CSVで渡されてくるデータの中に、日時データにミリ秒以下のものが付いているものがあり、そのパースをするとなんか読み込んだ時刻が微妙にずれてしまう、という問題が起こりました。, 日付が「2015-05-08 00:00:00.123456789」のような形式でわたされるため、, のようにしてパースさせたのですが、9時間ズレるとかではなく中途半端に時間がずれてしまうのです。, [Seasar-user:8699] Re: Timestamp型の秒以下の桁を取得するには, TimestampConverter は SimpleDateFormat を使っており, c# - 設定 - ミリ秒 fff 意味 . DateTimeを文字列としてフォーマットすると、ミリ秒単位で丸められないのはなぜですか? となるため、日本で馴染みの呼び方である1月は 0 となります。, ミリ秒を設定します。古い PC → 13:22 33"444''' 短所:b に同じ 4 桁以上指定しても意味はありません., ミリ秒だから本来なら3桁までのはずなので、それよりでかい桁については律儀にミリ秒を秒や分、日付に計算しなおしてくれてたのですね。, ここで渡されてくる9桁の「ミリ秒」はそういう意図のデータではないし、まあミリ秒以下のデータは不要であったため、前処理でカットしてパースするようにしました。, 自分のように、DBから渡されたデータを、そのまま多桁の「S」を使ったフォーマットで読み込むと、この問題にあたりますので気をつけて。, stealthinuさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 1)世界の誰が見ても判ってほしい 2つ関数がありますが、1つ目が時分秒とミリ秒をhh:mm:ss.fff形式の文字列で返す関数で、2つ目が呼び出し元です。 Table 6-14 に、日付/時刻フォーマットの修飾子パターンを示します。, FM はパターンの出力を固定長にするため、先頭にはゼロ、後尾には空白を追加してしまう機能を無効にします。, FX オプションが使用されていない場合には、to_timestamp と to_date は入力文字列の複数の空白スペースを無視します。FX は必ずテンプレートの第一項目として指定される必要があります。 例えば、to_timestamp にはたった一つの空白スペースがあることになっているので、to_timestamp('2000 JUN','YYYY MON') が正しく to_timestamp('2000 JUN','FXYYYY MON') はエラーを返します。, 文字列定数の中に逆スラッシュが必要な場合には、例えば '\\HH\\MI\\SS' のように逆スラッシュを重複させます。PostgreSQL ではいかなる文字列定数に対しても共通です。, to_char テンプレートで通常のテキストを使うことができ、そのまま出力されます。たとえパターンキーワードを含んでいるとしても強制的にリテラルテキストとして解釈させるように部分文字列を二重引用符で括ることが可能です。 たとえば、'"Hello Year "YYYY' では、YYYY は年データに置換されますが、"Year" の単一の Y は置換されません。, 出力に二重引用符を付けたい場合、'\\"YYYY Month\\"' のようにその前に逆スラッシュを付けなければなりません。, 文字列を timestamp 型もしくは date 型にする YYYY 変換は、年の値として 4 桁以上の数字を使用していると制限が加えられます。このような場合、数字以外の文字または YYYY の後にテンプレートを使わなければなりません。 そうしないと年は常に 4 桁と解釈されます。 例えば (20000 年として)、to_date('200001131', 'YYYYMMDD') は 4 桁の年と解釈されるので、to_date('20000-1131', 'YYYY-MMDD') または to_date('20000Nov31', 'YYYYMonDD') のように数字でない区切り符号の使用をお勧めします。, 文字列型から timestamp 型への変換に際しミリ秒 MS およびマイクロ秒 US の値は小数点の位置のあとの秒の部分として使用されます。例えば、to_timestamp('12:3', 'SS:MS') は 3 ミリ秒ではなく 300 ミリ秒です。 なぜなら変換においてこれは 12 + 0.3 と計算されるからです。ということは、フォーマット SS:MS に対して入力値である 12:3、12:30、および 12:300 は同じミリ秒数を指定します。