現象ではないから スポンサーリンク. アンネ・フランクの名言集です。彼女の性格や、ナチスドイツ下で多くのユダヤ人がどのような心境で暮らしていたかを垣間見れる、彼女の言葉をまとめています。アンネ・フランク(1929年~1945年)、本名アンネリース・マリー・フランク(Anneli 【ナチス・ドイツ】唐突にアドルフ・ヒトラーの名言貼ってくわ . 1: 名無し 2018/10/20(土)21:58:36 ID:4yo 彡(゚)(゚)「学ぶスレは初めてやから色々と至らない点も... 152: 名無し 2015/08/10(月)19:52:52 ID:200 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, はじめの一歩「鷹村が網膜剥離です‥‥いや網膜剥離ちゃうかもしれんわ いや網膜剥離かも」, ワイ「彼岸島の話したいなあ」心無き者「よく知らんけど丸太で戦うクソみてェなギャグマンガでしょ?」, トリコの作者の新連載、オーラが出まくるwyywwywywywwyywwywywywy, ミノフスキー粒子の効果でレーダーは無効、誘導ミサイル使えないよ←モビルスーツは敵機をロックオンしてる描写あるけど?, 鬼滅の刃の映画見てきたけどアニメの続きすぎて映画単体でいいか悪いか評価できなくね?, 曹操「皇帝を自称する、これはいけない」劉備「ワイが皇帝や!」孫権「ワイが皇帝や!」, PSN障害が起きてさらなる大混乱と予想w トップ > 2ちゃんねる まとめ > おんjなんjの名作スレまとめ この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。 2017 - 02 - 26 | 結構長くやってるわりにはなんもないな 77: 2017/08/07(月) 11:47:20.11 ID:AEppLEZFp おいマスター ウチの娘になにさせてんだよ! ブログを報告する, 1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/11(木)22:57:25 id:f75 オー…, 1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/08(月)23:13:00 id:oGd 米国…, 1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/19(日)21:15:32 id:aUg 眉唾…, 1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/15(火)09:10:13 id:kMRLMdofa…, http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1449636014/, http://blog.livedoor.jp/kojimashitteiruka/archives/1047120224.html, http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1424670622/, http://world-fusigi.net/archives/8632126.html, http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4925997.html, http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1426692028/, http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/54454024.html, http://megalodon.jp/2012-0112-2012-08/blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4074242.html, http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51925579.html, http://elephant.2chblog.jp/archives/52161775.html, http