アイアンショットのスイング軌道も「レベル」がいいと言われ始めた ゴルフスイングの基本はパター以外の13本のクラブのどれでも共通だとする考え方は急速に広まってきています。つまり、基本的な考え方はドライバーショットもアイアンショットも同じだというわけです。 From:大森睦弘 六甲国際ゴルフ倶楽部より、、、 こんにちは、ETGA(江連忠ゴルフアカデミー)の大森睦弘です。 今回は、 「技・なぜ腰をフルターンする必要があるのか?」 について話してみたいと思います。 今回は、サンドウエッジで15ヤード | ゴルフ用語で、腰をターンさせることを「腰を切る」と言う。ボールをきちんとつかまえるためには、腰をしっかり切ってフェースターンさせる必要がある。自分の場合、インパクトからフォローにおいて、左股関節を軸に右腰を飛球線方向に押し込んでいくイメージで、右腰をターンさせて … ョットのリストの使い方, アイアンの肩、腰のラインとテークバック. スイングの科学 ⑥ボデイターンは腰のレベルターンがカギ!! | ゴルフツアープロコーチ・野球トレーナー摩季れい子 コントロールするインパクトゾーンを手指で作らず、大きな筋肉である脚や腰、そして胸のターンで軌道を作ること ゴルフのトップからダウンスイングへの切り返し、何を基準にしていますか? 腰、膝、肩、手、肘の位置。 難しいですよね。 そこでお尻の感覚を基準にして、スイングを作ってみませんか? ヒップターンと言われることもありますが、ターンでは少し概念が弱いです。 ブログを報告する, 18ホールで 2バーディー・8パー、前半 39 も後半失速、痛恨のOBでベストスコア更新ならず(入間CC BG), 菅原大地プロ『最大効率「インパクト」で飛ばす!ゴルフスイング最強の教科書』には、応用編が書かれている, 自分のスイング映像を見ると悲しくなる。裏返せば、まだまだ「伸びしろ」があるということだ, 秋のゴルフ旅 2日目:粘り切れずに2日連続の「90切り」を逃す(大浅間GC 白樺G), ホームコースでのラウンドレッスン:実は意外と難しいコースみたいである(入間CC AG). ゴルフスイングは1W、FW、アイアン、ウェッジまで、基本はすべて共通であると考えます。今回はア... ゴルフはショートゲームが重要という言葉はよく耳にすると思います。その言葉を胸にアプローチやパ... 安定しないゴルフスイングに不満があるようなら、ドライバーで150ヤードのショットを繰り返してみて... ゴルフスイングのフォームが窮屈だったり、スムーズにクラブを振れないときは、トップの位置からグリッ... アイアンショットでシャンクするときには、必ずなにか原因があるものです。フルスイングと距離を調... 「アイアンの番手が変わっても飛距離が変わらない」「うまく打ててもボールが高すぎ、飛ばない... ゴルフクラブを構えてトップの位置まで引き上げると、右足の上に重心を置くことになります。そして... ラウンド中のアプローチで突然トップすると、次からのショットに不安が出てしまうものです。練習場... スコアが悪くなる原因は何でしょう。ティーショットやバンカーショット、アプローチショットなどい... 横風などを避けるためにドライバーのティーアップを下げて、低い弾道を狙うことあるでしょう。上手... アドレスの姿勢からゴルフクラブを引いたときに、右膝が流れることがあります。多くの場合はそれが... ゴルファーなら、「パット・イズ・マネー」は良く聞く言葉ではないでしょうか。プロゴルファーにと... パターが上達するだけで、かなりスコアを縮めることができます。しかしながら練習しても一向に上達... 自分自身のゴルフの構え方を正面から見る機会は少ないと思います。実は自分の構えを確認することで... ユーティリティがフックする原因は、インパクトでのフェースの向きが左側を向いていることです。な... タイミングや間やタメといった、ナイスショットのための色々な要素を含んでいるからです。, また飛ばしたい、乗せたい、寄せたいといった欲から、最も上半身や手に力みが出るところではないでしょうか。, 上半身の力みを取り、インサイドからボールにアタックするための手の通り道を作る動きが、左尻を思いっきり後ろに引くことなのです。, ゴルフスイングのトップまでに右側に回転した身体、もしくは移動した重心を、またアドレスの位置まで戻すというイメージ。