3 桁のミリ秒数が必要な場合には 12:003 のようにすると変換において 12 + 0.003 = 12.003 秒と計算します。, もう少し複雑な例をあげます。to_timestamp('15:12:02.020.001230','HH:MI:SS.MS.US') は 15 時間 12 分 2 秒 + 20 ミリ秒 + 1230 マイクロ秒 = 2.021230 秒です。, Table 6-15 に、数値型の値のフォーマットに使用可能なテンプレートパターンを示します。, SG、PL、または MI でフォーマットされた符号は、数値と関連付けられません。 例えば、to_char(-12, 'S9999') は ' -12' となる一方、to_char(-12, 'MI9999') は '- 12' となります。Oracle の実装では 9 に先行して MI が置かれてはならず、9 の後に MI が置かれることを要求しています。, 9 は 9 が並んでいる数と同じ桁数の値を指定します。 短所:''' が完全に自己流 日~秒までは、UNIX の慣例(?)に拠り、次の様になろうかと思います。 短所:自己流。又、. CSVで渡されてくるデータの中に、日時データにミリ秒以下のものが付いているものがあり、そのパースをするとなんか読み込んだ時刻が微妙にずれてしまう、という問題が起こりました。 日付が「2015-05-08 00:00:00.123456789」のような形式でわたされるため、 String dateStr = "2015-… 6,6: 201301201320: 日付の月データがなかったため,1月(01)を仮定値とし,日付を6桁に調整します。 20130805190853068 (YYYYMMDD) 6,4: 2013080000: 区切り文字がないため,時刻データを検知できず,0時0分(0000)を仮定します。 2013/8/10 7:27:53.250 (YYYY/MM/DD hh:mm:ss.fff) 8,9 これは少し主観的なものですが、切り捨てるのではなく、日付と時刻の値を丸めると、「もっと」予想外の動作になると思います。, たとえば、 new DateTime(2011, 1, 1, 23, 59, 59, 999) )を四捨五入すると、完全に新しい日になります。 これは単に値を切り捨てるよりはるかに奇妙に聞こえます。, Doubleが文字列としてフォーマットされている場合は丸めが使用されます。 例えば, ただし、 DateTimeが文字列の切り捨てとしてフォーマットされている場合は使用されます。 例えば, 最も近い秒への丸めは、文字列としてフォーマットする前に0.5秒を追加することによって実現できます。, 古い質問ですが、それは新しいものから参照されています、そして答えは丸めの理由を議論するかどうかを議論します(もちろん有効です)が、答えを全く持たないままにします。, 四捨五入しないのは、 ToStringはあなたが要求した日付/時刻部分だけを出力するからです。, パラメータなしで、 ToStringはあなたの環境のデフォルトの日付/時刻フォーマット文字列を使います。. ミリ秒【millisecond / msec】とは、時間の単位の一つで、1秒の1000分の1(0.001秒)を表すもの。1000ミリ秒が1秒に相当する。コンピュータで時間を扱う際の最小単位としてよく用いられる。プログラミングなどで時間の長さなどを指定する際に、ミリ秒単位で指定することができるようになっている … Timer関数で時分秒とミリ秒を取得する方法です。 例としてこんな感じで取得します。 12:06:09.4804688. → 13:22 33.444 a)経緯度の表記法を援用 …… 北緯13度22分33秒 = N13°22'33" All Rights Reserved. 2015/07/27 13:22 「1秒は何ミリ秒?1分は何ミリ秒?」について解説していきます。 setInterval()メソッドやsetTimeout()メソッドは引数にミリ秒単位で指定します。 ※20200522:表記が間違っていたため修正致 … Copyright (C) 2001 - 2020 hatena. c)分・秒を表す一般的な方法を援用 …… 22分33秒 = 22’33” b)マイクロソフト系システムの表記法を援用 …… 13:22:33.444 (「ミリ秒」を知らない人はまるで意味が判らない) ブログを報告する, ミリ秒だから本来なら3桁までのはずなので、それよりでかい桁については律儀にミリ秒を秒や分、日付に計算しなおしてくれてた. 