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4954446.html, http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1445170507/, http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1481024883/, http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1460988442/. ※臨時ニュースなどの速報はリアルタイム更新する場合も。 Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形8個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能), Appleが「iPhone 12 Studio」を公開。スマホ選びがバーチャルに?, 薄い&軽い!なのに頼りになる、アークテリクス、マーモットなどハイスペックなコート3選. そしてある公演の後、僕は彼と一緒に帰った。その時、わかり際に彼は自分の名前を名乗った。, 彡(゜)(゜)「ええかクビツェク 学校なんてなぁ、なまくら者を作る場所でしかないんや」, 彡(゜)(゜)「当たり前や! そんな話より、今日の「魔弾の射手」について語ろうや」, (´・ω・`)(よく解らないけど、ただ一つ言えることは、僕は彼に必要とされていたんだと思う), 産業の発展はそこそこ進んでいるものの、未だ田舎町というレッテルは外れない アドルフは人気の少ない道をよく使っていた, (´・ω・`)(ん…上品そうな人だな 僕らと同じ16歳位…アドルフの元同級生かな?), 彡(゜)(゜)「お前が他の連中と一緒にいて、くっちゃべっていることに我慢ならなかったんや」, つまるところ、僕達の友情のためには、役人気質をよく思わないでいることが是非とも必要だった, 彡(゜)(゜)「役人? あんなもん地位をちらつかせて威張る奴よりも家具職人の方が立派なもんやで 気にすんなや」, (´^ω^`)「うん、そうだよね! 僕も本当は家具職人なんかじゃなくて音楽家になりたいんだ!」, アドルフは、自分の言いたいことをぶつけられる「ある人間」を群衆の中から見つけただけなのかもしれない, でも、ただ一つ言えることは劇場の出会いからウィーンでの貧乏生活の途中まで、アドルフにとって僕こそがその「ある人間」だったことは確かだ, 彡(>)(<)「あれは苦痛やったで~! なんであんな馬鹿共と雁首揃えた写真残さなならんねん」, 彡(゜)(゜)「それにギジナジウムでの肖像画の授業! 組まされた奴が下手くそさといったらそら酷かったで」, 彡(゜)(゜)「ワイはいつかウィーンへ行くからな その前にここの風景をなるべく書き留めておくんや」, 彡(>)(<)「昔ウィーンに行った時に見た劇場の外装といったらそら凄かったで~!」, 彡(゜)(゜)「この川は、古きゲルマン伝説の一行がフン族の国に向かう際に使われたんや!」, 彡(゜)(゜)「ここまで来たら引き返せん! それに山の天気は変わりやすいんや すぐ晴れるで」, (´・ω・`)「アドルフは前髪いつも垂らしてるよね せっかくの大きい目が隠れて勿体ないよ」, (´・ω・`)(なんて表現していいか解らないけど、アドルフほど大きい目をした人は見たことないよ), 彡(゜)(゜)「お、見ろやクビツェク ゲオルゲン村も見えよる 農民戦争時代の遺物探しに今度行ってみるやで」, 彡(゜)(゜)「一度行けば解るで かつての偉大な闘いの遠い記憶が生き生きと残っとる」, この日改めて解ったことは、彼はこのように異常なまでの真剣さを持っていたことだ たとえそれがどんな分野でも 単なる遊びにでも, 彡(゜)(゜)「私はアドルフ・ヒトラーと申します。いつもクビツェクさんとは楽しく過ごさせています」, 彡(^)(^)「いや~、まだまだお若いですなぁ!