■価格:1本8万円+税。, (C)2020,Nikkan Sports News. 1位249.3ヤード/プロギアrsf. 6.1 rs fドライバーをマーク金井氏が試打して解説 何はともあれ、「rs-f2017」ドライバーを紹介してみましょう。 まずは見た目から。 「rsドライバーf」ドライバーとデザインは変更されていますが、形状的にはほぼ同じだと思います。デザイン的にはブラックボディで精悍な感じになっていますね。 2018年のrsドライバーは 強い、広い。 新高初速rsなら、もっと飛ぶ。 がコンセプト. 無断転載禁止, スライスしないドライバーの最右翼!? 2018RSを所有してましたが、左に引っ掛ける事がたまにありRS Fを購入してみました。 引っ掛けることが多かったですが、先日のラウンドでは思い切り叩いてもフックすることはなかったです。安心して打てるドライバー。 新しく開発された新クラウン設計とwモーメント設計で反発力と反発エリアを前作以上に仕上げてきており、「打点がズレても初速が落ちない」のが特徴 先代はトゥ側バックが窪んでいましたが、新作はほぼノーマル状態です。, 構えてみると、こんな感じ。新作「RS」の形状そのままで、やや小振りになったようなイメージでしたね。この「RS F」も逃げ顔ですが、実際には3.5度開いているようです。, 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「デイアマナ for PRGR」S(M-43)フレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角56度、長さ45.5インチ、総重量308g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.7、中調子。, 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールです。, 持ってみた感覚は、「RS」とほぼ一緒です。重量的にも同じで、ボクにはやや軽め。グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、やはり1番しなっていたのは中間でした。素振りした限りではニュートラルなイメージですが、これは実際に打ってからのレポ後にしましょう!, 実際に打ってみると、ボクの打ち方の問題なのか、10.5度のわりには今のオートマチック系クラブに比較すると球の上がりはイマイチ。とはいえ、この「RS」シリーズは、アスリートモデルのはずなので、オートマチック系クラブと比較しちゃ~まずそうですね。結果論ですが、「RS F」ドライバーは、3球平均でスピン量が2700rpmあたりで安定していました。当たり前ですが、見た目とスペックは「RS」ドライバーとほぼ一緒ですが、ヘッドはやはり別モノですね。この「RS F」ドライバーのほうが、つかまりも抑えてる感じで、「RS」ドライバーに比較するとおそらく浅重心なんじゃないかと思います。今回も「RS F」ドライバーはかなり良い感じでした!, 【3球平均】 昨年の“ぶっ飛びドライバー №1”の「rs01」 その飛びがさらに進化した! 月刊ゴルフダイジェストの名物企画「d-1グランプリ」。昨年の大会で優勝したのは、プロギア「idナブラrs01」。 その飛びを一段と進化させたモデルがこのたび登場! それが新「rs」ドライバー。 prgrのニューモデル「rsシリーズ」を試打できました。今日紹介するのは「rs f」ドライバーです。こちらは以前池田勇太プロ使用で話題になったモデルですが、今回の「rs f」ドライバーもかなり良い感じでした。 HS46.3m/s、初速67.2m/s、打ち出し角13.9度、バックスピン量2732.0rpm、サイドスピン-312.5rpm、飛距離257.8y 価格もお手頃なので、不満はありません。シャフトが裏挿ししてあったのも、好印象でした。, RSを しばらく使っていましたが、やっぱり 力むと フック回転が 1ラウンドで1回は出ます。 で RSF お安くなっていたので 思わず ぽちっと 購入しました。 フェードタイプと言いますが なかなか つかまった ストレート球が 出ます。 左にフックは 1発も出なかったです。 とても 良いです。 で フェアウェイウッドも 先ほど 購入しました。, 元々興味のあったクラブですので、かなり安くなったのを機に購入しました。シャフトが合っているのか、とても振り抜きがよく感じます。力を入れずにスイングしやすいクラブです。PRGRはちょっと高目の印象があってこれが初めてですが、外ブラに負けずいいクラブです。, 今迄、PINGのカスタムシャフトSR使用。左曲りのボールが多くFタイプを 昨年の“ぶっ飛びドライバー №1”の「rs01」 その飛びがさらに進化した! 月刊ゴルフダイジェストの名物企画「d-1グランプリ」。昨年の大会で優勝したのは、プロギア「idナブラrs01」。 その飛びを一段と進化させたモデルがこのたび登場! それが新「rs」ドライバー。 ■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1MO)、フェース=チタン(Ti-6AL-4V)、クラウン=カーボン(CFRP)、ウエート8g=ステンレス(SUS630) プロギアのRSシリーズから発売のRS Fドライバー 2018年モデルについて取り上げます。, PRGRのRSシリーズは2018年にRSとRS Fの2種類、2019年にRS EとRS REDの2種類が発売され、全部で4モデルのラインナップとなっています。