6,6: 201301201320: 日付の月データがなかったため,1月(01)を仮定値とし,日付を6桁に調整します。 20130805190853068 (YYYYMMDD) 6,4: 2013080000: 区切り文字がないため,時刻データを検知できず,0時0分(0000)を仮定します。 2013/8/10 7:27:53.250 (YYYY/MM/DD hh:mm:ss.fff) 8,9 ミリ秒(6桁) 000000~999999: fffff: ミリ秒(5桁) 00000~99999: ffff: ミリ秒(4桁) 0000~9999: fff: ミリ秒(3桁) 000~999: ff: ミリ秒(2桁) 00~99: f: ミリ秒(1桁) 0~9: tt: 午前/午後: 午前/午後: ddd: 曜日(省略形) 月~日: dddd: 曜日: 月曜日~日曜日: SQLServerに定義済みのフォーマットを指定す … → 13:22’33”444 2)私は「年~分と秒~ミリ秒とを切り離して」表記した方がわかり易いと思う なお、いずれの方法も関数自体やPC環境ごとにミリ秒の精度に誤差があるため、実際の時刻とはどうしても数ミリ秒から数10ミリ秒程度でズレてしまうことは認識しておく必要があります。, GetLocalTime関数はkernel32ライブラリで定義されている外部プロシージャのため、利用する場合にはDeclareステートメントで利用を宣言しておく必要があります。, また、GetLocalTime関数は日時をSYSTEMTIME構造体で返すため、SYSTEMTIME構造体も一緒に定義しておきます。, あとはSYSTEMTIME構造体型の変数に入っている日時情報を編集して利用します。, 2つ関数がありますが、1つ目が時分秒とミリ秒をhh:mm:ss.fff形式の文字列で返す関数で、2つ目が呼び出し元です。, Timer関数の結果は秒数+ミリ秒で返ってくるため、整数部分の秒数を時分秒文字列に変換して返すようにしています。, なお、Timer関数で取得できるミリ秒部分は7桁程度ありますが、3桁までを採用しています。, Timer関数は日付を取れないため、日付を付けたい場合はNow関数の日付部分を利用して連結させると、日付+時刻+ミリ秒で出力することが出来ます。, Timer関数とNow関数をそれぞれ実行しなければならないため、どうしてもそれぞれの取得日時にズレが生じます。, その際に、Timer関数実行時の日付とNow関数実行時の日付が異なる場合は、Timer関数の時分秒にNow関数の日付を連結させると、約1日のズレになってしまいます。, ズレを判定するにはTimer関数の時刻と、Date関数もしくはNow関数の時刻が逆転しているかどうかで判定します。, と、ここまで書きましたが、それだけの考慮をするぐらいであれば、最初からGetLocalTime関数を使った方がラクだと思います。. PostgreSQL のフォーマッティング関数は多彩なデータ型 (日付/時刻データ型、整数データ型、浮動小数点数データ型、数値データ型)をフォーマットされた文字列変換したり、フォーマットされた文字列を特定のデータ型に変換する強力なツールの一式を提供しています。 Table 6-12 にこれらをリストしています。これら関数は共通の呼び出し規約を踏襲しています。最初の引数はフォーマットされる値で二番目の引数は入力フォーマットまたは出力フォーマットを定義するテンプレートです。, 出力テンプレート文字列には、それが認識され、フォーマットされる値から適切にフォーマットされたデータで置き換えられるパターンがあります。テンプレートパターンですべてのテキストは単にそのままコピーされます。同様に、入力テンプレート文字列では、テンプレートパターンは入力されたデータ文字列の捜し出される部分と、そこで見つけ出される値を特定します。, Table 6-13 に、日付/時刻型の値のフォーマットに使用可能なテンプレートパターンを示します。, どのようなテンプレートパターンに対しても、その振舞いを変更するためにある種の修飾子を適用することができます。例えば、"FMMonth" は "FM" の付いた "Month" パターンです。 の場合は設定できないこともあるそうですが、その場合にエラーとなるかどうかは確認していません。. 文字列型から timestamp 型への変換に際しミリ秒 MS およびマイクロ秒 US の値は小数点の位置のあとの秒の部分として使用されます。