻訳するのは、数学の問題を解くのと同じであると言われる。なぜなら、言語学の問題を考えて解いて (翻訳して) いかなければならないから。だから論理的思考ができる人はラテン語を翻訳するときに楽。, ④ 文学を読み解く人類学に置いて重要な作品の多くはラテン語で書かれている。クラシック文学の著者 (セネカ、キケロ、カエサル) 〜 中世 (サンアグスティン、サント イシドロ、サントトマスデアキーノ、サンアンセルモ) 〜 現代 (ニュートン、デカルト、エラスムス、コペルニクス、ベーコン、トマスモーロ), ⑤ ロマンス諸語ほとんどのヨーロッパ言語 (ロマンス諸語) はラテン語から派生した言語であるから、それがわかれば簡単に他のロマンス語を習得することができる。(ポルトガル語、イタリア語、スペイン語、ルーマニア語、フランス語), このようにラテン語はヨーロッパ人 (特にロマンス諸語を母語とする国の人) の今の生活・学問の根源だから、過去を紐解き、現在を深く知り、未来を発展させていくための重要な鍵。, 【現在も使われる語源がラテン語の単語】・カーボン (炭素) = carbōne・エネルギー = energia・スクール = schola・午前を表す a.m. = ante meridiem (正午の前)・午後を表す p.m. = post meridiem (正午の後)・ウイルス = virus・データ = data・ハーブ = herba・ミラクル (奇跡) = mira (奇妙、不思議な)・アンティーク = antiqua (古い)・ピクチャー = pictura, 【ラテン語は私たちでいう古文】「なぜ子供たちはラテン語を学ぶのか?」という質問をヨーロッパ人にするのは、外国人が日本人に「なぜ古典・古文を学ぶのか?」と聞くのと同じ。日本人も中学や高校、もしくは小学校で枕草子を音読したり、古語辞書を引きながら竹取物語を訳したり…いろんな作品を読んだもの。『古語を学んだところで実用性はないし、いつ使う知識なの…』と思いながら当時は学んだが、今になり、言語学を掘り下げていく中ですごく役立つ授業だったと気づいた。言語学をしていない人も古文の授業でやった「品詞分解」が多言語を学習する際の、品詞の理解にも繋がる。古典の魅力は素朴ながら意外な展開がある物語、語調の楽しさ・言葉遊び、先人の知恵、当時の生き方や様子を記してある点。古文独特の奥ゆかしさとゆっくり流れる時間も良いし、日本人らしさも感じれる...。だから未だに日本の学校にも古文という科目が残っている。それと全く同じ。, 【ラテン語は死んだ言語?】言語が生きているか死んでいるかを判断する基準は『話者がいるか』どうか。ラテン語は今も "話者” がいるのに「死んだ言語」と言われる。母語としている人はいないにしても最初に述べたように、ラテン語を学ぶ子供たちはヨーロッパにたくさんいるし、そうなればもちろん話せる先生もたくさんいる。それに、バチカンのローマ・カトリック教会の公用語は今でもラテン語である。, このような現状を見ると「忘れられた言語」「生き返った言語」という方が正しいのではないか、という学者も多い。, スペインとイタリアの大学受験・生活・言語・哲学・文化比較など、日々の経験を書いていくブログ。バルセロナに関する記事が多め (在住7年目の25歳). amor(愛)は「アモル」と発音します。(太字の部... 「ソルウェ・メトゥース」と読みます。 Solvite corde metum, Teucri, secludite curas. それだけでラテン語がスムーズに読めるようになる。. 見出し語は4万5千。新しい時代に相応しい新しい辞書として生まれ変わりまし... エコーってご存じですね(カラオケにあらず)。手元の『ギリシア神話小事典』(バーナード・エヴスリン、小林稔訳、教養文庫)を見ますと、 Solvite: solvō,-ere(解く)の命令法・能動態・現在、... しっかり学ぶ初級ラテン語 (Basic Language Learning Series). ラテン語講習会のご案内です。ラテン語学習のペースメーカーとしてご利用下さい。ただいまお申込みを受付中です:, 教科書もそうですが、例文や練習問題の和訳は文法がわかれば納得できるものではありません。いやしくも古典作品から一文だけ抜き出すのなら、その前後を詳しく説明しないと意味不明となるケースがほとんどです。しかし、教科書にそのような情報を載せる余裕はないし、学習者もそこまで期待しないのが普通です。その点講習会のように対面できる場があれば、私は受講生の関心の寄せどころを探りながら、適宜脱線の形で言葉の背景の説明ができるわけです。「この文は結局どういうことですか?」