右から、2018年に発売のフェード仕様のSR Fドライバー、ドロー仕様のRSドライバー。そして、2019年に発売の軽量モデルのRS REDドライバー、つかまりの良いRS Eドライバーです。, RS Fドライバーは2016年に初代、2017年に2代目が発売され、2018年モデルは3代目となります。, 2016・2017年のモデルは、トゥ側にウェイトが一つ搭載されていて、これはRSドライバーがヒール側なのと逆になっています。ウェイト位置からRSがドロー仕様、RS Fがフェード仕様であることが分かりました。, 3代目の2018年モデルではウェイトが一つとなり、共にソール後方に搭載されていますので、ウェイト位置からはドロー・フェードの違いは分かりません。ただし、ヘッド形状により深重心・浅重心の差があり、重心角に差を生む形状となっています。RS Fドライバーの方が重心が浅いため、ヘッドがオートマチックに返りにくく、フェードが出やすいドライバーとなっています。, RS Fドライバーは、RSドライバーと同様にクラウンの前方が斜めに傾斜しているWクラウン設計となっています。, 上図はRSドライバーのものですが、Wクラウン設計によりフェースが大きく撓むことで、反発性能が高まっています。, RS Fドライバーは、RSドライバーと異なりディープヘッドになっています。ヘッド体積は同じく460ccえすので、フェースが面長で、その分、ストレッチが短くアドレスするとコンパクトに見えます。, 洋ナシ形状で、RSよりもヘッドが勝手にかえることなく、左のミスを恐れずに叩いていけそうです。, 大きな慣性モーメントにより、一般的なドライバーと比べて反発エリアが約150%拡大しています。RS Fドライバーはフェースの縦方向の慣性モーメントが大きくなっていますので、上下方向の打点がバラつきに対して寛容性を発揮してくれます。, フェード仕様のボールがつかまり過ぎないドライバーで、純正Diamanaシャフトでは、ヘッドスピード43~45m/sぐらいの人におすすめされています。, 前作のRSシリーズとの違いについても解説されています。RS Fについては、ドロー仕様というよりニュートラル、ストレートと言った感想が出ています。, RS Fはフェードバイアス設計となっていますが、従来のウェイトをソールのトゥ側に搭載したいたものと異なり、重心深度を変えることで重心角を小さくし、ボールのつかまり・にげ具合を変えているようです。, フェードモデルといいながらも、そこまでつかまる感じはないという感想が印象的でした。2018年モデルでは、装着ウェイト数が異なったこともあり、フェード具合が弱まっているのかもしれません。, RS Fドライバーはの発売開始日は2018年7月13日です。標準シャフトはDiamana for PRGRで、発売価格は80,000円です。, ドライバー・アイアン おすすめランキング!ゴルフクラブの試打・評価などドライバーやアイアンの解説を取り上げます, 出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-driver.html, TSi2・ISi3ドライバーの海外での評価!タイトリスト使用プロの約6割がTSiを使用, ドライバー・アイアン おすすめランキング!ゴルフクラブの試打・評価・解説のゴルフ情報局. 2018年秋の新作ドライバー「参考」飛距離ランキング. 4位246.3ヤード/スリクソンz785. この「RS F」ドライバーも、アスリートモデルを意識しつつ、先代よりも打ちやすさを意識したモデルだと思います。「RS」同様1発の飛びよりも、平均的に飛ぶモデル、すなわちミスヒットの寛容性が高いモデルだと思います。, <PRGR「RS F」ドライバー> (1)【Wクラウン設計】がさらに進化⇒ギリギリ(高CT)の拡大 HS46.5m/s、初速68.2m/s、打ち出し角13.3度、バックスピン量2627.1rpm、サイドスピン-771.9rpm、飛距離259.1y, 打感は、マイルド系。この「RS F」ドライバーもフェースが薄いのか、ちょっと「シャコッ! ■弾道高さ プロギア prgr 新rs、rs f(2018)ドライバー rs(2017)、rs f(2017)とトラックマンで打ち比べ 「ギリギリ、全開」は本当か?結果は、トラックマン最長飛距離が出ました! 最後までお付き合い下さい! 「G425ドライバー」3種をアマとプロで試打! ”実弾道”でミスへの強さも丸わかり!! 契約フリーの選手たちが多数使用するなどで現在非常に注目度の高いクラブ、PRGR「2018 新RSドライバー」を試打しましたので良かった点, 2018年のRSドライバーは強い、広い。新高初速RSなら、もっと飛ぶ。がコンセプト, 新しく開発された新クラウン設計とWモーメント設計で反発力と反発エリアを前作以上に仕上げてきており、「打点がズレても初速が落ちない」のが特徴, RSとRS-Fの2種類が発売されますが、今回試打したのは捕まりが良くドロー系の球筋が打ちやすいRS, 前作は真っ黒でシックなデザインでしたが、今回の新RSは黒ベースに白ラインと赤ラインが取り入れられています, シャフトの写真を取り忘れましたが、新RSドライバー専用設計のDiamana for PRGR. !」とした感覚でした。音は、やはり極ノーマルな中高音系でした。, 弾道は、やや高めの中弾道。アスリート向けモデルだからでしょうが、最近のドーンと上がるモデルに慣れてしまうと、ちょっと上がりにくさを感じてしまいますね。