今日写真館の方もきっとよいお仕事をなされたに違いない!」, (´・ω・`)「それでさ、僕のお父さんは僕を家具職人にしたいと思っているんだよ どう思う?」, 彡(゜)(゜)「父親ってのは子を縛りつけたがるもんや ワイの親父もワイを役人にさせようと必死だったんや」, 彡(゜)(゜)「あいつの仕事のせいでワイはオーストリア中を引っ越して回ったんや 一時期バイエルンにいれた時だけはその事に感謝しとるがな」, 彡(゜)(゜)「税関だかなんだか知らんがワイやマッマにいつも高圧的にかかってきよる」, (´・ω・`)(失礼かもしれないけど、家は僕の予想よりアレだな 小綺麗なアパートの4階… 質素な内装), 彡(゜)(゜)「今日はチビがいないから特別や 一度興奮し始めたら五月蝿くて敵わんからな」, 彼にはアンゲラという一応の姉がいた なんでも父アロイス・ヒトラーの前妻の娘らしい つまりは腹違いということになる, 彡(●)(●)「更にムカつくことに、あいつはワイを役人にしようとあれこれ口煩く言ってくるんや!」, (´・ω・`)(あー、だからアンゲラさんはヒトラー家に滅多にいないんだ 主にアドルフの怒りが原因で), ヒトラー家の家庭事情は色々複雑みたいだけど、僕はアドルフが母を愛してることだけは理解できた, (´・ω・`)「あーあ、オペラが始まるまでアドルフの家で時間を潰す予定だったのに…」, (´゜ω゜`)「うわぁ…綺麗な人だなぁ…引っ越してきたのかな? きっと良家の出自で仕事の都合でこんな田舎に来たんだろうなぁ」, (´・ω・`)「うん、だろうね お陰で今日買ったオペラのチケットが無駄になったよ」, (´■ω■`)「名前はステファニー 住所はウアファール地区3番地34号 母は未亡人 ウィーンで法律を学んでいる」, 彡(゜)(゜)「いいや!今日こそ会えるで!ワイの目力をもってすれば彼女はワイに気づいてくれる筈や!」, 彡(゜)(゜)「やったやで…!気づいてくれた…! やっぱり前からワイのこと気にかけとったんや…!」, 彡(゜)(゜)「いいや、ワイには解るで 直感でわかる…! 向こうもそう思っとる筈や!」, 時には愛の詩を書き、僕の前で朗読したりした また時には将来設計について真剣に悩んでいたりもした, (´・ω・`)「これを気にやってみたら? 上流階級の人間にとってダンスは必修科目だよ」, 彡(゜)(゜)「想像してみいや!仮に音楽切った上でなされるダンスパーティーを! あいつらが気が狂ってるってわかるで!」, (´・ω・`)「そんなこといっても仕方ないよアドルフ 彼女はダンスが好きなんだから」, 彡(●)(●)「駄目や駄目や!断じて駄目や!彼女は周囲に付き合わされて無理やりやらされてるだけなんや!」, 彡(゜)(゜)「許さへんで士官どもめ…!ワイがステファニーと結婚したらこんな思いさせんですむようにしたる!」, (*^◯^*#)「アドルフが毎晩ピアノでワルツを弾いてて五月蝿いんだ!なんとかしてほしいんだ!」, 彼は極めて詳細に誘拐計画を練っていた 僕の役割も決まっていた 僕が母と話して気を引いている隙に彼が娘を強奪するというのだ, たまたま彼女の機嫌が悪い時に彼女に視線を送った結果、彼女は明らかに煙たそうにそっぽを向いた, 彡(゜)(゜)「橋からドナウ川に飛び込んだる 勿論、ステファニーも一緒に死ななアカン」, ここ三週間、彼の頭にはその計画しかなかったようで、僕は恐る恐るそれを見守るしかできなかった, (´・ω・`)「前に君が言ってた通り、自然も芸術の一つに違いないね 花と連隊の音楽がよくマッチしてる」, (´゜ω゜`)「あっ……見てアドルフ! ステファニーだよ! ステファニーが花馬車から降りてきたよ」, そのうち馬車が僕達の目の前にやって来た その時、ステファニーの明るい眼差しがアドルフに注がれた, 彼女はお祭り気分にふさわしく無邪気に微笑みかけ、花束から花を一本抜いてアドルフに投げた, 若きアドルフは市民社会を何よりも嫌っていたが、好きな人と接する際には誰よりもその社会のルールを厳守した, 結局、長期に渡る状況の無変化とウィーンへの移転という時間的にも空間的にも疎遠となった二人の関係は風化するに至った, 彡(゜)(゜)「ワイの努力は全部無駄やったんやろか…ワイが考えた二人で暮らす家も…理想も…」, (´・ω・`)「女の人は逃げても芸術は逃げないよ、アドルフ それはいつだって僕らの手の中さ」, しかし、一つだけその夢は叶う その場にステファニーはいなかったが、後にその夢の家はオーバーザルツベルクで実現した, (´・ω・`)(つまり、この若き民族主義者と同じ意見をもって欲しかったんだ 芸術についての考えと同じように), 彡(゜)(゜)「だったらワイが政治というものを教えたるで! よし、今日は国会議事堂に行くで!」, 彡(゜)(゜)「このままお前を野放しにしてたら将来どうなるかわからん! ええからついてこいや!」, (*^◯^*)「いつも居酒屋でゲルマン人についてやらオーストリアの多民族性についてやら話して煙たがられてたそうなんだ!」, (*^◯^*)「でもそれをアドルフに直接言ってる所は見たことがないんだ! きっと似た者同士だったなんだ!」, (*^◯^*)「ま、最近の若者はみんな自分をドイツ人だと思いたいみたいなんだ! アドルフもそんなニュアンスのことを言ってたんだ」, (*^◯^*)「クビツェク君みたい歳でノンポリはむしろ少数派なんだ!