、「訳せてもイマイチ意味がよくわかりません」と言われると、私の心の中にスイッチが入ります(笑)。, リンク先にラテン語の名言・名句が並んでいます。それぞれに日本語訳と詳しい文法の説明がついています。, 教科書を使って学習する段階では辞書はなくても間に合います。教科書を読む上で必要な語彙は、巻末にまとめて、あるいはその都度示されるのが普通です。, 教科書レベルを卒業し、原典読解に挑戦するならしっかりとした辞書が不可欠です。お勧めの辞書は、, 私の教科書をお使い下さい(笑)。解答付きです。このサイトで紹介しているラテン語の名言・名句の多くを例題、練習問題に使っています。. しかも単語と単語の区切りにはスペースがある。, ドイツ語みたいに「ä」「ö」「ü」「ß」のような文字は出てこないので心配しなくていい, 英語の場合はスペルと違う発音をする単語もある。 Belgae ab extremis Galliae finibus oriuntur, ちなみに「ur」で終わる動詞は受動態(~される)の役割を持つ。 彼ら   :amant, ・ラテン語もヨーロッパ言語 ・三人称複数(彼ら) ・動詞を見分ける為に活用表は覚えなくていい, あとは単語の意味を一つ一つ調べて覚えるだけ。 これをネットで「praefuit」で検索するとこんな風に検索結果が出ると思う。, ラテン語の原形:praesum, praeesse, praefui, praefuturusbe なので動詞かどうか見分ける方法を説明する。, なお、動詞の役割(過去、未来、仮定法)は分からなくても大丈夫。 でも、ラテン語文献の場合は「j」が全部「i」で書かれていることが多いので無視していい。. ラテン語を学ぶという長い道のりの前に立つ方、もしくはその途上の方みなさん。ラテン語の世界を旅する用意は出来ましたか。その道のりは長く険しく、ときに心細いものです。そんな旅路をわずかながらでも明るく照らしてくれるラテン語教材を今回は紹介します。, ラテン語という言語は、学習段階で覚えることがたくさんあります。そのため、いきなり分厚い文法書に手を出すと挫折のものとです。, 最初はラテン語という言語の全体像が見えるような手軽な教材からスタートするのが長続きするコツだと思います。, 初級文法をざっくりと概観したら、ラテン文法の「どの辺が難しいか(大変か)」みたいなものが何となく見えてきます。その視点があると、本格的な学習へとステップアップしたときにひるまずに進んでいけるはずです。, 古典ラテン語がどういう言語か知るには、これが一番よくまとまった最短ルートだと思います。入門用では、白水社の『ラテン語のしくみ』など定番のものもあるのですが、『ニューエキスプレス』の方が簡潔で、実践的です。「ラテン語ってこんな言語です」というのをコンパクトにまとめてくれています。, 「ニューエキスプレス」は会話文があって、文法の説明があって、練習問題があります。そのため、ラテン語の音や活用を実際に練習しながら言語の全体像をつかむことが出来るのです。, ほかの新書版の教材では読むだけでなかなか実践とは結びつきにくいところも多いので、1冊目にはおすすめです。, 練習問題にはラテン語作文もあって楽しいです。(日本で出ているラテン語教材にはほとんど作文問題などありません。), さらに、この教材には音声CDがついています。ラテン語の教材でCDつきというものはほとんどないので(日本語の教材では私の知る限りこれが唯一)、学習が進んでからもたまに聴いてみると気分転換になること間違いなし。, 白水社の『初級ラテン語入門』は、ラテン語入門教材として多くの人に愛されてきました。, 初版は50年以上前の本ですが、大切な事項を丁寧にまとめてくれています。練習問題も多く、独学にも使えます。, 見た目は古い本ですが、じっくり解説を読んでいくとすこしずつラテン語の理解が深まるはずです。, この本には練習問題だけでなく、「読章」というラテン語文が割と最初の段階からついています。ラテン語を読む喜びを割と最初から味わえるわけです。, 初級文法の段階である程度まとまったラテン語文を読むように設定された教材は他にはないので、この工夫はありがたいところです。, 読章には訳と、簡単な文法の解説もついています。独学者向けの配慮もありがたいです。これ単体でも、他の教材の補助教材としてもおすすめできます。, この本は割と最近出た本なので、現代の学習者を想定したレイアウトになっているのがありがたいとこころです。, ラテン文法の本といえば、古くなった活字でお堅い日本語文で解説されるみたいなものが多かったのですが、本書は違います。二色刷でわかりやすい丁寧な言葉で解説されています。