絶版名車とは「今もその当時の存在感や魅力があせることなく、現在のクルマにはない“味”をもち続けるクルマ」である。クラシックカー市場が高騰し続けるいま、そんな先取りしたい絶版名車を紹介する。 文・伊達軍曹 編集・iconic, あれはどの天皇の時代のことだっただろうか。「カメラマンのクルマ=ボルボ」という時代があった。, おぼろげな記憶によれば、それは80年代後半から90年代初頭、つまりは元号が昭和から平成へと変わっていった頃。「ボルボのワゴンにあらずんば横文字職業人にあらず」といった空気が世の中に蔓延していたのだ。, その当時、フォトグラファーがこぞって購入したのはボルボの240エステートというステーションワゴンと、同じくボルボの740エステートまたは940エステートだったと記憶している。, だが今、つまり元号が再び変わろうとしている2019年春、240エステート以外の「当時物ボルボ」を街で見かける機会は少ない。, 一世を風靡した740エステートや940エステートは、果たしてどこへ行ってしまったのだろうか?, いや……話はむしろ逆なのかもしれない。すなわち、前述3モデルのなかではもっとも古い設計である240エステートだけがなぜ、あれから約30年も経過した今なお愛され続けているのだろうか?, 答えは「設計が古いからこそ残った」という、逆説的ながらシンプルなものであるのだろう。, ボルボ240シリーズは、やや大げさに言うなら自動車界のシーラカンスである。「生きた化石」ということだ。, その源流というか基本設計は、1966年登場の140シリーズまでさかのぼってしまう。1966年といえば、元号で言うところの昭和41年。大卒初任給が2万1600円、ラーメン1杯が約70円だった「大昔」である。, そんな140シリーズの基本設計を受け継ぎつつ240シリーズが登場したのは、1974年秋のこと。もちろんその後さまざまなマイナーチェンジは受けたわけだが、根本の部分はさして変わらないまま、240シリーズは1993年まで長らく製造され続けた。, そんな「大昔の設計」を持つ240シリーズは、大昔のモノであるゆえに、当たり前だがそのビジュアルは大いにクラシカルだ。, 全長こそ4785mmとまずまず長いが、それに比して(現代の目線から言うと)きわめてナローな1715mmという全幅が「古典」を感じさせるのだろうか? わからないが、とにかく240は、特にワゴンの「240エステート」は、フォルムとディテールがかなりシブい。ローファイ系あるいはクラシカル系の物事を好む者なら男女問わず、好感を持たざるを得ない造形だと言える。, だが気をつけねばならないのは、ビジュアルと同時にその乗り味も大昔のものであるということだ。, あえて悪しざまに言うのであれば、240のエンジンフィールは最新ボルボのそれと比べれば耕運機のようであり、ハンドリングはお世辞にもシュアとは言えない。, だが、それでいて妙に安心して長距離を走りきることができ、そしてなぜか不満も覚えないのが、このクルマの不思議なところである。, 現代のクルマに慣れきっている者であれば、240エステートを初めて運転した際に「なんだこりゃ?」と感じることだろう。だがしばらく運転していると「まぁこれはこれで悪くないのかもしれないな」と思いはじめ、さらに乗っているうちに飛ばす気が完全に失せ、のんびりと幸せな気分になる――というのが、ボルボ240エステートの実像だ。, もちろんボルボ240のこの部分(すべての動きが古くさく、でもなんだか妙に味があるという部分)が好きになれない者もいるだろう。そういった場合は当然ながらわざわざ絶版240エステートなど買う必要はなく、最新のXC60あたりを買うのが幸せへの近道だ。, だが世の中には「そういうの(モダンすぎるほどモダンなクルマあるいはその他の物事)はもうお腹いっぱいだよ」と感じている人間も一定数数はいる。, とはいえそういった人間が「じゃ、昔のボルボワゴンでも買ってみるか」と思ったとき、80年代に設計された740シリーズや940シリーズではいささか新しすぎるのだ。, いや、80年代だって今や十分「大昔」なわけだが、740や940のビジュアルや乗り味は、後の90年代後半ぐらいまでのクルマに通じる部分も多々ある。それは普通に考えれば「良いこと」なのだが、この場合に限っては「悪いこと」になる。クラシカルという意味ではいささか中途半端なのだ。「……これならいっそ新しいやつを買ったほうがいいかな?」と、どうしても思ってしまうのである。, だが240エステートは違う。流通している中古車は740や940のそれと似たような「89年式」や「91年式」あたりが中心なのだが、なにせ基本設計を受けた年代が大きく異なる。こちとら完膚なきまでの生きた化石である。, それゆえ、同時期に販売されていた740や940ではどうしても感じてしまう「現代的なクルマに対する未練」のようなものを、240では感じようがない。なぜならば「生きた化石」であり、現代社会と(ある意味)断絶しているからだ。, そんなボルボ240エステートというクルマに対し、我々が取れる態度は2つしかない。「無視する」か、「その世界に浸る」かの2択である。まぁ正確には「好意を持って傍観する」という第3の立場もあるわけだが、基本的には「買うか否か」に大別される。