それだけボクの中に、オートマチック系クラブの弾道イメージが強くなってきた、という証拠なのかもしれません。, 出球的には、ボクのスイングで、ほぼストレート。「RS」ドライバーよりは、かなりつかまりは抑えられていたように感じましたね。, シャフト挙動ですが、基本的にはニュートラルですね。でもヘッドとの相性なのか、「RS」ドライバーで感じた先端部の柔らかさは、なぜか感じませんでした。むしろ、しっかり感があるくらいでした。おそらくシャフトは同じモノだと思うので、ヘッドとの相性でしょうね。, 今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42m/s±2m/sあたりに合いそうですね。スイングタイプ的には、よりヒッター向けです。確実にいえるのは、「RS」よりもかなりつかまりが抑えられたモデルということ!! ■シャフト(重量/トルク/調子):「ディアマナ for PRGR」(S=54g/4.7、SR=49g/5.4、R=44g/5.7/中調子)。 2 prgr rs fドライバー 2018は3代目モデル! 3 wクラウンによりフェースがたわむ; 4 ヘッド形状はディープ; 5 大きな慣性モーメントで、反発エリアも拡大! 6 rs f ドライバー 2018の試打・評価. 高い RS ドライバー 2018年モデル [Diamana for PRGR フレックス:S ロフト:10.5], RS F ドライバー 2018年モデル [Diamana for PRGR フレックス:S ロフト:9.5], RS フェアウェイウッド 2018年モデル #5 [Diamana for PRGR フレックス:S], RS アイアン 2018年モデル 5本セット [スペックスチールIII Ver.2 フレックス:S], RS フォージド アイアン 2018年モデル 6本セット [スペックスチールIII Ver.2 フレックス:S]. ■デザイン お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, KAZ 69年1月19日生まれ50歳。身長173cm、体重72kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.1』。ヘッドスピード平均44m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata, PRGRのニューモデル「RSシリーズ」を試打できました。今日紹介するのは「RS F」ドライバーです。こちらは以前池田勇太プロ使用で話題になったモデルですが、今回の「RS F」ドライバーもかなり良い感じでした。なぜか「RS」ドライバーよりもスピン量が少ないし・・・。この辺の理由がイマイチ分かっていませんが、ボクが導き出した答えは・・・!! ▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10 ■KAZ’sインプレッション(10点満点) さらに、飛ぶ、やさしい、を徹底追求。 【ベスト】 RSよりもシャープ 捕まりま過ぎず良い感じ (2)【Wモーメント設計】を新たに採用⇒大慣性モーメントで新高初速エリアが拡大, ■全体的な感想 !まずは見た目から。, 前作は「RS」「RS F」でウエートポジションが違ったので、視覚から得られる情報も大きかったと思いますが、新作の見た目は、両者ともほぼ同一です。もちろん、インナーウエートで重心位置をコントロールしているわけですが、そんな要望があったのかどうかは、不明です。, フェースは、セミディープですね。「RS」に比べると、トゥ側トップにややこんもり感があるのも、先代と同じだと思います。. 2018RSより打感も良く飛びます。 まず「プロギア(PRGR)」というメーカーについて。同社は独創的な思想とそれを製品化できる革新的技術を持っており、過去に多くのヒット作を世に出しています。 今では当たり前となっている「ヘッドスピード」という概念を創り出したのも同社ですし、初めて「女性専用に」クラブを開発したのも同社です。そのほか、ユーティリティーの先駆けとなるクラブ「INTEST」(通称タラコ)を開発するなど、日本のゴルフクラブ …

Ɲ芝 Ʒ皿 Ȫ理, Ãィーガン Âスリート Ãニュー, Ãードプレス ǔ像 Dzい, Pagesetup Âラスの Orientation Ãロパティを設定できません。, Áめしてガッテン Ãーグルト ő噌汁, Áもん ȋ語 ɕ文, Libreoffice Âンストールできない Ǯ理者権限, Âスティマ Âライドドア ɖまりきらない, Ɖ羽元 š胡椒 Əげ, Ãッチェル Ãグ Ãッフィー Âパウト, dz質制限 Ǘせない Ȅ質, Ơ式会社u-next Ɯ社 ɛ話番号, Ŏ底靴 Ãランド Ãンズ, Ɩ書を作成 Áたは保存することが Áきません, Ãッチョ Ãラソン ĸ立, Ǚ猫 ǔキャラ ĸ覧, Âロームキャスト ǔ面 ƚい, ťきな人 ɀ絡来ない Ȅなし ť性, ŭ供服 Ş紙 DŽ料 Ãンピース, Âクセル Ɣページプレビュー Áれる, ǭトレ ɡつき Ɨ本人, Mac Safari Á気に入り Âイコン ƶえた, ǔ性不妊 Ŧ娠 Ãログ, Âブクロ ơ ƭ詞 Áらがな, Ɲ山 Ƣ田 Ť行バス, Fgo Ȫ生日 Ãレゼント, Zoom ǔ面共有 Ãワイトボード Ő時, ǐ琶湖 Ãーベキュー Áきる場所, Jww Ƿ記号変形 ɛ気, Âスティマ Âライドドア交換 Ȳ用,