, 発売されたときは、「ようやくこの読みやすさのラテン語教材が出たか」、と私は嬉しくなったものです。, といっても、やっぱりラテン語です。説明はどうしても他の現代語より多く、活用表もたくさん出てくることだけは覚悟しておいてください。, 練習問題も各所に付いており、自分で小テスト出来るようになっています。この練習問題は割と最低限の内容を訊ねているものです。これが出来たからと言っていきなりラテン語文献が読めるわけではありませんが、入門用としてはこのぐらいのハードルのほうがいいです。, 数年前のことですが、ペレ出版の「しっかり学ぶ」「しっかり身につく」外国語シリーズにもついにラテン語版が登場しました。, この本も、新しい本ですので、割と現代の学習者でも勉強しやすく設計されています。また説明もわかりやすいので、活用を覚えていくことさえやめないなら十分独学でも初級文法を身につけることが出来るでしょう。, まあ、とはいってもラテン語ですので、どうしても説明の日本語量は多くなります。このシリーズの他の言語のものよりも、じっくりと時間をかけて読んでいかないといけないのは確かです。, ラテン語版も他の言語版と同様、「文法と練習問題」と「トレーニングブック」があります。, 前者は文法説明:練習問題=8:2ぐらいの割合になっています。後者はそれが逆転すると思ってください。, 「文法と練習問題」は文法書で、最低限の練習問題付き。「トレーニングブック」は、最低限の説明、活用表のついた練習問題集だと思ってもらって大丈夫です。, どちらにもラテン語→日本語の訳だけでなく、活用形や文中での特定の形を答える問題などが配置されています。いかにも初心者に優しい問題という感じです。ヒントも多く付いています。原典は実際のラテン語文献から採られているのもモチベーションアップにつながります。, 私の欲を言えば、トレーニングブックにはラテン語作文や長めの読解問題を入れて欲しかったですね。でもまあ初心者用であることを考えると仕方ないところかなと思います。, Wheelock’s Latinは英語で書かれたラテン語教材としては定番のものです。手にとってすぐ気づきますが、サイズも大きく分厚いです。, そうはいっても中身はラテン語入門から初心者を想定してくれています。ラテン語にまつわる背景知識を知ることが出来るコラム的文章も多いです。, また、ゆったりページを使っているので活用表も割と見やすく、学習もしやすいです。Wheelockのシリーズにはワークブックやリーディングブックなどもあるのですが、とりあえずは、この1冊目で相性を見てみましょう。, 練習問題に答えは付いていませんが、出版社に問い合わせれば答えのパスコードを送ってもらうことが出来ます。, 英語で書かれた教材ですので、もちろんそれ相応の英語力がないとやっていけません。文法用語などは英語上級者でも知らない単語だと思うので、一度日本語のテキストで学習経験がないと理解しにくいかも知れません。, ただ、もちろんラテン語は、日本語より遙かに英語の方が近い言語です。英語で学ぶと単語の関連や意味の違いなどが見えてくる場合もあります。, いずれにせよ、ラテン語学習をもっと高いレベルまで続けて行くには英語の文法書・注釈書や辞書が読めることは必須です。, 初級文法の教材を(苦しみながらでも)何とか1周したという方は、さらに先のステップです。そんな学習に使える教材をピックアップしました。, ラテン語の最も優れた教材は何かと聞かれたら、私はこの Learn to Read Latinだと断言します。, この教材は、分厚いテキストと、さらに分厚くて大きいワークブックから成っています。なかなか実物は書店には置いていないと思いますが、とにかくでかいです。(ワークブックはA4版でテキストはB5です。厚さは普通の辞書ぐらいだと思ってください), この本では、各章の冒頭で新出単語が導入されて、出てきた文法事項を使ってそれを「使える」まで持っていくというコンセプトが全体を貫いています。, これは語学のやり方としては割と基本であるにも関わらず、多くのラテン語教材はこのスタイルを採用していません。「ハードルを下げること」にどちらかというと重点があるか、「読むこと」に重点があります。, ほとんどのラテン語教材は、活用は、各自で覚えなさい、そしてこの意味が分かるようになりなさい、という感じです。しかし、このLearn to Read Latinでは、活用だろうが訳だろうが作文だろうがまさに千本ノックというスタイルで出題してきます。, テキストから「さあ、覚えさせてやるぞ、かかってきなさい」とでも言われているかのようです。覚える気がなくても覚えさせてやる、ぐらいの問題量です。