, 「買わない」という選択も大いに結構だ。筆者も万人におすすめするつもりはない。だがもしも買うのであれば、そしてあなたがボルボ240というクルマの世界観にマッチするお人であるならば……幸せへの道は約束されたも同然である。, なぜならば、クラシック系ボルボの補修用パーツは、他ブランドのそれと比べてきわめて廃番率が低い。欠品しているものもあるにはあるが、たいていの補修用部品が今なお普通に入手可能なのだ。そして決して数多くではないものの、240の整備を専門あるいは得意としているファクトリーも全国に点在している。, さらに言えば、ボルボ・カー・ジャパンがオフィシャルに運営している「ボルボ・クラシックガレージ」という正規の整備販売拠点すらある。, そして何より、唯一無二といっても過言ではない素敵なビジュアルと、不思議な味わいを持つこれまた唯一無二の乗り味が、そこにある。, ダメな個体(具体的には妙に安すぎる中古車)をつかまず、「車両価格150万円以上」をひとつの目安としてボルボ240エステートを探せば、ある種の人は、ほぼ確実に幸せになれるはずだ。, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります. ボルボ・カー・ジャパンが立ち上げたクラシック・カー事業によって再生されたクラシック・ボルボに試乗する機会を得た。第2弾は「240ワゴン」。塩見智がレポートする。 文・塩見智 写真・安井宏充(Weekend.), クラシック・ボルボの試乗会で乗ったステーションワゴンの「240タック」(1993年式)はよかった。およそ1時間運転したに過ぎないが、その印象は強く、日数の経った今もステアリング・フィールや加速の具合を思い出せる。そのあとに試乗した何台ものクルマについてはほとんど忘れてしまっているのに、だ。, この240ワゴンはボルボ・カー・ジャパンが2016年8月に発足させた古いボルボのレストアおよび販売をおこなう「クラシックガレージ」が仕上げた1台で、コンディションは非常によかった。今頃売れてだれかの所有になっているのではないか(販売用に仕立てられている)。, クルマの良し悪しをはかる基準はいろいろあるが、動力性能や装備の充実度でいえば、当然ながら、赤く四角い240ワゴンは大した内容ではない。1993年の新車時からすでに古かった。何しろ240自体は1974年に登場したクルマだ。要するに45年前に登場し、25年前に生産されたクルマである。, 速くもなければ豪華でもない。面倒なことにキーをシリンダーに差し込んでエンジンを始動させなければならない。にもかかわらず、大きな径で、なおかつパワーアシストされているにもかかわらず、幾分ねっとりとした手応えのあるステアリングリムをゆっくりまわし、重めのアクセルペダルを踏み込んで首都高や一般道を走らせると、頬がゆるむ。, レーダーを発しながら先行車両を追従し、車線をはみ出さずに、ドライバーたる僕なんかいなくたって進んでいくのでは? と、思うほど高度な最新ボルボと異なり、240は操作している感が強い。, 古いクルマであるものの、古すぎない点もよい。走行に関する操作系は現代のクルマとなんら変わらないから、気負いなく運転出来た。, この日、240の前に乗った「122S」もその出来のよさに感心したが、とはいえなんというかフラジャイルな感じがして、大事にというかこわごわ操作した。あれでも同時代の他社のクルマより丈夫で、気難しさがあまりないのかもしれない。, それが240になると、扱い方は現代のクルマとほぼおなじでOKだから122Sより気楽だ。でも乗って感じる風味は適度に古く、いい味を出している。, クラシックガレージはボルボ本社の取り組みの日本版ではなく日本法人のオリジナルアイデアだ。ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は発足の理由を、時計の歴史を例に挙げて説明する。, 「セイコーがクオーツ時計を出したとき、あまりに正確なので機械式時計メーカーはすべて潰れると言われました。しかし、実際には何百万円、何千万円もするような機械式時計が売れています。だから古いボルボも商売になると思いました」, ちなみに、現行モデルと240や122Sなどの古いモデルを同時に所有するボルボオーナーはけっこう多いという。, 続けて木村社長は「電動化にせよ自動化にせよ、クルマもあまりに高機能化するとユーザーにとってはつまらなく感じるのです。理由もなく電動化、自動化が進んでいるわけではないので、大きな流れは止められないでしょう。ただし、人々の興味もおなじように移行しているとは限りません。だから、古いボルボを扱うのです。また大前提として、スウェーデンの本社が古いボルボのパーツを適価で供給してくれるからこそ可能な取り組みでもあります」と述べる。, 古いモデルを所有した経験はないが、興味はあるといった旧車初心者にとって、正規販売店が面倒をみてくれるというのは安心感につながるはずだ。, それに、いきなりうんと古いクルマに挑戦するのはハードルが高いものの、240などは1990年代前半まで新車が売られていた“ちょっと古いクルマ”である。