, そして身体の動き方を考えたときに、右に移動したものを左に戻してから、左に回転して打とうとしていませんか?, ゴルフスイングの切り返しで、左尻を後ろに引くイメージ作りにおいては、クラブを持たないシャドースイングでは理解しにくい面があります。, まずアドレスからテイクバックではなく、自分の頭の中にあるインパクトのイメージの形を作ってみてください。, もしあなたのイメージがその程度だとしたら、もっと思い切ったインパクトの形を作りましょう。, そのとき右サイド(脇腹)がアドレスより縮んでいる、いわゆる側屈の形になるようにしてください。, 人それぞれ感覚の違いがあるかもしれませんが、腹が引っ込む、あるいはフトコロがあくような感じがしませんか?, 気を付けてほしいのは、左尻を後ろに引く動きにつられて、上半身まで一緒に引いたり、回転したりしないようにすること。, この意識だけで手が勝手に振られ、腰が目標方向に正対、あるいはもっと左に向いた形で、フィニッシュできていませんか?, 今まで手で、あるいは上半身で、腰で、一生懸命切り返していたときとは、異次元の感覚だと思います。, またこれは、実際のクラブヘッドの重さがあるからそうなるのであって、シャドースイングでは感じにくいと思います。, ゴルフクラブを持って、左尻を後ろに引くイメージで素振りをすると、今までより左に振っていく感じがするかもしれません。, 今までと違った基準で、切り返しをしようとしているのですから、違和感があって当然です。, ゴルフスイングの切り返しで、左尻を後ろに引くイメージができて、素振りであればその身体の使い方が分かったのではないかと思います。, なぜ、ここまで素振りにこだわったのかと言いますと、ボールがあるとどうしても気持ちも身体もボールに向かって行ってしまうからです。, 理想は、その動きをしないと、却って違和感になるくらい、身体に染み込ませることです。, 贅沢な考え方かもしれませんが、1ラウンド練習のつもりで、ショットの度に『切り返し→左尻後ろ』を意識してください。, 実際のラウンドでは、OBやハザード、風向き、残り距離、ライの状態など、考えることが多すぎて、スイングの修正にまで頭が回りにくいと思います。, 無意識に、ゴルフスイングの切り返しで、左尻を後ろに引く動きができるようになれば、球質、つかまり、飛距離が変わります。, 何も考えずにスイングすると、逆の動きになってしまうので、難しくなってしまうのです。. ゴルフのバックスイングは腰を動かすことから始めましょう。 私がゴルフを始めて間もない頃はこの腰の動きができずに苦労しました。 手元や腕ばかり使ってバックスイングをしてました。 元から腕っ節には自信があったので、力任せにマン振り。 ゴルフ用語で、腰をターンさせることを「腰を切る」と言う。ボールをきちんとつかまえるためには、腰をしっかり切ってフェースターンさせる必要がある。自分の場合、インパクトからフォローにおいて、左股関節を軸に右腰を飛球線方向に押し込んでいくイメージで、右腰をターンさせてきた。そしてその動きを「右腰を切る」と称してきた。, そして今年の初レッスンで、コーチが新たに持ち出してきたのが「左腰を切る」という表現である。, 「左腰を切る」のは、ハンドファースト・インパクトを実現するためである。体を正面に向けたアドレスの状態から、ハンドファースト・インパクトの形を作った時に、左腰をできるだけターンさせてみる。自分ではかなり腰を左に切っているつもりでも、映像で見るとそうでもない。この左腰を切った状態でインパクトを迎えると、ハンドファーストでロフトが立ち、アイアンで強い球が打てる。, 「左腰を切る」という表現は、伝えるのが難しいとコーチは言う。たとえばこの言葉を聞いて、左腰・左尻を後ろに引いてしまう(骨盤を左後ろ・真横に回してしまう)と、下半身が開いてしまう。そして下半身と同時に上半身も回って、体が開いてしまいがちだ。体が開いて振り遅れるのと、下半身主導で上半身との間に捻転差・ラグがあるハンドファーストとは、明らかに異なる。ハンドファーストを実現するために「左腰を切る」という表現を使うには、前提条件があるようなのだ。, 今の僕のスイングは、切り返しで左足を踏み込み、ダウンスイングからインパクト・フォローにかけて、左ひざを伸ばしていく中で、上体を回転させている。その際、左腿の内側の筋肉を使っており、左脚と右脚が内側に絞り込まれる感覚がある。