, 私の持論ですが、ラテン語に親しむには、ラテン語を使って「書く」という作業はどうしても必要だと思います。現在使われていないから、とか言っている場合ではありません。, このLearn to Read Latinに出会ったのは大学3回生の時でしたが、私はそのスタイルに圧倒されると共に、ある種の感動を覚えました。, 「これなら絶対言語は身につく」という自分のスタイルをまさに体現したような教材だったからです。, はっきり言って、上に紹介したすべての教材を足しても、このLearn to Read Latinには及びません。ギリシャ語版のLearn to Read Greek(ラテン語版よりもっと大きい)と並んで、私の知る限り最高、最強の語学教材です。, 解答は付いていませんが、こちらも出版社に問い合わせたらPDFで送ってもらえます。(少なくとも私は送ってもらえました。), 10年ぐらい前に大学でラテン語を習ったという人は、この本をテキストとして使ったという人も多いと思います。私が最初に手にしたラテン語教材はこれでした。, この「新ラテン文法」は、いわゆる漸進的なラテン語教材としてよく使われる定番のものでした。(現在は岩波の『古典ラテン語初歩』(田村利光)か白水社の『標準ラテン語文法』(中山恒夫)の方がよく使われている印象を受けます。), 『新ラテン文法』は、現在は古くなった感も否めないのですが、文法の説明は結構詳しいので今でも参照用にこれを私は使っています。, 巻末の活用表や数詞のまとめは古(くさ)いスタイルで並んでいますが、なんだかんだで結構便利です。活用表を参照するとき、私は普段これを使っています。, レファレンス用としても使えますし、漸進的にも使えるように設計されています。ただ、練習問題などはないので独学でこれを読みながらラテン語を学んでいくのはちょっと苦しいかも知れません。, この本は、ラテン語で実際に何らかの作品を読むようになってから、分からない点を参照するのに向いていると思います。少なくとも私はラテン語の購読や演習をしているときは、そのように使っていました。, 初級用の文法書ではカバーしきれていないところも詳しく解説してくれているので手元にあると便利です。(値段は張りますが…。), ラテン語の辞書は「定番」みたいなものが案外在りません。(ギリシア語にはLiddle & Scottという定番があるのですが…。), 正直今はスマホアプリでも安くて良いものがあります。しかし、やっぱり腰を据えて学習していくなら紙の辞書は持っておきたいところです。, 研究社の『羅和辞典』は日本語で書かれたラテン語辞書としてはもっとも広く使われているものです。, というか、気軽に手に入り、収録語も多い羅和辞典はこれぐらいしか選択肢がありません。, この辞書は、私も一応持っているのですが、まあ可もなく不可もないという感じです。定義されている語は日本語の訳語がいくつかのっているだけ、みたいなのがほとんどです。用例もそれほど多くはありません。(皆無ではありませんが。), 後ろにはなけなしの「和羅辞典」が付いているので、「これってラテン語でどう言うんだろう」という時は参考になります。(語数はかなりすくないですが。), この辞書はペーパーバックですのまあ見た目はチープですが、それなりにしっかりとラテン語の情報を含んでいます。内容もしっかりしているので、中級レベルの購読では十分使えるレベルです。, 普段使いには一番良いと思います。そして値段は圧倒的に安いです。大学生は1時間ちょっとバイトしたら買えちゃいます。(そう考えると、いかに他のラテン語教材が高いことか。), チープなペーパーバックの次は、最高峰のラテン語辞書の紹介です。その名も、Oxford Latin Dictionary, 通称、OLDです。, この辞書はラテン語辞書の最高峰として多くの研究者から愛用されています。値段は見ての通りですので、とても個人で所有するようなものではありません。大学図書館においてあるものを使いましょう。, 私はラテン語購読をしていたとき、普段は別の辞書を使っていたのですが、たまにこのOLDを参照して勝手に悦に入ったりしていました。それぐらい「ラテン語を今やってるな~」みたいな自己陶酔感を高めてくれる辞書です。, 内容は圧倒的に詳しく、各語がどのように意味を変化させたとか、どの作品でどう使われて・・・みたいなことまで書いているので、読み出したら止まりませんでした・・・。, いや、内容は良いのです。語義の説明は詳しく、用例もたっぷりあります。かなり由緒ある辞書ですので、内容的には申し分ないです。, そして、値段もラテン語辞書としては随分安い方です。英和辞典よりも安いぐらいですね。厚さは『ジーニアス英和辞典』よりも少し厚いぐらいです。