維持費は同年代製のほかの一般的な中古車とあまり変わらない。妙に身体に馴染んだ240、もっとじっくり試乗していたら自宅に判子を取りに帰ったかもしれない。, 新しいボルボとちょっと古いボルボの組み合わせは、例えば平日用と休日用、あるいは仕事用と遊び用として乗り分けるのにちょうどよい組み合わせのように思う。別にどっちかはボルボじゃなくてもよいし、2台ともボルボじゃなくてもよい。ただ、おなじブランドの新旧モデルを乗り分けるのは、タイムスリップ感があって楽しいと思う。240試乗後に自身が所有する「V40」に乗り換えてそう思った。, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります. ボルボ 240の新車・中古車情報をまとめてチェック。240新型モデルの最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。価格・性能・装備がわかる240の諸元表で気になるグレードを詳しく比較。ユーザーレビューや値引きのクチコミ情報もあります。 240(ボルボ)車カタログでお気に入りの240がきっと見つかる。240に関するスペックやクチコミ情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセンサーnet」! 5台目の購入になった'93年式 ボルボ240クラッシクエステートです。 最終型が1993年です。 生産完了から15年が経過していますが未だに走り続けている個体が多いことからも、この時代のボルボの耐久性が証明されていると思います。 ボルボ新車延長保証はファーストオーナーのみが加入対象条件となります。 ボルボ新車延長保証に加入したボルボ車両を、同居していない子供に譲渡し所有者(使用者)名義が変更となった場合、保証を継承することはできますか? ボルボ 240エステート|volvo 240 estate 販売期間が1974年から1993年と長いため搭載エンジンの種類も多い。5気筒や6気筒、1980年代以降はターボモデルやインタークーラー付きモデルも存在していた。 ボルボ 240 ワゴンのレビュー、口コミなら「みんカラ」。クルマ大好きみんカラユーザーならではの詳細なレビューで、あなたの気になる車の情報がきっと見つかります。ボルボ 240 ワゴンのレビュー、口コミは日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 ボルボ 240 セダンに実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。ボルボ 240 セダンの様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 ボルボ・カー・ジャパンが立ち上げたクラシック・カー事業によって再生されたクラシック・ボルボに試乗する機会を得た。第2弾は「240ワゴン」。塩見智がレポートする。 文・塩見智 写真・安井宏 … 北欧スウェーデンの自動車メーカー・volvo(ボルボ)の日本公式サイト。各車種ラインナップをはじめ、正規ディーラーのご紹介、キャンペーン情報などをお届けいたします。 B‚æ‚萳Šm‚ȏî•ñ‚̓[ƒJ[‚̃z[ƒ€ƒy[ƒW‚âƒJƒ^ƒƒOA”Ì”„“X‚É‚Ä‚²Šm”F‚­‚¾‚³‚¢B. 240(ボルボ)の中古車を22台掲載中。240の中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。240の中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。

Ãルセーター Ťし方 Âャープ 9, Aquos Sense3 ƌ紋認証 Ľわない 5, Áのこ ő Ãンキング 5, Ŋ士 żり手 ƭぬ 8, Music Center For Pc ů応機器 8, Ãヨタ ɧ伝 ż制 7, Ŀ育園 Áじめ ťの子 9, Âーモス ȓ ň解 5, Ɩ人賞 ɀ絡 Áつ 5, Hiroji Miyamoto Rar 27, α6400 ŋ画 ǵり 7, 8uppers Ãック Jr 4, Change Ãラマ Ãケ地 Ǧ岡 6, ɜ使い Ãッキ ń勝 47, Ȳ促 Âレンダー Âプレッドシート 7, Core I5 8250u Passmark 4, Ãロフェッショナル ǥ谷浩史 Ȧ聴率 5, Ãータラ Ŧ娠中 Áとり 6, Cisco Webex DŽ料 ƙ間制限 13, Ãラクエ10 Ãギロ ɗ100 15, Vba Formular1c1 ňシート 25, Ãサートgte Ȳ売 ĸ止 12, Postgres Vacuum ǵわらない 27, ɡ ƭみ ʼnり箸 8, ș Áずし ŭ 9, Ãーミキュラ ǎ米 Dz 12, ɀ絡先知らない lj思い ōい 4, J Ãップ Ő唱 5, Ȼ倒転落 ĺ防 Ãスター 5, ĺ備試験 ŋ強法 Ãログ 4, Ãケモン Âピー産 ʼn盾 20, Aquos Zero2 ĺ約特典 4, Âャープ Ãコーダー Ep6 6, Qrコード Ȫみ取れない Űさい 4, Âヒージョ Ãースター Âルミホイル 6,