だからアドルフもほっとけばじきになおると思うん!」, (´・ω・`)「でさ、最近ヴィオラの先生に言われたんだけど、音楽の時代はイタリアに移り変わってるらしいよ」, 彡(゜)(゜)「ワイは死ぬまでドイツ帝国人やからな! 芸術的才能もドイツの為に使うで」, (´・ω・`)「へー、僕は楽器が弾ければどこだっていいや ピアノの先生にこう言ったらユダヤ人みたいだなって言われちゃったよ」, (´・ω・`)「ユダヤ人って言われても僕はあんまりピンと明るいこないんだけど、アドルフはどう思う?」, 彡(゜)(゜)「そういえば学校の教師がユダヤ人についてあれこれ言っとったなぁ ワイは寝てたんやけど」, 彡(゜)(゜)「ま、不満があるとすればベツレヘム通りのシナゴーグやな あれはリンツにいらん」, 彡(^)(^)「当たった金でワイらが民族記念館の改修するで! クゥ~! 夢が広がってきたで!」, 彡(゜)(゜)「邸宅も作るで! 二階にワイのアトリエを作って地下にはクビツェクの音楽室や!」, (´・ω・`)(ただこれまでは、お金がなかった それが手に入るなら、もう他に何を望むというのだろう), (´・ω・`)「確かに、これでお金を使いきったらいつものみすぼらしい服で豪邸に住むことになるね」, 彡(゜)(゜)「反対側はミュールフィアケル地域の緑の丘陵…ペストリンクベルの眺め…」, (´・ω・`)(アドルフのおかげで、僕も当選への無条件の確信に目が眩んでもうすぐキルヒェン通りに引っ越す予定でいた), (´・ω・`)「僕は宝くじが当たったら家の手伝いをやめるよ! 音楽の仕事に全力を注ぐんだ」, 彡(゜)(゜)「たまにウィーンへ行くで! んで劇場に行ったり講義を聴いたりするで!」, 彡(゜)(゜)「でも生活スタイルは今と同じや! 上品かつ堅実にいくで! 家政はどっかのバッバでも雇うで」, アドルフは、自分に非がある、などとは思いもしなかった。一等を得るのは当然の欲求である、と思っていた, (´・ω・`)(アドルフは、国営宝くじなどの国家組織を騙されやすさ当てにするよりも自分自身とその将来を信頼するほうが賢明だと思うようになった), 彡()()「はえ~つっかえ~ くそ、気分直しに橋のスケッチにでもいくでクビツェク!」, (´・ω・`)(ドナウ川を流れる水の上には、何か自由で前に進みたくなる雰囲気があった), まるで自分がそうでありたいと思うように、自らの国を嫌うこの若き民族主義者は熱心に橋をスケッチしていた, (´・ω・`)(1906年の5月から6月にかけて、アドルフはウィーンに滞在していた), (´・ω・`)(もう言うまでもないけど、アドルフは慣れ親しんではいるけど小市民的なリンツに限界を感じていた), 『この絵葉書を送るが、ずっと便りを出さなかったことをすまないと思っている。僕はとても元気で、今はあちこちを見て回っている。明日はトリスタンを見に行き、明後日はさまよえるオランダ人という具合だ』, 『全てがとても素晴らしいのだが、僕はもうリンツが恋しい。今日は市立劇場に行く 尊敬するご両親によろしく』, (・`ω・‘)「んん… きっとこの『リンツ』っていうのはそのままの意味じゃなくて…」, 『建物の内部に感動はしない。建物の外面の力強い威厳が芸術の記念碑的厳粛さを建物に及ぼすのであり、内部ではその威厳よりも感嘆を覚える』, 『力強い音の波が室内をうねり、風のざわめきが波打つ音のすごい洪水に消え失せるときにこそ、崇高さを感じ、内装を飾る金やビロードのことはわすれてしまう』, 彡(;)(;)「ホンマによかったでぇーウィーンは! 流石ステファニーを生んだ町や! あそこの建築を見て音楽を聞けばワイも都会人や!」, 彡(゜)(゜)「なんでや! 費用はワイが親父から相続した分を使うんやからええやろ!」, (*^◯^*)「アドルフ、二年前に実科学校を止めて以来お前はずっとブラブラしていたんだ!」, 彡(。)