その上ペーパーバックなので軽くて持ち運びも楽々。, その欠点とは、字が読みにくすぎるという点です。活字はつぶれて、その上文字が絶望的に小さいです。せっかくのいい辞書もこれだけ読みにくかったらやっぱり厳しいですね。購入を考えている方は参考にしてみて下さい。, ドイツのPONSという大手辞書メーカーが出しているラテン語辞典です。この通り、ドイツ語が読めないと使えないというのが日本人からしたら最大の欠点ですね。, しかし、この辞書は私が見てきたラテン語辞書の中でも圧倒的に一番使いやすく内容も充実しています。, まず、その見やすさ。ラテン語辞書としては他に見たことがないのですが、これは2色刷です。重要な見出し語はハイライトされていますし、語義や用例もこれでもかというぐらい挙げてくれています。, 所々に文化についてのコラムも入っていて、日本の優れた英和辞典のラテン語版という感じがします。さすが出版大国ドイツの辞書です。そしてその内容が充実している一方で値段は結構安いです。ハードカバーで1000ページあることを考えると、この値段は嬉しすぎます。, 私は、期待半分不安半分といった感情でこの本をネット注文したのですが、届いたときは「求めていた辞書だ!」という気持ちになってもうニヤニヤが止まりませんでした。(笑), これに限らず、ドイツの辞書や学習教材は本当に質の高いものが多いです。私の考えでは、日本と並んで世界で最も良質な出版物を刊行している国だと思います。これだけでもドイツ語を学習する意義があるものです。, 以上、「ローマ法大全」にならって「ラテン語教材大全」という形で、おすすめ教材を紹介しました。, 結論から言うと、教材に関しては、私はLearn to Read Latin一択です。これは是非多くの日本人に広まって欲しい教材ですね。, 辞書はドイツ語が使えないなら結構悩ましいところです。今はスマホアプリでも良質な羅英辞典はあるので、それらも参考にしてみて下さい。, それでは、これらの教材を手に、みなさまがラテン語の世界を無事に旅をすることを願って、このへんで終わろうと思います。, […] 【ラテン語教材大全】おすすめの初級・中級文法教材と辞書を一気に紹介 […], 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, やるせないから語学やろう。|元・巷の英語講師|現無職(仕事ください)|語学について思ったことをつらつら記事にしています。詳しいプロフィールはアイコンをクリック。, The New College Latin & English Dictionary, しっかり学ぶ初級ラテン語 (Basic Language Learning Series), しっかり身につくラテン語トレーニングブック (Basic Language Learning Series), Wheelock’s Latin, 7th Edition (The Wheelock’s Latin Series), Learn to Read Latin, Second Edition: Textbook, Learn to Read Latin, Second Edition (Workbook), 羅和辞典 <改訂版> LEXICON LATINO-JAPONICUM Editio Emendata, The New College Latin & English Dictionary, Revised and Updated, PONS Woerterbuch Schule und Studium Latein-Deutsch: Mit Online-Woerterbuch, 【ラテン語読んでみよう】Ave Maria 歌詞解説 ラテン語の世界に親しもう!|やるせな語学, 【ラテン語を学習するメリット】英語とラテン語の深~い関係から見えるもの|やるせな語学, 【やるせな語学の100冊】私が使ってきた印象深い語学書を振り返りました|やるせな語学.

Css Ãタン Ťきさ Əえる, Ãリーショート Ãーマ Áわふわ, Âアコン Ãモコン ƶ晶 ƶ漏れ, Âンスタ ŏ達 Ő前変更, ņ山 Ȫ生日 Âプライズ, Âエンタ Ȼ中泊 4人, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ, Ãッチェル Ãグ Ãッフィー Âパウト, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Ơ式会社u-next Ɯ社 ɛ話番号, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用,