例えば、to_timestamp('12:3', 'SS:MS') は 3 ミリ秒ではなく 300 ミリ秒です。 なぜなら変換においてこれは 12 + 0.3 と計算されるからです。 DateTimeオブジェクトを指定すると、ISO 8601の日付を文字列形式で取得するにはどうすればよいですか. タイムスタンプをミリ秒まで示す場合の表記法について 日~秒までは、unix の慣例(?)に拠り、次の様になろうかと思います。 2015/07/27 13:22 上記に、秒とミリ秒を付加する場合の表記法をどうするか … グローバル・スタンダードがあればそれをご教示下さい。無ければ、下記をご参照の上、ご助言願います。 の後の基数(?)が10である事を直感しにくい タミヤのジャパンカップが昔島根県で開催されていたと思うのですが、どなたかご存知ないですか? なお、これは地区予選だったかもしれ…, android版のヒューマンフォールフラットをスマホ対応のコントローラーでしようとしたところボタンを押しても反応がないです…何がいけ…, WindowsでInstagramのフォロワーを一括解除する方法(サイトなど)ありませんか?グーグルプレイは使えません。…, アメリカ選挙(上院選挙)の件で、投稿しました。ジョージア州では、民主党と共和党の候補がいずれも過半数に達することができず、決…, ISO 8601 - Wikipedia, the free encyclopedia, 進んだ先のページで「許可する」ボタンを押してはてなによるアクセスを許可すると、認証が終わります。. SimpleDateFormat のパターン文字 S は「ミリ秒」なので ミリ秒(6桁) 000000~999999: fffff: ミリ秒(5桁) 00000~99999: ffff: ミリ秒(4桁) 0000~9999: fff: ミリ秒(3桁) 000~999: ff: ミリ秒(2桁) 00~99: f: ミリ秒(1桁) 0~9: tt: 午前/午後: 午前/午後: ddd: 曜日(省略形) 月~日: dddd: 曜日: 月曜日~日曜日 | // dt = new SimpleDateFormat("yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSSSSSSSS").parse(tsExp); // SimpleDateFormatのSはミリ秒のため、3個までしか並べられない。 // またtsExpのナノ秒をミリ秒までに縮める必要がある。 なぜそうなのかというと…、おそらく単純演算を一瞬でこなすパソコンにとってはそのほうが何かと都合がいいからです。 人間からしてみれば、1970 年から 10,000,000 ミリ秒後といわれてもさっぱりですけど、パソコンならば瞬時に現在の日付を割り出せます。 桁が使用可能でない場合、スペースを出力します。, V は入力値を有効的に 10^n 乗します。 ここで n は V に続く桁数です。 to_char 関数は小数点を含む数値が V との混在をサポートしません。(例えば、99.9V99 は許可されません。. 1・2両方を満たそうとすると、下記のような例しか思い浮かびません。 上記に、秒とミリ秒を付加する場合の表記法をどうするかが、この質問の焦点です。 ご助言を願います。, 日時の書式に関しては、ISO 8601 という規格があります。ISO 8601 - Wikipedia1 時 23 分 45 秒であれば、01:23:45(もしくは 012345)になります。日本語の Wikipedia のページではミリ秒に関してはちょっと曖昧ですが、英語のページを見るとISO 8601 - Wikipedia, the free encyclopedia, と書いているので、「01:23:45.678」といった表記になります。ちなみに、ISO 8601 では、日付の表記は「/」区切りではなく「-」区切りなので「2015-07-27」と書くのが正しいです。, へえ、日付の表記上の区切りは “-” が標準というのは初耳です。格納されているキャラクターは “/” だが表示においては “-” が標準、という事ですね。URLやファイル名などで特別な意味を持つキャラクタを避ける、といったあたりが理由でしょうか。“01:23:45.678” については、一般的な生活において認識する最小の単位としての分と、それより細かい秒以下との間をハッキリ分けて表示させた方が良いのではないか? と私は思いますので、質問文にある例 b、つまり “2001-02-03 13:22 33.444”が良いような気がしてきます。