(゜)「ぶっ、ブラブラぁ!? それは聞き捨てならんで! ワイはいつも芸術家になるため努力しとったんや!」, (´゜ω゜`)「す、すごい剣幕で言い争ってる クララおばさんのこんな声聞いたことないよ…」, 彡(゜)(゜)「何を言っとんじゃ! ワイはちゃんと大学にいって勉強するんや! 学校やぞ学校!! どや!? 学生なら世間体も悪くないやろ!?」, (*^◯^*)「それに、ラウバルだって反対だって言ってたんだ! 気違いの沙汰だって言ってたんだ!」, 彡(●)(●)「あんな小役人風情に芸術の何がわかるんや!! そうか、あいつがマッマに何か吹き込んだんやな!?」, (*^◯^*)「アドルフは実科学校できちんと勉強していたら、今頃高卒資格を得ていた筈なんだ!」, (*^◯^*)「大急ぎでウィーンへ行って何になるんだ! 画家になっても、得るものはないし、歴史物語を書いても、1クローネにもならないんだ!」, (*^◯^*)「もうアドルフを助けてやることはできないんだ!アドルフだけじゃなく、パウラもいるんだ!」, (*^◯^*)「アドルフはそんなことお構い無しなんだ! まるで世界に自分一人しかいないかのように、自分の道を進むんだ!」, (*^◯^*)「最近はもう…駄目なんだ…! ああ…あのお星さまに顔が見えるんだ…!」, (*^◯^*)「クビツェク君…アドルフが自力のを見る前に、この体は駄目になるんだ…!」, 彡(゜)(゜)「あいつだって…あの糞親父だってウィーンへ行かなかったら一生靴職人でマッマとも結婚できなかったんや ワイだってできるで…!」, 彡(゜)(゜)「クビツェク! これはいつもの冗談やない! 本気や!お前が望まんと一生そのままやぞ!」, 彡(-)(-)「ワイは知っとるんやで、お前がワイに及ばずとも努力していることを… オペラに行く回数を減らして家庭教師を呼び、詩を読んだり…」, 彡(゜)(゜)「後はお前が勇気をだすだけや!そしたらワイも全力でやれることをやらせてもらうで!」, (´;ω<`)(アドルフ…あんなこと言って、もうやることやってるんじゃないか…!), 父「仕事がないときはなるべく家を避けていたお前が親友を見送った後すぐここに来た…! それだけでもう私は理解した」, 『アドルフへ 君のおかげで、父さんの許可が貰えたよ 宝くじの夢は叶わなかったけど、同居して二人、ウィーンで学生生活を送る夢は果たせそうだね』, 『あと一年で、君に追い付くよ それまで、抜け駆けして有名になったりしてちゃ駄目だからね』, 彡(゜)(゜)「ふふふ、やりおった、やりおったであいつ! 全てはワイの計画通りや!」, 彡(゜)(゜)「だが悪いな、クビツェク! ワイはお前を待つつもりはないで! 必死にワイの芸術家人生に喰らいついてくるで!」, http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1438961094/.

Ãア投影 Âクリーン ȇ作 11, Ɲ芝 Cm ť優 11, ǜ毛 Ȅ色 Âロン 4, Âッカー日本代表 ƭ代 Ãンバー Naver Áとめ 29, Mis Snow Man ɠ文字 16, Aquos Sense3 ņ部ストレージ化 29, NJ Áしゃみ ƀる 7, ő白 ƌ Âれた後 Ãャンス ť 5, Ɋ歯 Ɂ和感 ƅれるまで 6, Âーパーキャリイ Ȼ ĸ泊 5, ĺ通事故 ɡ末書 Ņ務員 11, Áんj ĸ界史 Ɖ線 6, Autocad 2020 Activation 5, Izone Ãァン Ãログ 5, Âュン ƭ詞 ư持ち悪い 55, Sqlserver Alter Table Ãータ ƶえる 5, Ãォートナイト ŷ上 Ãーク 13, Access Vba Filter Âラー 4, Ŝデジ Âワッドアンテナ ȇ作 6, Vita Ƙるさ Ɯ低 4, Áつ森 Ȋ ĸ気に片付ける 7, Ɲ芝 Cm ť優 11, ǜ毛 Ȅ色 Âロン 4, Âッカー日本代表 ƭ代 Ãンバー Naver Áとめ 29, Mis Snow Man ɠ文字 16, Aquos Sense3 ņ部ストレージ化 29, NJ Áしゃみ ƀる 7, ő白 ƌ Âれた後 Ãャンス ť 5, Ɋ歯 Ɂ和感 ƅれるまで 6, Âーパーキャリイ Ȼ ĸ泊 5, ĺ通事故 ɡ末書 Ņ務員 11, Áんj ĸ界史 Ɖ線 6,