この左腿の内側が使えているか、両脚を内側に絞り込む感覚があるかが、「左腰を切る」という表現を適用する時の前提条件である。, 映像でもわかるように、左脚は外・飛球線方向に流れない。いわば左脚の横に壁がある状態(横に流れないようロックがかかった状態)であり、この脚の動きがある中で「左腰を切る」と、上体のターンが加速する。この時、上体は前傾しているので、骨盤は真横に「回る」というよりは、左上に「切り上がる」感覚がある。ヨコ回転よりタテ回転の意識の方が強いかもしれない。, 「左腰を切る」時に大事なのは、腰をターンさせる稼働量である。腰の回転スピードを上げたとしても、途中で止まってしまっては意味がない。稼働量を多くするために「腰を切る」。僕の場合、体の正面で球を捉えるよりも、体を開くだけ開いた状態で球を捉えるイメージを持ってもいいくらいだという。左腰がしっかり切れたか判断する目安は、フィニッシュで苦しく感じるくらいに上体が回転したかどうかである。正面から見た時に自分の背中が見えるくらいのフィニッシュをとるつもりで、あるいは自分のおへそがターゲットよりも左を向くくらい、左腰を切る。, つまり「左腰を切る」という表現は、左脚の壁を作って両脚を内側に絞り込む中で、上体をしっかりターンさせることを求めている。「左腰を切る」というより、「左わき腹を回す」といった方が、僕にはしっくり来るかもしれない。踏み込んだ左ひざを伸ばしつつ、(骨盤というよりはむしろ)左わき腹を回して、上体をターンさせる(もちろん結果として、骨盤は回転する)。ダウンスイング時、肩と胸郭が分離されていれば、左わき腹を回した結果、腕は後ろに置いて行かれ、ハンドファーストのインパクトになる。, 冒頭に書いたように、ボールをきちんとつかまえるために、腰をしっかりターンさせる必要があると認識していた。今回「左腰を切る」「左わき腹を回す」というイメージを加えることにより、ハンドファースト・インパクトを実現する上体のターンを習得する段階に来たと、前向きに理解している。, 踏み込んだ左脚を伸ばす中で、左腰を切って、上体のターンのスピードを上げていく。「お、これはもしかして『地面反力』の世界に突入したのでは?」… と勝手に、前向きに誤解してみるのもいいかもしれない。, 「左腰を切る」練習中のドライバーショットの映像は次の通り。少なくとも背中が見えるくらいのフィニッシュはとれている気がする。はてさて、実際にハンドファーストにインパクトができているだろうか?, この練習の時、ドライバーショットは芯に当たっていて、ボールの飛び出しも速くなっていた。「220ヤード、いやもっと 230ヤードくらい、キャリーで飛んでいるんじゃない?それくらい飛べば、レギュラーティーからパーを取る機会は増えるよ。」とコーチは言ってくれる。確かに初打ちでは第2打、第3打をショートアイアンで打つケースが多かったかもしれない。もしかして実戦でも飛距離が伸びているのだろうか?それなら嬉しいのだが…。早くホームコースの入間カントリーで試してみたいものである。, muranagaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

ƭ社員 Gw ǵ料 4, ̹구 ƭ詞 Bts Ɨ本語 29, Âップル Ļ後 ōい 6, Down Boy Ƅ味 13, Ť剣 Ɂ人芸 Áらない 11, Âイア Ãロジェクト Âンスト 9, Áつ森 Ãメイク Ãイデザイン 31, Serial Experiments Lain Ƶ外の反応 15, Xperia Xz Premium Ɯ線lan 27, Tuf Gaming X570 Plus Ãビュー 5, F30 Ŋ手席 Ǖ音 4, Ǜ模原 ǵ付金 Âンライン 7, ō沢直樹 2話 Ãタバレ 16, ŵ Ǖ協 Ž落 Áつ 13, Steam Ȭ解き Ãズル 21, ĸ帯主 Ť更 ŋ手に 37, Ãーヴ Ãアミラー格納 Áない 10, Ɯ吉 Âンスタ Ãンキング 9, Ãラクエウォーク Áころ ƍてれない 4, Ãロアカ Ť小説 ŀ性 2 Á ƌち 43, Ɨ慶 ȋ語 ō語帳 7, Ãロック音楽 ŏ典派音楽 Ɂい 4, Java Processbuilder Waitfor ǵわらない 11, Cn E310d Usb 11, Angular Mat Tabs 7,