しかし、そういう標準は無いのですよね? うーん。いっその事、“2001-02-03 13:22 33s 444ms” などにしてしまいましょうかねぇ……。これでしたら、ミリ秒の単位について知らない人でも、「ああ、s と ms とで、単位がハッキリ違うんだ」と気付き、調べてみたりするかもしれませんからね。余りにも冗長で、スマートでないのが難点ですが。, 日付の区切り文字が「-」なのは、多分、もっと古い時代からだと思います。英語の Wikipedia のページには、ISO-8061 自体は 1988 年に初版で、その前身となる ISO-2014 とかは 1970 年台です。規格の変更履歴はわかりませんが、もし、当初から「-」であれば、インターネット以前の話です。個人的な感覚としては「-」区切りが正統派で、「/」区切りは PC の世界で使われて広まった印象があります。時刻のほうですが、秒の単位は「01:23:45」と「:」で続けて良いと思います。ログのタイムスタンプなんかは、UNIX 系 OS でも Windows でも「01:23:45」ですし、メールヘッダや HTTP ヘッダに含まれる時刻も「01:23:45」です。ミリ秒の単位も、小数点の下に3桁の数字をつけるパターンは、何かのログファイルで見た記憶があります。ただ、日付と時刻をつなげた時に、間に「T」を入れるのはちょっと違和感があるとは思います。そこはスペースつなぎで「2015-07-29 01:23:45.678」が個人的には一番落ち着く感じがします。, 日付と時刻の間にTですか……(笑) どうしてもスペースを入れられないのでしょうね。しかしわざわざTでなくても、アンダーバーとか……ダメなんでしょうかねえ。質問の答えとしては、どうも、下記が良いような気がしてきました。2015-01-02 13:22 33:444ご覧のとおりかなり自己流ですが、これでしたら、下記の長所があります。1) 直感的に分かりやすい2) 数字以外には、ハイフン・コロン・スペースしか使っていないので、他のシステムとバッティングする心配がなく安全3) スペースで3分割することによって、正規表現などで簡単に単位が識別できる4) 「時:分」と「秒:ミリ秒」は、後者の後方の数値が3桁であることにより、それが「分よりも細かい単位」、つまりコロンの前が秒で、コロンの後はそれよりも細かい何かだ、ということが、「ミリ秒」を知らない人にも何となく判りそう――4は、「コロンの後が3桁ある」という識別法だけでなく、「コロンで接続された時間に関する数値は、前後で単位が違う」という、「13:22」でも発生している状態から類推して頂く、という識別法をも引用しているわけですが、さて、これがどこまで有効なものやら。この有効性については、広く浅く一班の方々にアンケートをとるしかなさそうですね。, あーしかしこれ……ローカルタイムも表現しないと……。何か、変に「世界協定時は… :55.666Z」とかになってますね。これ、船とか無線で使う時に「グリニッジ標準時」= “Z time” という、明らかに「自然言語の内部で言及するための伝統」に過ぎない意味しか無いようですが、20 世紀半ばに、既に、欧・独・ソの間で「原子時計と自然時とのズレをどう処理するか」でモメたりしているのに、規格が「Z 時」とは……西洋人は意外に何というか……しっかりしてくれないとなあ。もうアルファベットのうち 2 文字使っちゃったわけでしょう(しかもそのうち一つが “Z” 笑)。文明発祥から僅か 3,000 年(たぶん事実上 5~600 年)で 1/13 文字使ってしまっているという……。これ、どうするの? 後、自然時間と世界時(というかネットワーク時)との合わせ方が本質的に変わるたび、延々と伸ばしていくの? US-ASCII に文字を追加するの? 米国は「核のゴミの保管期限は(現政府の責任下にある限り) 15 万年」とか言っているのに(すみません、確か 15 万年)。, 「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。.

Pdf変換 DŽ料 Áすすめ, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ, Ãッチェル Ãグ Ãッフィー Âパウト, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Ơ式会社u-next Ɯ社 ɛ話番号, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用,